カホルのお役に立てば日記

2018-03-22 Educated

Tara Westoverという女性の回想記。

モルモン原理主義に染まった父のもとで  父の仕事である スクラップから鉄屑などを集める仕事を手伝って暮らしている。父は 「連邦政府の世話にはならない」と言って 彼女を学校にも行かせず 医者に連れてゆくこともない。怪我をしたりや病気になったら ハーバリストの母の 薬草療法に頼っていた。友達も無く、家族が彼女のすべての世界だった。

そんな彼女があるきっかけから 高校→地元の大学→イギリスのケンブリッジ大学ハーバード大学へと 進学し 新しい世界と対面することとなる。一見すると 素晴らしいサクセスストーリーに見える。しかし、Taraが 描きたかったことは 成功談では なかったようだ。学問を身に着け 洗練された女性になったかにみえるTaraは 偉大な父を裏切っているという気持ちに悩まされる。父や家族から どんな理不尽な仕打ちを受けても、「私の受け止め方が間違っているのだ」と心を偽り苦しむ。最後には精神が分裂したかのようになって学業に手がつかなくなってしまった。この辺の心の葛藤は 読んでいて 可愛そうで胸が一杯になる。

人は どんな父や母や家族でも その「愛」を信じたいのだと思う。そんな当たり前のことを 再認識した読書だった。

Educated: A Memoir

Educated: A Memoir


健幸堂のホームページ

http://www.kenko7.com/