野中一二のBlog人は石垣人は城 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-01-14

[] 4月1日からガソリンが下がる

と言うととんでもないと反論される可能性があるのだが。

実は次の通常国会の争点の一つが、ガソリンなどにかかっている暫定税率です。3月31日までに租税特別措置法改正案(租特法)が国会を通らないと、5年間と区切って延長されていた高い税率が3月末で日切れとなり、翌4月1日から揮発油税法などで決められた“本則”の税率に自動的に戻ることになっているのです。

つまり、国会がねじれている現在では、「ガソリンが実質値下げになる可能性がある」と言うのが正解でしょう。

どうなるかは今後見守りたいのですが、いやはやねじれがここまでとは。


今日のところはとりあえずここまでにしておきますが、実はこの法案はほかのものと一緒に出されているので、実態で下がると言うのは難しいのかもしれません。

それと、ガソリンが下がってもほかの何かが一緒に下がる、もしくは一緒に下げ止まる(実質上がる)可能性さえあるのですから、国会の審議は目が離せないです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へ

あわせて読みたいブログパーツ