野中一二のBlog人は石垣人は城 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-12-12

[] 昨日で代表・一般質問終わりました

甲府市議会12月定例会は昨日で質問戦は終わり、今日が常任委員会となっています。

昨日最後の質問者が私でした。

今年当選した1期生が私の前までに全員質問を終わり、その方々の力量に一定の判断が下されたものと思っています。

しかし、質問の方法や答弁の引き出し方についてはどうも適切な指導を受けて無いようで。

そんな中の昨日の質問でしたから、遊び心と思いを込めて質問させていただきました。

PFIの問題については、役所内に一定の組織を作り調査すると言う超前向きな答弁や、「他都市の事例を参考に、調査研究」と言う言葉を使うなと言う指摘には、市長自ら確かに他都市の事例だけを参考にしていると面白くない行政運営になってしまうが、失敗しない行政を考えるとどうしても参考にするべきだと言う回答まで飛び出しました。

地元の新聞では「記者ノート」に早速この事が書かれ、議員にかみついた市長と言う表現でおかしく書いてありました。

つまり、かみつかれたのは私です、と言うことでしょうか。


冒頭PFVと言う言葉を使い甲府市の前途は暗いものがあると始めました。

P とは光のピシュスは今年限り

F は風林火山博は間もなく終了

V ヴァンフォーレ甲府は2部降格

と言う事なのですが、来年に向けての甲府が実にさみしいものが漂っていると思いませんか。

何とかしなくっちゃと言う気持ちでいっぱいです。

あわせて読みたいブログパーツ