ひもわたり Twitter

家庭持ちだけど収入が少なく完全に「ヒモ状態」の加藤山羊(漫画家)が
ヒモ脱却を目指す真実の記録

2016-06-20 忌繭発売しました

先日6/17より、加藤山羊初KDP作品となる、『忌繭』(いみまゆ)を発売いたしました

ホラー好きな方にはきっと気に入って頂ける、いい意味で気色の悪〜い絵柄で、いい意味精神にクるようなお話を取り揃えたと自負しております

計約100P、全4篇の短編集でサクッと読めるので空いた時間いかがでしょうか。

収録作品共通していえることとしては、どれも20P前後となっていることから加藤山羊、矢樹純のホラー漫画女囚霊』(1巻完結のストーリーホラー)、『禁忌』(1話完結のショートホラー)どちらとも異なり、一話読み切りかつ、ストーリー性のあるホラーとなっていると思います

また、各話の主人公は年齢性別含めそれぞれ全然違う人物像ですから、4人中誰かには、ぐっと感情移入して楽しんで頂けるのではないでしょうか…?

出版の経緯

昨年、加藤山羊漫画原作担当する小説家の矢樹純先生自身2作目の長編小説『がらくた少女と人喰い煙突』をKDPを利用して個人出版され、

その行動力スキル賞賛しつつ、自らは原稿の締め切りに追われ指を咥えて見守っておりました。

その後もホラー短編集『或る集落の○』を出版し、出版社とのお仕事以外にも精力的に作家活動を拡大して確実に読者を獲得していく様も指をシナシナにして見守っておったわけです。

或る集落の●

或る集落の●

(ちなみにこの2作は身内びいきを100%差し引いて本当に面白いので未読の方は絶対に読んだ方が良いです)

しかし、最近になって少しだけ仕事の余裕が生まれたため、やっと重い腰を上げ、過去の未単行本原稿も合計すればそこそこのページ数になるのではないか、そして「作者としては気に入っている、自信もある作品をただただ眠らせておく手は無い!」との強い思いにかられ、今回KDPにチャレンジしてみたわけです。

やってみるとアナログ原稿を取り込んで自ら写植をする段まではそこそこ大変でしたが、その後の出版体裁を作るのはそこまでの労力を要さず、無事個人出版することができました。

とはいえ、やはり初めての試みであり、バイタリティのない私ですから、要所要所で矢樹純先生に教えを乞うたり、共著であることを盾にしてタイトル、表紙絵についても散々相談に乗って貰ったりしました。大感謝です。

そんな矢樹純先生の『忌繭』告知&内容紹介はこちら↓

http://d.hatena.ne.jp/ieyagi/20160617/p2

アマゾンで出てくる私の内容紹介よりもイカシている内容紹介なので、私はもう個別の内容紹介についてはここでは特に触れず、そして後でこっそりアマゾンの内容紹介文もそっくりそのままこれに取り替えようと考えております

[追記]

本当にそっくりそのまま内容紹介を書きかえました。矢樹先生ありがとう!!!

2016-06-17 『あいの結婚相談所』第3巻発売中です!

一つ前の記事で「少しはこのブログ更新頻度も上げて〜」と言っていたのが良いフリを効かしてるなーと思える程度に久々の更新です。

さて、告知です!

あい結婚相談所』第3巻が本日より各電子書籍ストア様にて順次配信開始されております

各ストア様において配信開始日が少し異なるため、「順次」という表現になります

6/17時点配信開始店舗

コミック小学館ブックス 様

http://csbs.shogakukan.co.jp/book/detail-volume?comic_id=19464

ebook japan 様

http://www.ebookjapan.jp/ebj/236908/volume3/

Reader Store 様

http://ebookstore.sony.jp/item/LT000059987000569836/

ニコニコ静画電子書籍 様

http://seiga.nicovideo.jp/watch/bk355607?track=series_page_81285

Book Live 様

https://booklive.jp/product/index/title_id/250159/vol_no/003

hontoネットストア様

http://honto.jp/netstore/search_109784091858597.html?srchf=1

紀伊国屋 web store 様

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784091858597

ヨドバシ.com様

http://www.yodobashi.com/%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%AE%E7%B5%90%E5%A9%9A%E7%9B%B8%E8%AB%87%E6%89%80-3%EF%BC%88%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E9%A4%A8%EF%BC%89-%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D/pd/100000086600424587/

エクボストア 様

ekubostore.jp/volumes/67781

ガラパゴスストア 様

http://galapagosstore.com/web/book/detail/sstb-B211-1211004-BT000025015900300301900203

ソク読み 様

http://sokuyomi.jp/product/ainokekkon_001/CO/3

amazon.co.jp 様

https://www.amazon.co.jp/dp/B01GNM74DY/ref=cm_sw_r_tw_dp_yt6yxb6Y4PE05


http://d.hatena.ne.jp/ieyagi/20150331/p1

紙の単行本のご購入を希望される読者様(いらっしゃると信じていますよ!!)には大変心苦しいのですが、

まずは「電子での売れ行きが良いこと」が紙での販売を後押しすることになりますので、何卒よろしくお願いいたします…!!

私自身、本屋さんが大好きですし、紙の単行本を購入したいと思う方ですが、電子書籍には電子書籍メリットも沢山ありますので

(他で言い尽くされているようなことですが、かさばらない!読んだ所まで自動ブックマーク無料アプリスマホPCだけでも読めちゃう!等々)

育児中のメリットとして、しつこい夜泣き時の授乳や寝かしつけの時なんか、明かりが無くても読みやすかったりします

紙の単行本派の方にも堂々とおすすめいたします

『はぴまり』等ふわっと可愛らしい絵柄の中で藍野所長のドアップが異彩を放ちまくっております

http://www.ebookjapan.jp/ebj/special/st/junebride02.asp

2015-04-11 第3子誕生など このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

久々の更新です。

こんな更新頻度の低いブログの読者という存在がいるとは一切思っていないのですが、ずっと昔にアンテナにこのブログを入れたままアンテナ放置、珍しく更新されていたのでうっかりとクリックしたレアな方のために一応ご報告すると…、先月第三子を出産しました。「第三子ともなると特に珍しくもなかったので」すぐにご報告しなかったというわけではなく、生んで割とすぐ〆切があったのと、上の子供達が総崩れで色々忙しかったのでご報告が遅くなりました。

おかげさまで生後一ヶ月経った今、丸々と肥え元気に成長中です。

私のほうも生活が落ち着いてまいりましたし、色々と頑張らねばならない局面(詳しくは矢樹純のブログhttp://d.hatena.ne.jp/ieyagi/20150331をご参照ください)なので、今後ともより一層お仕事頑張ってまいります!!応援のほどよろしくお願いいたします!!<(_ _)>

今後はこのブログ更新頻度も少しは上げていく予定です!!

あいの試し読み↓

http://sample.shogakukan.co.jp/bv?isbn=9784091858597

あいの結婚相談所 2 (ビッグコミックス)

あいの結婚相談所 2 (ビッグコミックス)

あいの結婚相談所 1 (ビッグコミックス)

あいの結婚相談所 1 (ビッグコミックス)

女囚霊 塀の中の殺戮ゲーム (ビッグコミックススペシャル)

女囚霊 塀の中の殺戮ゲーム (ビッグコミックススペシャル)

イノセントブローカー (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

イノセントブローカー (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

2014-03-04

特設ページ&ラジオ出演、サイン会情報

お久しぶりの更新です。

新刊「あい結婚相談所http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4091858597及び近日発売「禁忌〜絶対にやってはいけない13のこと〜」 http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4253201156/ref=mp_s_a_1_fkmr1_1?qid=1393878820&sr=8-1-fkmr1&pi=AC_SX110_SY165_QL70

よろしくお願いします

記事タイトルの通り、新刊発売に際し色々と動いていますのでぜひ以下ご覧ください!

○特設ページ

禁忌〜絶対にやってはいけない13のこと〜」の発売に際し、2011年8月に掲載された読み切りホラー「赤塗仏」、またボツ企画のネーム(とはいえ作者本人は大変気に入っている作品)「枕返しの棲む部屋」、2005年8月に掲載された読み切りホラー「山童」、一挙3作品を公開中です!ぜひ読んでみて下さい。

http://www.yagi-no-ana.com/kinki.html

ラジオ出演

加藤山羊作品の原作、矢樹純がラジオFM西東京『Nちゃんねる(仮)』にゲスト出演します!普段本当に知らない人とお話できない人だと思っていたので超意外な展開ですが、本人曰わく放送事故にはなっていないということなので、放送が大変楽しみです!内容は加藤山羊&矢樹純コンビの成り立ちと、作品について語っているそうです。放送は3/5の23:00〜(矢樹純出演は23:30頃〜)で、ネット配信もやっているので全国でお聴き頂けます。詳細はFM西東京『Nちゃんねる(仮)』さ んhttp://www.n-ch.net/でご確認頂けます。ぜひ聴いてみて下さい!

サイン会

加藤山羊初のサイン会を開催して頂けることになりました!

日時は3月9日15時(イベント集客に応じて終了時間未定)、場所宮城県仙台市蔦屋書店仙台泉店内コミックコーナーにブースを設けて行います

新刊「あい結婚相談所」「禁忌〜絶対にやってはいけない13のこと〜」のみならず、既刊「イノセントブローカー」、「女囚霊」、また矢樹純の小説「かごめ荘連続殺人事件」も並べて頂きます。また集客によりますが(行列等できていなければ)簡単なトークイベントも行う予定です。

私も矢樹純と同じく知らない人とお話できないタイプですが、却って異常なテンションになることがあり、逆におかしなことにならないか心配です。

集客はほぼ仙台での加藤山羊認知度に比例すると思われますので、現時点ではあまり沢山は見込めません。宮城やお近くにお住まいの方も、そうでない方も(旅行がてら)是非ともお誘い合わせの上ご来場頂けると大変嬉しいです!!

2011-04-11 この1ヶ月を振り返って

雑感

早いもので、大震災からもう1ヶ月。被災地にいる人も、少し離れたところにいる人も、震災前とは全く違う、でも震災当日ともだいぶ違う状況になった人が多いのではないだろうか。これだけの被害があると、なかなか平常には戻らない。

この1ヶ月のうち、前半約20日間は子供2人とともに青森に避難して過ごし、10日間は仙台に戻ってきて過ごしている。その間に起きたこと・感じたこと。

夫婦喧嘩の嵐

私たち夫婦は、一致団結して子供仙台から青森に逃がさねばならず、その後の生活でも、特にしんどい状況にある王さんを励まし、支えあわなければならなかったはずである。それが、しょっぱなから激しい喧嘩を何度も繰り返してしまったのは、たぶんお互いアドレナリンが通常の数倍は出ていたんだろう。

地震発生直後から喧嘩は始まっていた。王さんが生きて帰ってきてくれた、と喜んだのはつかの間、激しい口調で避難の指示を飛ばす王さんにブチ切れ、喧嘩。逃げる最中信号の点いていない道路上で窓の外の惨状を注視しようとする王さんに、その度チクチク説教し、車内のムードは常にトゲトゲしいものに。助手席の自分ラジオを合わせるのが上手にできなくて怒られ、食べ物や水を渡さないのを気が利かないとなじられる。十和田に到着し、ガソリンが底をつき携帯も全く通じないので待ち合わせ場所から全く身動きできなくなってからは、王さん生来の短気ぶりを発揮してイライライライラし出し、なだめなければならない自分もついイライラが伝染。

無事に青森に私たちを送り届け、王さん会社があるので仙台に一人で戻っていった。それからというもの、ガスも通っていない、周辺の店も一つも開いていない仙台の自宅で一人、会社災害対策本部の中核の役割を担いながら奮闘する王さんに対し、物資やガソリン不足の先が見えないとはいえ、実家でぬくぬくと安心安全な生活を享受する自分との間にある温度差が喧嘩の種となった。

仙台の深刻なガソリン不足と、土日ろくに休めない王さんの激務があいまって、そろそろ…という頃になっても王さん青森まで迎えに来られない状況の中、「バス盛岡まで来てくれないか」という提案を受けて「子供二人、うち一人は2ヶ月の赤ん坊を連れて、大荷物持って高速に乗れない高速バスで行くのは現実的でない」と渋ったところ、「そんな(平常時の)感覚じゃ、仙台来てから暮らしていけねーよ」と言われ、何だか凄く悔しいような悲しいような気持ちになる。「そんなん言ってもこっちは子供の生活優先で逃げてきたんでしょう?逃がしてくれたのはあなたでしょう?」と言い返してまた喧嘩。「両親だって、無理して戻ることには反対している」というのもあり、結局盛岡ピストン輸送の話は消えた。

二人の温度差がどれほどのものか、というのを以下に。私は仙台の混乱のひどい状況すらこの目で見ていない。王さんは先の見えない状況の中、インスタント食品を温存するため毎朝米を炊いて、昼の分もおにぎりを握り、戻る私たちのため、灯油すら温存して寒い部屋で凍えながら生活した。基本的に風呂は入れず、それでも風呂好きの王さんは週に1度、3時間かけてヤカンや鍋で浴槽の1/3お湯を溜めたそうだ。そして会社の命で津波被災地の支社に物資を輸送し、社員親族を探してマスコミも入っていなかった津波孤立した集落までも、ボコボコの道路を車で幾度も走った。復興のための業務で被災地出張した時には9日間、24時間態勢で激務をこなし、床にキャンプ用のアルミマットと毛布だけで寝た。もとの体重がアレとはいえ10キロも痩せた。その間、自分暖かい部屋で温かい飯をいただき、両親と娘達と楽しく過ごせた。もとの体重がアレなくせに1キロも痩せなかった。それは全て王さんのおかげだ。でも、その温度差はたぶん、埋まらない。これから先も。体験と伝聞の間には、やはり埋まらない溝があると思う。

この温度差による喧嘩や行き違い、きっと他でも沢山発生していた(もしくは今も発生している)問題だと思う。目で見ないとわからないだけでなく、報道が伝えない、伝えられないことって沢山ある。だからみんな、できる限りの想像力を働かせてみてほしい。私も、仙台に戻ってきた今、王さんの話をたくさん聞いて、今後の王さんをいたわって支えるぐらいしか、自分に「今すぐ」できる復興支援は無いと思うので、それらをやっていこうと思う。埋まらない溝はあっても、想像力を働かせて、せめて王さんの気持ちはわかりたい。

そして、アドレナリンの減ってきた今、喧嘩はもうあまりしたくない。

非力

前項の内容とかぶるが、自分は本当に非力だ。王さんを支えるのが今できる支援だ、といってもそれすらも甘えてしまっているところがある。子供がいる、子供が小さいのを心の言い訳にしている節もある。本当はもっとできるはず。仕事にしてもそうだ。漫画家は頼まれてから描くんじゃない、いつでも描いていいんだから仕事をすることで復興に繋げたいのなら黙って描けばいい話。でも子供や家のこと、物の整理、家の一層の防災対策(主に余震対策)すら満足にできていない状況ではなかなかできない。でもそれだってもっとできるはず。本当に非力で要領が悪くて甘えた性格が嫌になる。

でも、非力な自分に「今」できることがあるとすれば、唯一「愚痴や、人を攻撃するようなことは言わない。」これだろう。アドレナリンが収まっても、やはり不便な生活、今までとは違う余震にも怯える生活が続いている。そんな中、同じ立場の人と世間話程度に苦労を分かち合うのはいい。でもなるべく前向きに。そして不満や不平、いわゆる「お上」への一方的な噛み付き(良い方向に導かない感じの)などは、自分がすべきことじゃない。自分は今、何もできていないのだから。せめて前向きに、明るい気持ちを拡散できるように、それだけは心がけていきたい。そしてもう少し人間として成長して余裕ができたら、本物の支援、復興をやっていきたい。こんな自分で申し訳ない。今からでもがんばって成長することを誓います。日本にとって必要な人材になりたい!!!

最近のコメント