Hatena::ブログ(Diary)

笑ってる?

【神々】

2012-12-09 忘年会

 

土曜日、ちょっとした忘年会をやってきました。

 

半日仕事がハネてから軽くバイクをいじり。

家に帰って洗い物をしてると、玄関のチャイムがなります。

茨城から、POPOさんがやってきました。

 

「こんちわー!」

「ういーっす、いらっしゃ……あぁっ!」

 

横向いた弾みに、コップを落っことして割る、かみさん43歳。

とりあえずビールを出してから、割れたガラスを片付けつつ、バカ話。

つーかPOPOさん、もうすでに呑んだくれて来てるようです。

 

片付け終わって俺もビールを開け、ようやくカンパイ。

POPOさんとディスカバリーやナショジオの話で盛り上がってると。

f:id:noreturnrydeen:20121209220826j:image

よしなし先生がやってきました。

そしてこの段階で、すでに出来上がっているPOPOさん。

泥酔したPOPOさんは、めんどくさいけど面白いんです。

 

PO「大洗水族館でさぁ、カピパラが温泉に入るんだよ」

かみ「なんすかその、誰ひとり必要としない情報

PO「えーでも、見たくない? 今日からだよ?」

よし「俺は近いからいつでも見れますよ」

かみ「よし、そんじゃ明日は、大洗水族館に行きましょうか」

PO「えー俺、明日仕事だよー!」

 

自分で言い出しといて、ゴネるPOPOさんに笑ってると。

f:id:noreturnrydeen:20121209220825j:image

ろろちゃんが、マンガや小説をたくさん持って、到着します。

 

ろろ「なんだい、POPOさん。すでに出来上がってるのかい?」

PO「いやー、なんだか酔っ払いそうだよー」

よし「もう、充分酔っ払ってますよ!」

かみ「がははは! んじゃ、ナオミが帰ったら出発だね」

 

なんつってると、「もうだめだぁ」の声とともに。

f:id:noreturnrydeen:20121209220824j:image

POPOさん、撃沈。

 

f:id:noreturnrydeen:20121209220823j:image

それを眺めて苦笑する、ろろちゃんと俺。

 

 

やがてナオミが戻りまして。

ナオ「麺王、やってないって? でも、かきいれ時だからやってるかもよ?」

電話で確認すると、どうやらやってるらしいので、忘年会は麺王で決定。

f:id:noreturnrydeen:20121209220822j:image

毛布をかぶって寝てるPOPOさんを、容赦なくたたき起こします。

PO「あれー? ナオミちゃんいつの間に?」

もちろん、あなたが寝てる間にですよ、POPOさん。

 

つわけで、いざ、麺王へ。

f:id:noreturnrydeen:20121209220821j:image

前回のユルベルトで、麺王をいたく気に入ってしまったろろちゃん。

もともと、山賊宴会だった予定を変えてまで柏で宴会になったのも、とにかくろろちゃんが麺王へ行きたがったからなのです。

 

その横を歩くPOPOさんは、なにやら幽体離脱でもしそうな勢いですね。

口からエクトプラズムがはみ出そうです。

そして後ろのよしなし先生は、安定の笑顔(´▽`)

 

店に着いてオーダを済ませ、出てくるまでの間にバカ話。

f:id:noreturnrydeen:20121209220820j:image

魂をはみ出させながら、「何も喰えない」と訴えるPOPOさん。

「POPOさんは何しに来たんだい?

至極もっともなツッコミが、ろろちゃんから発せられます。

まわりは大笑い。

 

よしなし先生とナオミさんはお腹を空かせてます。

f:id:noreturnrydeen:20121209220819j:image

俺はと言えば、POPOさんに付き合って結構呑んでまして。

実はそれほど、おなか空いてないんですけどね。

 

やがて料理がやって来ました。

f:id:noreturnrydeen:20121209220816j:image

中華料理がずらりと並ぶと同時に、POPOさんはトイレへ。

おそらく、リバースしに行ったのでしょう。

それを尻目に、他の連中は飲み食いをスタートします。

 

f:id:noreturnrydeen:20121209220818j:image

黒ゴマたれのバンバンジー。

 

f:id:noreturnrydeen:20121209220817j:image

エビチリ。

 

俺は紹興酒を冷で呑み、他の連中はビールを呑みながら。

バカ話をしつつ大笑い。

美味い料理と酒に舌鼓を打ちながら、いつもの焚き火とは違った楽しさ

たまには街で呑むのも、いいものですね。

 

 

みんなたっぷり呑んで喰って、POPOさんはリバースして。

思いのほか安かった代金を払ったら、さあ、帰りましょうか。

f:id:noreturnrydeen:20121209220815j:image

POPOさんと俺。

紹興酒のビンは、呑みきれなかった俺が店から持って出たもの。

醸造酒の中では翌日がイチバン楽なので好きです。

 

呑んだくれたらお約束。

コンビニへ入って、しこたま買い込みます。

みながアイスや甘いものを買ってる中。

f:id:noreturnrydeen:20121209220814j:image

何かを見つけたマイトガイ

 

そっと手に取って、読み始めます。

f:id:noreturnrydeen:20121209220813j:image

真剣な面持ちですが、読んでるのはエロ本ですからね。

シラフで見ると、なんとも切ない写真ですな。

と、よしなしが俺を呼びます。

 

よし「かみさん、こっちにきてください」

かみ「ヤなこった! なんでエロ本の前で記念撮影しなきゃならんのだ」

よし「いいから、早く!」

 

やけに熱心なよしなしの誘導で、エロ本の棚の前に立ちますと。

f:id:noreturnrydeen:20121209220812j:image

心霊写真の出来上がり。

もっとも、この心霊は面白いばっかりで、ちっとも怖くないですが。

 

コンビニの前で一服しながら、ゲラゲラ笑う山賊たち。

f:id:noreturnrydeen:20121209220811j:image

なんでもない風景なんですが、実に楽しい時間です。

 

やがて家に戻りまして。

アイス食ったり、バカ話してると。

明日仕事のPOPOさんが、電車に乗って帰ると言ってます。

 

よし「POPOさん、大丈夫ですかね?」

かみ「朝、うちの前で凍死してたりしてな」

ろろ「タクシーに乗せて、江ノ島まで』って言おう

 

相変わらず、POPOさんには容赦のないろろちゃん。

なんで江ノ島をチョイスしたのかは、教えてくれませんでした。

 

POPOさんが帰ったら、あとはのんびりタイム。

f:id:noreturnrydeen:20121209220810j:image

よしなしはマンガを読みながら寝オチ。

俺はその前に一回落ちて、復活してからろろちゃんとおしゃべり。

いつもの我が家らしい風景が広がります。

 

ろろちゃんは結局、朝四時まで遊んでたみたいです。

 

 

 

翌朝、寝てるろろちゃんを尻目に、みんなマンガ大会。

やがて、ろろちゃんが起きて来たので、昼飯を食いに出ます。

おうち大好きなナオミさんは、もちろんお留守番。

 

んで、どこで食おうかという話なりますってーと、ろろちゃん。

 

ろろ「麺王でしょう、まだラーメン喰ってないし」

かみ「マジで言ってる?」

よし「ぎゃははは! また麺王いくの?」

ろろ「もちろんだよ」

 

つわけで、またも麺王へゆく三人。

f:id:noreturnrydeen:20121209220809j:image

ふたりとも今日バイクで帰るので、俺も酒はやめました。

 

やがてラーメンがやってきます。

ろろちゃんがサンラータンメン、よしなしがジャージャー麺。

そして俺が、モツ煮みそラーメン。

f:id:noreturnrydeen:20121209220808j:image

いわゆる関東のモツ煮にバターを放り込んだラーメン。

見た目とかイメージはアレですが、普通に美味かったです。

 

なお、三人とも、セットで半チャーハンを頼んだんですが。

コレは、カンペキに蛇足。

三人そろって、お腹いっぱい以上になり、よろよろと店を出ます。

 

よし「美味かったけど、食いすぎた」

ろろ「次はネギみそシャーシュー麺を食べよう」

かみ「俺もアレは気になった」

 

ワイワイやりながら、コンビニへ寄って買い物をし。

f:id:noreturnrydeen:20121209220807j:image

ふらふら歩きながら家に向かったところで。

 

2012年、山賊忘年会は無事、終了しました。

ろろちゃん、POPOさん、よしなし先生、楽しい時間をありがとう。

また来年も、楽しく暴れましょう!

 

とは言え、まだまだ今年は残ってます。

来週も再来週も、遊んだり呑んだりしますよ。

遊びすぎて、倒れない限りは(´▽`)

 

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/noreturnrydeen/20121209