Hatena::ブログ(Diary)

のりりんの京都日和

2017-09-26 花の大和路

noririn_06102017-09-26

せっかくの秋花の季節に仕事が忙しく、そのうえ休みに限って天候不良(−−;)

彼岸過ぎてるのに彼岸花をみにいくことができない〜(−−;)

…と、身悶えするような思いで天気予報をみてたら、夜勤明けに晴れ予報。

ムチャは承知で出撃だ〜☆

目的は奈良葛城方面の彼岸花ですが、いかんせん夜勤明け。

帰宅〜出発・到着時間との兼ね合いで、先にコスモスがみごろになってるという般若寺に寄ることにしました。

確かにみごろになっているコスモスですが、まだまだこれからという感じ。

ほかにも紫苑、秋海棠、金木犀彼岸花と、秋花が所狭しと咲き乱れていました☆

さて、ここから葛城方面へ。

と、その前に昼食。

葛城に向かう途上の大和高田にある、老舗フランス料理店「ヴェルデ辻甚」プロデュースという「くろす」で「鶏醤油らーめん(スペシャル)」パスタのような麺にのりりん好みのしっかり醤油味は純和風、生ハムのような赤身チャーシューもやわらかで\(^▽^)/ウマウマ〜☆

こりゃまたいい店をみつけた☆

f:id:noririn_0610:20170926233637j:image:w360

ラーメン店から20分ほど、葛城に入るとそろそろ刈入れ時の田園のあぜ道のそこかしこに真っ赤な彼岸花が咲いているのがよくみえます。

そんな田園地帯の中に一言主神社がありました。

はじめて訪れる神社ですが、かなりの参拝客…というか、彼岸花を撮影しに来たカメラマンが結構大勢いますw。

でも、少しピークを過ぎてるかな?

もう2、3日早く来れたらよかったんだけど、こればっかりはしょうがないですね。

神社参道から里山をのぞむ実り豊かな田園、その脇に咲く彼岸花

ん〜、日本の原風景といった感じ♪

続いては一言主神社から1キロあまり、九品寺

こちらも一言主神社から続く田園風景の中、少し山の手にあります。

先に参拝のため境内を歩くと無数の石仏が。

これもまたいい雰囲気ですね♪

そして境内の脇に出ると一面に彼岸花の咲く箇所がありました。

なんでも以前はもっと多かったのが一度壊滅的に減って、今また前の3分の1程度まで回復したんだとか。

…これで前の3分の1?

十分すぎるほどいっぱい咲いてるんですけど(^▽^)

以前を知る人がみたらがっかりなのかもしれませんが、初めての身としては咲き具合のいい時期にこれだけ咲いてるのをみられればうれしい限りです。

徹夜してでも無理してきてよかった♪

一気にたくさんの秋花をみることができた秋の大和路

この季節の奈良はホントにイイ☆