ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ヤサぐれ者の魔窟vs発掘亭日乗越

2013-08-28

nori542013-08-28

ルーマニアへ行ってきます】

2013年8月28日〜9月10日、ルーマニア・ブカレストのガブリエル・チューダー財団の招聘により、彼らのイースタン・コネクション」というプログラムに参加してきます。

http://zonadstudio.wordpress.com/2013/08/23/incepem-eastern-connection-dans-contemporan-romania-japonia/

 これは日本からアーティスト・ディレクター・評論家を招き、交流させるプログラム。アーティストだけではないところが特徴で、「ディレクター・評論家はアーティストと社会をつなぐ存在なのだから、お前等も知見を広げろ」という主旨なんですな。

 

 単純に作品を作ることやフェスティバルに金を遣うのではなく、「アーティストを育て、周りの環境も充実させる」という、かなり遠くを見通したプログラムと言えます。

 

 ディレクターのコスミン・マノレスクはセゾン財団の招きで二ヶ月間日本に滞在し、多くのダンス関係者と会い、ミーティングやワークショップを重ねました。

 今回招聘されるのは、

 ●アーティスト山下残、川村美紀子

 ●ディレクター:小野晋司(青山劇場青山円形劇場

 ●評論家:乗越たかお

 

 オレはむこうで日本のコンテンポラリー・ダンスについてのレクチャーをしたり、飲んだくれたりしてきますよ。