野中一二のBlog人は石垣人は城 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-07-17

nonaka122014-07-17

[] 梅雨の合間の甲府盆地

暑い日が続きます。

今年は空梅雨なんでしょうか、でも九州地方では台風8号の影響で平年を超える雨量だそうです。


昨日は議員間討論が行われ、開府500年に向けた甲府のまちづくりが話し合われたところです。

武田信虎公が石和の川田の館から1517年に躑躅ヶ崎へ館を移してからです。

いろいろな意見が出ましたが、改めて私が考えるまちづくりとは何か考えました。


議員と言う職をいただいて間もないころ「100年で考える都市計画」と言う本を書きました。

そこに出てくるのが「歩いて暮らせるまちづくり」と言うキーワードでした。

そして「自らの街は自らが作ってゆかねばいけないんだ」と言う意気込みが必要だと説きました。

以下小生のホームページをご覧ください。

都市計画と言う項目にあり、タイトルから下にある次項に沿って開いてゆけます)


忘れているなあ、と言うのが実感。

そこに暮らす人々がいるからまちづくりがあるのです。

そしてそれが心地よい場所と感じるから、観光客が来るのです。



それが何やら観光が優先されすぎていると感じたのです。

それもありでしょうが、基本は暮らす人々でしょ。


この暑い日に、頭の中からも汗が出そうなのでこの辺りでやめておきます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村

あわせて読みたいブログパーツ