きしだのはてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-05-14(月)

[]環境問題って、何を解決したいかが大切 17:22 環境問題って、何を解決したいかが大切 - きしだのはてな を含むブックマーク

温暖化対策で二酸化炭素を減らしたいのか、ゴミを減らしたいのか、資源の枯渇対策なのか。


ところで、二酸化炭素の増加分って石油燃やしたやつだから、石油が枯渇したら二酸化炭素の増加も止まるんじゃないの?って思うのは浅はか?


[]中東の情勢悪化は環境にやさしい? 02:18 中東の情勢悪化は環境にやさしい? - きしだのはてな を含むブックマーク

石油高騰→消費量減→石油価格安定→変化なし


[]省エネは環境にやさしくない 02:18 省エネは環境にやさしくない - きしだのはてな を含むブックマーク

石油節約→お金余る→石油使って作られた製品買ってウマー

石油節約→価格下落→必要な人はたくさん使えてウマー


結局経済を止めないと環境はよくならないってことになりますよね。

だいたい、ほんとに環境にいい対策というのはある産業の売り上げを落としましょうという話になって、誰も実行できない。環境問題の問題は、「総論賛成、各論反対」で実効性のある対策が取れないことです。

車なんか、「エコカーに乗りましょう」っていうのより「今乗ってる車をもう10年乗りましょう」「新車買わずに中古車に乗りましょう」というのの方が環境にいいんですけど、そんなのでかい声で言える人いないです。

「でかい声で言う」ってのは、要するにテレビCMバンバン流すということですけど、そんなことできませんよね。

java1roujava1rou 2007/05/14 18:14 止まると思います。アメリカ人がバーベキューやめる事(笑)よりもはるかに効果的だと思います。
しかし、
”すでに温暖化で地球環境が激変している”が確定であることが今一番の問題なんだと思います。今も平均気温はとんでもない勢いで上昇しています。よしんばここで増加が止まっても”海面上昇・低気圧凶暴化・内陸乾燥化”はそのままなので全地球的に損害が大きいままと思います。まあ、海が吸収してるのでゆっくりと減ってはくれると思いますが。
なお「石油はあと30年で枯渇する」と言われてもう40年経ちましたがいまだに「あと30年」です。技術の向上と新油田の発見でなかなか枯渇しそうもないですね。あと中国内陸では石炭の使用も多いようです。

長々失礼しました。

gakkiygakkiy 2007/05/14 18:33 石油枯渇する→物価が高騰する→贅沢しなくなる→環境にやさしい
と更に浅はかに考えてみたりする。

あらいあらい 2007/05/15 02:40 んー。「環境危機をあおってはいけない」読みました? ぶあついので、数年かけて、やっと3/4くらい読んだところです。

nowokaynowokay 2007/05/15 05:23 ここを先に読みました。書籍はまだ。
http://www.yasuienv.net/Lomborg1.htm

you1rouyou1rou 2007/05/15 16:37 石油節約→価格暴落→石油会社統合→寡占により価格高騰→更に石油節約?
などと三流未来小説みたいに予測してみたり。

経済を止めるのは無理なので、生産活動に伴う環境負荷を減らす・資源再生を義務化する、としないといけないでしょう。無分別な人類の活動を放置すれば、水産資源の枯渇(トロール漁法)、森林の消滅→水資源の消滅→水産資源の消滅(古代文明の衰退)などの実例に至るわけで。

>そんなのでかい声で言える人いないです。
これは時間をかけるしかないですね。方針はともかく環境問題がこれほど話題になるだけでもン十年かかってますからねぇ・・・。

2007-05-09(水)

[]使い捨て紙コップはマグカップより環境にやさしいかもしれない 06:11 使い捨て紙コップはマグカップより環境にやさしいかもしれない - きしだのはてな を含むブックマーク

紙コップは低コストでエネルギーをそれほど使わずに作ることができる一方で、マグカップは製造に高い熱が必要で、つまりはエネルギーが必要になるので、ちゃんと長い間使わないと環境にやさしくないという話。

no title


いま、ゴミを減らすために水筒を持ち歩いてお茶屋さんでお茶を入れてもらうというサービスが始まっているらしいのですが、わざわざ水筒を買って1年もせずに飽きて使わなくなるくらいなら、ペットボトルの方が環境にやさしい。

ペットボトルは仕事中に飲んで事業ゴミとして捨てれば、ちゃんと燃やしてくれるから環境にもいい。


乱暴な言い方をすれば、モノの値段は作るときの材料と燃料に比例するから、お金がかかるものほど環境にやさしくない。安く作れてよく燃えるモノのほうが、環境にやさしい。

だから、「太陽電池はコストが問題」というのは、作るのに省エネ分以上のエネルギーが必要ということをあらわしてたりする。プリウスも、普通の車より高いということは普通の車よりも作るのにエネルギーや材料が必要になってるということになる。


[]プリウス太陽電池は製造時の環境コストを回収できる? 14:06 プリウスや太陽電池は製造時の環境コストを回収できる? - きしだのはてな を含むブックマーク

プリウスは、トヨタによると普通のガソリン車に比べて製造時でも環境負荷が小さいらしい。

toyota.jp プリウス > 環境仕様


で、はっきりいってそんなことありえないので、なんかおかしいと思ったら、ハイブリッド関連が計算に含まれていないとか。Assyでデンソーあたりから購入してるから含めてないとかかな。それが本当だとしたら、かなり意味ない。

とりあえず、どこかのブログには2万キロ走ったらトントン、ということが書いてあった。

トヨタ・プリウス - Wikipedia

追記:プリウスのサイトのグラフはLCAだから走行時も入ってますね。製造時は確かにガソリン車より負荷が高い


khwarizmiさんの書かれてる、太陽電池がペイするのに2.4年というのは川崎重工のサイトにもありました。

太陽光発電システム(ソーラー発電システム)のよくある質問


でも、一方でこんな指摘も。

従って、上記のようにペイバックタイムは20年以上となる。しかし一般的に報道などされる例では2、3年となっているが、それは「作るときのエネルギー」をかなり限定しているか、あるいは高額な補助金をもらった例を示している場合が多い。

404 Not Found

まあ環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks)という本を書かれてる武田先生のとこなので、数字は極端に計算してるかも。でも「太陽電池に甘く計算」ということだけど。一応、割り引いて考えたほうがよさそう。


飛行機で読んでた環境の本というのは、この「環境問題は〜」で、すごく面白かったのですが、計算して出したという数値はちょっと突っ込みどころあるなという感じでした。

別の本ですが、こういう突っ込みされてます。

404 Not Found


環境に関しては、企業や自治体のいうことはとりあえず信用できないし、そこに突っ込んでる読み易い文章は極端だし、なかなか難しいです。

ふじたふじた 2007/05/09 11:00 リンク先見たけど、陶器やプラスチックカップの1回あたりエネルギーが使用回数が増えたときにだいたい0.2MJあたりに漸近してるのが謎データ。1回使うごとになにか0.2MJぐらいのエネルギーが毎回消費されてるっていう、その0.2MJは何のエネルギーなんだろう。

khwarizmikhwarizmi 2007/05/09 11:53 ”foam”とあるし洗浄では?.水道を造るエネルギー+洗剤を作るエネルギー+お湯で洗ったとすればそのエネルギー.
太陽電池はエネルギーだけ考えれば数年程度で回収できるはずですが.(シャープ曰く2.4年)

通りすがり通りすがり 2007/05/09 14:03 ゴミの処理及び回収のコストも考えると、ものが分散するのはありがたく無い。ましてやペットボトルが事業ゴミとしてきちんと分別して捨ててくれることを期待するのは現実的では無いな。

nowokaynowokay 2007/05/09 14:07 事業ゴミは、分別せずに燃やしてくれることを期待してますよ。

ふじたふじた 2007/05/09 15:14 いやいや、foamは発泡スチロール製の使い捨てカップです。だからNumber of usesによらず一定なんだと思います。ちなみにpaperとある紙コップとの比較だと3〜40回で陶器のカップのほうが上回るようですね。

あらいあらい 2007/05/09 15:31 リンク先のトヨタのを見たけど、「全段階で」というのは「全段階の総計で」という意味だと思います(たぶん)。下のグラフをみると製造コストはプリウスのほうが高くなってるので。なんかわかりにくいけど。

ふじたふじた 2007/05/09 15:35 http://www.ilea.org/lcas/hocking1994.html
の論文みたいなの見たら食器洗い機が1カップを1回洗うのに0.18MJ使うんでそのエネルギーなんだそうです。食洗機でコップ1つ洗うのと発泡スチロールコップ1つ作るのではほとんど同じぐらいのエネルギー消費ってことなんですね。ただし使い捨てコップの梱包とか流通とかゴミの運搬とか焼却とかそういうのは考えない場合のハナシで。
とりあえず自分ちで発泡スチロールコップを使うのはやめとくよ。食洗機ないし。

通りすがり2通りすがり2 2007/05/09 15:59 効率よく燃やすためには分別が必要なのだが。と思ったが、ゴミを燃やしてエネルギーを回収する話には本文では言及はしていなかったな。すまそ。

nowokaynowokay 2007/05/09 22:43 燃やして発電という話ですかね。今回は生ゴミにペットボトルを混ぜると燃えやすくなっていいという感じ書いてます。

c9katayamac9katayama 2007/05/10 01:21 以前武田先生の講義をうけたことがありますが、森を7等分して1年おきに1/7づつ伐採ー>植林するサイクルを繰り返して、作った紙は全部燃やすのが一番地球に優しい、とおっしゃっていました。

nowokaynowokay 2007/05/10 01:28 バイオエタノールが、燃やしても元々大気にあった二酸化炭素を再び放出するだけだっていうのと同じですね。
二酸化炭素→森林→紙→二酸化炭素
というサイクルを作るということですね。

たたらたたら 2007/05/10 14:06 はじめまして。お金とエネルギーの事でちょっと興味がありましたので、コメントさせていただきます。
太陽エネルギーが元でお金が増えるというのはそのとおりだなと思いました。
お金が増えるのは、長期保存ができるからというのもあるかと思いました。
エネルギーを長期間保存するのは不可能だと思いますので。
エネルギーを元に作った食物などはいずれ腐って食べられなくなりますが、
売買してお金にすれば長期間価値が維持できます。
人も死ねば土に返りますが、お金は相続されます。
あと、金利があるので資産運用によってお金は実際の額以上に流通し倍増します。
エネルギーは保存の法則があるのでどこかで減ればどこかで増えます。必ずバランスが保たれるはずです。
しかしお金は増え続け、いずれ破綻し世界恐慌がおきます。ある意味そこでバランスが保たれるのでエネルギーと同じかもしれません。

nowokaynowokay 2007/05/10 14:43 お金が長期保存できるかどうかというのは微妙ですね。
運用をして動かさないと減ってしまう可能性があります。銀行預金は運用によって金利をかせぎますね。その金利もエネルギーをもとにした活動によるものです。
お金が増えるのは、地球が閉じた系ではなく、外側から太陽エネルギーが入ってくるからということになります。もし、太陽にえげつない人がすんでて地球人は太陽人に太陽税を払わないといけないとすると、地球の経済の発展はなくなるでしょうね。で、太陽系は外から目だったエネルギーを得ないので、太陽系全体の資産は増えないということに。

たたらたたら 2007/05/11 13:06 なるほど。宇宙的マクロな視点にたつとそういった見方もできて面白いですね。宇宙的な視点にたつと人間社会なんて、我々からみたミジンコの活動と変わらないかもしれないですね。ミジンコは餌をエネルギーにせわしなく活動していますが、人間もお金をエネルギーにせわしなく働くのでしょうか。
金利も少なからずエネルギーを必要としますが、問題はバランスが取れていないことにあります。お金の価値は人が決めるので、エネルギーの対価として妥当ではない事が多くあるのではないでしょうか。金利はそのお金をさらに貸し借り・売買することで発生します。金利を決めるのも人間です。
人間はいつのまにかエネルギーの価値とお金の価値を同列に見ていますが、はたして同列でしょうか。お金の価値は本来の物々交換の対価としてだけではなく、無限に増えるエネルギーのようになってしまっています。無限に増えたエネルギーの行きつく先は、ビッグバンでしょうか。
そういう意味でも、お金とエネルギーの類似性は面白いですね。

atomoharuatomoharu 2007/05/11 20:24 僕は8年半プリウスに乗って、95,000kmくらい走ってますが、はっきりいって元が取れてるとは思いません。気に入っているんでいいんですけど。

nowokaynowokay 2007/05/12 00:46 初代ですか?だとすると、現行型よりもかなり効率悪いでしょうね。エアコンはエンジン駆動なんですよね。

atomoharuatomoharu 2007/05/13 02:15 そう、初代です。エアコンはエンジン駆動ですね。ちなみに燃費は、だいたい16km/l くらいですね。こちらの冬だともっと悪いです。