Hatena::ブログ(Diary)

BAR 弐拾四度(24℃)のブログ

2101-04-05

shop information     -この記事は常にTOPにきます-

f:id:nondetabete:20121020234410j:image:w640

BAR弐拾四度(24℃)

愛媛県松山市二番町二丁目3−6第3松ビル4階

TEL 089-935-7121

OPEN 19:00  CLOSE 4:00   不定

f:id:nondetabete:20121014030343j:image:w640

■ 季節のフレッシュフルーツ・食材を使用したオリジナルカクテル1000円〜

■ こだわりのスタンダードカクテル 800円〜

■ ウイスキーエキスパートがおすすめするウイスキーシングルモルトを中心に約100種類

■ ビアテイスター厳選クラフトビール20〜30種類(長期熟成ビールやレア物も)

■ ジン約20種類・ヴェルモット約15種類 その他いろいろと......

■ チーズプロフェッショナルがおすすめする珍しいナチュラルチーズ

2018-05-22

ドクダミ

f:id:nondetabete:20180520205142j:image:w460

実家で、ドクダミ採取。

〜ある?と訊けば、田中要次ばりに「あるよ」と返事がくる家。


f:id:nondetabete:20180520205134j:image:w460

ドクダミ・ジンスマッシュ


ベトナム料理のバインセオやカオラウに使われる香草ということで

興味が沸いたドクダミ。 パクチーに似た風味だったのね、君。 

2018-05-20

American Style Sour Ale

汗ばむ季節はサワーエールが飲みたくなる、と言われ隊。



■ Oceanside Ale Works / Funk-n Delicious Peche

f:id:nondetabete:20180413045043j:image:w460

白ワイン・ゲヴェルツトラミネール樽 + ピーチ



■ Cascade Brewing / Figaro Ale 2014

f:id:nondetabete:20180406065048j:image:w460

白ワインシャルドネ樽 + 白イチジク + レモンピール



たまには、グラスではなく一本まるっとボトルで、注文を受け隊。

2018-05-17

マサラチャイ

マサラチャイ・ジンフィズ  

チャイの定番スパイスのジンジャークローブ・カルダモンを、

ガランガル・メース・ブラックカルダモンに置き換えて。

牛乳も、ホエーの氷に。



■ Masala Chai Tea Gin Fizz

f:id:nondetabete:20180517033403j:image:w460

Gin, Tea Liqueur, Homemade Lemon cordial, Soda,

Galangal, Black Cardamon, Mace, Whey Ice


日本の生姜より、ドライでシャープな香味のタイの生姜ガランガル。

ビネガーを思われる風味もあってか、一般受けする味へと落とし込み

辛かったじゃじゃ馬な生姜ですが、チャイにすると俄然キマる。

2018-05-14

野苺

野苺、ラベンダー、林檎


f:id:nondetabete:20180511011614j:image:w460


野苺は仄かな味なので、人によっては野苺の味をカクテルの中に

見出せないかもしれませんが、野苺が入っているカクテルと野苺が

入ってないカクテルとの両者間に味の違いがあるならば、それは

カクテルの材料として入れる必要があるということです。

ドラゴンフルーツカクテルも同様。

2018-05-12

MENU

f:id:nondetabete:20180511045915j:image:w460


一部のマニアな方向けに、メニュー作ったった。 


GW期間中に来店された市外県外のお客さんから、ここは普通の

BARだねって。 普段どのようなカクテルを飲んでいるのですか?

って訊いたら、別の意味で驚いた。 その話、聞きたい?

2018-05-10

Milk shake Gin Tonic

弐拾四度の隠れた定番カクテルホップジントニック


f:id:nondetabete:20150401064506j:image:w460

IPAの進化に並行し、ホップジントニックも進化させてきた。


f:id:nondetabete:20161201220335j:image:w460

タンジェリンIPAや樽熟成IPAが誕生すれば、各々それらに

インスパイアされたホップジントニックを作成。


f:id:nondetabete:20170621060700j:image:w460

昨年でいえば、NE-IPAになぞらえたヘイジーなNEジントニック



そして本年。

Milk shake IPA、日本上陸。

f:id:nondetabete:20180501231331j:image:w460

今回も、新たにホップジントニックを作成! テッテレー



■ Milk shake Gin Tonic

f:id:nondetabete:20180506033509j:image:w460

Homemade DryHopped Gin, Homemade Lemon cordial, Milk,

Water, Sugar, Baking Soda, Citric Acid



乳糖ではなく実際に牛乳を用いて、まろやかでフワッフワな

口当たりに仕上げたミルクシェイク・ジントニック

f:id:nondetabete:20180506033503j:image:w460

トニックウォーターなどの炭酸飲料は使わずに、クエン酸重曹

化学反応二酸化炭素を発生させ、カクテルに発泡性を持たせました!



クエン酸重曹を混ぜた瞬間に、シュワー.。oO

モコモコ泡立つのが楽しいれす ♪

f:id:nondetabete:20180506042035j:image:w460

創作意図からすれば、適するグラスは牛乳瓶。 

でも、シャンパングラスの方が泡がきめ細かくて美味しい 苦笑  

ヌーン

2018-05-08

フレッシュ・エルダーフラワー

f:id:nondetabete:20170521215716j:image:w460

フレッシュのエルダーフラワーが、今年も入荷しました。


f:id:nondetabete:20170521215700j:image:w460

シンプルな仕立てに。 この子、フレッシュハーブ人気一等賞。 

2018-05-06

松葉ウォッカトニック

ゴールデンウィーク最終日も営業しております。

皆さまのご来店お待ちしております。


f:id:nondetabete:20180506050326j:image:w460

清涼感のある飲み物を欲するこの季節。 「松葉サイダー」を作ろう!

....と思っていたけれど、やっぱり無難にインフュージョン 苦笑   


f:id:nondetabete:20180506050318j:image:w460

松葉のウォッカトニック!  

ジンは松脂のような香り形容されるだけあって、この青々とした

松葉カクテルは、ジントニックの代わりになります。 キリッ

2018-05-04

松ぼっくりマティーニ

f:id:nondetabete:20180408054002j:image:w460

松ぼっくりの雌花、ふたたび収穫。 


f:id:nondetabete:20180425024024j:image:w460

アルプスで数百年以上の歴史がある松ぼっくりリキュール

ジルベン・シュナップスを自家製で作成。


f:id:nondetabete:20180425015400j:image:w460

今回は、グリーンパイン(松の未熟球果)も収穫してきた。


f:id:nondetabete:20180424225801j:image:w460

ロシアグルジアキルギスで食べられている「Pine Cone Jam」作成。 

パインコーンジャムは、若い松かさ・砂糖・水が原料のジャムのこと。

ジャムになった松かさの食感は、まるで茹でたヤングコーンのようです。 



これら材料を使って、松ぼっくりカクテルを作成します──

f:id:nondetabete:20180425022547j:image:w460

お馴染みの乾燥した松ぼっくりは、装飾としてグラスの中へ。



f:id:nondetabete:20180425022701j:image:w460

ピンに刺した松ぼっくりジャムの実を、オリーブの代わりに。



■ Pine Cone Martini

f:id:nondetabete:20180425024239j:image:w460

Gin, Homemade Zirben Schnapps, Pineapple Juice, Pinecone Jam



松ぼっくりマティーニ です!

気分はまるで針葉樹の森の中!? フィトンチッドの癒しをどうぞ ♪



アルプスで飲まれている松ぼっくり酒。

ロシアなどで食べられている松かさジャム。

食文化多様性には、いつも驚かされます。 なんでも松かさには

気管支炎や風邪などへの医学的効果があるようですが、食されてきた

所以はそれだけではなく、単純に美味しいからだと思います、ハイ。