Hatena::ブログ(Diary)

しんちゃんの日記

2012-11-24

radikoでアニメ関係のラジオ番組が終わらなくて眠れない件

鹿児島在住なのですが、何故か(?)PCのradikoだと東京の番組が聞けるようで、アニオタとしては天国と言えるラジオ環境のため、中々眠れません。
いや、眠いんですけどね?
文化放送。良いですね。
アニメ関係の番組が連続してます。
で・も・ね?
もう10年以上前に終わっている鹿児島アニメ関係のラジオ番組「アニメでGoGo」には遠く及びませんね。
アニメKing事、采野吉洋(うねのよしひろ)さんの良い意味でのお父さんっぷりが番組全体に良い雰囲気を作ってくれていて、采野吉洋さんが東京でDJ(パーソナリティ?)デビューしたら、アニメ関係じゃなくても、すごく人気番組になるだろうと未だに思っているわけですが・・・
(ググったら、Wikipediaに采野吉洋さんの説明があってビビったw)
ただの地方のアナウンサーなのに、Wikipediaになるくらい、鹿児島では有名なんですよ!
東京ラジオ局の方が見ていましたら、今からでも遅くない!ぜひ、スカウトして東京デビューを!!

2010年11月25日3:54追記

アニメでGoGoについての熱い思い?が滾って来たので、もう少し、アニメでGoGoがどんな番組だったのか、について。

采野吉洋さんはアニメに理解のある人で、素直に「○○さん(声優さん)の歌は良い曲が多い」とか、ナチュラルに言ってくれて、風邪を引いてるけど番組のために頑張って起きてると言うハガキに対して「早よ寝ろ!」と突っ込んだり、あと、後にアニメ王子なるキャラ(本名は忘れた)が出るのですが、この人がどんな無茶振りにも答える自称「ディスクトレジャー」(だったと思う)で、「タイトルも歌手も分からないけど、歌詞にこんなのが入ってた(はず)」と言う、手掛かりが少ないリクエストにも見事に答えてくれていました。

私は、一度もリクエストを出したことは無いまま、番組は終了してしまいましたが、このアニメ王子の働きのおかげで、リクエストが出来た人は多いはずです。
今のところ、東京の番組を聞く限り、こんな無茶振りに答えてる番組は無いですしね。
本当、サービス精神旺盛な番組でした。
何より、リスナーをガッカリさせない、しかし、ちゃんと本音と分かる言葉で発せられる。絶妙な采野吉洋さんのトークが何よりこの番組の支えになっていました。
21時50分から22時までの僅か10分だったり、30分に増えた時期もありました。
時間が10分に戻り、さらにもっと深夜に時間(11時50分から)が移動になった事もました。
それでも、私を含め、多くのリスナーたちはそう言う大人の事情に負けず、アニメでGoGoを、采野吉洋さんを追いかけたものです。
どこかで過去のテープを聞くことが有ったら(私の部屋の押し入れにもテープがあるはずなので、そのうち、テープからMP3に変換する機械とか買えたらうpしたいですね)、ぜひ聞いて下さい。