Hatena::ブログ(Diary)

A Perfect Day for BANANAFISH

2018.12.30(Sun) 晴れ

今年一年の振り返り

GW2は終わる終わると言いながら惰性で続けているものの、12月に入ってから本格的にインしなくなったのでいよいよ本当にやらなくなるかもしれない。

一応、WvWランクはミスリルになったし、レジェンダリー鎧はヘヴィも作ってミディアムも作成途中なんだけどね...

  • 1月: Lobotomy Corp. 今年正式リリースになったが正月以来触っていない。未クリア。
  • 2月: GW2. バランスパッチが当たった模様。
  • 3月: Gremlins, Inc. ラダーと Oxygen Not Included の翻訳作業
  • 4月: Gremlins, Inc. ラダーと Oxygen Not Included
  • 5月: Layer of Fear と Antihero。Layer of Fear は精神的恐怖なのでグロくない。音楽も良くてホラーゲーム入門にぴったり。Antihero は10月くらいに日本語対応したので触りやすくなった。
  • 6月: サマーセール。Deep Sky Derelicts、.projekt、Heat Signature、Strike Suits Infinity。
  • 7月: Deep Sky Derelicts。これも今年正式リリースになったものの一つ。買った時点ではまだEA。粗削りながらなかなか歯ごたえのある作品。
    Hacknet。無料で手に入れたものの一つ。「カチャカチャカチャ.... ッターン!」をゲームで体験できる。実際のUNIXコマンドに似せて作ってあるのも面白い。
    Heat Signature。自キャラがレジスタンスの一人という扱いなので、主人公扱いはされず死ねば次の一人を操作するって感じでサクサク進む。進めていくうちにぶっ壊れ性能の装備が手に入って一気にヌルゲーと化してしまった。どんな強力な装備を持っていても、宇宙空間に放り出されたキャラを回収するテクニックがないと酸欠で無慈悲に死ぬ。
  • 8月: MHW。久しぶりにフルプライスのゲームを買って、久しぶりのMHということもあり一か月ずっと嵌まっていた。ネルギガンテとか無理っしょ、って感じだったのがオヤツレベルにまで技量が上がったのが目に見えて分かるのが楽しい。笛→大剣→スラアク→ヘヴィと渡り歩く。9月以降のアップデートにはノータッチ。
  • 9月: 引き続きMHW
    Blasted Road Terror。面白いんだけど文章に起こそうとすると面白さがなかなか伝わらない。車両の特性をちゃんと把握すること。
  • 10月: Deep Sky Derelicts 正式リリースにつきノーマルとハードコアをそれぞれクリア。Tracker/Bruiser/Technicianの組み合わせが強すぎる。
  • 11月: Murderous Pursuits。化かし合い対人ゲー。無料で手に入れたものの一つ。11月中盤からずっとこればっかりやっていた。1ゲーム15分程度で終わり、激しいアクションでもないのでとても馴染みやすかった。変装回数はトップランカー入り。
  • 12月: Destiny2。PS4版に続きPC版も無料配布ということで久しぶりのFPS。ストーリーは王道で、難易度も手ごろ。AAA作品ということもありお勧めできる。
    The Flame In The Flood。これも無料で手に入れたものの一つ。必要なものはサバイバル技術と筏の操舵技術。筏に舵を取りつけるまでが一苦労。
    Cultist Simulator。ウィンターセールで買ったカルト教団運営ゲーム。プレイ時間30時間を超えているが一向にクリアできる気配がない。何分攻略情報もあまりないので本当に手探り状態。うちの教団の明日はどっちだ。
    Grim Dawn。ギフトのお返しとして貰ったもの。PoEと並ぶ正統派ハクスラ。難易度ノーマルをクリアしたばかりなので、まだビルドがどうのこうのと言えるレベルではない。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsk/20181230/p1