NPOこだま職員リレーブログ

2017-09-30 必死になる

最近、必死になって練習しているアルことがあります。

その「アルこと」が何かはまだ言えませんが、10月の第2週月曜日あたりでわかると思います。


思えば、高校は通信制だったので学園祭の経験はありません。

介護専門学校学園祭はありましたが、何かを練習する機会はありませんでした。

中学までさかのぼると、体育祭の応援合戦でダンスを踊るために、みんなで放課後に練習した記憶があります。

経験のないダンスなんて、と最初は思っていましたがやり始めるとのめり込むように練習しました。


今の状況は、その中学時代と似ています。

アルことを仕事が終わってからみんなで練習して、家でも自主的に個人練習

またみんなで集まって全体練習をする、といった流れです。

みんなで一つの目標に向かい練習をすることが、ぼくにとってはとても楽しい時間です。

まだまだ練習不足で完成度は低く、先が見えない状態ではありますが、なぜだか楽しいのです。

きっと、困難な壁にみんなで立ち向かう一体感と、その壁を乗り越えたときに味わえる達成感があるからでしょう。

そして、完成されたステージを披露したときに、お客さんの笑顔と感動が広がると確信できるからです。

しぜんと練習にも熱が入り、必死になります。


そんな学生時代を疑似体験(僕だけかもしれませんが…)しながら10/9の本番に向けて頑張っています。

久しぶりの感覚だけに少々不安もありますが、チームで取り組むことです。

僕一人だけではありません。

みんなが一体となって頑張るって、ほんとにいいですねぇ〜。



以上、練習ではできても本番ではできないときが多いあがり症の八壁でした。

2017-09-29

違う視点から 22:44

厨房に入っていると

盛りつけ室がよく見えます

盛りつけ室内から見るより

利用者さんの様子も、お弁当も


いつも食材を切りながら

弁当箱を思い浮かべて

入るかな?それとももう少し大きくて

大丈夫かな?

量は足りるかな?

彩りはどうかな?

考えています



煮物を煮る時は

先ずは砂糖から、

しばらくしてから

次は醤油、、、調味料を入れる順番にも

きまりがあること


我が家は薄味だということ

厨房に入らなければ

知らないことばかりでした


まだ利用者さんがくる前の

静かな厨房

調理担当者と話すこと

で見えてくることもあり 

貴重な時間です

週あけの月曜日

休みを挟んで遅くなりかけていた

時間の調整をしながら


今日も張り切って頑張りましょう

月曜日はおからハンバーグを作ります

たくさんの注文をお待ちしています



森山

2017-09-28

役割分担 21:49

今年の4月からお世話になっております

あだちです。漢字は、安心の安に友達の達です

いろんな偶然や、たくさんの縁でこだまにて働かせていただいております。

そうです、ギターを弾いてたあの安達です

今後とも宜しくお願いします。

生活介護という現場に来る前は

障がいを持った子どもたちのデイサービスの現場で2年ほど働いておりました。

そこでは色々な経験をして、今こだまで幾分に発揮しているつもりです。頑張っています。

私は生活3に籍を置いているのですが、

我が偉大なる主任、渡部さんの元で笑顔が絶えない現場での仕事を毎日させていただいております。

そんな渡部さんの口癖は以下の通りだと思っています

第1位 役割分担

第2位 山田さん、すいませんごめんなさい

第3位 あ、美味しい

です。

渡部さんはよく「役割分担だから、失敗を恐れずにやっていいよ!フォローするのが僕の役目だから」と素敵な言葉を私たちにかけてくれます。

私も、以前の仕事場で一番学べたことが、

「成れないモノに成ろうとするな」でした。

どんなに頑張っても成れないモノには成れないという厳しい言葉で今でも考えさせられます。

そんな言葉を知った後に、渡部さんの口癖第1位の「役割分担」という言葉が心にグッときます。

自分も、成ろうとする努力は続けながら

役割分担というものをしっかりと見つめていきたいなと考えます。

今回はこれで終わりにさせていただきます

ありがとうございました。

watanabewatanabe 2017/09/28 23:10 安達さん
初ブログですね。これからもよろしくね。

わたなべの「べ」が違うよ。あかんよ。あかんよ。
部活の部だけんね。覚えてね。覚えるバイ❗トスるならタウンワーク‼!

npokodamanpokodama 2017/09/29 06:39 直しますね(^ ^)

2017-09-27

シャボンブーケ 23:30

子供の頃の記憶の中で一番と言っていいくらいに印象に残る先生がいました。

その先生が退職をされるということだったので退職祝を先日しました。

小学校の3・4年を担任されたその先生は怒ると太股に思いっきり手のひらの跡を付けて叩きます。時には長い物指しを持ってもたたかれ、最後には別室に呼び出され叱られもしました。

怖い先生でしたが何故だか大好きで、何十年振りに会ったら頭は白髪姿になっておられました。懐かしい昔の話をしていると生徒に戻ったようでした。


とても良い時間を先生と皆で過ごしました。

会の最後に先生は名言を残して帰られました。

「家族、親には言えない事でも同級生なら言える事がある、都会に出ていつか帰ってくる時がきたときに待ってる仲間それが同窓会だから、何年たって もこの会は続けて行きなさいよ」と残されたのです。

私にとっての名言でした。


友達はいいもんだ〜 目と目で物が言えるんだ。困った時は力を貸そう、遠慮はいらない〜♪♪

くじけそうになると力が湧いてくる歌でした。


今夜は大阪の夜空をみて寝ます!

明日のブログは森山さんです。

曳野 美

2017-09-26

経験 18:52

ブログ初登場の安部です。

最近の心に残った活動について。

先月、「電車に乗ろう」という活動計画のもと、

ある利用者の方と僕と2人で乃木駅から揖屋駅まで電車に乗りました。

その利用者の方は自分が意としない時には座り込んでしまう事もあり、

僕は少し不安を抱えてその日を迎えました。

当日、クッキー工房に車を停め乃木駅まで歩いて行きましたが、

スムーズに駅に到着しホッとしました。

その後、しばらくホームで電車を待ちましたが、特に不安そうな様子はなく、

笑顔で僕の腕を噛んだり、足を踏んだり(彼にとってのコミュニケーションだと思います)していました。

しかし、いざ電車が到着し乗車するとなると座り込んでしまう彼。

「ああ、駄目だったか…」と一瞬頭をよぎりましたが、

駅員さんの協力もありなんとか電車に乗れました。

車内では一変、座席に座って景色を眺めながら

時々確認するように僕の顔を見ながらとても笑顔。揖屋駅で降りる時はとてもスムーズでした。

その後もとても表情良く電車やバスを指差したり、

歩いている姿を見て素直に「ああ良かったな」と思いました。

久しぶりに彼の声も聞けました。

目線が上からかもしれませんが、この日の経験は彼にとって

きっと良い経験になったと思います。

電車に乗るという単純な事ですが、彼にとっては大きな冒険だったはず。

僕は彼の背中を押しただけですが、そんな場面を支援できた事は大変嬉しく思うし、

彼にはもっともっと色々な経験を積んでいってほしいと思っています。

そして僕自身もこれから色々な経験を通してもっともっと成長していきたいです。

経験というものは何にも代え難い財産だと思っているからです。

渡部渡部 2017/09/26 22:16 安倍さん、初ブログですね。心にジーンと染みた素敵なブログでしたよ。情景が自然と思い浮かびました。
もうええ加減に、自宅の場所を教えなはれ。よろしくバイ!トするなら、タウンワーク‼

ひきのひきの 2017/09/26 23:39 初ブログおめでとうございます!
ていうか…今日は私の順番かと思ってましたが……

次私はいつですか〜?

2017-09-25 霧の朝

昨日も今日も松江の朝は霧がすごかったですね!

自転車を走らせていると、まつ毛に

霧の水滴があたるのがわかるぐらいです。

常峰さん、イエローカードです。

2017-09-24

小さな手 22:35

実践報告会で

今まで、みんなでして来たことを

代表して発表させてもらいました

実践はみんなの協力があって

出来たことです


たくさんの嬉しい言葉を

いただきました

それに甘んずる事なく

これからも、頑張って

良い支援をしたいと思います




実践発表は

〜でした。ではなく

継続させていかなければ

と思います



「1人の手」

1人の小さな手

何もできないけど

それでも、みんなの手と手を

合わせれば

何かできる


1人の小さな目

何も見えないけど

それでもみんなの瞳で

みつめれば

何か見える


1人の小さな声

何も言えないけど

それでもみんなの声が

集まれば

何か言える





ちょっと古いけど

良い歌です

伊藤

2017-09-23 絵本から学ぶ

 こんな時間にお腹が痛くなり

息子がトイレにこもっています。

『出ない!』『魔法の水持ってきて!』

と大きな声で私を呼びながら必死に

頑張っています。


 夏の保育参観のとき管理栄養士

先生が子供達に絵本を読み聞かせ

くれました。

『うんぴ、うんにょ、うんち、うんご』

という本でした。すごいタイトルで

ビックリしましたが、

内容は子供達に分かりやすく、

『うんちについて』楽しく学べる

絵本でした。

次の日から毎朝、我が家のトイレからは

大きな声で

『お母さん!うんにょが出た〜ぁ』とか

その日のうんちの報告があります。


『昨日、アイス2つ食べたけん、

うんぴだった…』『いいうんちだった!』

とか、自分でうんちを観察して反省

したり喜んでいる姿が何ともおかしくて、

でも良いことだな〜ぁと

微笑ましく毎朝の報告を聞いています。

どうも今夜は『うんご』のようで、

『一回、我慢したからかな〜ぁ?

野菜食べるのか〜ぁ…』とトイレの中

から独り言が聞こえています。

嫌いな野菜を食べようと思うぐらい

カチカチの『うんご』を出すのに

苦労しているのが伝わってきて

思わず扉の外でブログをうちながら

笑ってしまった山岡でした。

2017-09-22 実践報告会。

先日、実践報告会が開催された。

発表の項目を伝えられたとき、

「これは担当→自分だなー。」と直感がはたらいた。

思ったとおり、発表者だった。

でも他の職員さんが発表者でなくてよかった。

彼との付き合いは長いし、発表するのなら自分の口で話をしたかったから。


発表準備では、たくさん過去のことを思い出し、

たくさん書面に目を通した。

こんなこともあったなー、

初耳だ、というようなこともあった。

ありがたいことで、こんな機会でもないと、

10年もの月日を掘り下げて振り返る機会なんて少ない。

そしてpowerpointも教えていただき、

まだまだ力不足だけれども、少し触れるようになった。


発表は予定していた時間を越えてしまった。

原稿を見るときは多かったけれど、

できるだけ前を、みなさんの目を見てお伝えをしたかった。

すると言葉に色々と付属がついてくる。

決められた時間内で終わるのって難しいんだと感じた。


中盤でも書きました。

ありがたい機会を与えてもらえました。

経験を糧にするという言葉のとおり、

この経験値は必ずどこかで自分にプラスになる。

反省点はたくさんあった。

振りかえって自分の力にしたい。

                          野津

2017-09-21 イエローカードです

9月21日

普段からお酒をのまない私が

めずらしくお酒の席にいき、

いろんな話をして、盛りあがって楽しくすごしたのはいいけど

帰宅時からずっと頭がガンガンといたくなり

ブログのことまですっかりとんでしまいました。

ごめんなさい。

9月22日

今日はお休みなので、頭痛もゆっくりなおせばいいところ

だけど、朝早くからリフォームの打ち合わせがはじまりました。

長女の部屋を作るのと同時に、床の張り替えなどもあります。

大きなコンテナも来て家中の粗大ゴミ撤去です。

以上、

長女のおともだちからは、

床がギシギシいうので

忍者屋敷とよばれているらしい自宅から

川上が報告しました。

2017-09-20 実践報告会をうけて

去年3月にさくらの家主催であった

『実践報告会』を見た時に

今度は自分たちができたらいいなと

思っていたことが現実となった。

先日のこだま実践報告会では学校関係者や保護者

福祉事業所の関係者などたくさんの方に来てもらい

いろいろな感想をいただいた。

多くはこだまの取り組みに関して評価をしていただくと同時に

『これからも・・』というように今後についても書かれてあった。

これらの書かれてあった言葉に対して

真摯に受け止めこれからにつなげようと思う。

次は「こだま屋台村」が開催される。

自分たちの出し物も決まった。

練習時間はたくさんもないかもしれないが

来てくれた方が楽しんでもらえるように

クオリティを上げていきたい。

『どうやったら面白いものが作れるか(楽しんでもらえるか)』

これがこだまキーワードになっている。


田崎

明日は川上さんです

2017-09-19 NPOこだま実践報告

8月2日の僕のブログのタイトルは「こだまのみんなが大好き♡」でした。

その時の一文です。

ー利用者はもちろん、その家族、そして同僚(職員)も。みんなが家族。

 みんなの幸せがあってこそ、僕の本当の幸せが訪れる。ー

と、綴っています。その想いが、再び、強く・鋭く・僕の心に届く、その瞬間に出逢う事ができたのです。

その瞬間とは・・・・。

先日、開催されました「NPOこだま実践報告会」。まさにその時です。


立見が出るほどの多くのお客様が会場にはつめかけました。

あらためて、自身の所属する「NPOこだま」の実践力と信頼度の高さを実感する事が出来た

貴重な時間となりました。


その報告会が終わったまさにその瞬間は、やりきった充足感と苦楽を共に出来たメンバーとの一体感を感じずにはいられませんでした。

毎晩毎晩、21:00近くまで事務所に居残り、パワーポイント勉強会と編集作業に取り組んできました。

しかし、一度も「辛い」「辞めたい」と思った事は不思議とありませんでした。

いや、むしろ、毎日が楽しくて、もっともっとこのメンバーとの共同作業の時間が増えてくれたらいいのになあと思ったほどです。それほど、好きになった。メンバーのみなさんを。そう、まさに家族です。

そして、今回の報告会を立案・企画し、配役決定後もスタッフとして支えてくれた山田さん♡

そして、パワーポイント初心者の僕たちに対して、親切丁寧に操作スキルを教えてくれた菅さん、別所さん♡

そして、毎日のように編集作業に加わり、声援と共に的確なアドバイスをしてくれた川上さんに田崎さん♡

そして、報告会当日・・・。夜分にも関わらず、報告会に出席してくれた同僚職員たち。

僕にとって最高の家族です。お父ちゃんにお母ちゃん。お兄ちゃんに弟も妹もいる。

最高の理解者であると共に、最高のライバルでもあります。


その存在である仲間と共に、利用者のみんなとその家族のみなさんの願いを、一歩づつではありますが叶えていこうと思います。


渡部でした。次は田崎さんです。

2017-09-18 つるむらさき

こんばんは。

今日渡部さんより実践報告会の事続けてとほしいなと言われたので

なんか難しいなーと思いつつですが書く事にしました。

終わってからすぐにアンケートをみせてもらいました。

どの用紙にもびっちり書いてありました。

正直なところビックリしましたし、凄く嬉しく思いました。

たくさんの思いを感じさせてもらい、

もっと出来る事を、思いにこたえる事が出来るようにと

元気と言うのか、やる気と言うのかみたいなのを

逆にもらう事が出来ました。

あとみんなで一つの目標に向かってやるのはとても楽しかったです。

あと他の事業所の発表会があればいきたいなと思いました。

良いところを参考にしあって

みんなで寄り添えるようになるのがいいなと思いました。

ここ2日つるむらさきにハマってる井川でした。

美味しい食べ方あったら教えて下さい

2017-09-17 波乱万丈

9月11日に祖父が亡くなりました。

享年98才でした。

少し前に腰を骨折して、脳梗塞になった

父親から連絡がありました。

状態もあまりよくないとのことでした。

そろそろかなとはおもっていましたが、

いざその報告をきくと、からだじゅうに

衝撃が走りました。昔遊んでもらった

記憶や、祖父の笑う姿などが思い出され

胸が熱くなりました。

おつうやには、涙がこぼれました。

涙は、でないとおもっていましたから。

そしてお葬式もすんで松江に帰ってきました。

実践報告会に参加しました。

たくさんの人にきていただいていました。

各部署素晴らしい報告会でした。

やまださんのブログでもあったように

このような機会をたくさんつくって

いけたらよいとおもいます。そして

僕も力をつけて皆んなの役にたてるように

がんばろうとおもいました。

それから

家に帰って

お風呂に入っていると

長女が「ちんちぇいがゲロはいてる」

とはやく上がってと促してきます。

また吐いたかぐらいのことしかおもいませんでした。

しかし、奥さんがたすけて!!と二階で叫んでいます。

おや?これは尋常ではないと思い石鹸だらけの体を

パパっとふいて二階にあがると長男が冷たくなって

ぐったりしていました。

これは、やばい!やばい!と奥さんも僕も

いままでにないパニック状態。

僕はパンツとTシャツで

車を病院まで走らせていました。

保険証もなにもなく

とにかくはやく観てくれと叫んでいました。

すぐに点滴と酸素マスクしてもらうと少し

落ち着いた様子でしたがまだぐったり。

検査の結果、腸重積症という病気にRSウイルスに

アデノウイルスが一緒になって結果、入院となりました。

おしりから空気をいれてもらい、腸は、まっすぐに

なりました。それからは、容態も安定して安心しました。

そして今朝退院することができました。

本当に、よかったです。

パンツ一丁で病院内を走りまわっていたのか?

と思いの皆さん安心してください。

車のなかにいつでも入浴介護に入れるように

短パンがありましたので。

橋本

2017-09-16 これからの課題

昨夜はこだまの実践報告会だった。

ひと月前に計画を示し、報告者を指名しての準備だった。

指名された職員は、それからの一ヶ月原稿を書いたり

今回はパワーポイントで報告することにしたので

パワーポイント用の原稿を作ったりと、毎晩のように

遅くまで残って奮闘していた。


実践報告はこだまでは初めての試みだっだが

15年の積み重ねをまとめる事ができよい機会になった。

新しい職員達も、発表者の実践を聞いて

初めての知る事もあったようだ。

こられた方からも、過大すぎる評価もいただいた。

保護者の方からは、こんな機会を

もっと作って欲しいとの要望もあった。


これから我々がしないといけない事がわかってきた。

以前は、これからのこだまを考える会を開いたり

保護者の方の勉強会などもしていたのに

ここ10年はやってなかったのだ。


今回の報告会で職員の一体感を感じた、と言うのがあった。

うれしい言葉だ。

これからの5年、10年前を見つめて前進あるのみだ。

山田

2017-09-15

今夜は 21:50

22:58

すみません

今回はパスします

新見

2017-09-14 校長先生の話から

9月はさまざまな学校や地域で体育祭が行われており、日ごと過ごしやすくなってきた今は、まさに運動の秋ですね。

少し前ですが、高校生活最後の息子の体育祭に行ってきました。

そこでは高校生のはつらつとした姿に笑いと感動、感心をし、未来ある若者に期待感を持つことができました。

そんな生徒たちに校長先生が最後にされた話がこの日一番の印象に残りました。

この体育祭で、団長をはじめ応援リーダーやいろんな準備に携わった人、また一緒に参加し、練習してきたすべての生徒に、

「これからもいろんなことにチャレンジしていく機会があると思います。ぜひ積極的に何かにチャレンジをして、自分を変える機会にして欲しいと思います」と。

何かにチャレンジをすることが、自分を変える機会になるんだ…、

若者だけでなく、どんな人にもあてはまるいい言葉だな〜と思えました。

逆を言えば、チャレンジをしなければ、何も変わらない。

動かなければ変わらない。

忘れかけていたことを校長先生に気づかせてもらいました。

くぼた  明日は新見さんです

2017-09-13

ひがんばな 23:20

もうすぐお彼岸ですね

暑さ寒さも彼岸まで

今年の彼岸のいりは20日とのこと

身近なところで

彼岸花を見る機会は減ったのですが

毎年同じ時期に  

同じ場所で

燃えるような赤い色の花を咲かせる彼岸花

また、今年も花を咲かせるんだろうな

最近群生しているところはあまり見ませんが

学生のころの通学途中に

彼岸花が絨毯のようになるところがありました。

あれから○○年(←きみまろさんぽく)

やはりトキを知って今年も咲いてくれそうです。

トキを経ても変わらない場所

トキと共に変わってゆく場所

両方が必要なんですよね

人も同じかな〜

変わらないある意味頑固さや軸を持つこと

変わってゆく柔軟性や変革を受け入れるしなやかさを持つこと

やはり両方大切なんですよね

そういえばダメ元で撒いていたトレニアの花が咲きだして

なんだか嬉しい近藤でした。

2017-09-12 お引っ越し

昨日、家に帰ると玄関前にカマキリがいました。

奥さんから「どこか遠くにもっていって」と頼まれたので、カマキリを手に乗せて引っ越し場所を探しました。


家の後ろに用水路があるので、そこに生えている草の上に誘導しましたが、なかなか僕の手を離れてくれません。

気に入らないのかなぁと思い、他の場所に移動しました。

家の近くに田んぼがあるので、そこの草むらに誘導しましたが、やっぱり離れてくれません。

なんでだろうと思いながらも、いつまでもカマキリと戯れているわけにもいかず、草の上に移動してもらいました。

すると、カマキリが何歩か進んでから、草の上でユラユラと揺れ始めました。

カマキリの生態に詳しいわけではありませんが、なんとなく喜んでいるように見えました。


暗闇で少し雨も降っている環境。

その中で見知らぬ場所に連れていかれる心境。

決心がつかないときに、そっと背中を押されて強制的に異なる環境へと移り、順応しなければならない状況。

しかし、意外にも居心地がよく、しぜんと溢れる安心感。


そんな心模様の変化があったのかなかったのか、カマキリのみぞ知るところではあります。

カマキリにとって良い状態であれば幸いなのですが…。



以上、虫には意外と好かれる八壁でした。

2017-09-11

16:58

息子と寝ていると

ママ、空気が少し抜けてるよ!と

私の二の腕を指差し教えてくれました


前日にビーチボールの空気が抜けていて

空気を入れ直したところから

きていると思うのですが


加齢により、だらしなく垂れ下がった

二の腕も空気が抜けたのだと

思ったようです


可愛いやら、悲しいやら



私もひきのさんのようにトレーニング

しようかな、、、



森山でした

2017-09-10

習慣 22:05

習慣になってきた事…

それは最近、週3回でトレーニングに通っています。


今日はダルいからやめようとか思ってしまう事もあるけど、そんな弱気な気持ちになりならがも迎えば一時間くらいトレーニングしてしまいます。


汗をいっぱいかいて今日あった事をマシーンに乗りながら思い出して、嬉しかったこと、嫌だった事を振り返って、忘れたい事はいっぱいいっぱい走って汗をかいて忘れるのが一番だと、変に自分にルールを作ってトレーニングしています。

もう一つの習慣は、週一回は実家に帰って父親との買い物に行く事。けっこう、週一とはいえ自分の予定などと被ると行く事をやめようと思ってしまいます。

週一回の買い物を楽しみにしている父親のため車を走らせるのでした。


習慣になれば何ともない事なのでしょうが、その日の気持ちとモチベーションを持って行く事が難しいなぁーと思うのでした。


ただ、嬉しい事はトレーニングに行く様になってからは確実に体重が落ちた事。実家に週一回帰る事で父親が少しイキイキしてきた事、今一番嬉しい事でした。


曳野 美

彼岸花彼岸花 2017/09/11 16:12 ひとつのことを続けるのは大変だけど、その先にはいいことが待ってるんだね。娘との買い物、お父さんの笑顔が目に浮かびます。私もがんばろっ!

2017-09-09

20:12


最近涼しくなり最近はあったかい

湯船が気持ちよくゆっくりつかれる

時期にだんだんとなってきました〜

毎週入浴に入らせてもらう方の入浴に入るようになりもう一年!?あっという間に立ちました

訪問看護の方と一緒に入らせてもらい

慣れる時期には寒い時期に突入しており

移動までの間が寒いね〜とお話しながら

入浴していたことを思い出します!

最近はゆったりと湯船につかる姿や

表情がとても気持ち良さそうで〜

こちらもホッコリ…と〜♪

毎週お変わりになく〜♪

自分もそうですがやっぱり湯船につかり

あったまりさっぱりとするのは気持ちいーいですね♪


暑すぎるのも苦手!寒すぎるのも苦手

秋がちょーーうどいーい季節ですね〜


食欲の秋へと向かう常峰でした〜

2017-09-08

目がへん 21:47

目がへん

視力は変わらない。

眼科へ行く

眼底検査だ

「うーん、加齢によるものです」

「………。」


若い頃は

目がすごいよくて

自慢だったけど…。



だんだん出来ない事が

増えて来たら

どうする?



誰かに助けてもらえば

良いのかな。


若いころは

負けず嫌いで

「人の助けなんて借りない」

嫌な人だったな。



誰かに助けてもらおう

そう思えるようになった。



だけど、やっぱり

誰かの役にも立ちたい。



利用者さんも

同じ気持ちかな



この歳になって

人の気持ちがわかると



弱ってくると

見える事もあるなあ

と思うのです。



助けてもらえる職場に

感謝でいっぱいの

伊藤でした。

2017-09-07 マスク

 今年から始まった「くろもじ茶」の作業では

マスクを着けて取り組んでいます。

マスクを着けても3秒ともたずに外してしまわれる

男性利用者さんがおられました。

そんな彼が最近は1度マスクを着けると10〜20分

マスクを外さずに作業に取り組めるようになりました。

マスクを外されてもすぐに『着けて!』と職員

マスクを渡されます。着けないといけない事は

彼も分かっておられると思います。

でも、口や鼻を覆ってしまう違和感や、マスクの中が

熱くなったり…私も不快に感じる事があるので、

彼が外したくなるのも分かります。

作業中の彼の様子を見ながら、職員で話をし

どうしたら長くマスクを着けていられるかを考えました。

マスクが湿っていたら新しいものに交換をしたり、

作業中なので、沢山のおしゃべりはしないけど、クスッ

と笑えたりチョッピリ嬉しくなるような楽しい雰囲気

作業が進んでいくように心がけました。

彼は集中していると黙々と取り組まれるので、

材料が途切れないように準備しました。

はじめの頃は1時間とチョッとの作業時間に

何度も何度もマスクを着けたり外したりのやり取り

がありました。それでも、毎日続けることで

マスクをつけている時間が少しずつ長くなって

きています。

毎日それを続けていくことで、きっと彼は

作業の時間の間マスクを着けていられるように

なると思います。その時が来るまで根気よく

一緒に頑張っていこうと思います。    山岡

2017-09-06 長所と短所。

人は誰でもすぐれているところ、劣っているところがある。

それを長所と短所という。

自分の長所と短所がわかりますか?

何年か前、先輩職員に声をかけられアドバイスを受けてそんなことを考えた。

自分の思っていたところとは別の、劣っているところが見えた気がした。

そのときは見えた気がしただけだった。

先日、話をしている中で同じ内容のアドバイスを受けた。

やはり自分の劣っているところはそこだったんだと確信した。

すぐれているところは伸ばせばいいし、

劣っているところは努力をするしかない。

考え方をかえてみたり、物事のとらえかたをかえてみたり。

これは人として、ステップアップのチャンスなんだと思う。

そのチャンスをつかむか。

それとも逃すか。

もちろんチャンスはつかみたい。

さて頑張ろう。

今自分にできることはがんばることだ。


                            野津

2017-09-05 靴をかう

前回のブログにつづき、移動支援での出来事を。

移動支援をつかって、今日は一緒に靴を買いにいってほしいとのこと。

移動支援の前半に、当初の目的地へいき、その後、靴屋さんへ。

今まで、スーパーでおやつや日用品、

洋服を買いにいったことはあるが、

靴を購入したことはない。


靴屋には、ところせましと靴がならべてある。

予想通り、自分だけでは選べなかった。

色や、デザインをみて、彼にあいそうな靴を

何個か良さそうなのをこちらがもってきて、

試着してもらう。サイズも確認しないと。

なんだか店員さんのようになってきた。


そうこうしているうちに当の利用者は、

うろうろ、きょろきょろ。心ここにあらずになってしまった。

今思えば、決まったと思い、もう解決していたのかもしれない。

そのまま出て行ってしまった。あわててこちらも試着していた

靴を置いて外に向かう。

さらには、今自宅においてある、古い靴まで気にしはじめる。

「(今)買うこと」と「(あとで)捨てる」ことが

話の中でごっちゃになっている。

さあもうそうなると、なかなか話が噛み合ない。少し焦った。


でも、なんどかそんなことをくり返し、最後には店員さんの力もかり、

色の違う二足のうちから、一足を選ぶことができた。

レジまで自分で持っていき、お金を支払う。

すっごい上機嫌になった。

最後まで彼につきそい、最後まで(ほぼ)自分でできた。

よし。こちらも一緒にうれしく思った。


きっと、こんど靴を買う時は、もっと上手になるだろう。

こちらも、事前にどんな靴を買うか、色、値段、買い方・・・。

前段でもっとアプローチもできる。

スーパーや、洋服屋さんであんなに上手に買うことができるようになっているのだから。

何事も経験。社会生活の経験を一歩ずつ

彼は自分自身で体験している。

川上

2017-09-04

すみません。

今日はパスさせてください。

田崎

2017-09-03 Waooooooーーーーーーー

😿つい数日前の出来事😢


お化け屋敷大会”で使用する為にレンタルをしたCDをアリオン浜乃木店へ返却に行った時の事です。

一日延滞していた事実を知りつつも、店員さんには特に何も告げずに「お願いします。」と手渡しました。

すると、ちょっと困った感じで何かを告げようとしたので、それを遮るように僕の方から

「一日延滞しているんですよね。」と“わかっている”オーラ全快で伝えました。しかも、ええ声でね。

す、すると、次の瞬間、驚愕の事実が判明したのです。

「お客さん、このCDはTSUTAYAさんのです・・・・・」

(WaOOOOOOO--------------------)

頭が真っ白けっけ。逃げ去るようにその場を立ち去りたかったのですが、へんなプライドが邪魔をして

「ははははははは。やちゃったーーー。ごめんちゃいねーーー。おじさんたらっー やんなちゃうよね〜。」

店員さんに言わなくてもいいおべんちゃらを放ってしまったのです。呆然とする店員

予想外のリアクションにテンパってしまうナベちゃんは・・・・。その後、記憶が失われてしまいました。あしからず。

ただし、その後に明確に蘇ってきた記憶が蘇ったのです。

そう、10年前のあの出来事の事を・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

場所は同じく【アリオン 浜乃木店】

世界名作ファンタジーDVDを返却に行った時の事です。

裏口ではなく正面から堂々と返却をするという僕の信念に基づいて店内に突入しました。

正面にはツンデレ系の美人女性店員の姿が視界に入りました。

(ま、まずい。女性か〜。)

(いやいやいや。たけし〜。勇気を出せー。お前は何も法を犯したわけではない。

それどころか、アリオンさんの収益に貢献しているではないか。自信を持って堂々と作品を返却すればいい!)

と天使の優しいささやきが僕の耳元で聴こえてきたのです。

天使から愛と勇気をもらったナベちゃん

気を取り直し、威風堂々とした表情で世界名作ファンタジーDVDを女性店員の元へ返納したのです。

それも【超自信満々のドヤ顔】で・・。

すると、次の瞬間、驚愕の事実が・・・・・。

「あ、あの〜お客様ー。すいませんが、このDVDはブイレックスさんの商品ですので・・・・・・・。」

の超特大級の文春砲が放たれたのです。

(え!!え!Waooooooooooooooooooooooooooooooooo----------)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

商品を受け取ってからのレジから玄関までの3mの道のりは、僕にとって信じられないくらい永ーく険しい道のりとなりました。

カンカーンカーーーーーーーーーーーン。終了ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー😸

                                         お・し・ま・い

                                         渡部でした。

                                       次は田崎さんです。

2017-09-02 花の名前

こんばんは。

いっきに秋になったと感じる今日この頃。

こだまの玄関はいつも季節の花がいけてあってとても素敵だと思います。

この前ちょうど花を交換しているときにばったりでした。

可愛いけど、変わっていて、ワシャワシャした花でした。

何て名前なんですかと聞くと○○○と。もっと○があったと思うのですけども。

名前を聞いた時には次のブログの題名にしますけにと言いましたが、

今日、オ〜ブログやないかと書き始めてもワシャワシャの花の名前が出てきませぬ。

なんという花だったか余計に気になってきた井川でした。

気になった方はぜひ調べてみて下さいね。小さなワシャワシャの素敵な花でしたけに。

2017-09-01 今年の屋台村は・・・

この時期になるとこだまでは屋台村の話で

盛り上がってくる。

今年は10月9日に開催決定。

今年は、食べ歩きではなく、

同じ場所で対決していく方向で会場を探しています。

早速、試作づくりを始めたグループもあります。

しばらくすると案内が到着すると思います。

是非お出かけ下さいね。


橋本さんイエローカードです。