野中一二のBlog人は石垣人は城 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-03-14

nonaka122008-03-14

[] 議場へパソコンを初めて持ち込んだ

甲府市議会は現在予算特別委員会が開会されています。

その初日、副委員長の私の席には「パソコン」。

これ、本会議や常任委員会を含めて初めてのことです。

従来は持ち込み禁止だったんです。

遅れてると言えば遅れていますが、それでも委員長の許可を得て初めて持ち込まれました。


じゃ何を見ているかと言うと「平成18年度決算委員会の全文」と「平成19年度予算特別委員会全文」の二つを常に開いています。

つまり昨年行われた特別委員会の全文。

すると、当局の議案説明が数字だけが違って文章は全く一緒だったことや、議員の質問も一定の得意分野やほぼ同一内容について発言している事がわかってきました。

確かに継続している行政と議会ですから、そんなに大幅に変わるわけがない。

それにしても「かわらなすぎ」かもしれませんね。

その中でこのパソコンで追跡する事によって事業が進展するのか後退するのかも見えてきます。

また、議員が資料請求する場合も昨年同様と言う事が省かれ、議事の進行がスムーズに行くだろうと言うもくろみでした。(その通りでした)


なぜ急にパソコンになったのか。

実は当初は昨年の議事録を印刷し、紙ベースで見比べる予定でしたが、何と一回の委員会で600〜800枚の紙になってしまうと言う事だったのです。

「もったいない」と言う事で、パソコン登場となりました。

これをきっかけに議会もペーパーレスになってくれれば随分とミックスペーパーは減るだろうなあ。


にほんブログ村 地域生活ブログへ


にほんブログ村 政治ブログへ

あわせて読みたいブログパーツ