NPOこだま職員リレーブログ

2017-10-20

22:29

こんばんは、森山です


昨日いつものように養護学校販売に行くと

明日は宜しくお願いします!

と先生方から声をかけられました


明日の行事をみんなで盛り上げたいという

先生方の気持ちが

私にも伝わってきました


さて、この気持ちにどういった形で

答えようか、、、

まずは弁当屋らしく

皆さんに喜んでもらえるよう

おいしいご飯つくりに取りかかりました

明日ポレポレが出店するものは

鶏の竜田揚げ、

二色ゼリー、

ホットカルピス

おにぎりです


竜田揚げは

調味料を入れて、味がしっかり入るように

丁寧に愛情こめて揉みました


ゼリーも見た目にも綺麗に

ゼリーとムースの二層に仕上げました

試食しましたが、本当に美味しく出来ました


おにぎりはこの日の為に新作を用意し

明日がデビューです

秋らしい味に仕上がっています


カルピスも気温を見て

ホットにしました


先生方に比べると

何の力にもなっていませんが

ポレポレとして精一杯応援させていただきますね


明日が今から楽しみです

2017-10-19 野菜市

ここのところ

大東や宍道県道沿いにある

野菜市によって珍しい野菜

を買うのが楽しみになっている。

一袋100円で結構な量の野菜が入っていて

とてもお買い得!

家に帰ると「またかってきたの」

野一言が・・・

それでもコリずに野菜市通いを続けています。

2017-10-18 屋台村その後

屋台村お疲れ様でした

屋台村お疲れ様でした!

本当に楽しかったです!

素敵なイベントに参加できたことをとても嬉しく思います。

話は変わって先日、あったかスクラムの親睦会に参加させていただきました。

そこでギターの演奏をお願いされました

歌った歌は

幸せなら手をたたこう

栄光の架橋

夢をかなえてドラえもん でした

皆さんとても盛り上がって他にもいろんな方のステージもあり楽しくワイワイと親睦会が出来ました。

またどこかで依頼があれば歌いに行きます


そんなたくさんの縁で今日も生きています

また何かの縁で会えた時はよろしくお願いします。

そして何回も言いますが、屋台村お疲れ様でした(´∀`*)

             安達

2017-10-17

人間っていいなー 20:19

「ひきのさん、産まれ変わったら何になりたい?」

「んー やっぱり人間として、女として産まれ変わりたいかな」

今日の入浴時、利用者さんの妹さんに聞かれた質問でした。

そして妹さんも同じ答えを言われ「産まれ変わっても、お母さんとお父さんの子供がいいなー」って言っておられるのを聞き、素敵な答えだと感心したのです。

私の子供に聞いたらなんて言うんだろ。

産まれ変わったらまた人間として今と違う人生を歩むのか、はたまた、人間として誕生させてもらえないのかも・・。

最近、夢に亡くなった母が出てくるようになりました。何を伝えたいのか、いつも途中で夢が終わってしまうのです。

あんなに嫌いだった母なのに、居なくなると存在の大きさに気付かされました。

私も産まれ変わったら母の子供がいいなー。


今夜も汗を流していると、隣に知った顔が!!仲間が増えたー(笑)

曳野 美

2017-10-16

たこ焼き 19:06

こだま屋台村からちょうど1週間です。

1週間前に比べると随分肌寒くなりました。初めて参加した屋台村について…

今回の屋台村にはせいかつ1の一員として参加させていただきましたが、皆で話し合い、屋台のメニューは皿うどんとタルたこに決まりました。

僕は先輩職員とタルたこを担当したのですが、なかなか難しく、家で何度も作りながら前日に最終的な味が決まりました。

当日はたくさんの人に食べていただき、せいかつ1は見事1位を獲得‼︎

本当に嬉しかったです。皆で色々あれやこれや話し合った状況が思い出されました。

そして、これまで1位を取った事ってあったかなあと振り返ると記憶にありません。学生時代のサッカーや陸上でも良くて2位や3位。

ゴレンジャーで言えばアカレンジャーではなく、アオレンジャーミドレンジャー

初めて取った1位かもしれません。

また来年も楽しんで皆と協力して1位を狙いたいと思います。

明日は曳野美さんです。

安部

2017-10-15

19:19

今日も朝から雨…

雨降る中移動支援では少し歩いて

朝から靴がびちゃびちゃに…

濡れるー!と思い始めから靴下は

脱いで濡れる準備をしてびちゃびちゃに

なった靴を履いてこの靴履いてきて

やっちまった感…を抱きながら〜

濡れた靴のまま帰りはわざと水たまりに

はいって遊んでみたり〜

子供の頃思いだしながら

濡れたらダメと思いながら濡れるより

濡れていーいやと諦めて思いっきり

濡れた方が気持ち良かったり〜♪

そんな午前を終えて午後からは

車に置いてあった予備の靴を履いて

気持ちを切り替えたそんな1日でした〜

明日も雨かな〜?

秋の風の気持ちの良い晴れの日にお散歩がしたい〜!!!

と思う常峰でした!

2017-10-14

老いては子に従え 13:27

娘が

「お母さん、これ知ってる?」

教えてくれました。



乳児はしっかり

肌を離すな


幼児は肌を離して

手を離すな


少年は手を離して

目を離すな


青年は目を離して

心を離すな



へ〜〜。

はじめてききました。

なるほど。



これから歳とったら

手も目も心も

離さず居て欲しいなあ。


そうならないよう

元気で居たいものです。


伊藤

2017-10-13 秋の野山

先日までの天気とは打って変わって

今朝の気温は15度を示していました。

寒暖の差が激しく、体調を崩しやすい季節です。

こまめな健康管理が必要ですね!

先日から、少し山に入った道路を走って

栗拾いをしたり、アケビ取りをしたりと

みんなで秋を満喫しています。

この週末は天気がイマイチのようでうすが

時間があれば少し出かけてみてはいかがでしょうか?


山岡さんイエローカードです。

2017-10-12 屋台村を終えて。

先日は屋台村にたくさんの方にお出掛けいただき、

本当にありがとうございました。

屋台あり、出し物あり、ショーやコンサートもあり、

楽しくにぎやかな時間となりました。

今回の職員の出し物では、集まって練習して、気持ちも高まっていったように思います。

出し物の最中にも、終了後にも

「誰かわからんかったわー(笑)」と何名かの保護者さんから

声をかけてもらいました。

なんだかそれはそれでうれしかったです。

見てる人に楽しんでもらえたのなら、それは練習した甲斐があったし、

自分たちにも「本当おつかれさまでした!」と胸を張って言うことができました。

こうすれば盛り上がるんじゃない?

もっとこうすれば楽しいんじゃない??

そんな他愛もない話の時間がとても心地よい時間でもありました。

次はボジョレーやイルミネーションツアーが控えています。

皆さんに楽しんでいただけるよう、準備していければと思います。

2017-10-11 まつりのあとには

こだまの恒例行事となった屋台村も無事に終わって数日。

また普段の日常がおとずれた。

とはいっても余韻に浸っている部分もあるので


あれはこうだったよね。

あそこはもっとこうしたほうが。

あんなことがあったって。

うまくいったこと、おしかったなあとおもったこ

いろいろ思いがかけめぐる。


職員からこんな話をきいた。

屋台村にこられたお客さんから

こだま職員さんってなんでもやらないといけないのね(笑)」

と言われたと。


B級グルメも作れば、笑いもとる、創作だって。

利用者に対する専門的な支援だって。なんでもありだ。


私からすれば、最大の賛辞だと思った。

福祉のおしごとは、生活全般にかかわる。

だから、いろんな経験をもっている方が

なにかと、自分の武器になる。


でも、できないこともある。

それを身につけようと努力することも大切。

なかなかできないことは、みんなで補ったりすることもできる。

なんでもありだからこそ、自分のできることを

最大限発揮できるように意識をむけたい。


こうした行事を通して、

利用者の、関わる人の、笑顔を引き出すことにつながったり、

福祉」という言葉の意味を考えることになる。

こだまは一年にたくさんのイベントをすることを大切にしている。

楽しい人生にしたい。

そうした思いが「屋台村」の根底にあるものなのかもしれない。

川上