Hatena::ブログ(Diary)

npalの日記

2014-11-03

CS専攻 ICT国際交流ワークショップ2014 11/1-11/2

ICT国際交流ワークショップは、北京航空航天大学と浙江大学の教員や生徒を招聘して開かれる、研究発表会です。NPALからは飯塚と鶴田が参加しました。

発表の形式は口頭発表とポスターに分かれ、飯塚は「デプスの伝播手法」について口頭発表で、鶴田は「ランダムな折り紙提示システム」について両方で発表を行いました。プログラムこちら
他の研究テーマはビッグデータに関するものが多く、やや分野の違う人が多かった印象です。

ポスター発表はレセプションと同時だったため、食事を取りながらの賑やかな雰囲気でした。
とりわけ、鶴田の発表したセッションで議長を務めていた、北京航空航天大学のWenjun Wu氏には強く興味を持っていただき、たくさんお話ができました。

f:id:npal_shared:20141101191124j:image:w640

2日目は招聘した皆様の研究室見学ツアーがあり、NPALではファブリケーションや折り紙関係の研究を中心に紹介しました。
分野は違っても、やはり3Dプリンタには興味を持っている人が多いようです。価格や製作時間、動作音の大きさまで質問されました。
(対応に追われて写真撮り忘れました。。。)

発表の結果としてはポスター発表賞をいただきました!ありがとうございます!!

2012-10-06

ICTプロジェクト最終成果報告会@雙峰祭

雙峰祭の1日目に合わせて、ICTソリューション型研究開発プロジェクトの最終成果報告会が開かれました。
発表タイトルは「合同な正三角形で構成される立体の生成手法」です。学園祭期間ということでほとんど一般の方は来ませんでした。

前日ギリギリまで資料まとめに追われていましたが、それなりに受けは良かったという感触です。
名前を伺うのを忘れてしまったのですが、とても興味を持っていただいた方もいて
プログラミング・シンポジウム」での発表を薦めていただきました。(締切過ぎてるけど大丈夫です、とか笑)
日程的に辛いので今回は見送りますが、内容は何でも良さそうなので(この研究に限らず)今後投稿を検討したいと思います。

今年からプロジェクトの期間が短くなっており、他のプロジェクトの方も実装が途中だったりといったのがちらほらありました。
実質4ヶ月ちょいのプロジェクトですので、もう少し小さなテーマでも良かったかなと思います。
作業分担の具合やプロジェクトの管理も課題が残るので、次回以降やるときは気をつけたいところです。


鶴田

2012-07-30

ICTプロジェクト中間報告@筑波大学情報科学類説明会

筑波大学情報学類が開催している夏の大学説明会にて、展示の一環としてICTソリューション型研究開発プロジェクトの中間報告会が開かれました。
発表タイトルは「合同な正三角形で構成される立体の生成手法」です。高校生向けの説明会ということもあって反応は薄めでしたが、それでもいくつかの画像・映像には興味を持ってもらえたと思います。

f:id:npal_shared:20120730174957j:image:w300
f:id:npal_shared:20120730174955j:image:h300

(鶴田)