カホルのお役に立てば日記

2017-12-16 火花

お笑い芸人の又吉直樹さんの書いた 第153回芥川賞受賞作品。芸人がとった受賞作ということで話題になった本。

新人芸人の徳永が 神谷という新人芸人に心酔してつきあい始める。居酒屋で繰り広げられる神谷の”芸人論”がやたらと理屈っぽくて そんな場面が何度も出てくるので だんだん飽きてきた。又吉さんは 小説を通じて若者の夢と挫折だとか 現実の厳しさなどを表現したかったと思うが 残念ながら私はその世界に没頭することが出来なかった。

又吉さんは自分が所属するお笑いのせかいを描いて いきなり芥川賞をとってものの その後エッセイは別として小説は発表していない。2作目以降の主題選びに苦労なさっているのだろうか?

健幸堂のホームページ

http://www.kenko7.com/

火花

火花