野中一二のBlog人は石垣人は城 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-12-29

nonaka122008-12-29

[] またも山火事

またもという表現は正しいと思う。

今年の春だったか、同じ大蔵経寺山で火災があり、その時には自衛隊の大型ヘリ(たぶんCH20だと思うがツインローターのやつ)まで出動して消火に当たっていた。

今回も同じ山でまたまた火災というから、きっと同じような入山者がたばこの火の不始末とかで山火事になったに違いないと思ったのだ。

それにしても、能泉湖(荒川ダムでできた湖)から水をくみ上げ、そして散水するのだが、もっと近い千代田湖からはなぜくみ上げることができないのか。

理由は簡単、千代田湖ヘラブナ釣りのメッカとして有名で、そのボートの係留のためワイヤーが張られているのでくみ上げる事が出来ないということなのだ。

これは立派な違法行為で、本来ならば管理人の山梨県が指導すればよいことなのだ。でももう随分年月が立っているのでいまさらできないとでも思っているのだろうか。それでは行政の職務怠慢だ。

能泉湖からは約20分に1回の割合で消火に当たっているのだが、千代田湖からだときっと15分に1回程度になっているだろう。

1回の量がおよそ600リットルという話も聞いたことがあるのだが、ヘリはすごい。消火に当たる消防団員は1回が10リットル程度だと聞いているから、量だけではずいぶん効率が良いと感じる。

自衛隊の大型ヘリだと1回6,000リットルとか、しかも垂直に落ちてくる水は非常に危険で、上から落ちてくると当たれば頚椎骨折は当然と言われている。だから、「散水っ!!」とか合図があるらしいが、残念な事に大型ヘリは着陸して水槽に水を入れるしかないそうだ。その点通常の防災ヘリはホバリングしながらパケットで水をくみ上げ、そのまま飛んで行って放水できる、それぞれの良さがあるのだろう。

f:id:nonaka12:20081229092231j:image



ちなみに今朝から飛んでいるヘリは群馬県から応援に来ている防災ヘリの「あかぎ」と胴体に書いてあった。

それぞれ協定でヘリが応援に行くこととなっているが、随分と大変な仕事だと感じてしまう。

新潟県上越地震などの災害でも、近県のヘリが応援に行っている。もちろん山梨県からも防災ヘリが応援に行っているのでまあいいか、お相子だな。

それにしても1年のうちに2度も同じ山だとちょっと情けないなあ。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

2008-12-24

[] 新県立図書館設計の入札結果が公表された

その結果によると、落札したのは株式会社久米設計・株式会社三宅建築設計事務所新山梨県立図書館設計業務委託共同企業体との事です。

 『審査の着目点とした、「ユニバーサルデザイン」、「省エネルギーなど環境への負荷を少なくする配慮」、「建設工事費、ランニングコストライフサイクルコストの縮減」、「周囲の景観への配慮」などについて、具体性と創造性に富み、全体的に高い評価のできる提案である。』と山梨県では説明していますが、最も肝心なのは「周囲の景観への配慮」だと考えています。

この決定がされた22日には「甲府駅北口まちづくり推進委員会」という地元有志約70名で作られている街づくりの会で、来年度1年間の幹事による方針が出され、甲府市からも景観形成条例の担当部署から説明を受けていたのです。

今後は、この街が「伝統と歴史を守り、それを現代にいかし未来に繋げるまちづくりを行う」まちづくりを推進していこうとしているのですから。近々この事は山梨県に対しても要請してゆこうとしているところですが、どのような形の物が良しとされたのでしょうか、心配です。

この委員会についてはまた後日報告させて頂きますが、平成24年にはすべての核施設がお目見えした中で、今後はソフトをどのように盛り込んでゆくかという部分で大きな原動力となることでしょう。


県立図書館さんも会員になりましょうね。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

2008-12-22

nonaka122008-12-22

[] 新ごみ処理場

甲府市・峡東地域ごみ処理施設事務組合」が予定する新処理場は富士山の直下だった。

本年1月に愛宕山から撮った写真を整理していたら、なんと富士山の真下だということが判明した。

今日の1枚に乗せておくが、自分でも「へえ〜」であった。


この施設の形はできるだけ他とは違う焼却炉丸見えが良いと思っていたが、この場所からみると改めてそう思える。

通常の焼却炉は「箱で覆う」形が圧倒的に多い、しかし街中だったら致し方ないが、ここはそんなに人目に付かない場所である。だったら覆いで囲む必要はなく「どかぺんに割り箸を刺したような形」の焼却場なんかやめてしまい、むき出しの炉にパイプがオブジェのように絡み付いている形で十分だと思う。

そうすることですぐに20億ぐらい安くできてしまうのではないか。もちろんゴミピットの様な臭気が発生しやすい場所は覆いをつけるのは当然だが、焼却炉そのものは覆いがなくても基本性能には何ら関係ない。それよりこう熱がこもってしまう劣悪な作業環境から解放されるのだから、作業員は快適だろう。

本体の損傷はどうかということだが、これも何ら問題ないと聞いている、だとすればここの施設は是非覆いを外した施設であってほしいものだ。


次の議会で発言することとしよう。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

2008-12-20

[] ビックスリーはどうなるのか、その3

昨日もこのニュースから一日が始まった気がしている。

ただし書いた日記の中で「全米自動車労組」について少々誤った記載があったことをお詫びする。

この組合は日本のような単一会社単位でなく、全米一単位組合だ。

だから一つの会社の業績がどうこう言う事でなく、全体として組合運営をすればよいこととなり、権威がある時はすべからく至上主義だが会社業績が失墜すると今回のように会社などどうでもよいという結果が待っている。


それは置いておくが、今日はGMとクライスラーに対する計174億ドル(約1兆5400億円)の緊急融資を実施するのに併せ、両社に厳しい融資条件を提示したことを明らかにした。当然のことであろう。

それは抜本的な経営再建策を提示する事。そして両社の抱える債務の3分の2を「債務の株式化」の手法を用いて圧縮するよう求めた。また、労使間で就業規則を大幅に見直し、09年12月末までに日本など外国メーカーと同等の賃金体系に改めるよう求めている。これは先の労使協議での賃金カットを不服とした労働者側に圧力をかけたものと考えられる、一方会社にとっては株主や債権者との交渉を速やかに実施するよう促したものと考えられ、政府はただじゃ地から貸さないぞと言って国民の理解を得ようとしたものであろう。


どうかもう一度日本のメーカーの実情をご覧いただきたい。派遣労働者に対して地方行政が手を貸したり、会社も一時的に寮への残留を認めようとしているのだから。それもアメリカの事情からみると非組合員にである。

ここらが日本の優しさか、それとも自分の後始末は自身で行うというバブルの教訓か。


いずれにせよやっと世界経済の底にふたが閉まろうとする動きが見られたような気になってきた。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

2008-12-19

[] ビックスリーはどうなるのか、その2

12月13日のブログで書いたアメリカ自動車業界の話の続きである。

本日朝からの報道では、ブッシュ大統領が「無秩序な破たん」を容認しないと発言し、選択肢には不良資産救済プログラム(TARP)からの資金支出や、事前調整型の破たん処理が含まれることを明らかにした。「軟着陸を可能にする破産」(日本で言う民事再生法に近いもの)もあり得ると指摘する一方で、これが必ずしも政権の方針になるとは限らないとの認識を持っているようだ。

参考記事

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081219-00000279-reu-bus_all

http://mainichi.jp/photo/archive/news/2008/12/18/20081219k0000m020079000c.html

上記の記事以外でもさまざまな推測がなされているようだが、GMが破産した場合FORDが減少した部分の生産を請け負うには相当の時間がかかってしまうだろう。この時期に一体組合は何を要求しているのだろうか。ゼロになったらどうなるのかという事を考えていないようだが、わが国で現在問題化している契約社員解雇問題を考えたら「生ぬるい」と言いたくなってしまう労働組合である。

私は組合反対派ではないが、企業が存続してこそ成立する雇用関係がある中で、労働者だけが自らの主張を唱えても世間では理解してもらえないという大原則を忘れているのだろうか。それとも大いなるアメリカという幻想がいまだにどこかでぶら下がっているのか、理解しがたいことである。


さりとて、自動車の恩恵にあずかってしまった我々人類が、おいそれとは手放すことができない自動車であるという事実を捨てて現実を見ているわけにはゆかない。

がんばろう神戸」ではないが、このあたりが踏ん張りどころと考え、世界経済が立ち直ってくれることを期待したい。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

2008-12-13

[] ビックスリーはどうなるのか

とてつもなく恐ろしい事件がついに最終局面へとやってきた感じだ。

米大手自動車メーカーのゼネラル・モーターズ、フォード・モーター、クライスラーの経営破たんは数十億ドルもの金融商品に打撃を与える可能性があるとも言われている。

つまり単なる企業の破産ということでは済まないだろう。



今年の夏以降私が特に注目していた出来事は、いわゆる「サブプライムローン」の破たんに端を発した出来事の中で、アメリカの象徴ともいうべき自動車産業がこのまますんなり持ちこたえるのかという事であった。

「富めるアメリカ」を合言葉に経済成長を続け、さまざまな金融商品を作りだし虚構の世界での金余り現象を引き起こし、その力で原油価格を急騰させ、脱石油商品としての穀物にまで影響を及ぼして人類を飢餓の世界へと引きずり込んだ。その最終序章はリーマン・ブラザーズの破たんであり、クレジット社会で成長し続けてきたアメリカ自動車産業があると考えていたからだ。アメリカ下院ではすんなり通過した法案だったが、上院で廃案になってしまった事で、再び世界経済の指標である株式価格が下落している。

本来の生産とは品物(作品と言ってもよいだろう)を作ることにある、それが金融商品というのは少し違っている。市場の原理で解決すればそれもよいのだが、すべてが市場の原理で解決しないところにその怖さがあるのではないか。

昔日本でも「天下一家の会」という無限連鎖の虚構を作り、大勢の国民からその財産をはがし取ったという事件があったが、今回の一連の騒動はまさにそれらと同質のものではないのか。その結果富める人はそれなりに被害を被っているというが、まだまだ甘い。


今回ビックスリーの債務不履行が現実に起これば、日本の自動車メーカーも共通する部品メーカーと取引をしているので相当の打撃になるだろう。当然関連している金融商品も同様、失業者は傘下の企業をすべて合わせると300万人ともいわれている。

さあどうするアメリカ


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

2008-12-09

[] まだコンピューターは退院してこない

もう1週間にもなるのに未だ愛用のマシンが退院してこない。

これは困った事態である。

1−メールが送れない。

2−データが読めない

3−キーボードがなじまないので使う気にならない。

・・・・・


8日が提出期限であった質問要旨は無事に送ったのだが、内容はどうも今一である。

実際の質問でどのように読み下すかがポイントになってしまいそうだ。

必死で数通のメールは送ったものの、自信はない。

使っているキーボードがF社製のものはストロークが長くて使う前に嫌になってしまう。

・・・


などと言っている場合じゃないのかもしれない。

つい3年前まではこれで十分満足していたじゃないか。

ただし、この機械は最初から反応がのろかった。

それはそのままだから余計腹が立ってくる。

あ〜ぁ

人間慣れには恐ろしいなあ、と感じつつとうとう明日から議会が始まってしまう。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

2008-12-04

[] バイオマスセンター 八千蔵・高家に建設検討

こんなニュースが今朝の新聞記事で飛び込んできた。

全文は「新聞記事」をご覧いただきたいが、以前このブログでもこのようなバイオ施設はすぐれものとは言い難いという事を書かせて頂いた。

もう一度言うが、剪定枝は良くても年1回しか出てこない。

その上木質バイオマス自体分解して取り出すのには相当な時間がかかってしまう。

生ゴミ(厨芥類)の分解速度はとても速く、最適なのは下水汚泥との混合でバイオガスを取り出すというのではないか。

以上が私の持論である。


つまり今回建設予定の施設は、主眼がどちらにあるのか、厨芥類か剪定枝かそれによって別の方法が考えられるのではないかという所が押さえきれていないのではないか。

そもそも「木」は植物の炭酸同化作用によって固定化されたもので、この時の二酸化炭素固定は、 植物や微生物が行っている葉緑素を用いた光合成により、大気中の二酸化炭素炭水化物に代えて生物躯体として固定させることであるが、ここで行われている自然界の現象は非常に優れた仕組みである。そのようにして出来たセルロースとリグニンをあえてもう一度分解し、エネルギーを取り出す必要があるのかどうか疑問だ。

それならばむしろお隣の山梨市が行っているような「ペレット化」によって庁舎内の暖房や給湯に利用するという案のほうがまだ自然に近いのではないか。それも実はもったいない話で、本来的にはそのまま燃焼させてエネルギーを取り出すのが一番理に適っていると思える。


まあこの土地については4市が問題の物件としてその利活用を考えなければならない土地だから、笛吹市がこのような形で活用してくれるのだったら良しとしよう。ただし負担金を取られるのはごめんだ、あくまで笛吹市が国の補助事業として推進してゆく事業なのだから、その負担はすべて負っていただきたい。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へにほんブログ村 環境ブログ ゴミ・リサイクルへ

2008-12-02

[] またパソコンがダウン

昨日いよいよ12月議会の原稿を書こうと思った矢先、パソコンがダウンしてしまいました。

(どうしていつもこうなるのだろう)

2台あるうちの1台ですがこれがメインで使っている機械なので厄介です。

質問原稿のあらあらが入っているのは外付けのハードディスク

じゃそれを別の機械で読み取ればよいのですが、キーボードがどうもなじまない。

私的にはキーストロークが長いキーボードはどうもなじまないのです。

その上画面が常用の画面は液晶、サブの画面はブラウン管。これでは画面上で表示される範囲が違いすぎてやはりなじまないです。


今回のダウンは、電源を入れても読み込みに行かないというやつです。

これではセーフモードも使えない、と言う訳で昨日緊急入院と相成りました。

この「ビスタ」は間もなく全面改良の上別のものに置き換わるともいわれていますが、こうたびたび挙動不審に陥ると信頼感というのが無くなりますね。


仕方なくXPを使っていますが、1台しか無かったらどうにも手がつかない。

普通の家庭では1台でオールインワンだと思いますから、そんな時はどうしているのでしょうか。

もう、頼むよ〜


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

あわせて読みたいブログパーツ