Hatena::ブログ(Diary)

しんちゃんの日記

2016-06-19

自分なりの宣言的プログラミングの定義

関数型言語や論理型言語(Prolog)は宣言的にプログラミングが出来ると入門書には書いてることがあります。
一方で、Javaの本でも宣言的なコードと書かれたものがあります。
どうもメソッド呼び出しのみが並ぶようなコードっぽい。

となると、ifやfor等の制御構造が無ければ宣言的と言う事なのかな?
まあ、手続き型言語関数オブジェクト指向も、もとは抽象的に扱うための物ですしね。
宣言的であるのと、参照透明な事は関係ないと考えればしっくりきます。
昔、2chで型がある言語で書く人はクラスをよく書くけど、型のない言語で書く人はクラスをあまり書かないとか見かけましたが、ある意味ではクラスを書かなくて済むくらいになるのが手続き型言語抽象化の理想ではないかと。
手続き的な処理は一切書かなくて良くて、全てメソッド関数の呼び出しだけで完結できるようになったら、関数型言語と同じくらいの抽象度になっているのかもしれません。

そう言えば、次期JavaScriptが末尾再帰最適化出来るようになるそうですね。
理屈の上では手続き型言語だって出来ると思ってましたので、他の手続き型言語にも採用されていくと思います。
しかし、Haskellはいつの間にか普通の(単純な)再帰も(恐らく内部で末尾再帰に変換して)ループになるようになってました。
これは地味にうれしい。
これも、いずれは手続き型言語に採用されていくように思いますが、もう少し先でしょう。

C#型推論もまだまだですね。
そして、あれ以上の推論は手続き型では無理な気はしますね。
手続き型で関数型言語並みの抽象度になるのは結局LLやsmalltalkの様な型の無い言語だけのように思います。

だったら、型があって抽象度の高いHaskellが(ry

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nshinchan01/20160619/1466294114