Hatena::ブログ(Diary)

のらぐらま別館 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-11-08

経済学ってこの程度 12:32 経済学ってこの程度を含むブックマーク

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51308005.html

まぁ、トラバしてもあれなんで、こっそり突っ込んでおくと。

金利下げが景気拡大に導かない理由は、前日に仕組み含めて書いておきました。意味がないのです。

こういう経済学の常識そのものがおかしいという時代にはいってるのに、そういう切り替わりができないのが、学問じゃないという所以。

次に、新市場、新需要が必要だ。

これは、確かに日銀の職分じゃないのです。しかし実はそれは簡単なんです。

何?答えは円安。これだけの話なんです。

高い値段付けすぎているのを安くすれば物は売れるんです。

人材コストが相対的に高くなってしまったのは、円ドルレートの問題なので、そこが是正されれば、余剰生産力を有効需要に、そして有効需要が次の有効需要を生むようになっていきます。

新産業とかいっちゃうのは、本質的に、おかしいんですよ。全部手元にあるのに、それを有効に利用できない状況に追い込まれているんです。そこを認識しないと、いいようにやられまくるだけなんだけどな。

欧米人の優秀な人と日本人の優秀な人の違い 12:32 欧米人の優秀な人と日本人の優秀な人の違いを含むブックマーク

ぶっちゃけていうと、欧米人の頭の良い人というのは、フレームワーク屋、仕組み作り、ルール作りのプロなんです。対して日本人で優秀扱いされるひとは、そのルールに従って一番うまくプレイできる人を優秀としちゃうのが日本なのです。

この違いが、すごい差があるんですが、そういう認識持てている日本人がどのぐらいいるのかが実は謎かなぁ。

欧米人の世界だと、Amazonの仕組みを発想して作り上げる人が最優秀です。

先物取引とかオプションとかそういう仕組みを作る人が最優秀です。

日本人ってそういう部分をまるで評価できないんです。なんだそりゃ、そんなものどうするんだと言っているうちに、町の小さい書店がつぶれまくるんです。誰も何も言えないうちに、国際的な勝負が決まってるんですね。

そうだなぁ、例えばスケートやスキーのルール。柔道のルール。欧米人はがつーんといっきに、ルール変えてきてゲームの味わいそのものを書き換えてくるんです。いわゆるメタ的な勝負をしかけてくるんです。これが最優秀な人のやること。だから、欧米の法律系の人は本当に賢い。詐欺行為を白、Not guiltyにするだけの材料をきっちり集めるんです。

日本人はこういうのがダメ。だから、ジャンプもだめになったし、柔道もダメになったんです。笑えるよね。お前のやってるのは柔道じゃないと、本家が言われるわけだから。

国際条約とか国際標準規格とか、はては、blue-ray,DVD,CD-ROMVHS、β全部こういう戦争でしたが、欧米人の好き勝手にやられてます。昨今ではネジもそうだったかな。

ああ、そうそう、代表的な経済問題のお話で、日本経営システム、これを事実上国際標準で、グローバルスタンダードの名目で、全部ガタガタにされたかな。代表的なのは、BIS規制ですかね。これで持ち合い全部アウト。おかげで1990年代の経済低迷をまねいたわけだけど。

今はというと、前日の記述に書いたとおり、日本という全体をまとめるプレイヤーが希薄になりました。結果として、各個別プレイヤーが自身の効率を最大限に発揮しようと奮闘していますが、おかげで相手からみると、個別撃破のチャンスが増えていて、そのうち、会社ごと買われていくでしょう。

まぁそういうわけで、ルールを振りかざすと日本は負けると思っておいてください。そのルールはすでに相手の支配下にあります。

日本の法学部は本当の意味でダメなんです。そういう論理じゃない。六法全書を暗記しないと通れなかった。つまりルールを全部覚えるのが優先されてたんですからね。新しいルールを作るとどうなるかという学問をやってないんですよ。

さて、総括 12:32 さて、総括を含むブックマーク

経済学では、きみね。こういう結果がでているんだよ。」

はい、これが経済学者さんの言い方なんですね。なんというかルールがすでにインプリメントされた前提の上で、そのルールでの最適解を求めてしまうのが日本人のダメなところなのです。

欧米人は違うんですよ。このルールでインプリメントすると、どこにエラーが発生するかを見るためにモデルを作るんです。元々の発想が違うんです。そしてそのエラーをどうやって自分に活かすか、その一点を考える。そしてその一点を見つけたら、そこで勝つために、ルール変更を美味しいキャッチフレーズ、「シュガーでまぶして」あるいは鉄砲で脅して、飲ませてくるんです。

ありふれた言葉でいうと、欧米人の優秀な人は、Strategist。戦略家。日本人の優秀な人は、戦術家と言っていいかもしれません。

ロックフェラーセンター取ったとき、勝ったと思った日本人は多いだろうけど、実はすでにそこは空き家だったというお話。

というわけで 12:32 というわけでを含むブックマーク

上の池田さんのお話は、まぁ定式化も目標も手段も現状のルールに乗り切れてないね。検証してもしょーがないね。象牙の学問では、モデルいじってればいいだろうけど、そんなもの振り回して、政治やるといいようにカモにされるよね。これでおしまいということでもあるんです。

こういう本でも読んだほうがみんないいかもね 12:38 こういう本でも読んだほうがみんないいかもねを含むブックマーク

http://www.cmcsvc.jp/DetailBook.jsp?asin=4088768558

LIAR GAME (1) (ヤングジャンプ・コミックス)

LIAR GAME (1) (ヤングジャンプ・コミックス)

Liar Gameです。利己主義でないと生き残れないように見えて、実はチームプレイが必須で、そうはいってもチームプレイするためには、全体をきちんと組織作る人がいないとダメで、そこに人間関係が絡んできてという、まぁ、コンゲームと呼ばれる類のジャンルだけれど、味わい深いです。