ノスタル爺の日記

2018年07月13日(金) ついでに

nostalji2018-07-13

録画していた『続・網走番外地』(1965年・東映監督石井輝男)を観る。第一作のヒットで急遽製作(1週間で脚本、2週間で撮影)された続編です。ずっと昔(30年以上になるかな)にテレビで観て以来の再見

刑期を終えた橘(高倉健)と大槻(アイ・ジョージ)が乗った青函連絡船で置き引き騒ぎがあり、大槻が函館銀行から奪われた宝石の入ったマリモを手に入れたことから事件に捲き込まれます殺し屋中谷一郎)に狙われたことから、橘は駅弁売りの娘に渡しますが、マリモは娘から巡業中のストリッパー・路子(三原葉子)の手に渡り……

お調子者の囚人田中邦衛)、看守(関山耕司)、それに健さんピンチを救う鬼寅(嵐寛寿郎)が第1作に続いて登場し、そして事件黒幕が第1作で健さん敵対していた古参囚人安部徹で、一応続編になっていますしかし、第1作とは打って変わってコミカル調。健さん寅さんになって、屋台パンティを売るんですからねェ。女スリ役の嵯峨三智子が二枚目半的な健さんに絡みます乞食業の元締め役で由利徹が出演していますが、この作品から必ずといっていいほどシリーズコメディリリーフとして登場するんですな。明るくテンポがよく、すっきり仕上がっている好編で〜す。