野中一二のBlog人は石垣人は城 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-01-31

[] 施政方針演説

せっかくの日曜日、ほんとの安息日になったので先の国会での様子を動画で眺めていた。

鳩山総理の施政方針演説でガンジーの7つの社会的大罪を引用していた。

それを細かく読み砕いてみるとなんともいい加減な場当たり的発想がにじみ出てくるから怖い。

そもそも七つの社会的大罪とは、

理念なき政治

労働なき富

良心なき快楽

人格なき教育

道徳なき商業

人間性なき科学

犠牲なき宗教

以上の7つであるが、その内引用した労働なき富は毎月もらっていた1,800万円じゃないのか。その上事前に演説を聞いたある閣僚は「アンタが言うなと突っ込まれるだろう」と進言したが、これを言わないとストーリーが成り立たないと聞く耳を持たなかったと言う。想像通り「あなたのことだ」と野次が飛んでいた。

良心なき快楽については、確か鳩山総理は略奪婚だったはずだ。「普通の人は独身女性の中からパートナーを選ぶが、私は総ての女性の中からパートナーを選んだ」と、良識ある人ならあきれ返るような迷言は有名だ。まあ決して結婚は快楽とは思わないが、こじつけてみた。

人格無き教育とは、教育と政治をごちゃ混ぜにして考える日教組とその下部組織の山教組がぴったり来てしまう。

道徳無き商業は盛んに接触を図っている東アジア諸国で行われている違法コピー商品や、安い人件費に物を言わせて作り上げ、デフレを増徴させている今の商業全般を指し示すのか。

人間性無き科学とは「何も2番でいいじゃないですか、1番にならなくても」と言う、科学の分野から切磋琢磨を切り捨てたような有名な仕分け作業チームの発言でしょうね。

犠牲無き宗教は「友愛」と口先ばかりでいい続けていることを示しているのだろう、祖先からもらった資産だけで形が出来上がるほど簡単ではないはずだ。

以上を総合するとこの施政方針そのものが理念なき政治のように見えてしまうのだが。

それにしても事前の閣僚の前での朗読では、言葉に詰まって一瞬涙したというからたいしたものだ。


皆さんはいかがお考えでしょうか。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ
にほんブログ村

あわせて読みたいブログパーツ