Hatena::ブログ(Diary)

死ぬまで生きましょう このページをアンテナに追加 RSSフィード

1977 | 01 |
2003 | 10 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 09 | 10 | 12 |
2015 | 03 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2016 | 02 | 04 | 08 | 09 |
2017 | 04 |

2007-05-19

[]春抱き 01:17 春抱きを含むブックマーク 春抱きのブックマークコメント

春を抱いていた 10 (スーパービーボーイコミックス)

春を抱いていた 10 (スーパービーボーイコミックス)

岩城さんに横恋慕する香藤の友人・宮坂の導入部と、喉を痛めて冬蝉から外れた吉澄さん、その代役の浅野くんを巡る話。こうして書くとちゃんと話が進展していってて、岩城と香藤が迷ったり葛藤したりしながら絆を深めていったりしてるのがわかって改めてすごい。岩城さんに大事な存在ができてもちゃんと自分を抑えて岩城さんが自分で気付くの待ってるし、香藤成長してるジャン!だから、気付いてホテルに戻ってきたとたんに香藤にそっと寄りかかる岩城さんのシーンとかが生きるんだよなあ。い、いわきさんがあまえたちゃんに……!あーかっこいいわかわいいわ情はわいてるわでたいへん。最後は宮坂の暴走・レイプ未遂だったりして、春抱きだからちゃんと収まりはつくんだろうと信用してはいても気になって眠れなかったよ・笑。心臓に悪い。


春を抱いていた 11 (スーパービーボーイコミックス)

春を抱いていた 11 (スーパービーボーイコミックス)

巻頭の一話「ハザードマップ」が好きすぎる。現実と冬蝉の映画世界の心情リンクがわかりやすいし(初めからこういう展開を考えて筋つくったのかなあ?あとからシンクロさしたのか?)、役者根性見れるし、岩城さんがちゃんと意を決して香藤に話したのもポイント高し。もう横恋慕キャラの脅迫で自己犠牲しちゃう罠にはまる話は読み飽きたwその点男前だった。

「俺も一度は黙っててくれるならっ…て思った。でも…そんなその場しのぎがいい結果に繋がるとは思えなくて…」

「俺は…宮坂に裏切られただけでなく…岩城さんにも裏切られる所だったんだ」「いや…抱かれるつもりだっただけでも十分裏切りだ」

「〜〜〜〜〜〜〜…!! 誰が好き好んでっ… おまえに迷惑かける訳にはいかないと思わなければ誰がっ…!!」

ダメだっ…! 今泣いたら泣き落としになる

「俺のために宮坂とセックスされる方がよっぽど迷惑だよ」

(中略)

「何か弱みを握られたら…どんなに勇気が必要でも一番知られたくない人に自分から話す事だよ。根元的にそれ以外解決法はないから」

そうなんだけど、それがなかなかできないんだってば!

この巻はわりと岩城さんが攻めな印象。極めつけは香藤の友人で岩城に横恋慕な宮坂くんたちの目の前で、二人の絆を見せつけるためにセックスしちゃいます。ええええやりすぎ?!それいったいどういう脈略?!と思ったけど、二人は元AV男優なわけで、人前でするのとかわりとアリなわけで、だからうんこれでいいんだ!と無理やり納得する自分がいました。

次の試練は鬼畜映画監督のもよう。こういう系統のネタ弱いんですよ、ほんきで読むのがこわい!

どうでもいいけど、春抱きのエチシーンはBLにしては出る汁の量が常識的でいいと思います(他は何もかも常識的じゃありませんが)。って何言ってんだ私はw

[] b-BOY Phoenix 〜不細工特集 01:17  b-BOY Phoenix 〜不細工特集を含むブックマーク  b-BOY Phoenix 〜不細工特集のブックマークコメント

表紙キャッチは「誰がなんと言おうとお前は綺麗だ。」(笑)

これを貸してもらえたということが、なんだか認められたようでうれしかったわたくしです。うはは。「聞こえない声 HertZシリーズ」(http://d.hatena.ne.jp/noraneko244/20070316#1174061000)あたりを評価してもらったのでしょうか。ありがとうございます。田中鈴木「アイツの大本命」(ぶさいくの顔がかわいい)、テクノサマタ「フラクタル」(ぶさいく?じゃないよな?)、草間さかえ「されど美しき日々」(ぶさいくっていうか出っ歯v)、あたりが好き。国枝彩香「めぐり遭い…COSMO」はあまりの無茶ぶりに噴きました。これはまさにギャグエロです。木原さんの「年上の恋人」も読みやすかった。 でも全般的にまだまだだなーブサイクぶりが足りないぜ。

しかしフェニックスの特集の飛ばしぶりったら。色々出てるんすね、「絶頂特集」「不細工特集」「ツンデレ特集」「性感帯特集」「びしょぬれ特集」「擬人化特集」。なんで「年下攻」とか「下克上」「メガネ男子」とか普通の特集名じゃないわけ?インパクトの問題?ウケます。

http://www.b-boy.jp/comicnovel/phoenix.html

[]COLシリーズ2冊目/木原音瀬 01:17 COLDシリーズ2冊目/木原音瀬を含むブックマーク COLDシリーズ2冊目/木原音瀬のブックマークコメント

COLD LIGHT (ビーボーイノベルズ)

COLD LIGHT (ビーボーイノベルズ)

1作目「COLD SLEEP」(http://d.hatena.ne.jp/noraneko244/20070510#1178805432)の続き。まずは藤島の側から見た、過去の話・二人の出会いが明かされます。藤島家ひどい。近くにいる大人の余波を受けて、子どもたちが歪んでいってしまうのが哀しすぎる。藤島も確かに被害者で、だけどやっぱり子どもだった透に手を出したのはよくなくて、他に誰もいなくて方法も知らなくて……。弱いものが、より弱いものを刺す。なんて構図だろうか。自分を認めてくれる存在っていうのは、だれにでも必要なんだなあ。そして一緒に住んでいる現在藤島はずるいとこもあるけどちゃんと自分を抑えて抑えて、透の記憶が戻ったときに訪れる悲劇を予想しながらもどうしても諦められず受け入れてしまった形なので、他の木原作品の登場人物に比べればぜんぜん許せる。いけないと知りつつどうしようもなくて、本当の気持ちを泣きながら吐露したシーンは感動的でした。

「何か、言えば」

 右の足首を掴まれた。そこから伝わってくる体温に、体が震える。

「…君といると、苦しい」

 ぽつりと呟いた。

「…君がいなくても苦しい」

[]愛がなくても喰ってゆけます。/よしながふみ 01:17 愛がなくても喰ってゆけます。/よしながふみを含むブックマーク 愛がなくても喰ってゆけます。/よしながふみのブックマークコメント

愛がなくても喰ってゆけます。

愛がなくても喰ってゆけます。

グルメ漫画食べ物への執着、うんちくがどばばばば〜っと。私なら、食べてる最中に「これはこうで、味がどうでうんたらかんたら〜」って機関銃のように喋られるほうがやだ(笑)。近くの店が色々載ってたので行ってみたいなー。グータン・ヌーボに出てくるオシャレ店やら登場するお勧めスイーツを食べたくなるのと同じくらいには。主人公がYながFみで、よしながさん本人モデルらしきのが逆に気になった。S原みたいなすてき同居アシさんがいたり、モノホンゲイのひとに似非ホモ書いてスイマセンて謝ってたり、合コンで男の脚にセクシーいたずらしてたり、胸でかかったり、デブ専だったり。どこまでがフィクションなの、と戸惑う。自分を描くって、よしながさんほどの名手をしても難しいんだなあ。同じ内容でも、これが例えばS原目線で、アシS原がYながの生態を描いたものとして出されてたらここまで違和感もなかったのかもなー。


SEO