野中一二のBlog人は石垣人は城 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-02-23

[] ふるさと山梨を考える会リニューアル

と言う事で、ホームページがガラリと変わっています。

活動はすべてボランティアですから、これまた大変なこと。

今回のリニューアルでは、身延最終処分場問題が大きく取り上げられています。

先日の報道でもあったように、明野を含むこの問題はずいぶん難しい要素をはらんでいます。

山梨日日新聞トップ記事ですが、リンクはしばらくすると消えてしまいますのでいか本文を張り付けさせていただきます。

2009年02月20日(金)

明野処分場 搬入量見通し立たず

県議「採算性に疑問」

 山梨県北杜市明野町に建設を進めている明野廃棄物最終処分場(県環境整備センター)で、廃棄物の受け入れ量が開業を3カ月後に控えた現在も見通しが立っていない。県側の調査では、許容量の約7割を占める予定のがれきや廃プラスチックなど安定5品目について、主な搬入者となる中間処理業者約70社が目標の9割近い年間2万9000トンを排出することが分かったが、「どのくらい明野処分場に持ち込むかは不明」(森林環境部)。県議からは「単価が高く、県外施設などに相当量が流れるだろう。採算は取れるのか」と指摘する声が上がっている。

 明野処分場は5月20日に開業予定。2009年から5・5年で、18品目の廃棄物約23万トンを受け入れる計画。建設費など総事業費は73億円余りに上る。県議会などからはリサイクルの広がりなどから「廃棄物の量自体も減っている。採算が取れない」と指摘する声が以前からあるが、県側は一貫して「計画通りに埋め立てれば最終的に1800万円の利益が出る」と説明してきた。

 ただ、受け入れ量の見通しは県の産業廃棄物実態調査で判明した県内の総排出量などからの推計。県や県環境整備事業団は現在、排出事業者に開業後の搬入を呼び掛けているが、開業が迫った今も具体的な搬入見通しについて明らかにしていない。



今後はどの様な展開になるのでしょうか。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ
にほんブログ村

あわせて読みたいブログパーツ