カホルのお役に立てば日記

2017-12-15 コンビニ人間

村田彩椰香さんの第155回芥川賞受賞作。

36歳で結婚も就職もしていない恵子の物語。恵子は大学を卒業して以来 ずっとコンビニのアルバイトをしている。そこでの仕事はとても優秀だ。ある日バイトとしてやってきた白羽と出会い、ふとしたきっかけから恵子は白羽を アパートで「飼う」こととなった(恋愛感情を伴った同棲などとは程遠い)。

恵子の物の考え方や行動は他人から見たら変化もしれないが、コンビニでの仕事を社員以上に立派にこなし、本人もコンビニには自分の居場所があるっことを実感しているのだから 他人がとやかく言うことはないと思う。しかし、恵子は 周りからあれやこれや言われたくないために 白羽を飼い、白羽の言うがままに一度はコンビニの仕事を辞めてしまう。しかし、その後 自分が自分居られる場所は やはりコンビニしかないと気づく。

世間体に惑わされず 自分の行きたい方法を見出した恵子。他人からどう見られようととても幸せな人だと思った。

健幸堂のホームページ

http://www.kenko7.com/

コンビニ人間

コンビニ人間