NPOこだま職員リレーブログ

2017-12-16

21:10

今日も月1のバスに乗って体育館へ!

みんなとフットサルの試合する様子を

いつも楽しそうに見る利用者さん〜

試合までの辿りつくには

ランニング、ストレッチ、サーキット

中々苦手ものには逃げ出したり

うまく誘導できなかったり

先生の上手い声かけ見ながら真似にしてみるものの中々上手くいかないそんな月1のフットサル


だけど今日は…苦手なランニングから

みんなの走る中で最初から走れた!

おぉーー!!

途中先生も一緒になり走ったり

みんなとのコミュニケーションを楽しんでいる♪

次はストレッチ…

終始体育館からでることなくできた…!!

(試合までもう少しー!)

次はサーキット!!!

準備も一緒にできて

みんなと一緒に最後まで…できたーー!!

ヘルプに入るようになって全部通して

参加できるのは初めてでした!

参加できても途中集中力が切れて

逃げ出したりもあったのに…今日は…( ;∀;)

最後に、試合ではにっこにっこ!

楽しそうな表情で過ごされました…♪

月1のフットサルに上手く支援できず

にいた数ヶ月…

を忘れさせるほど一緒に楽しく体を動かすことができた1日でした〜♪

ヘルプ後…今日はこの嬉しかった出来事をブログにを書くぞ!

と決めていた前回イエローカード…常峰でしたm(*_ _)m!

2017-12-15

笑ってね 23:22


なんとかなる

なるようになる

なんとでもなる


少し前に

テレビで武田製鉄所の

社長さん(?)が言っていた



たしかに

長い人生には

いろいろな事があったけど

そうだった



なんとかなったし

なるようになった

一生懸命やって

なんとでもなった


今自分の出来る事を

一生懸命やるだけだ

一生懸命やった結果は

必ず

自分自身の成長がある



辛い時や

悲しい時は

思い出そう

と思う言葉だった



出来れば笑って

笑って毎日過ごせたなら

周りも自分も

幸せになれるから



みんなが

そうでありますように。


伊藤

2017-12-14

師走です 21:48

 早いものでもう12月も半分終わります。

私たち大人は何かとバタバタ忙しく

忙しない時です。


そんな大人とは違って子供にはウキウキ

楽しい時期のようです。

私の家でも先日、クリスマスツリーが

飾られました。


飾りつけをする時は楽しそうに鼻歌を

歌いながら上から下までキレイに

飾ってくれました。


そして、新聞の広告でもオモチャの

沢山載ってる広告がはいってきます。

その広告を大事に自分の秘密基地

しまっては時々取り出してきて

『これ欲しいな〜ぁ』『これもいいな〜ぁ』

『早く欲しいな〜ぁ』『我慢できない〜』

と一人言をいいながら眺めています。


とっても楽しそうで目がキラキラと

輝いています。今はまだサンタさんを

信じているので、『サンタさんが〜…』

と言うと『オレ、もう寝るね』と

すぐに寝てくれます。


ご飯を食べるのも保育所へ行く

準備をするのもとっても早いです。

『サンタさん』は魔法の言葉ですね!


大人にも楽しい魔法の言葉があれば

いいのにな〜ぁ…。

あと半月の内にやらなければいけない

事など沢山あるから頑張らないとですね。


とは言え、セカセカしていると『ヒヤリ』

とする事に遭遇しかねません。

何かと時間には余裕をもって取り組んで

いきたいと思います。

今日も生活介護の前の道路で車同士の

事故がありました。

師走は事故が多くなりますので

皆さんも気を付けて下さいね。   山岡

2017-12-13 時間の過ぎるのは早いもので。

時間が過ぎるのは早いもので、もう12月も中旬になった。

先日、せいかつ1の職員作業室の整理整頓を行った。

クロモジ茶づくりをするにあたって、

荷物も増えてきて、なかなかキレイに収納ができていない

という状態が続いていた。

どうしたら利用者の方も見てわかりやすく、動きがとりやすいか、

動線などを考えて、みんなで意見を出し合いながら

片付けは進んでいった。

一人でやるのではなく、職員同士で共通の想いを持ちながら

とりくむことができたのがうれしいことだった。

1からのスタートだったお茶づくりにとりくませてもらって、

関わらせてもらって、なんとか販売までの流れが出来てきた。

そこにずっと携わることができたことをうれしく思う。

もっと楽しみながら、達成感を味わいながら、

みんなでお茶づくりを頑張っていきたいと思います。


こだまクロモジ茶、絶賛発売中です♪

                                 野津

2017-12-12 笑顔でみおくる

『なんとめでたいご臨終』小笠原文雄著 小学館

母が、孫と一緒に本屋に言った際に、久しぶりに本を買った。

その母が、読み終わったと貸してくれた。

在宅医療にて、看取りをしてきたお医者さんが

そこで体験したエピソードがつづられている。

いわゆるターミナルケア、終末期医療というと

お別れが近づいていることを実感していく時期ということもあり、

誰もが悲観的になりやすい。

でも、この本には、

家族がみとったあと、ご遺体を囲み親族が笑顔でピースをして

写真をとったり、笑顔ですごした最後の数日が語られている。

本の中で、QOL(生活の質)でなく

QOD(死の方の質)という言葉を初めて知った。

最後まで、本人が望む生活をし

見送る家族も、お別れの日までのこころがまえや対応について

しるためのガイドも掲載されていた。

そうすることで、後悔のない旅立ちをする、見守ることが大切なのだと

この本をよむととても思い知らされた。

だから、別れの涙はあるものの、笑顔でいられるんだと教えられた。

それに寄り添うかたちで、在宅の看取りケアを続けている著者。

1人の人間としての尊厳を最後まで保つ関わりをしていることに他ならない。

川上

2017-12-11 想い

最近ヤフーニュースに

『私たちの宝物 障がいの子67人、親が写真公開』

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000045-mai-soci

という見出しの記事があり

開いて読んだ。

自閉症の息子を持つ新聞記者

息子にあてた想いが書かれてあった。

お父さんの想いが凝縮されているような文章だった。


これを見た時

初めて送迎に行ったときに

息子を想うお母さんの愛情を感じたことを思い出した。


自分たちの支援は

親御さんたちの想いがあるんだよ

それを忘れてはいけないよ

と忠告されたようだった。


田崎

明日は川上さんです

2017-12-10 僕が理想とするヘルパー

僕が理想とするヘルパーは、


その人の不安がわかる人


その人の恐怖がわかる人


その人の願いがわかる人


その人の願いを叶える人


その人を笑顔にさせる人


でも・・・・・


いつも笑顔でいられない人もいる。どんなに笑顔になろうと努力をしてもなれない人がいる


なぜなら、それ以上に自分の力では到底解決出来ないであろう不安と恐怖で

押しつぶされようとしているのだから・・・・。

そのような状況に置かれている人の願いに対して

「気持ちはわかりますが、あなたの将来を案じるとやめた方が良いですね。」と

一縷の望みにかけた相手に対して何度も何度もNOと伝える事が支援者側の正義だと言えるのでしょうか?


怒ってもいい!くやし涙を流してもいい!心の底から叫んで自分を取り戻すんだ!と

その人の負の感情を受け止められるヘルパーでいたい。どのような場面でも共感できるヘルパーでいたい。


でも最後の最後には、気がついてほしい。

「世の中捨てたもんじゃないよ。信頼出来る人ってこの世の中に存在するんだ!だからこそ、もっともっと生きたい。

 生きるって楽しい♡」


と最後にはその人に希望と笑顔を与えられるヘルパーであり続けたい。

こだま」では、その願いが実現できる最適な環境が整っている。


あとは、自分自身の問題。自分ならできる。きっとね・・・。

敢えて宣言します。強く優しい気持ちで・・・

                                                渡部でした。

                                                次は田崎さんです。

2017-12-09 一人一人が自覚と責任をもつこと

何年か前に受けた研修で

印象に残っている話がある。


淡路震災で交通が麻痺

公共交通機関を利用する人の

長者の列ができていた。

その中の人が、

「バスに乗るのに1時間も待った」と

話したのに対し、

障がい者の方が

「1時間待って乗れるならまだいい。

僕たちは何年待っても乗れない」と

話されたそうだ。

当時、障がい者の方が

バスに乗りたい旨を伝えても

「自分で乗れないなら

乗らなくていいです」と言われるのが

障がい者に対する

当たり前の対応だったようです。



先日から、バスや電車を使って

車いすの方たちと

お出掛けする機会があった。

都度、運転手さんや駅員さんが

スロープを設置して

丁寧に案内してくれた。

淡路震災での出来事があってから

ずいぶんと障がい者の尊厳や権利が

保障されるようになったのだと思った。


この1週間は、

色々と振り返りながら

これからについて考えさせられた

障害者週間」(12/3-12/9)だった。

人ごとではなく

国民一人一人が

それぞれの役割と責任を自覚して

主体的に取り組んでいかないと

いけないですね。

ね!渡部さん。

2017-12-08 まつぼっくり

こんばんは。

ガッツリ寒くなってきました。

知らている方も多いですが、まだガラケーで、携帯でブログを打っています。

若干ボタンのききが悪くなったようで、今日は9時頃からブログを打ちはじめました。昨日、今日と研修にいかせてもらいましたのでその事について書いていましたが、締めの所で消えてしまいました。マジッすかと書き直そうと思ったけど昨日言われた移動支援のなかでの嬉しかった事を思い出したのでその事について書き直していました。またまたあと少しの所でボタンの調子が悪く消えてしまいました。

ボチボチ携帯を変えないといけないかもなと思った井川でした。

いいこと書いてたのに残念です。

2017-12-07 イルミネーション

12月になって市内の

あちこちでイルミネーションが

目につくようになった。

イルミネーションを見ていると

なんだか気持ちがワクワクしてくる。

LEDになったからか、それぞれの場所の

電球の多さが目につく。

とは言っても、自宅でのイルミネーションが

少なくなってきているように思うのだが・・

松江のあちこちでも、イルミネーションを

している場所があるので、しばらく楽しみたいと

思う。

橋本さんも、子供たちを連れて見に行ってね!

イエローカードですよ。