Hatena::ブログ(Diary)

! nopi’s talk このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

■profile■ [writer] [archive] [other PAGE]
■category■ [ゲーム] [非電源] [メタルフィギュア] [購入] [診断] [書籍] [日常] [感想] [tours]

2009-05-08

[]それでもHAWXは良ゲーだと思う3つの理由〜『H・A・W・X』

H.A.W.X(ホークス)

H.A.W.X(ホークス)

これまでのエントリと被る部分もあるかと思いますけれども。


その1:1ステージの長さが程よく、チェックポイント豊富リトライが容易

最近洋ゲームの特色である、至れり尽くせりの難易度とやりごたえは、たとえ内容が中途半端ではあっても健在。

飽きるほど長くは無いけれど、物足りないほど短いわけでもないステージ構成は本当に感動します(例外無し!)。

チェックポイント設定/量も適切で、無駄リトライと防ぎつつも難易度とやりごたえを両立しています。


その2:使用可能機体が豊富!!コルセアジャギュア、何食わぬ顔でSR71まで!!

クリアする為だけだったらラプター使えりゃいいんです。そうじゃなくて、楽しんでプレイするためには、

やっぱりあいつもこいつも乗ってみたい! HAWXは本当に使用可能機種が多くて感動します。

性能が良い悪いが問題ではないのです。使用可能か否かが重要なのです。あとはリプレイがもっと充実してれば!


拡張アチーブメントとも言うべきチャレンジ存在

XBOXの特徴でもある実績システムですが、もちろんHAWXにはそれも十二分に容易されてはいるのですが、

さらに「チャレンジ」の概念があります。「爆弾で〜体以上破壊した」などなど、言うなれば拡張実績です。

これが地味に楽しい。実績システムの良い所が判ってる方には説明の必要はないんでしょうけれども、

ようするに、何かをする度に「たいへんよくできました」のハンコがもらえるわけです。素直にうれしいのです。


基準を十二分以上に満たした傑作

このレベル作品を大声で「傑作」と呼びにくいレベルまで敷居が上がりまくってる次世代ゲーム機・・・恐ろしい子!!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nopi/20090508/1242137986