Hatena::ブログ(Diary)

note::india このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-04-26

[][]ネーループレイスで玉子カレー

f:id:noteindia:20120426051101j:image:w300

ネーループレイスのさりげなく美味しい玉子カレーライス(2012年2月)

ゆで玉子が2つ、ててんと載っています。ソースとライスがよくマッチしていてうまい。量も軽めで、買い物途中にささっと食べられるかんじ。


f:id:noteindia:20120426051100j:image:w300

玉子カレー屋さんは看板が見あたらず、店名不明。訊くのも忘れた。

食べる場所もなくて、みんなその辺で立ち食いです。

メニューにはいろいろありましたが、みんなことごとく玉子カレーライスを食べていたので、きっと名物なのかと。


f:id:noteindia:20120426051059j:image:w300

その隣というか通路の向かいにある、ローナーケーパンジャーブ(Raunaq-e-Punjab)という食堂。

カウンターに書いてあったマッキーディーローティーとサルソーンダーサーグというパンジャーブの名物料理が気になりました。が、2月も中旬だったため、out of seasonとのこと、残念・・

他にオススメとか名物とかないのか尋ねたら、マトンビリヤーニーが良いとのこと。


f:id:noteindia:20120426051058j:image:w300

そのマトンビリヤーニー。

お味はアベレージでした。
お店の人が標準よりもずいぶんとたくさんサービスしてくれたようで、山盛り!
ビリヤーニーはお腹に溜まるので、必死で食べる感じになってしまいました。


f:id:noteindia:20120426051057j:image:w300

ネーループレイスでは、他にスイーツとスナックが食べられそうなSONAというお店も気になりました。アールーチャートやアールーキーティッキー、パーニープーリー、あとたぶん、パオーバジーやチョーレーバトゥーレーとかが食べられそう。

ビリヤーニーでお腹いっぱいだったので、次回に是非試してみたい。


f:id:noteindia:20120426051056j:image:w300

ネーループレイス全体はこんなかんじ。

1階と2階部分がパソコン屋、ラップトップ(ノーパソ)屋、周辺機器屋、ソフトウエア(海賊版??)屋、印刷屋が並んでいます。階段が外に張り出しているのが特徴的。


f:id:noteindia:20120426051055j:image:w300

エレコムのインド1号店もありました。

デザインや機能性に特徴のある製品が集められていました。他店の武骨な商品に比べると、パッケージも含めてとても綺麗でかわいい。しかし、日本での定価+αといった価格だったので、かなり高価な印象でした。ショウルームの比重が高いのかも。

2012-04-21

[][]ネタのつもりで買ってきた菓子

BigBazaarの食品売り場の一角に、なぜだか唐突にベンガル物のコーナーがあって、そこにはスナック菓子のほかに、ベンガル語の暦の冊子や説話集みたいのもあって、なんとも不思議でした。ベンガル人の便宜のために設けられてるのだろうか。

f:id:noteindia:20120422013610j:image:h300

そこにあったのが、このマカローチャク(Mukharochak)というダールモート(塩味の豆のスナック)。

ただならぬ雰囲気・・


f:id:noteindia:20120422013611j:image:w300

アップにしてみる。

このおじさん、インパクト強すぎ。


f:id:noteindia:20120422013612j:image:w300

いちおうISO規格の認証を受けた施設で製造してるらしい。

確かにパッケージはしっかりしてる。


f:id:noteindia:20120422013613j:image:w300

しかし、バーコードには修正が・・なぜ・・


f:id:noteindia:20120422013614j:image:w300

中身は、おっ、いろいろ入ってますね!



さて、このパッケージのアヤシサだけに惹かれて、ネタとして買ってきたダールモート。お味のほうは・・

これが、バリうまっ!!

びっくりするくらいうまくて、手が止まりません(*゚∀゚)

スパイスの加減、塩の加減、絶妙です。

今日だけで1,000kcalぶんも食べてしまった。ヤバイ。

きっと創業者だと思われる、写真のおじさんの自慢の逸品なんですね。


これはリピート決定です。

次に行った時も在庫あるといいなー。

2012-04-16

[]歯ブラシ屋さん

f:id:noteindia:20120416222317j:image:w300

ナイーサラク、オールドデリー(2012年2月)

夕暮れ時の路上で売られていた、歯ブラシ用のニームの小枝。
大1本2Rs、小20本15Rs。

2012-04-14

[][]旧カケダホテルの隣の食堂

2012年2月のデリー滞在を振り返って書きます。

コンノートプレイス(CP)に出ていて、ちょうどお昼になって、お腹が空いてきて、おいしいチキンカレーが食べたくなりました。ひとりだったこともあり、レストランに入ってというより、食堂でささっとっていう気分でした。CPでそういうランチといえば、KAKE-DA-HOTEL(カーケーダーホータル)が一番に思いつきます。

そうだ、KAKE-DAのチキンカレーが食べたい、食べたい!


f:id:noteindia:20120415011303j:image:w300

KAKE-DA-HOTEL, CP (2012年2月)

しかし、お昼どき、行列が・・。外国人の観光客も列にいます。

福岡人の性質か僕だけの性質か、並んでまでは食事したくないんですよねー。並ぶのきらい。

KAKE-DA、たしかに美味しいんだけど、並ぶほどじゃぁないんだよなーとか、こころの中でブツブツ言いながら、とりあえずスルーして他を探してみることに。でも、KAKE-DAのチキンカレーの気分になっていたので、似たような食堂がいいなー。


f:id:noteindia:20120415011304j:image:w300

これは、KAKE-DAの旧店舗ですね。

2010年の2月に来た時には、ちょうど新店舗のほうが出来たばかりで、壁のタイルに保護シールがついたままでした。

旧店舗は閉鎖されてそのままなんですね。

もうちょっと先まで行ってみよう。


f:id:noteindia:20120415011305j:image:h300

お!これは・・

「BhapeDaHotel」とな。KAKE-DA旧店舗のすぐとなりです。

店名に「DA」ってのが入ってるからKAKE-DAとおなじパンジャーブ系で、カレー鍋がガス台に並んでるダーバーという典型的な食堂のスタイルもKAKE-DAといっしょ。

これはKAKE-DAとおなじ系統のチキンカレーが食べられそうです。

しかし、ハズレのお店だとイヤだな、ってことで、来ているお客さんを観察してみます。

店内では、近所のオフィスからランチにきてるふうのおじさんとか、家族連れとか、小ぎれいで悪くない雰囲気の人たちが黙々と食事しています。全体に肉付きがよくて大柄で目が丸いパンジャーブ人っぽいひとが多いのも今回は好印象。お店の人もよく動いている。これは入ってみても良さげ。

写真で店の前に写っている人たちは、連れが会計してるのを待っていた人たちで、待たずに座れました。


f:id:noteindia:20120415011306j:image:w300

BhapeDaHotelのチキンカレー(Rs140)とローティー(Rs7/枚)(2012年2月)

典型的なおいしいダーバーのチキンカレーでした。シンプルで至って普通で、その普通さがおいしい。

ローティーでチキンをむしりながら食べます。ローティーも普通に美味しい。1枚おかわりして3枚食べました


f:id:noteindia:20120415011307j:image:w300

店内の階段のしたの三角スペースにあった手洗い場。

汚くもみえますが、この手のお店では平均的とおもう。転がる石に苔は生えない的な衛生感覚ですね。むしろいい雰囲気じゃないか、と自分は捉えてしまいます。


f:id:noteindia:20120415011308j:image:w300

これはチキンカレーを注いでいるところ。

領収証にカレーついちゃうよw


f:id:noteindia:20120415011309j:image:w300

バターチキンも見せてもらいました。

白いタイプのですね。これも美味しそう。次回は是非これを食べてみたい。

でも、領収証にカレーついちゃうよー。


f:id:noteindia:20120415011310j:image:w300

KAKE-DA-HOTELのチキンカレー(Rs90)(2010年2月)

探してみると2年前のKAKE-DAのチキンカレーの写真が出てきました。

見た目は同じですね。

味も有名なKAKE-DAのほうが美味しいともいえない感じ。

驚いたのは値段が結構違う・・。でも、2年経ってるので、KAKE-DAもだいぶ値上げしていそうです。帰って比べる前は、Rs140が高いとはぜんぜん思いませんでしたしね。


いま、TimesFoodGuide2012で調べてみると、今回のBhapeDaHotelも載ってるじゃん!! そして、KAKE-DAもBhapeDaも、2.5/5の同じ評価値でした。それぞれに熱心な(loyalな)常連がいるとのこと。

次回もKAKE-DAが混んでいたら、迷わずBhapeDaHotelに行くつもりです。

2012-03-28

[][]チベタンコロニーで牛肉ざんまい

牛タンが食べられる!ということで、北デリーのチベタンコロニーを訪れたとき(2012年2月)のことをまとめました。

リングロードのバイパス道を北に快走していくと、右手にタルチョがはためく集落が見えてきます。ちょうど歩道橋があるのが目印です。地名としては、マジュヌカティラ(MajnuKaTila)のチベタンリフュジーコロニー(TibetanRefugeeColony)になります。


f:id:noteindia:20120329004633j:image:w300

ハイウェイ沿いにこのような入り口が数カ所ありました。メトロのイエローラインのヴィダーン・サバー駅が近いようで、サイクルが盛んに客引きをしていました。


f:id:noteindia:20120329004634j:image:h300

集落のちょうど真ん中あたりに、目指すレストラン「TeeDee」はありました。2Fに上がります。

ちょうどランチ時だったため、中はチベットの人でいっぱいです。家族連れ、おじさんの集団、お坊さん、カップル座りの夫婦、いろんな人がいましたが、みんなチベットの人のようでした。これはきっと美味しいはず!


f:id:noteindia:20120329004635j:image:w300

まず、ギュマ(gyuma)70Rs、牛のソーセージから。

ジューシーでうまい!

ソーセージですが、皮である腸が分厚くて、モツの中にスパイシーなひき肉の詰め物が詰まっているというか、ホルモン焼きの中にカバーブが詰まっている?感じです。

内臓系の臭みと脂とスパイスのコンビネーションが癖になります。これを書いている今も、食べたくなって仕方がありません・・

帰って調べてみると、ギュマというのは blood sausageという記述にいきあたり、つまり、血を詰めたソーセージも一般的なようです。ここのギュマの中身は確認してないんですけど、内臓系の味はそういうことなのかも?韓国のスンデも美味しいですもんねえ。


f:id:noteindia:20120329004636j:image:w300

次に、チェレ(cheley)80Rs、牛タン炒めです。

ばっちり牛タンです。量も多い!

回鍋肉みたいな甘辛い味付け。

デリー在住の同行者は、これの野菜抜きのを6皿分!お持ち帰りしていましたw。冷凍しておいて、牛に飢えたときに食べるんだそうです。焼きそばや焼き飯に入れても美味しいとか。

ここには、ギュマとチェレと並んで、LowaKhatsaというのがメニューにありました。調べてみると、spicy, stuffed lungsということで、肺に何か詰めたやつみたいですね。内臓系充実してます。


f:id:noteindia:20120329004638j:image:w300

牛ひき肉のスープです。

春雨みたいなのが入っています。濃厚なスープ。


f:id:noteindia:20120329004639j:image:w300

牛のシャバレ(shabhaley)60Rs、ピロシキみたいな具が詰まった揚げパンというか、揚げ餃子というか、ミートパイというか。

ボリューム満点です。

ここで興味深いのが、ビーフのシャバレが60Rsなのに対し、マトン、ポーク、チキンのシャバレは120Rsなんですね。ビーフが一番安い!!半額!

ベジのバレ(「シャ」は肉の意味なので、ベジバレになる)もありましたが、ビーフとおなじ60Rs。ビーフ安い。


f:id:noteindia:20120329004637j:image:w300

牛のギャトゥク。中華麺です。

他にテントゥク(チベットのすいとん)もメニューにありました。


f:id:noteindia:20120329004640j:image:w300

ティンモ。(中身なしの蒸しパン)

僕らの食事が終盤に差し掛かったころ、山盛りのこれが向こうのテーブルに運ばれていくのをみました。「絶対うまそう!」すかさず同じ物を注文しました。

うまい・・

もっちりとして小麦の味が、うまい・・

牛のスープにひたして食うと、これまたうまい・・

やはり、美味しいレストランは主食がうまい!

メニューにはなかったので、忘れずに口頭で「ティンモ」を注文しましょう。

この「TeeDeeレストラン」ですが、調べてみるとずいぶん昔から変わらずに営業していることがわかりました。

チベットの碧い風

1993年の旅行記のある意味中心的な場所になっています。当時からチベット人で繁盛しているようです。この物語に出てきている人々は、今どうしているのだろう・・


f:id:noteindia:20120329004641j:image:w300

集落の中にはゴンパもあります。

エスプレッソマシンがあるカフェもあったし、宿も見かけました。チベタン線香やダライラマ猊下の写真などチベットグッズも充実していました。あと、デリーの他では見かけない登山靴がそろったお店もありました。中国からの缶詰やDVDとかもいろいろありました。

チベットの人がここに住んでいる経緯をおもうと、喜ばしいことではないのでしょうが、デリーの他とは異なった空間が広がって、見た目も近しいチベットの人に囲まれていると、なんとなくホッとしました。ちょっとインド世界から退避したいときに訪れるといいかも。ご飯おいしいし。

2012-03-20

[][]アフガニスタン料理店

去年訪れておいしかったラージパトナガルのイラン料理店でランチを食べようと思い、行ってみたけど、気づかず通り過ぎてしまいました。戻りながら、今度は注意深く探してみると、どうも、イラン料理店だった場所は、洗濯機や冷蔵庫を売っている白物家電のお店に変わっていました。残念!

念のため、となりのお店のおじさんに聞いてみると、たしかにここは前はイラーニーレストランだったけど、なくなってしまったよ、イランとかアフガンの料理店ならあっちに何軒かあるよ。っということで、ひとつ向こうの通りにあるとのこと。すっかりと、イラン料理を食べる気分になっていたので、他の選択は考えられず、人に訊きながら探してみることにしました。

道々数人に尋ねると、いずれもあっちの方と即答だったので、地元の人にも知られているようです。しっかりと確認は取れてないですが、イラーニーとアフガーニーのレストランは、地元の人、つまりインド人には同じカテゴリーに入っている様子がありました。

f:id:noteindia:20120320085746j:image:w300

「AfghanDarbarRestaurant」(LajpatNagar)2012年2月

みつけました!でも、なかを覗くと、お店の中の人々(大きくて濃いおじさん達・・)が全員でこちらを見つめてくるという濃ゆいお店・・思わず一旦通り過ぎます・・・。少し先にももう一軒別のアフガンレストランの看板もみかけました。

しかし、あの客層でほぼ満席の様子からいって、絶対に美味しい、または食べる価値があるのは間違いない!食いしん坊スカウターが振り切れて、お腹がぢんぢんします。そこで、ひとまず、カウンターでメニューを見せてもらいながら、店内を観察して、座れそうなら座る、やっぱり無理そうだったら、テイクアウェイを検討してみる、ということで入店しました。

入ってみると、奥には1テーブルぶんだけ座敷になっているところもあって、そこで4人の大柄なおじさんがこちらを見つめながら食事してます。ドキドキ。しかし、よくみると、家族連れもいて、ちょうどそばに空席もありました。着座。

座ってみると、アフガン人(とおもわれる)人々でいっぱいなだけの、普通(?)のレストランです。家族連れの女性陣は、一口ごとにベールをめくって食べているようです(店内の様子を観察するのは、壁側に座った同行者の仕事)。

メニューは、コールマーやプラーオがあり、カラーイーや各種カバーブなどもあって、そのへんのインド料理店と一見変わらない顔ぶれがならんでいます。また、マントゥーなんていうニセ中華っぽいのもあって、ちょっと肩の力が抜けるとともに、ちゃんとアフガン料理が食べられるのか、少し心配になりました。

オーダーを取りにきた人に、コールマーってその辺のインドのとおなじのなの?、スペシャルなおすすめのとかないの?とかいろいろ訊いてみると、コールマーはアフガニースタイルでインドのものとは違うし、おすすめは・・うーん、やっぱりプラーオかな、この一番上のカーブリーウズベーキーてのが具が多くて一番上等だよっと教えてくれました。横目でとなりのテーブルを見ると、大盛りのプラーオはやはり間違いなく旨そうです。

f:id:noteindia:20120320085747j:image:w300

マトンコールマーと、付け合せでついてきたオクラのカレー(?)。

うん!このコールマーはその辺のインドのものとは全く違って、トマトが主体でまろやかなものでした。「その辺のインドのもの」とは、デリーで一般的な、ムガライ系のイスラムなコールマーや、パンジャービーなコールマーをイメージしてます。それらが、スパイスを際立たせて、クリームやヨーグルトをふんだんに使って、「美味しい」を作りあげているのに対して、このアフガンスタイルのは、トマト味にマトンの甘い旨みが絡んでいて、わずかにスパイスが香っているという、大変上品なものでした。あー美味しい。お肉はふわふわでとろけます。

オクラのほうもツルッとサラっとうまいです。

f:id:noteindia:20120320085748j:image:w300

ヤクニームルグ、メニューにはアフガニー伝統のチキンショールバー(スープ)と説明書きがありました。

美味しいチキンスープです。スパイス使いも優しい。スパイスが少ないので、例えば韓国の肉スープを食べているような感じでした。ご飯をひたしてしゃぶしゃぶ食べるとまたうまい。

f:id:noteindia:20120320085749j:image:w300

ヤクニーについてきた、揚げたナスにヨーグルトソースがかかってるやつ。

これは、なんて名前か尋ねてみたけど、バェーガン(茄子)だよ言われたのみで、うまく料理名を訊けませんでした。。しかし、帰ってググってみると、ブラニ・バンジャンというアフガニスタンの定番料理のようでした。ナスがとろっとして、衣にソースが染みていて、うまい!!口の中でとろっと消えていきます。

f:id:noteindia:20120320085750j:image:w300

カーブリーウズベーキー、具だくさんのプラーオです。

赤いのはニンジンで、よくオイルと馴染んでいて、柔らかく甘くなっています。加熱されたレーズンがぷっくりとふくらんでいて、ライスのなかにはマトンが隠れています。塩とスパイスは控えめで、薄味でさっぱり。しかし、オイルをふんだんに使っていて、ジューシーな食べ味です。他の料理もそうでしたが、さらりとしたオイルがたっぷりと使われていて、オイルたっぷりなんだけど、さっぱりしていました。美味しいオリーブオイルをいっぱい使ったイタリアン、オイル系のパスタみたいなイメージです。

f:id:noteindia:20120320085751j:image:w300

アフガンスタイルのナーン。

これも帰ってググったら、オビノン(Obi Non)とかナーネウズベキー(naan-e-uzbeki)とか呼ばれているもののようです。円形で普通のナーンよりも厚く、スタンプで模様がつけられているのが特徴で、クレイオーブン(タンドゥーリー)で焼かれるとのこと。まさにこれ。

そして、このパンが本当にうまかった。表面はぱりっとしてて、中は乾燥しておらず、生地に方向性があり、噛みしめるほどに小麦の旨みと香りがひろがる・・。正直このパンだけで1枚食えそうだった。。ご飯(主食)が美味しいお店にハズレ無し。


プラーオのネーミングや、パンのスタイルから、アフガニスタンでもウズベク系のレストランなんでしょうか。興味深いです。となってくれば、デリー内でも他のアフガン料理店にいけば、また違ったスタイルのものが食べられるのかな(^o^)

あと、マントゥーをニセ中華などと書いてしまったけど、これも調べるとアフガニスタンの定番料理とのこと!次回は是非試してみたいところです。それから、おじさんたちが飲んでいた、緑茶みたいなお茶も気になります。

2012-03-19

[][]デリーでもso good

f:id:noteindia:20120319193424j:image:w300

ケンタッキーは、デリーでも「so good」

デリーでは、オリジナルチキンの他に辛いやつがありますが、辛いやつのほうが圧倒的に人気だという話を聞きました。オリジナルは作りおきがなくて、揚がるのを待たされたりするようです。

オリジナルじゃないと、KFCにいく意味がないんじゃないかな、と僕は思いますが・・