Hatena::ブログ(Diary)

npalの日記

2016-03-17

情報処理学会全国大会(3/10〜3/12)


3/10〜3/12に慶應義塾大学矢上キャンパスで開催された情報処理学会第78回全国大会に参加してきました。

f:id:npal_shared:20160317173415j:image:w320
開催された慶應義塾大学矢上キャンパス……の近くの日吉キャンパス

NPALからはB4が5名、M1が1名の計6名が、3つセッションで発表してきました。
学会参加・学会発表が初めての学生(私もですが)もおり、いい刺激になったと感じています。

f:id:npal_shared:20160310134628j:image:w320

f:id:npal_shared:20160310141434j:image:w320
発表の様子

参加したセッションの中には、素晴らしい発表もあり、多くの知見を増やすことができたと思います。

また、B4宮本、B4松村、M1松川が学生奨励賞をいただき、NPALメンバーが参加した3セッション全てで賞を取ることができました!
これを原動力に来年も頑張っていきたいと思います。


発表終了後は、参加したメンバーで横浜家系ラーメンを食べに行きました。

f:id:npal_shared:20160310161217j:image:w320

つくばにある家系ラーメンも美味しいですが、本場の家系ラーメンもとても美味しかったです。

(B4菊池)

2014-12-02

日本図学会 2014年度秋季大会 11/29-30 (山本)

東京藝術大学で開催された日本図学会2014年度秋季大会に参加しました.
NPALからの参加者は,三谷,鶴田,山本,加瀬,細田です.


今回は,三谷先生が作品展示をおこない,私を含めた学生3名が口頭発表を行いました.
f:id:npal_shared:20141130113451j:image
普段,図形を対象にした情報分野の研究を行う我々ですが,本大会では,教育等の別の視点から図形を見る先生も多く,我々の研究の活かす先の幅が広がったようにも感じました.


また,懇親会では,参加者同士が和気藹々と話していたのが印象的です.
f:id:npal_shared:20141129184233j:image
1日目の終わりに開催され,学生の口頭発表が2日目であったため,自身の研究をきっかけに話しかけるのは難しかったですが,それでも,団欒を楽しむことができました.


次回の春季大会も楽しみです.
f:id:npal_shared:20141130154117j:image

(M2 山本)

2014-10-16

Pacific Graphics 2014 参加報告@韓国 10/8-10 (飯塚)

韓国のソウルで開催されたPacific Graphics 2014に参加しました。

やっぱり韓国は近いですね。飛行機で2時間ちょっと、空港からホテルまで地下鉄で15分くらいでした。ホテルの地下にはレストランやスーパーマーケットがありとても便利でした。ただ会場までは意外と遠く、乗り換えも含め地下鉄で20分くらいかかりました。

会場のEwha Womans University (梨花女子大学)は世界最大規模の女子大学らしいです。広くて人が多かったです。大学の前にはたくさんの屋台が出ていて、いろいろな食べ物を売っていました。

f:id:npal_shared:20141009123838j:image


口頭発表が行われた会場は大学内のLG Convention Hallという大きめのホールでした。9セッションの口頭発表を3日間で行い、2日目にはポスター発表もありました。プログラムはこちら。いろいろ面白い研究があるのでぜひチェックしてみてください。

f:id:npal_shared:20141009124214j:image


僕は最終日に”Efficient Depth Propagation for Constructing a Layered Depth Image from a Single Image”というタイトルで発表しました。一つ質問に答えて無事発表は終了。

f:id:npal_shared:20141010113019j:image


食事とか街並みとか
食事は予想通り辛いものが多かったです。かつ丼にまで辛味ソースがついていたのにはちょっと驚きました。キムチもしっかりついていました。下の写真はしゃぶしゃぶ付きのビュッフェ。

f:id:npal_shared:20141010125538j:image


街の雰囲気はやっぱり日本と似ているのかなという印象です。日本語も英語も通じないときがけっこうありましたが、身ぶり手ぶりで意外となんとかなるものですね。いい経験になりました。


そんなわけで、特にトラブルもなく無事に参加してくることができました。久しぶりの海外でしたが、いろいろ発見もありとても充実した時間を過ごせました。

2014-09-05

6OSME@Tokyo 8/10-13

更新が遅くなりましたが
東京で開催された6OSME(折紙の国際会議)に、NPALから三谷、鶴田、河野、Hugo、王、唐、加瀬の7人が参加しました。

f:id:npal_shared:20140813134232j:image:w360
すみません。三谷先生がいないときに集合写真を撮ってしまいました...。

会場は主に東京大学本郷キャンパスの弥生講堂でした。
講堂内は木造でありながら近代的な建物で雰囲気がとても良かったです。
f:id:npal_shared:20140812154210j:image:w360

発表のメイン会場は100人以上が入れるような規模でした。
f:id:npal_shared:20140905151251j:image:w360

研究発表の内容は折紙の国際会議ということで多くは折紙に関する事だったのですが、それぞれのバックグラウンドが数学、工学、芸術、情報など多岐にわたっていて、折紙というキーワードだけでも様々な研究・考えがあることがわかりとても刺激的でした。

最後に余談ですが、赤門の目の前にある安庵というラーメン屋さんに行ってきました。
そこの看板商品がみどりラーメンといって、ミドリムシが入ったラーメンで、早速そのラーメンとみどりましを注文してみました。

f:id:npal_shared:20140813124834j:image:w360
ラーメンの中に7億匹、レンゲの中に10億匹のミドリムシさんがいるそうです。美味しくいただきました!

(加瀬)

2014-08-14

ICGG2014@Innsbruck 8/4-8/8

オーストリアのインスブルックで開催されたICGG2014に参加しました。

飛行機はフランクフルト(ドイツ)まで12時間、インスブルックまで1時間ぐらいです。
ルフトハンザドイツ航空とANAの共同運航のようでわりと快適でした。

会場
会場はUniversity Innsbruckの古い建物でしたが、非常に綺麗でした。
5セッションが並列で間のコーヒブレイクが妙に長くゆったりしてました。
部屋は大ホール1、階段部屋1、大教室1、小教室2で、一番小さい部屋(容積30人ぐらい)で発表しました。

f:id:npal_shared:20140808192510j:image:w360
キーノートスピーチがあった大ホール

f:id:npal_shared:20140808154342j:image:w360
発表の様子

研究
キーノートスピーカの一人はGrasshopper(Rhinoceros用モデリングツール)の開発に係る方で、
遺伝的アルゴリズムによって幾何的な問題を解く、という話でした。
かなり面白かった発表の一つです。
他には、

  • Barej et al., Design and Application Studies for a Cupola Forming Orbital Arrangement of Miura-Ori Basic Units
  • Misic et al., Composite Concave Cupolae as Geometric and Architectural Forms

このあたりが折り紙とか多面体に関連していて面白かったです。
他は図学CAD教育、建築、種々の曲面についての研究といった感じです。


インスブルックの街は大きくなく、また山に囲まれています。
デカい神戸という感じ。
建築物は有名なものがいくつかあり、Zaha Hadidのデザインした駅や展望台を見てきました。
可展面による自由曲面設計などの論文によく登場するので、生で見れて良かったです。

f:id:npal_shared:20140804185154j:image:w360
山頂へ向かうモノレール(?)の駅(建築の人からみると繋ぎ目がいい加減らしい。実際そうだった)


食事
ごはんは割愛します。
じゃがいもとハムとチーズでした。以上。(まずくはない)


おわりに
今回は一人で参加したため、わりと自分から行動できたと思います。
昼食の時間には、列の前後に並んでいたEva Wohllebenさんと1:1で話す機会もありました。
偶然ですが同じような多面体の研究をしていたので、わりと楽しく話せました。
(以前にサーベイした論文の中にWohllenbenさんの名前があるのを後で気づきました。)

ただ、休憩時間やディナーでは、大阪大学の阿部先生と安福先生、および研究室の学生さんにお世話になりました。
また山口泰先生には日本からの参加者で集まる機会を設けていただきました。山口研の学生卒業生のみなさんともお話できました。
学会の運営に携わる先生方には自分の発表を聴講していただけたので、教室が寂しくならず助かりました。
オーガナイザのHans-Peterさんの奥様が日本人で、この方にもお世話になりました。
どうもありがとうございます!