ノスタル爺の日記

2016年08月15日(月) 続きは

nostalji2016-08-15

長男が帰京。母もケアハウスに戻りました。

オリンピック中継の合間にダビングして持って来た『ハンガー・ゲーム2』(2013年/監督フランシス・ローレンス)を観る。民衆の支持を得て、生きて故郷凱旋したカットニスジェニファー・ローレンス)が、再びハンガー・ゲームに挑むアクション映画です。

独裁大統領スノードナルド・サザーランド)はカットニス公然抹殺するために、優勝者は出場できないというルールを変更して、歴代優勝者を集めたグランド・チャンピオン・バトルを開催します。カットニスピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)は再びハンガー・ゲームに出場することになりますが……

プレイヤー同士の対決よりも、政府に反感を持っているプレイヤーカットニス同盟を組み、ハンガー・ゲームをぶち壊します。前作を観ていることを前提に作られているので、この作品だけを観ても何が何やらわからないでしょう。カットニス革命シンボルとなっていき、次作へと続くのです。演出的には特筆するところはありませ〜ん。