Hatena::ブログ(Diary)

! nopi’s talk このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

■profile■ [writer] [archive] [other PAGE]
■category■ [ゲーム] [非電源] [メタルフィギュア] [購入] [診断] [書籍] [日常] [感想] [tours]

2009-05-06

[]これは普通時代錯誤な駄作〜『DSファイナルファンタジー4』

ファイナルファンタジーIV

ファイナルファンタジーIV

A列車ゲージが高まって高まってしょうがないんですけど、諸般の事情でできる限りゲーム購入(特に突発的な)は押さえたい昨今。

DS熱だけでも下がらないかしら?と思い、まどち放置してたDSFF4を開始してみました・・・が。


ステレオタイプな駄リメイク

結論から言って、ミストドラゴンだったかホワイトドラゴンだったか、一番最初に出会うボス級で全滅して放り投げました。

きょうび、ボス戦前に要セーブとかありえないですからまじで。遊ばせる気がないならこちらも遊ばないだけです。

そこまでの感想としては「絵面ばっかり良くなって、キャラたちが判ったような独り言罵りあって、他人置いてきぼりな物語大進行」

みたいな、ちょっと前くらいまではよく見かけたJRPG罵倒テンプレートがありましたけれども、忠実にそれを再現しています。

一番最初のボス戦、ということでゲーム内時間というか、操作時間でいえばプレイ開始直後からカウントして10分程度なんですけど、

どうでもいいようなエピソードがマジで延々と語られ、後で良いじゃねぇなキャラ紹介も延々と続き、プレイ時間でいうならば

時間近くかかってるのです。これもう一回やれ(見れ聞け)とかはっきり言って御免被りたいと思います。

その展開や脚本は、作り手のオナニーとはよく言ったものだと関心するレベルなので、反面教師的には勉強になるかもしれません。


FF4大河ドラマ的な展開がキモ、という認識は正しい。ただし。

あんだけ強かった(原作)暗黒騎士をあっさり捨てるセシルの日和見っぷりや、飛んだっきり帰ってこなくって、

帰って来たと思ったら敵でした☆てAHOかー!なカインヘタレっぷりが特徴的なFF4は、確かにキャラをどう描くか、

その点こそがキモなのは間違い無くって、そこに注力されたリメイクであることは確かです。

ただしその注力の仕方が、原作ありき前提で、そこにさらなる解釈や深く掘り下げた考察を行ってみました!という、

え?これ二次創作?みたいな非常にしょうもない方法でした。そんなんで金取らないで頂きたい。

あるいは原作にもキャラたちがくどくどと語るシーンはあったのかもしれない(覚えてない)んですけれども、

もしそうだとしたら、DS版でそこがエラくカンに障った理由は、小汚いポリゴン学芸会レベルの小芝居で表現されてた点でしょう。

ゲーム画面のまま、同じメッセージウィンドウのまま、それが行われるのとではインパクトが違います。

それが良い方向に影響を与えるゲーム(やゲームシステム)もあるんですが、DSFF4では致命的に逆効果に感じました。

似たような手法は前作DSFF3でも使われていて、そこでは全く(ほんとに全く)気にならなかったのに、

なぜFF4では気になるのかといえば、その理由こそ「FF4大河ドラマ的な展開がキモ」に他なりません。

濃厚な印象を与える手法を、それでなくても濃厚なオブジェクトの表現につかってどうする、という。


操作性にカンに障るラグあり

ほぼすべてのコマンドセレクトに、なにかこう、不思議なワンクッションがある「ような気がする」のです。

測定したならば、もしかしたらそんなラグは無いのかもしれないし、あっても体感レベル以下なのかもなんですが、

明らかに感じます(俺調べ100%(対象:のぴさん&まどさん))。

ここまでさんざん、展開がタルい眠い、という話をしてきましたし、その理由がくどいキャラの独り言会話*1と書きましたけれども、

もしかしたらここらへんもその理由になっているかもしれません。


結論。ひどい一人時間差で恐縮ですが、全く持ってお勧め致しかねます

天高く放り投げましたので、カイン同様戻って来なくて結構です。

*1:複数人で喋ってるんだけどぜんぜんキャッチボールになってない会話の事

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証