Hatena::ブログ(Diary)

Heart of the Hornet

2016-07-11 Into the Wild

[][]ダブルクロスにおける人外キャラ:EXレネゲイドとレネゲイドビーイングの違い 00:39

レネゲイドビーイング(以下RB)はダブルクロスの中でも人気のあるワークスだ。《オリジン:●●》はどれも強力だし、設定もかなり自由に組むことができる。しかし、いざ作ろうとしても、肝心のRBとしての設定は軽視されがちである。そもそもRBとは何なのか?また、サプリメントカオスガーデン』を導入することで作成することができるAオーヴァードとの違いは何なのか?今回はそれについて語っていきたいと思う。

続きを読む

2016-06-17 Legend is Born

[][]ダブルクロス:ボーンファイター風サンプルキャラクター 23:56

マジンボーンが好きでダブルクロスをやりたい(気になってる)(やってるけど詳しくない)人向けのニッチな記事です。

  • ルールブック1および2のみの環境を想定しています。
  • コンストラクションで作成しています。カッコ内がフリーポイント分です。
  • 無駄なく、シンプルに、初心者でも動かしやすいビルドを意識しています。

続きを読む

2016-05-17 Unpleasant Avenue

[][]ダブルクロス上遠野卓」に参加して 00:17

ダブルクロスを「上遠野作品の世界観」ステージでプレイする機会がありました。そのときの感想など。

<!>テキストセッションだったので、ログがすべて残っています。GMのどっぱん氏に感謝! → ダブルクロス上遠野卓ログ前編 後編

また見学者用の窓を観客席として設置していたのでそこのガヤとかのログも残っています(リンク先のブログをたどってくれ!)。

上遠野作品……『ブギーポップ』シリーズや『事件』シリーズで知られる作家、上遠野浩平氏の一連の作品のこと。一部世界観が共通している。一定の世代オタクなら「ブギーポップ」という名前くらいなら聞いたことがあるかもしれない。

※ステージ……つまり、UGNもFHも存在せず、なんならレネゲイウィルスすらなく、ダブルクロスなのはシステムのみであって、あくまでその世界観に則ったステージセッティングでゲームを行うということ。仮面ライダー卓とかできるかもしれない。

続きを読む

2016-04-12

The Beginning 01:23

[]TRPGに参加するのが不安なあなたに 01:23

春の新規参入キャンペーン。

もしあなたの周りに信頼できるTRPG経験者がいて、頼んだら卓を立ててくれそうであれば、この記事を読んで余計なことを考える必要はない。ぜひその人にかけあってTRPGデビューしてほしい。

この記事は、TRPGを知っていて、興味があって、なんならリプレイのようなものをちょっと見たことがあって、しかしそれゆえになんとなく入りづらさを感じてしまった、そんな人のための記事である。なお対象が対象なので記事も長ったらしいものになってしまっていることには留意してほしい。

続きを読む

2016-02-04 Learn and Burn

[][]サプリメントガイド 21:52

ダブルクロスサプリメントを独断と偏見でガイドします。主なターゲットは「これからダブルクロスを始めたい人」「プレイヤーとして参加したい人」向けです。

なおシナリオ集は除外しています。

続きを読む

島影の小島島影の小島 2016/10/06 15:09 ウロボロス興味合ったのですがエフェクトアーカイブで作れてしまうんですね、この様にまとめて下さってありがとうございました。能力値は保管所とかでわかりそうですし。
見やすくわかりやすいと思います!

north-seekernorth-seeker 2016/10/09 01:33 コメントありがとうございます。
わかりやすいと言っていただけると励みになります。

ウロボロスは他のシンドロームのエフェクトを参照するケースが非常に多いので、そういった意味でも『エフェクトアーカイブ』は持っていたほうがよいですね。ちなみに専用Dロイスは『リンケージマインド』に収録されています。

彼方此方彼方此方 2017/02/05 17:33 これからダブルクロスの上級ルールブック買おうとしたら6000円近くかかって代用ないのかなと探したらこのサイトに当たりました。
おかげでエフェクトアーカイブとリンケージマインドで代用できると知ってとても助かりました
まとめてくださりありがとうございます
おかげで助かりました(汗)

north-seekernorth-seeker 2017/02/05 18:43 お役に立てて何よりです。

メーカーからすれば、このルールブックはなくてもいい!なんて言わずに買ってほしいというのが実際のところでしょうが(ただでさえTRPGは市場が尖ってますからね)、それでもハードルを低くしていろんな人にプレイしてもらえるのが大事かなと。