野中一二のBlog人は石垣人は城 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-12-13

[] 天皇陛下の存在意義を民主党に問いたい

昨日12日はニュースでも随分と取り上げられたが「各国平等に行ってきた皇室の国際親善が政治利用されることは構わない」とでも考えているのだろうか。特に幹事長の小沢氏は、外国人参政権も賛成、中国への訪問では140名もの民主党若手議員を連れてゆく、韓国では天皇陛下訪韓は好ましい等など、続けざまにほんとに日本を代表する政治家かと思いたくなるような発言が続いている。


政府関係者によると、小沢氏は9日、国会内で崔天凱・駐日中国大使と会談し、「何とかして習副主席が天皇陛下と会えるようにしてほしい」と要請を受けた。その後、平野官房長官に電話し、崔大使の要請を伝え、「しっかりやってほしい」と述べたという。これを受け、平野長官は10日夕、宮内庁の羽毛田信吾長官に電話し、「これは政府官邸としてのお願いだ」と強い口調で会見を実現するよう指示した。

全文は読売新聞以下のように伝えている。

それぞれのポジションがある政府内で、すべてが小沢氏一人の意のままに動いてしまう事が良いのだろうか。これでは鳩山総理は傀儡ではないか、確か岡田外務大臣の天皇陛下に対する発言ではたしなめていたではないか。


日の丸は反対、国家君が代は歌わない、その上憲法上にある国民の象徴としての天皇陛下まで冒とくしてしまうのだろうか。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

あわせて読みたいブログパーツ