Hatena::ブログ(Diary)

笑ってる?

【神々】

2017-11-12 柏バイク祭り

 

SNS上ではだいぶん炎上しまくって話題の。

柏バイク祭りへ行ってきました。

午前中は山賊宴会へ行ってましたので、午後からの参加です。

 

カブ2台(JA07&JA10)で走り出しますってーと。

……あれ、置いて行かれてるね、俺。

まあ、ただでさえ07のが速いってのに、スプロケ16Tにしましたからね。

 

いや、別に悔しくなんかないですよ?

(スプロケ戻しを真剣に考えながら)

 

 

裏道を通り、会場近くまで来ますと。

えらい頻度でバイクとすれ違います。

なんだ、思ったより人が来てるのかな?

 

16号からの道が、ありえないくらい渋滞してましたwww

 

駐車場入口で整理してた知り合いに挨拶しつつ。

f:id:noreturnrydeen:20171114172752j:image

激混みの駐車場になんとかカブを滑り込ませ。

受付の方にナオミさんが話しかけてるのを見ながら、

にこやかにうしろへ控えてました。

 

今日はナオミさんの知り合いにたくさん会うはず

なので基本的にこのスタイルで行こうと決心しました。

後ろへ控えて穏やかにほほ笑む、実に俺らしいスタイル。

 

にこにこかみさん(・∀・)

 

f:id:noreturnrydeen:20171114172736j:image

普段、一般人は入れないバイクオークション会場。

面白いバイクが結構あったりしたんですが、撮影禁止っぽい。

なので、撮ってもいいヤツだけ撮りましょうか。

 

販売してるバイクなら、撮っても大丈夫そうなので。

f:id:noreturnrydeen:20171114172731j:image

ばんちょさんが乗ってるランドネ(ガスガス)の汎用モデルかな。

あの人のは成田匠モデルとかで、エグい部品いっぱいだからなぁ。

隣はロイヤルエンフィールド。モデル名は知らん。

 

f:id:noreturnrydeen:20171114172726j:image

続けてこちらもロイヤルエンフィールド2台。

奥の黄色いのは、一瞬、ドカかと思った。

珍しいけど、俺にはビューエルさんがいますから興味なし。

 

ま、そのビューエルさんもバッテリ外してますけどね(・∀・)

 

f:id:noreturnrydeen:20171114172722j:image

モトグッチのクルーザ2台。

もちろん名前は知りません。

スポーツモデルなら面白そうだから乗ってみたい。

 

 

 

で、炎上の一番デカい原因と思われる試乗。

 

f:id:noreturnrydeen:20171114172846j:image

一番手前H2試乗待ちの列は、なんとそのまま曲がって奥までずーっと。

いちばん長かった人は4〜5時間も待ったそうです。

その根性がすげぇなぁ。俺ならソッコーあきらめる。

 

f:id:noreturnrydeen:20171114172841j:image

こっちはカレーの「ルー待ち」行列。

ご飯はあるのに、ルーが途中で足りなくなったんだそうです。

俺なら無料だろうが何だろうが、こんなに並んで食いたくないです。

 

金払ってでも並ばないで食いたい(´・ω・`)

 

 

 

f:id:noreturnrydeen:20171114172836j:image

曲がった一本橋をスクータで渡るイベント。

11秒以内で、11秒に一番近い人が勝ちだったかな?

何やってるかカンバンでも出してくれないとわからん。

 

f:id:noreturnrydeen:20171114172831j:image

試乗はこんな感じで隊列を組んだまま場内1周。

数時間待って乗るにしては、ちと短いかなぁ。

いや、待たないで乗れる車種もあったんでしょうけど。

 

試乗やメシが混んでる分、フリマみたいのは空いてまして。

 

いろいろと掘り出し物があった……んでしょうけど。

 

「おお、これは色々と買っちゃっても仕方ないんじゃね?」

「いいよ、予算1000円以内で好きなだけ」

 

という暖かいお言葉に、涙を飲む47歳(´・ω・`)

 

 

 

あのぶどうは酸っぱいに違いない。

 

 

 

話ばかりで一度も見たことのないBDSの中を見れたので。

俺個人としては、楽しめたバイク祭りでした。

中の人たちは無給&無休で頑張ってたみたいなので、

 

みなさん、責めるなら上層部にしてあげてくださいwww

 

f:id:noreturnrydeen:20171114172823j:image

そんな感じで。


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/noreturnrydeen/20171112

2017-10-19 有朋自遠方来 不亦楽

 

朋(とも)有り、遠方より来たる。亦(ま)た楽しからずや。

ってほど遠方でもないんだけど、ろろちゃんが遊びに来てくれた。

いつも通り、カンパイしてバカ話。

  

とりあえず、「異世界に転生したら何で無双するか」を語り合うwww

f:id:noreturnrydeen:20171019123532j:image

「この漫画、どこまで読んだっけ?」と首をひねるろろちゃん。

 

f:id:noreturnrydeen:20171019123529j:image

布団乾燥機で温めた布団が熱くて「入れない」と上に寝るろろちゃん。

 

f:id:noreturnrydeen:20171019123525j:image

翌朝、俺は仕事へ。

おやすみのナオミさんと一緒に、お留守番するろろちゃん&トラさん。

 

半日仕事の俺が帰ってきたので、MOMOへハンバーグを食いに出る。

一緒に歩いてMOMOへ向かう道すがら。

くだらない話で笑ったり、何も話さず並んで歩いたり。

 

f:id:noreturnrydeen:20171019123522j:image

が、残念ながらMOMOお休み。

 

f:id:noreturnrydeen:20171019123517j:image

失意の中、国道を渡って向かいのマックへゆくろろちゃん。

 

f:id:noreturnrydeen:20171019123608j:image

マックで出来るのを待つも。

ハンバーグを食いはぐった失意は隠せないろろちゃん。

 

f:id:noreturnrydeen:20171019123604j:image

どんな短い距離でも、すぐにニコチンが切れるろろちゃん。

 

f:id:noreturnrydeen:20171019123600j:image

家でマックを食ったあと、暗くなる前に帰るろろちゃん。

 

2007/04/08に初めて出会ってから、かれこれ10年。

会話を交わさなくても、同じ空間にいるだけで安らぐ男。

俺が朋友と呼ぶ数少ない男。

 

彼が生まれ、育ち、生きて俺と出会ってくれた。

そのすべてに感謝を。

 

f:id:noreturnrydeen:20171019123556j:image

心から。


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/noreturnrydeen/20171019

2017-10-12 小説

  

そういえば、こっちでは書き忘れてました。

「なろう」で神々の作品をアップしてます。

 

https://mypage.syosetu.com/1123254/

 

ほんの少しだけ改定、編集してますが、基本、コピペです。

仕事や遊びの合間に、ちょいちょいアップしてゆこうと思います。

お暇な時にでも読んでいただければ、幸いかと。

  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/noreturnrydeen/20171012

2017-10-04 目的

 

正しい、間違ってるってのは、「目的」があるから発生する。

成功や失敗も、「目的」があるから発生する。

 

生きると言う目的があるなら、飯を食うことは正しくて、自殺をするのは間違ってる。

山の頂上に登ると言う目的があるなら、登頂すれば成功で断念して下山すれば失敗だ。

 

宗教が自殺を否定するのも、なのに宗教が戦争を肯定するのも、もしそこに目的がないなら単なる事象であって、それに正しいも間違いもない。

 

山に登る過程でなにかを発見したり、いかに人間的な成長を遂げようと、目的が成長ではなく登頂であるなら、それは完全に失敗だ。

 

 

 

正しいとか間違ってるとか、成功や失敗について争いになるのは、争ってる人間の「目的」が違うから。

 

争いが長引くのは、目的が違うということに片方、もしくは両者が気づいてないか、わかってて無視してるか。

 

もしくは「長引かせることが目的」だから。

 

 

 

だから、訳がわからなくなったり迷ったら、目的を確認するのが最初にするべきことなのだ。

 

会社を発展させて出世あるいは増収を望むのか、もめたり退職してでも自分のプライドを守るのか。

もちろんその二つは「事象」として等価であり、そこに正誤も善悪もない。

 

会社の理不尽に耐えることも、自分のプライドを守ることも、それ単体に善悪や正誤のベクトルは存在しない。

 

人は等しくいずれ死ぬのだから、なんなら生きてることにさえ「事象」としての価値しかない。

 

 

 

すべての価値は「目的」があって初めて発生する。

 

 

 

てなことを今日、患者さんに上司の愚痴を聞かされながら思った。

 

その人は這いつくばりそうなイキオイだった腰痛が軽減したら、晴れ晴れとしたした笑顔で帰っていった。

 

週末は娘さんと出掛けるそうだ。

 

あんたの「目的」は上司に辞表を叩きつけることじゃなくて、それだよ、きっと。


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/noreturnrydeen/20171004

2017-09-25 焼きますよ(RZ-840)

 

貰い物のODガス缶がたくさんありまして。

使い切るまで持てばいいやと購入したガスストーブは、山賊宴会のとき酔って踏んづけてお星さまになり。

こないだキャンプ&クラフト道具置き場であるベア牧場(押し入れ)を片付けてたら、このガス缶が目に留まったのでストーブを買うかとアマゾンを眺めてたんですよ。

 

いや、ストーブじゃなくて良くね?

要するにOD缶を使えるモノなら何でも。

つわけでストーブに限らず探すんですよ。

 

色々とあるんですよ、ルミエールランタンとか。

 

そんな中、今回はバーナーを買いました。

 

ガスと言えば新富士バーナー、そのフラッグシップ(たぶん)のRZ-840です。

f:id:noreturnrydeen:20170923115901j:image

ものすげぇ速くて燃費が悪くて煙の多そうな名前ですが、性能は某所にて大絶賛の折り紙つき。

中華製の激安品もアレはアレで面白いんですが、今回は久しぶりに日本製のクオリティを体感したくなりまして。

クオリティとクレイジーな多機能さを( ・∀・)



f:id:noreturnrydeen:20170923115855j:image

エアとガス「それぞれの量」を調整可能なツマミ。

調整機能ってのは手軽さと天秤なところがどうしても出てきますが、こんな手元でこの形ならイイトコ取りですね。



f:id:noreturnrydeen:20170923115847j:image

ガングリップタイプの握りとトリガー型スイッチ。

押してる間だけ燃えて離せば消えるので、使い勝手はバッチリです。

もちろん電動ドリルなんかと一緒で「トリガーロック」も出来ます。


f:id:noreturnrydeen:20170923115841j:image

トリガーロックして燃やしっぱなし状態。

エアとガスはどっちも最弱。

ガタもないし動作もカチッと確実だし、使って気持ちのいい製品です。

 

さて、そろそろ本格的(山賊的)キャンプシーズン。

こいつを持って出掛けるのが楽しみです。

焼きますよー!ヽ(´∀`)ノ

 

そんな感じで。


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/noreturnrydeen/20170925

2017-09-17 雨の休日

 

キャンプに行けなかった代償行為に。

 

f:id:noreturnrydeen:20170917163254j:image

キャンプ道具の整理なんて始めると。

 

f:id:noreturnrydeen:20170917163250j:image

大汗かいて終わったと、余計に悲しくなるのでやめた方がいいです。

 

呑むか、読むか、観るかするのが、まあ無難でしょうね(´・ω・`)

 

そんな感じで。


 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/noreturnrydeen/20170917

2017-09-10 ユルベルト参戦記〜よしなし小隊〜

 

さて、今年もやってきました、柏の食い倒れ企画

ユルベルトKASHIWAX2017

f:id:noreturnrydeen:20170911103823j:image

もちろん、ダメ人間たちと行ってきました(・∀・)

 

まずは当日の午前中、ダチどもの合流を待ちます。

つーか朝起きると実弟トムが、すでに居間で寝てましたw

その後うわばん、よしなし先生と続き。

 

みんなでバカ話してると。

f:id:noreturnrydeen:20170911103819j:image

最後にやってきたのは、ハヤブサにまたがった「しき」。

いつの間にかオシャレ坊主っぽい髪形になってます。

生意気ですね。バチが当たればいいのに(前フリ)

 

本日のメンバー全員がそろったところで。

f:id:noreturnrydeen:20170911103815j:image

記念撮影(・∀・)

後列左から「うわばん」と俺の実弟「トム」。

前列左から「俺」「しき」「よしなし先生」。

 

鉄壁の布陣です(`・ω・´)キリッ

 

 

 

お昼ころ出発しようと決め、それまでの間はだらだら。

ろろちゃんの作ってくれたDVDを見て笑ったりしつつ。

やがてどうにも我慢できなくなった我々は。

f:id:noreturnrydeen:20170911103756j:image

11時半だったかな? 柏へ向けて出発します。

つーかま、我慢できなくなったのは、主に俺と弟なんですが。

 

 

 

かみ家から柏駅までは、歩いて30分。

f:id:noreturnrydeen:20170911103751j:image

タクシーを拾うべき長距離移動ですが、我々「よしなし小隊」は歩きます。

選ばれし戦士である我々の体力は、底なしと言っていいでしょう。

もちろんその筆頭である俺は、開始5分でタクシーを主張してましたが。

 

この暑さの中で30分も歩くとか、普通に死にかねない(´・ω・`)

 

恐ろしい日差しの照り付ける中、一件目に到着した男たち。

店の名は「TORI扇(とりせん)」

狙うはユルベルト限定メニューの「とりそば」

 

生ビールを飲みながらバカ話して待ってると、やってきました。

f:id:noreturnrydeen:20170911103921j:image

とりそば。

濃厚な鶏のダシが効いた、塩味のラーメンです。

前に一度食べた時、あまりの旨さに大騒ぎした逸品です。

 

もちろん今回も、期待を裏切ることはありませんでした。

 

 

 

みんなが「旨い」と喜んでくれるのに満足したら。

お次は「白レバー刺」が食えるという店へ。

ところが、行ってみると店内は満席で、入れそうもありません。

 

なので方針変更し、大好きな「やまん」へ向かいます。

 

f:id:noreturnrydeen:20170911103914j:image

なんの店だかわかんないけど、めっちゃ並んでました。

俺たちのアンテナに引っかかってないので、たぶん高級フレンチとか。

基本的におっさんたちは、居酒屋とか焼き鳥とかしか見えないのです。

 

 

 

f:id:noreturnrydeen:20170911103910j:image

やまんに到着し、ちょっとだけ待ちます。

 

f:id:noreturnrydeen:20170911103907j:image

待ってる間も、余計なコトしかしないおっさんたち。

やがて店に通され、二階席へ登ってゆき。

促されるまま、酒だけを選びます。

 

おつまみはお店の方で選んでくれるシステム。

 

f:id:noreturnrydeen:20170911103900j:image

左から「ゆで落花生」「湯葉」「味玉」と普通にうまいつまみのほか。

「魚味噌&チーズ」「うるめイワシ&ドライ明太」というキワモノ。

どれもB級おつまみの名に恥じない、幸せな旨さでした(・∀・)

 

五人いたので、ほぼ全種類を網羅できたのは僥倖でしたね。

 

ちなみに酒はしきが梅酒、うわが「百年の孤独」、ほか三人は「十四代」。

 

 

 

お次は昨年、いきなり俺のランキング上位に躍り出たお店。

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104026j:image

燻製の専門店、「ナンデス」へ向かうと、すでに行列ができてます。

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104021j:image

普段は並んだりしないんですが、この店だけはみんなに食ってほしくて。

俺にしては珍しく、行列の最後尾へ並びました。

なお、ナンデスなんです的なダジャレは、背負い投げを覚悟せよ。

 

しきは、あんまり酒が飲めません。

そして俺は基本的に、ひとに酒を勧めません。

ですがテンションがアレだったんでしょう、自分から呑み。

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104012j:image

かなりいい感じで出来上がってます。

ビールと梅酒だけでふらふらできるとか、ある意味うらやましい。

コストパフォーマンスは、今日のメンツで最強ですww

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104009j:image

製作費のクソ安いB級ギャング映画みないな並び。

あまりのダサさが逆にカッコよく、ってのさえ皆無のダメオーラ。

20年くらいしてから、ゲテモノ映画好きに人気が出そう。

 

 

 

そんな感じで待ってると、ようやく順番が回ってきました。

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104005j:image

全員ビールを注文し、バカ話しながら待ちます。

ユルベルトは食べ歩きそのものも、もちろん楽しいんですが。

この、ダチとバカ話してる時間が本当に楽しいですね。

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104121j:image

今回のナンデスは、「チーズ三種盛り」「ポテトサラダの燻製」

そして、俺の大好きなヒツジ、「ラムチョップ」の三品でした。

んで、ラムももちろん美味しかったけど、やっぱポテサラ燻製すげぇ旨い

 

ちなみに、ウチでよく出してる燻製塩や燻製醤油も、ここで買えます。

 

 

 

さて、それじゃあ次の店に行きますか。

f:id:noreturnrydeen:20170911104118j:image

つわけで歩き出す面々……なんですが……

ここへきて、しきが酔っぱらいすぎ、ハシゴがきつくなります。

なので適当な広場へ出て、グダグダしながら次の店を選びましょう。

 

酔っぱらってフラフラしながら、えへらえへらと笑うしき。

魚介類が食えないうわばん。

ふたりの厄介者を抱えたまま、小隊は小休止をとりまして。

 

向かった先は、アーユーボーワン。

 

スリランカ料理になるのかな? そんなアジアン系。

店内と屋上どちらにしますかと問われ、迷わず屋上を選ぶかみさん。

今日の暑さと太陽のギラギラを、完璧に失念してますね。

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104114j:image

そんでも屋上の眺めは悪くないし、外で食うのは楽しいです。

しきはもう、だいぶんヤラれちゃってるけどwww

酒は呑んでも呑まれるな(`・ω・´)キリッ

 

 

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104109j:image

ビアガーデンもやってるそうで、8名から貸し切りできるそうです。

8名とかすぐ集まりそうだから、そのうち貸し切りたいですね。

すげぇイキオイで呑んだくれそうだけど。

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104106j:image

スリランカチャーハン、デビルチキン、魚コロッケ。

このチャーハンがめっちゃ旨くて、俺は再来訪を決意しました。

タイ米じゃない不思議なお米が、口の中でパラパラほどけてもう最高。

 

あと、この店では珍しく、酒じゃなくて紅茶を飲みました。

別会計で酒も頼めたんだけど、セイロンティだったかな? これが旨くて。

口の中の脂をさっぱり洗い流してくれる、とてもおいしい紅茶でした。

 

アルコール入ってないのに、やるじゃんセイロン(・∀・)

 

 

 

食い終わって店を出たら、すぐ横の路地つーか裏スペースへ。

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104210j:image

一服しながら、次の店を決めるんですが。

もう、明らかによくない何かを取引してる絵面(えづら)ですね。

どう見ても、よしなし先生が指揮を執ってるチンピラ小隊。

 

それもムダに歳いっちゃってて使えない系の(`・ω・´)キリッ

 

 

 

結局、たいした意見が出ることもなく、使えない系っぷりを発揮した我々。

当てもなく柏駅の南側をふらふらを漂いまして。

ふと、通りがかったのは、先ほどあきらめた白レバーの焼き鳥屋。

 

「お、空いてるじゃん!」

 

つわけで暖簾をくぐり、意気揚々と店内へ突入する、よしなし小隊

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104207j:image

焼き鳥屋「つむぎ」のメニューは、ネギ間&豚バラの串二本と白レバー刺し。

串ももちろん美味しかったのですが、この白レバー刺しが絶品。

とろりととろける鶏レバー、それもクセのない白レバーを塩とごま油で。

 

そんなもん、不味いわけがないでしょうが!(北の国からのテンションで)

 

 

 

さて、五軒回ってもまだ、お腹に余裕があります(除しき)。

スペアで買っておいたチケットがあるので、エクストララウンド行きましょう。

つわけで本日最後のお店は、かみ兄弟がこよなく愛する割に人気の低い。

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104204j:image

日本そばの多賀屋さん。

ま、正確には「雲海のそば湯割り」をこよなく愛してるんですが。

んでね、お店に入って座敷に座り、注文を取りに来た方が言うんですよ。

 

「今日は暑いので、そば湯割りは冷と温がありますが」

 

そんなの、冷で決まりでしょうよ!

聞いたことないもの、冷たいそば湯割りなんて!

やっべ、どんなだろう……超ぉ楽しみ(・∀・)

 

 

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104159j:image

鴨、卵焼き、板わさと定番のつまみに「冷そば湯割り」

…………ってあれ? 氷が入ってるだけ

い、いやまあ、呑んでみようよ、とりあえず……

 

うん、焼酎の水割りだね。

 

そば粉の味なんか、冷やしちゃったら判るわけないよね。

「濃くしたそば湯を冷まして」、とか勝手に想像したこっちが悪いよね。

つわけでやっぱ、そば湯割りは温かい方がおいしいみたいです(´・ω・`)

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104153j:image

肝心のお蕎麦は、もちろんいつも通り美味しゅうございました。

 

 

 

六軒目も無事(?)楽しんだら。

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104244j:image

多賀屋の前で記念撮影し、今年のユルベルトKASHIWAXも完走。

電車で帰るよしなし先生と別れ、お泊り組はかみ家へ。

途中のコンビニで、黒霧島を買い込んだのはもちろん。

 

そば湯割りに納得してなかったからwww

 

f:id:noreturnrydeen:20170911104233j:image

あとはいつもの俺んちスタイル。

それぞれ好き勝手に時間を過ごしたのでした。

いやぁ、今回も楽しかったし、なんだかんんだお腹いっぱい。

 

また来年のユルベルトが楽しみです(・∀・)

 

そんな感じで。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/noreturnrydeen/20170910