Hatena::ブログ(Diary)

! nopi’s talk このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

■profile■ [writer] [archive] [other PAGE]
■category■ [ゲーム] [非電源] [メタルフィギュア] [購入] [診断] [書籍] [日常] [感想] [tours]

2008-09-11

[]躍動する魂の駆動体〜 Pure体験版インプレッション

D

三輪バギーで山道を駆け抜けろ!大空を舞え!エアを繰り出しトリックを決めろ!


XBOX360で発売予定(今月だったかな?)のアクションスタントゲームです。

レースゲームっぽい側面よりは、ド派手なトリックを全面に押し出しアーケードライクなゲームです。

北米アカウントにて体験版が配布されていたので、サッソクDL

おもちれー! 

まどちと二人で、パットを奪い合いしながらプレイしてました。


基本操作は左ステックで車体制御、右トリガーがアクセルで左がブレーキ

いわゆる一般的な操作系なんですけれども、これが驚くほど直感的。

もちろん、極々普通の操作系なんですが、左ステックがハンドルじゃなくて要するに重心移動なんですね。

左ステックを右に倒せば右に曲がる、ではなく、右に重心を移動すればバイクも右に曲がる。

そういう認識プレイすると、例えばジャンプの瞬間に下を押して直ぐに上を押すと大ジャンプになるんですが、

これなんかもまさに振り子の原理(縦方向のね)で、ジャンプ距離を延ばしてる、という話になるわけです。

この例の操作については、チュートリアルで説明が付くんですけれども、言われなくても出来るようになっちゃう。

だって、みんあブランコ漕いだことあるでしょう?重心を後ろから前に移動してたでしょう?

まさにそんな感覚。完全に直感的に操作することができるんです(押すタイミングももちろん)。


f:id:nopi:20080910231738j:image


トリック(=空中で繰り出すさまざまなパフォーマンス)は、基本的には三つのボタン(A,B,Y)と左ステックの組み合わせ。

Bootジュースと呼ばれるシステムになってて、最初はAボタンでしかトリックを出す事が出来ません。

トリックを繰り出す事でBootジュースが溜まり、一定以上溜まるとBボタン,そしてYボタンが解禁されるのです。

もちろん、トリックに失敗するとジュースは減ります。また、Xでジュースを消費して加速する事が出来ます。

A,B,Yは、それぞれ小トリック、中トリック大トリックに相当していて、何が違うのかというと、

技の派手さ、ジュースの溜まり易さはもちろん、トリック後の復帰時間の長さも違います。

動画見てもらえれば判るんですけど、例えばYトリックなんかは基本的にバイクから離れますからね。空飛びますからね。

この状態で地面に落ちればもちろんトリック失敗。そのため、滞空時間が長いジャンプで使わなければいけないのです。

そんなわけで、コース特性と照らし合わせ、計画的にBootジュースの増減をコントロールする必要があるのです。

アホみたいに喚きながら走り回るだけの脳筋仕様ゲームではなく、なかなかに奥の深いゲームなのです。


ロケーションもなかなかに絶景です。体験版で走れるのは一つのコースだけですが、そのクオリティは感じさせます。

販売元がネズミーなあそこということで、言われて見れば色使いにそんなオーラが!!

コースはいくつかの分岐を含む周回型です。近道だけど起伏少なめ、長いけど起伏多め、みたいな分岐をします。

オフロードコース特有の「どこかコースが判り難い」は流石にあるんですけど、2,3週もすれば大概覚えれます。

流行オブジェクト破壊タイヤ等が少しある)は、どちらかと言えば後付感が。雰囲気程度ですね。


製品版では、7つのロケーションと32のコース、バイクカスタマイズ自作、最大16人(!?)対戦など、

盛りだくさんの機能があるようです。日本での発売予定は全く無いんですけれども、

このゲームならアジア版で十二分な気もします。nopiさんもうっかりするとうっかりしてしまうかもです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nopi/20080911/1221106125
Connection: close