きしだのはてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-10-01(土)

[]NetBeans 5.0platform採用 21:36 NetBeans 5.0platform採用 - きしだのはてな を含むブックマーク

まだ先の話だけど、次の仕事でNetBeans 5.0Platformを採用することになった。

というか、NBP使っていいなら引き受けるという感じで。

まだベータだけどリリース時には正式版が出てるはずだし、画面構成とかはNBPありきで考えれるし。

日本語の資料がないっていっても、結局日本語の資料かくのって今のとこ自分しかいないわけで。

副産物でツールとかプラグインとか作れそう。


まだ先の話で、目先のことを片付けていかないといけないんだけど。

いま、まさに「噴出」って感じで、なんも回らない状態。

メール返事おくれててすみません・・・


そう、次の仕事で一番うれしいのは、作業場所確保してもらえるってことですよ。

これで作業さしてくれ〜って某所に押しかけることはなくなります。

よっぱらって襲撃することがなくなることを保証するものではありません。でもあれはどっちかというともう一人の酔っ払いの功績だから。

2005-09-08(木)

[]なかなか日の目をみないアレ 04:57 なかなか日の目をみないアレ - きしだのはてな を含むブックマーク

もう、ずっと長いこと作業してるにもかかわらず、なかなか日の目をみないアレ、最近また空き時間がどんどんどんどん吸い取られるようになりました。

なわけで、フィジカルの答え合わせとか、できてません。

すんません。

元々、アレが終わってからフィジカルって言ってたわけだしとか、言い訳したりして。

もうね、最初の話が来てから3年が経とうかとしてるわけですよ。えぇ。

もう早いとこ仕上げて日の当たるところに出さないと。

2005-07-20(水)

[]NetBeansがリリースされるイコール 20:14 NetBeansがリリースされるイコール - きしだのはてな を含むブックマーク

仕事が増える・・・

もう一週間遅らせてほしいなぁ。

2005-07-02(土)

[]追っ手から逃れるシステム 02:12 追っ手から逃れるシステム - きしだのはてな を含むブックマーク

小さい簡単なシステムでも、工夫次第で追っ手から逃れることができるという良い例が目の前にある。

とりあえず、手法として取り入れやすいものをあげておこう。

ドキュメントは残さない
基本です。手がかりを与えてはいけません。
ドキュメントにうそを混ぜる
契約上ドキュメントを作らざるを得ない場合、実際とは違う記述を織り交ぜておきましょう。その場合でも、全体像がわかるようなドキュメントは書かないこと。
単純な処理でもテンプレートメソッドパターンなどを使って複数のクラスに分散させる
複数のクラスを見る必要があるため見通しがわるくなり追っ手から逃げやすくなる。さらに、一部の変更がどこに影響があるかわかりにくくなるため、変更も行いにくくするという効果がある。
ちょっとした処理は15行ルールの名の下、メソッドを分割する
このとき別のクラスにメソッドを置くようにすると、さらに効果的。上から下に順に読めばいいようにしてしまうと、すぐに把握されて修正変更やりやすくなってしまう。ただし、センスがないと逆に見やすく追いやすくなってしまう。
似たようなパッケージを複数作って似たような処理を分散させる
ある処理がどのパッケージのどのクラスに書かれているかわかりにくくすることで追っての目をくらますことができる。
データベースの機能は使わない
シーケンスや制約などのデータベースの機能を使わず、名前の一致でデータを関連させたり、プログラム中で連番を振ったりすることで、データ構造が把握されてしまうことを防ぐことができます。
区分などはコード中に持たせる
区分コードの意味を把握しづらくして、データの種類が把握されてしまうことを防ぎます。定数を定義する場合は、なるべくその定数を使わないことでいっそう追っ手の追及から逃れやすくなります。
手法は複数組み合わせると効果が大きい
これらの手法を組み合わせることによって、「なんとなく関係ありそうなところをいじったら修正ができた」とか「なんとなく追ってたら全体が把握できた」などという甘ったれた姿勢のプログラマを遠ざけることができます。ソースコードのすべてを一字一句読まなければ変更できないようにすることで、システムに精通した強いプログラマにしかさわれないようにするのです。こうしてシステムを変更や修正から守ることができます。あなたが作ったオリジナルのプログラムが保ち続けられるのです。

こういう工夫を自然にやれるところにセンスを感じます。泣きそう。