カホルのお役に立てば日記

2018-06-07 和菓子のアン

坂木司さんの小説。

自分ではなんのとりえもないと思っているアンちゃんが デパ地下の和菓子屋で バイトを始めて成長する姿が面白い。そして、この小説を読んで 洋菓子と比べて地味な存在の和菓子が とても奥深く 味のあるものだと感じる。

ミステリー仕立てのお話となっているが、ミステリーの苦手な私にも 殺人や事件などの暗い話が一切書かれていないので 最後まで楽しく読めた。

健幸堂のホームページ

http://www.kenko7.com/

和菓子のアン (光文社文庫)

和菓子のアン (光文社文庫)