nonomachon2ndの日記

2006-09-26 童貞力の正体

「30歳まで童貞で過ごすと魔法が使えるようになる」この文言は登場するやいなや、全国の非モテ童貞たちの心を鷲掴みにした。科学的な根拠などなきに等しい。実際に魔法が使えるという実証者が現れたわけでもなく、かといって無視しきることもできない強大な魅力を備えていた。残念ながらこの文言は広くネタとして一般解釈され、テレビゲームドラゴンクエストに登場する呪文になぞらえてやれパルプンテが使えるようになっただとか、手を使わずに射精できるようになったとか、そういった文脈ばかりが傑出していた。今ではこの文言自体に新鮮味も刺激もなく、使い古されたAAと同程度に同用途に消費されていくのみである。不肖ながらこの私も、当時は魔法使い見習いとして、やがて訪れるであろう変革の時を心静かに待つ、若き童貞であった。ちなみに今も童貞であるが。頭がどうかしていた私は、冗談でなく本気で信じていた。魔法が使えるようになったらお城作って女量産してハーレムだぜうははと本気で思っていた。もちろんブームが去ると同じくして、その目に余る妄想ぶりに心に大きな空洞を作ったことは記憶に新しい。そしてそれから数年が経った。ちなみに今でも童貞である。ここ一ヶ月あまりの自らの身に起こった数々の奇跡を見るにつけ、私は人ならざるものの意思のようなものを感じている。思えば私はつい2ヶ月前までは、ただの引き篭もりニートだったのである。頭の悪い奴はプログラマになれなどというとんでもない社会に混沌をもたらすような記事に触発されて反発記事を書いたのがきっかけで、気がつけば地方から東京へ出奔しホームレスになろうとしている。生涯恋人だと確信していた右手はペニスではなくギターの弦を弾くようになり、部屋からはティッシュの箱が消えた。鼻は袖でかんでいる。ダンボール数箱分もあったエロDVDは全て処分し、朝から晩までショタ本ではなく専門書を読むようになった。人間の体というものは、顔以外はそれほど大差なくて、性器の形も触れた感触もほぼ同じであり、胸や尻の肉厚は違うだろうが、所詮そんなものは脂肪の多寡であり問題ではなく、したがって我々が性的に興奮するのは相手の顔であって、しかしそんなものは人体の容積総量からすればたかが知れていて、いくらそこに情報が大量に集中していようとも、ある程度慣れれば全て同じになるのではないかという考えがあって、実際に風俗嬢数人と戯れてみた結果、やはりその通りであるということを認識できた。それまでにゲームや漫画で見た世界で培った幻想とのあまりの剥離に失望しただけかもしれない。女の体は、思ったよりも温かくなかったし、いくら触ってもなんともなかったし、舐めてみたところで大した味もしなかった。もちろん最初の体験ではそうではなかった。ピンクローターを膣に出し入れしているときなんて最高に興奮したし、アナルに指を挿入してかきまわしているときなんて思考が吹っ飛んでいた。しかし、それだけである。険しい山に登頂したときがそうだが、そこからの展望は本当に素晴らしい。そこに至るまでに踏みしめた足の裏の痛みなんて全て消し飛ぶほど、頬を伝う汗の不快さが気にならなくなるほど、新鮮な空気。ちょっと酸素は薄いけれどほどよく冷たくて、都会の排気ガスや人間のよどんだ吐息など一切まじっていなくて。その瞬間自分は自分だが自分ではないような心地よさが四肢や胸を支配して。だが見てみろ。自分が今来た道を。またここを引き返さねばならない。するとまた昨日と同じような明日が繰り返されるだけだ。同僚の愚痴、上司の苛立ちの眼差し、女どもからの蔑視、いくつもの不幸の中のいくつかの幸福を見せつけられ、そして続くのだ。コンビニの店員の白けたあいさつと、値上がりするタバコと、何のセンスもない安いコーヒーの味と、老いていく自分の醜さと。どうすればいいのか。どうすればこの絶望から遠ざかれるのか。あなたがもし今山頂にいるなら、反対を向いてみることだ。今来た道ではなくて、その反対を。そこにはもう山はないだろう。戻る道と同じような下る道が続くだけだ。その先にはきっとあなたを潤す何かがあるのではないだろうか?もう山はいい。あの景色の素晴らしさは生涯忘れないが、しかしそれだけだ。所詮それだけ。美しいだけだ。そんなものに何の意味がある?次は川だ。その向こうには草原があって、その先には砂漠が広がっているんだ。もう綺麗なものなんて一つもないだろうが、しかしそれこそが人生なのではないのか?そう、これが魔法の正体なんだ。30歳というのはあくまで一般的な指標であって、個人差があるので全ての人に当てはまるわけじゃない。僕はオナニー開始年齢の初期値が低かったし、頻度も人よりも多かったから、人よりも早く辿り着いたに過ぎない。人の性欲は尽きることはないという。それは精神の活動であり、人として生きる限り無限の燃料が投下され続ける。しかし肉体はそうではない。オナニーのやりすぎで性感帯が磨耗し鈍磨し、性行為から快楽を得られなくなり、女性に対して魅力を感じなくなる。これが童貞力の正体である。これこそが魔法なのである。人類がいまだかつて逃れることのできなかった性からの解放である。昔から日本人は勤勉すぎると欧米から非難されてきた。勤勉さの正体はセックス回数の少なさである。統計にもあるとおり、日本人の通年セックス回数は欧米と比較して異常に少ない。それは日本人が働きすぎだからと解釈されているが、逆である。セックスしてないから働きまくるのである。セックスによる精神の充足が労働の効率にも寄与するというのは事実だが半分は嘘で、そもそもそれだけの精神の充足をもってあたるほど高度で知的な仕事というのは、限られた量しかないのである。大半の仕事は、そんな充足なんて必要なくて、どれだけ精神的な効率が低下しようとも問題ないものばかりだ。そんな状態をしばらくもすれば、セックスで本来埋められていた隙間を単純労働で埋めることなどたやすい。日本人が世界一優れた民族であるのは、セックスをしないからである。反論もあろう。男どもはセックスをしないかわりにいくらでも二次元でオナってるではないかと。だが上にも書いたように、それは童貞力が解決してくれるのである。それだけオナっていれば、もうその人の性器は生殖行為が不可能なレベルまでになっているだろう。彼らだって男である。いつまでも二次元で我慢できるはずがない。そんなにストイックな奴など存在しない。そして意を決してソープへ行ってみる。だが、すでに手遅れなのである。女性に挿入したところで、何も感じない。全く気持ちよくない。そうすると腰を振っている女性の姿を冷静に観察できるようになる。すると気付くだろう。セックスのあほらしさに。ソフトSMだとかイメクラなんてのがそうだが、男女が共に幻想の世界に浸っているから楽しめるのであって、どちらかが醒めてしまえば、途端にくだらなく虚しいものに変貌してしまう。セックス自体そうなのである。二人で作る共同幻想。どちらかが幻想に浸れないのなら、そんなものはもはや破綻である。そこから先が本当の世界である。漢の生きる道なのだ。幻想だと気付いたならもう二次元も必要ない。これからは一人で立てる。歩けるのだ!もちろん魔法使いとしては端緒についたばかりである。そこから先どの魔法を覚えるかはあなた次第だ。僕はプログラミングをやる。あなたは何をする?

いいかげんにしろよ!アラン・ケイ 18:19 いいかげんにしろよ!アラン・ケイを含むブックマーク

コンピュータは人間を進化させるか アラン・ケイ氏インタビュー
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0925/high43.htm


ゲイ氏によれば、

今、世の中の大人の95%は科学的リテラシーを持たず、科学的思考ができない。でも500年前には読み書きできる人は1%だった。それからアルダスの印刷書物が登場し、長い時間をかけて人々の読み書き能力と思考力を変えた。だから今から500年後ならば……と。



彼は何にもわかってない。ずいぶん衒学的な文章だがこれならポップ歌手の歌詞の方が勉強になるというものだ。「世の中の大人の95%は科学的リテラシーを持たない」ことよりも「世の中の大人の95%は貧乏」なことが問題の本質だろうが。500年前に比べりゃ読み書きできる奴は増えただろうがさて金持ちの数はどうなのかね?変化するものはほっといても変化する。でも変化しないものはいじらないとどうしようもない。なのに変化の象徴みたいな子供をいじることにご執心な彼は所詮ただの学者なのだ。頭の中でジグソーパズルを組み立てることに夢中なガキだ。それを哲学だとかはっとさせられるとか敬ってる奴はただの信者だ。そもそも科学的リテラシーを身に付ける人間が増えることによるメリットについての説明があやふやだ。科学的リテラシーって名称からわかるとおりこれは「科学的」なものなのだ。だから物理にしか適用できないのが当たり前だ。宗教や政治についてまで科学的に思考できる奴はたんに頭が良いだけだ。凡人が科学的リテラシーを身に付けても科学に関してはリテラシーが向上するだろうがそれをいちいち他の分野にまで応用できるはずがないじゃないか。彼の目下の所メインプロジェクトであるスクイークにしたって、これは明らかに科学的リテラシーとは無関係そうだ。というかこれただのプログラミング教材じゃねぇか。いっておくがこんなものでプログラミングの世界に足を踏み入れる子供たちはかわいそうだ。VBから入門した俺がどれだけ辛酸を嘗めたことか。俺は何でも作れるんだぜべいべ〜って調子に乗ってた哀れな子供の末路を知って欲しい。VBでさえこれなのに、このスクイークVBよりもはるかに簡単にプログラミングができるみたいだ。とりあえず子供たちにはアーメンといわせてもらう。彼は女の子のコンピューティングリテラシーの高さにも関心がありそうだが、このままではその女の子たちはザーメンまみれになるような人生しか用意されていないんじゃないか。パースペクティブとか言ってるお前の視野が狭いよゲイって感じだ。アーメン


追記:要ははてな界隈でもさんざん議論され尽くしているように科学なんて金にならんのですよ。世の中を取り仕切ってるのはものを左から右へうちわ扇ぎながら流すだけの文系で、理系はストレスで発狂して自殺するしかない世の中を変えるのが先なんですが、しかし多くの子供たちが科学的リテラシーを既得しちゃえば、今度は専門の降下が起こっちゃうんですよ。弁護士バッジもったタクシー運転手とか大学院まで出たのに月給14万とかの世界になるしかない。競争相手が多ければ多いだけその業界自体は伸びるだろうけど、それは多くの敗残者を最悪の形で排除した結果でしかない。究極的に僕ら人類が幸せになるには、何も学ばずに何も考えずに何もしないことが一番だ。それ以外ないでしょうね。だからやっぱり天才は死ね。ザスーラっていうビデオ見たんだけど、あれと一緒で、僕ら人類は破滅がゴールのすごろくをやってるんだ。せっかく僕ら凡人が1とか2でゆっくり進めてるのに、空気読めない天才どもは8とか9とか出してずかずか進んでいく。おいおいその先は終わりなのに。

話にならない 23:23 話にならないを含むブックマーク

本とギターを往復してちょこちょこ練習しているのにまるで音が出ない。で、また弟呼んで聞いてみたら、指はちゃんと立てなさいだそうだ。音がちゃんと出ないのは指を寝かせて弾いてたのが原因みたい。だってそうしなきゃ届かないんだもの。んでフレットとフレットの間の所は触れちゃだめで、ちょっとでも指が他の弦に触れれば音はでなくなるそうだ。指が短くて届かねぇよって聞いたら、親指をうまいこと軸にしていろいろとやりようがあると教えてくれた。俺よりも指の短い弟の友人は問題なくできてたらしい。むしろ指が短い方がぱぱっと指を切り替えられるから、速くて複雑な曲を弾きやすいそうだ。で、ついでだから背の高低について考察してみることにする。背については僕も昔から悩み続けてきた。いや、背だけでなく、僕は手や足が異常に小さい。足のサイズなんて24だぜ?小学校の高学年あたりから背はぐんぐん伸びて、なのに中学2年の少し手前あたりからぴたりと止まった。本当に突然止まった。で、思い当たる原因は当然あって、夜寝てなかった。新聞配達で入った給料でゲームソフトばっか買ってそればっか徹夜で毎日やってた。んで学校には遅刻して行くと。で、学校で机に突っ伏して寝るわけだ。そりゃ成長も止まるわな。別に体の成長なんかどうでもいいんだけど脳の成長については一時期真剣に後悔して眠れなかった時期がある。アウトプットってのは頭のトルク数と知識の掛け算だけど、僕はトルク数が異常に低い。確信を持って言えるけど頭が悪い。保健体育の授業で脳の成長について思春期のあたりにがんがん伸びるのでその頃の生活習慣は非常に大切ですなんてのを読んだときはもう目の前が真っ暗になった。そういうのは先に言え!ifなんて考えても仕方がない。でももし僕がちゃんとした普通の人間としてやっていってたなら、どうなってたんだろうと夢想することはよくある。ああ、背についてだが、いくら考えても背が高いことのメリットって駅弁がやりやすいくらいしか思いつかない。どうでもいいや。

なんだよこれ 23:53 なんだよこれを含むブックマーク

リンク元におもしろそうなurlがあったので辿ってみたら…

全国童貞連合
http://www.cherrybb.jp/index.php

なにをやっているんだよ…しかも俺様の(神聖|真性)な記事へリンクが貼られているし。俺の記事は童貞と関係ないだろうが!このサイト有名なんだろうなぁ。童貞でぐぐったら二番目に表示されるのかよ…せつねぇ。全然知らなかったよ。しかもなんか童貞どもが顔写真公開して筆下ろし要求してるし…俺も会員登録しようかとか一瞬思っちゃったじゃないか。いや、ネタなんだろ?いくらなんでもこれはないだろう。とりあえず写真公開されている方々のご冥福をお祈り申し上げます。

とうちゃ〜く 17:06 とうちゃ〜くを含むブックマーク



f:id:nonomachon2nd:20060926170620j:image


これが新着の大型リュックサックだ!はっはっは、前と大きさ変わらんじゃないか…

f:id:nonomachon2nd:20060926170607j:image


これが新着のテントだ!どうして同じものが二つ並んでいるのかって?それはまた前と同じものを買ったからさ!何しろ安いからな!

ようし、準備開始だ! 17:10 ようし、準備開始だ!を含むブックマーク

とりあえず荷物をリュックに詰め込むとするか。


f:id:nonomachon2nd:20060926172242j:image
すげぇ、テントと寝袋がうまいことリュックに収まっちまった。だてじゃねぇぜ大型リュックサックってやつはよぉ!

しまった 17:29 しまったを含むブックマーク

カッパを水に漬け込んだままだった。すげぇくさかったから…。あちゃぁ。せっかくやる気まんまんになってたのになぁ。まぁビデオ二本借りてたし、それを見て過ごすとするか。ちなみにタイトルは恥ずかしくて言えない。

今ビデオを見てるんだが 17:57 今ビデオを見てるんだがを含むブックマーク

人間て哀れだよな。不憫でならねぇ。おいおいそんなに必死の形相でやらなくても…。あぁ、そこまで口開かなくてもいいじゃんよ。うわっ、こんなディープキス見たことねぇよ…。よだれだらだらでさぁ、ちくしょぉうらやましいぜ。

そういや変なネトラジが流行ってるって聞いたな 18:29 そういや変なネトラジが流行ってるって聞いたなを含むブックマーク

ことらじだっけ?いや思い出せねぇ。なんか小さな女の子が生声で日記を読み上げるやつが今流行っててブログの女王眞鍋かをりも注目してるとか言ってたっけな。こりゃ俺の持論だけどな。善悪の判断もお兄さんとオタクの区別もつかないような子供の写真や声をネットで公開するのってやめた方がいいと思うぜ。ネットには視聴者の性別や年代を集計する仕組みはねぇからよくわかってねぇと思うんだけどさ。あんたの娘さんの声を毎日楽しみに聞いている連中の顔みたらあんたきっと卒倒すんぜ?ネットってのは匿名だからうまく浮かんでられるんだ。仮面パーティーなのがいいのに、もしみんなで仮面とってみろよ?ふくわらい大会になっちまうだろうが。

やっと一本終わったぜ… 19:07 やっと一本終わったぜ…を含むブックマーク

なんかあんまし集中できなかったなぁ。何回も見てるから飛ばしたり巻き戻したりしてハイライトだけになっちゃった。これから2を見ようと思ったけどもういいや。別のことしよ。ああ、2ってのはエイリアン2のことね。はぁつまんなかった。

ajaj 2006/09/25 21:14 バカの歩みにあわせてたらいつまでも進歩しない

goringogoringo 2006/09/25 22:52 人類の幸せかぁ…10億人近く飢えてるらしいですもんね…。

nonomachon2ndnonomachon2nd 2006/09/25 23:28 ajさんコメントありがとうございます。そうかなぁ、進歩に一番必要なのって天才じゃなくてたくさんのバカだと思うんですけどね。天才なんて雨後のレアたけのこみたいなもんで勝手に生まれてくると思うんですよ。でもバカを集めるのは難しい。携帯にしたってインターネットにしたって、バカがいっぱい集まったから今日のインフラとして機能しているわけで、そういう点ではアラン・ケイだとか昔の偉人の業績って、それは確かに素晴らしいけどそれって別にあんたがやらなくても誰かがやってたよねって感じです。アイデアを出せる人は素晴らしいけど、一番の功労者ってそれに群がった人やそれを実装した人たちだと思うんですよね。意味不明ですみません。

nonomachon2ndnonomachon2nd 2006/09/25 23:30 goringoさん、こんばんは。ガーナの人たちがガーナチョコレートを食えないってのはあんまりだと思うんですよね。

ajaj 2006/09/26 00:03 実装するのは簡単なことでバカのことを考えずに先の提案できる天才がどれほどすごいかは自分でプログラム書いて見ればわかるさ

ajaj 2006/09/26 00:10 別の言い方するとバカは代替がきくけど天才はきかない。例えばいろいろな製品はバカを教育して作った工場で生産されるけどその製品を考えついたのはバカではあるまい。天才がいたからバカの職場が確保されてるのさ。

nonomachon2ndnonomachon2nd 2006/09/26 00:22 ajさん、再度コメントありがとうございます。ぼやけた記憶ですが、昔ファミ通で連載してた「1999年のゲームキッズ」に書いてあったんですけど、予言書を作成する工場での労働の話なんですが、そこでは労働者たちは生涯の生活を保障されるかわりにそこを出ることは叶わなくて、朝から晩までずっと予言書を書きつづけているんです。例えば、2000年には日本が沈むとか、2008年には中国が侵略戦争を始めるとか、とにかくでたらめにランダムにいろいろな予言を書きまくるのが仕事です。そうやって縦横無尽に世界に起こることの可能性を書きまくって、その中から実際に当たったものを残していく。そうして究極の予言の書を作るのが彼らの目的らしいです。天才たちの仕事っていうのは、まさにこのでたらめに書きまくることだと思うのです。で、その中から実際に起こることを選ぶのが、たくさんのバカというわけです。すみません。意味不明です。失敗です。書き直し。何がいいたかったかというと、アイデアというものはすでに出尽くしている感があると思うのです。ケイ氏のインタビュー記事のカエルのたとえ話にもあるように、我々には見えていないだけで、少し視点を変えれば、いくらでもそこらじゅうに存在している。だから、もはや従来の意味での天才というものは、いらないんじゃないかと思います。これからは天才の定義が変わるんじゃないかなとも思います。そこらじゅうにあふれるアイデアから原石を拾って、それをコードに起こせる人がこれからの天才だと思います。あれ?誰かがこんなことすでにいってたような気がするのですが忘れました。プログラミングの大半がそうだと思うのですが、自分で一からアルゴリズム興せる人ってまずいないでしょう?プログラマの仕事は、巨人の肩の上から見渡せる範囲にある選択肢の中から最良のものを選んで組み合わせる仕事だと思っています。空論でした。失礼しました。

amosamos 2006/09/26 03:49 全童連、ネタとして見る分には面白いけど何故か悲しくなってきました(T_T)

nonomachon2ndnonomachon2nd 2006/09/26 09:45 amosさん、どうもです。全童連なんて省略系で書くとまた哀愁さが増しますね。ネットで顔やプロフィールを公開して彼女を募集する効果というものには疑問を抱かずにはおれません。相手の顔を目の前で見れないという環境における相手に対する信頼というのは相当発生し難く、それでなくともネットがらみのストーカー犯罪が増加しているというメディアの情報の中で、一体これだけのリスクを犯す女性が存在するものかと思っております。やはり女性は子宮で考える生き物であり、子宮はネットという進化にまだ適応しておらず、したがって正常な手続きで童貞をどうしても捨てたいのなら、ネットで顔を公開せずに、そこらへんの女性に対して探偵でもやとって、彼氏の有無やビデオボックスへの常習性の有無を確認した上で、バラの花束でも買って彼女の家の前の電信柱の街灯の下ででもタバコふかして待ってればよいと思うのです。そしてこう言うんです。「べいべ、はにー、君のバイブはもうくたくたさ、今日はおじさんが新品に取り替えてあげるよ」。これで落ちない女はレイプしてやればいいんです。

nonomachon2ndnonomachon2nd 2006/09/26 09:57 まぁ要は恋愛にも日本型や欧米型ってのがあって、ヨーロッパみたいなスピードデートっていうんですか?いや、乱交でいいか。そういうのって日本には合わないんですよね。日本では2chやwinnyの匿名性に人が押し寄せたけど、逆に恋愛に関しては匿名性はうまく働かない。日本の女性の股の閉じ具合というのは恐らく世界最強だと思う。これをこじ開けるには真摯に顔をつき合わせて脅迫するしかないと思うのです。というか欧米人のあの性への奔放さというのははっきりいって狂っていると思います。いえ、うらやましいんです。なんでもそうですよね。何かに対して「狂ってる」って評価を下すときって、実はその対象がうらやましいんですよね。

goringogoringo 2006/09/26 10:32 ああそうか…ぼくはサラリーマンは狂ってると思っていたけど、実は羨ましかったんだ。あんなふうに社会に溶け込めたらいいだろうなあっていう気持ちも確かにあって…。

nonomachon2ndnonomachon2nd 2006/09/26 10:38 goringoさん、おはようございます。いや、サラリーマンは狂ってますよ。付加情報無しに純粋に狂っていると思います。狂っていなくては溶け込めないのが今の社会であり会社です。あ、そこらへんは恋愛も一緒ですね。隣の芝は青いので欲しがりますが、案外手に入れてみれば「こんなものか」って感じなんですよね。僕の友人の一人なんて、ある家電量販店に勤めているのですが、毎日朝の9時から夜の11時まで残業してますよ。なんかタイムカードは操作されてて残業代とかちゃんと出ていないみたいですね。僕は彼に羨望も感じるけど絶望も感じるんですよね。このまま十年経てばどうなるのか。多分僕はもういなくて彼は今と同じような生活してるんだろうけど、でも僕は胸を張って俺の方が幸せだったぜって言えると思います。所詮人の生なんてあみだくじみたいなもので、選んだりランダムされた人生共に幸なしなんですよね。

goringogoringo 2006/09/26 10:50 おはようございます。社会に溶け込みたいっていうのは自分も狂いたいってことなんですね。サービス残業はいかんですね。全員が一日6時間働いて、あとは好きなことをして過ごせる社会が理想的って言ってる哲学者がいました(エリック・ホッファーだったかな?)。そんなに家電で働いたら彼のほうが過労死してる可能性もあるますよ。nonomachon2ndさんには10年後も20年後もまだまだ元気で俺の方が幸せだ!って言ってほしいですね。「行動と挑戦の中にこそ栄光はあるのだ。死などどうだっていい。大切なのは今日、今日、今日なのだ。まさに然り」(byチャールズ・ブコウスキー)

nonomachon2ndnonomachon2nd 2006/09/26 11:04 いろいろ勉強になります。ありがとうございます。でも「行動と挑戦の中にこそ栄光がある」というのはしっくりきません。僕らは動くハエにだけ反応するカエルの前に並んだハエの列みたいなもので、動いたものから死んでいくと思うのです。動くというのが行動や挑戦ですね。たとえば楽天のえらい人やライブドアのえらい人たちはすごく野趣あふれて挑戦してきたように見えるけど、実は彼らそれが大得意だっただけじゃないかって。パーティーの料理が並んでるところで、一番の好物ってあっという間に平らげちゃいますよね。あれと一緒で、ただ大好きなだけだったのだと思うのです。彼らはそのために何か特別な努力や情熱を傾けたわけじゃなくて、たまたま天からそれを授かっただけ。結局みんな出来て当たり前のことをあたりまえにやっているだけで、でもそのできることがそれぞれ違って、それに対する社会的評価もずいぶん違って、それだけだと思うのです。たくさん本を読んだって、たくさんコードを書いたって、その人は多分ただの読書家か2chのプログラマ板の住人で終わると思います。恋愛なんて共同幻想と書きましたが、その土台である努力や生きること自体が共同幻想なんですよね。醒めた奴から死んでいく。

goringogoringo 2006/09/26 11:24 本を読んだりコードを覚えることは行動であり挑戦であると思います。ただ金を稼げばいいという価値観に逆らって、自分の価値を創造していくこと。特別な努力や情熱を傾けることこそが行動であり挑戦なんですよ!俺は金持ちになったぞ万歳!っていうのは見てくれだけの栄光で、地を這いつくばり汚辱にまみれていても栄光はある。共同幻想に冷めたら死ぬ…坂口安吾は純愛を信じず肉欲だけだと言いました。そもそも目的や理由なんて勝手にでっちあげるものですよね。無根拠に耐えることですよ。「そもそも人間は個人の場合にしても、世の中、人生はつまらない、つまらない、いやだ、無意味は、空虚だ、絶望だ、などということを終点としてではなく出発点として持つことから万事を積極的、建設的に始めなければだめだ。そして始めることができるのだ」(大西巨人)

nonomachon2ndnonomachon2nd 2006/09/26 11:34 純愛など存在しないというのは全くもってその通りで、あるのは肉欲と金欲だけですよね。終わりから始めよというのは共感しますが、なかなか実践は難しいです。毎日評価もされずに屈辱を足し算するばっかりでは、なかなか地上すれすれの栄光を掴み取ることは難しいです。人間ってイベントドリブンで、しかも拍手とかキスとかのメッセージしか受け付けない。そうなると無駄なメッセージループをまわしつづけることになって、とってもかわいそうなことになるしかないのです。ガソリンでしか車は走れないのです。痰壺用意してツバを貯めたところで、そんなものは役に立たないのです。