Hatena::ブログ(Diary)

ほぼ足りて、まだ欲 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-02-21

行動 行動を含むブックマーク

f:id:nsw2072:20170221073558j:image:w360:left 私が中学二年生の時の同級生が写真に凝っていて、彼はどこかへ出かけると必ず写真を撮っていて、ブログに書いている。私がどうやってこのブログを見つけたのか、全く記憶にない。多分同じ同級生の一人から知らされたのだろうけれど、その同級生すら連絡を絶っているからそれも確認のしようがない。

 そのブログには多くを書いていないけれど、写真が2-3枚アップされる。先日私がいった上野の東京都美術館のティツィアーノを見に行っていて、あの入り口にあるステンレスのミラー仕上げになっている球体を写真にしている。私ももちろんあれを見に行ったときにも写真にしている。それから彼は浅草に来て、雷門前の観光センターにあがり、仲見世をたどって、人形焼き屋を写真にしている。その店頭に私の知人が立っていて、小さく映っている。

 よぉーく日付を見たら、私が行った、まさにその日で、ひょっとするとあの薄暗い美術館の中ですれ違っていたのかもしれない。

 彼とは中学を卒業して以来、言葉を交わしたことがないけれど、こうして彼が元気なのがわかるという不思議な世の中になっている。

生前退位 生前退位を含むブックマーク

 天皇陛下という存在に対するいわゆる日本の愛国主義者の人たちの判断というものがずいぶん冷たいものなんだなぁというのが私の印象です。今上天皇が「もう歳も歳だから、ここらあたりで天皇という立場を譲りたい」という気持ちをそのまま受け止めることはしないけれど、やめたいんだったらやめて良いよ、ただし、こんなやめ方は今の天皇だけだからね、といっておいでのようだからだ。これから先だって、「自分は適任だとは思えないからやめたいです」という人がいたら、「だからだめだっていったろ!」といわれるように受け止めようかなと。

 女性天皇についてもどうやら認めない、というのが日本の愛国主義者の人たちの意見のようで、それは元来日本の天皇は女系継承ではないからだということをいうのだけれど、どうも腑に落ちない。

 ま、はっきりいって、天皇家の血統が絶えてしまう状況になったら、それでも良いんじゃないか、それこそが自然ということではないのか、というのが私の気持ち。

瑞穗の國 瑞穗の國を含むブックマーク

 昨夜のTBSラジオ「セッション22」にくだんの偏向教育幼稚園(はっきりと教育方針が偏向していることを明記しておきます)の理事長なる人が生出演し、荻上チキと対峙。番組側はこの問題の記事を書いた朝日新聞の記者、豊中市議と対峙する形にしようとしたが、偏向教育幼稚園側がそれであれば電話出演をしないという意向であったので、朝日新聞と豊中市議の出演は後日ということにしたという。理事長は荻上チキの質問にひとつひとつに答えようとするのだけれど、その一つ一つが不自然。質問からかけ離れる答弁となってしまう。

 安倍晋三記念小学院という呼称は安倍昭恵を通してその使用の可否を打診していたのだけれど、なかなか返事が来なかった。結果的にはご辞退申し上げるということで使わないことになった、という説明だったのだけれど、当初は本人の承認ないまま使っていたのだ、ということになる。なぜ安倍晋三は抗議をしなかったのだろうか。

 安倍晋三は、自身も妻も土地の取得について一歳関わっていないと国会で答弁しております。

 理事長の発言「ためにするような報道だ。子どもたちに性善説を教えている。世の中には悪い人間がいる、私がその中に入れられている」

「市会議員の面識もないが、私の周りに疑惑の土地だというビラをまいている。朝日と市議はマッチポンプだ(マッチポンプの意味を取り違えていると思われる)。ちょっとは挨拶しに来るのが日本人の文化だ」

「歴史と伝統を重んじる、保守的な学校の建設をつぶしてしまおうというのが本音だろう。きわどい、悪質な、政治の力を使って、朝日新聞がペンの力を使って、保守がすばらしい日本にしようとする学校をいかなる方法を使ってもつぶすという方向だ」

「朝日新聞がマッチポンプ。南京大虐殺、東電吉田所長、も朝日が書いていて読者、国民が動揺したのと同じようなことだ」

「定期借地権を設定した、財政的な問題があったので、10年間のうちに内部留保ができれば買い取るとしたが、ボーリングの際に生活ゴミが出た。近畿財務局に調べてもらった。ゴミが埋まっているから安く買えるのではないかと思った。どんなんなるんですかねぇ、と投げた。」

「買い取り価格を非公開にした理由は、自分が買った家の値段を普通は公開することはないだろう。だから公表するなといった。」

「それを一転して買い取り価格を公開したのは、変なところで変な噂が出ているというのなら公開しても良いと、朝日新聞が動いているから。公開すると私が提案したということになるんでしょうね。」

「木村まこと(豊中市議)は新左翼で、悪質な、とんでもない政治家だと認識。自分の心情に合わない学校をつぶそうとする。関西生コンの組合員を使って得た情報を使って、我々の土地について周辺住民にビラを配るという、なんなんですかね、このちょっかいと国に対する態度は。」「市会議員の立場で国に訴えるというのは、記者会見して意見を述べる、たくさんのマスコミがやってきて良かったなんて書いているのを見たら、なにを彼が考えているのかわかりますねぇ。自由主義、民主主義の仲で私立の学校を作り上げていることに対する、豊中の市会議員が、自分の党派の人たちのために動いて、それで良いのか、それは民主主義ではないのではないか。一部の人たちの思い込みで正義をがんばる人たちをつぶそうとしていることではないか。」

「この土地がいくらぐらいするのかは専門家ではないのでわからない。不動産会社の人から土地を紹介されたけれど、高い土地だから、買えないかもしれないという気持ちが出るでしょ。だから借地だったらどうでしょうと聞いた。高いと思った。開校を急いでいたので、賃借料なら負担できるだろうと思った。」

「人体に影響はないけれど、何か変なものが出てきたら、本来は地主がきれいにして貸し出すはずだから、国は安く貸してくれるだろうと。第六感が働いた。ならば購入金額設定も安くなるのではないのか。」

「撤去費用については知らなかった、納得していたのは一億三千万円だけ。月額200数十万の賃貸料よりも安くなるのであれば、購入した方が安い。」

「土地の交渉の段階では安倍昭恵先生は名誉校長ではなかった。購入を決断したときは安倍昭恵さんは名誉校長になっていたはずだ。」

「7-8階建てを建てるつもりだった。しかし、ゴミが埋まっているのでそれだけの建築は危ないので今のものにした。ゴミは建物のところについては撤去し、グランドはなにも撤去していない。ゴミ出しに要した費用は全然知らない。朝日新聞にも一言もいっていない。にもかかわらず朝日新聞はそれを書いて、要求したけれど訂正しない、いつもの南京事件、吉田証言、慰安婦と同じだ。」

「ゴミ出しにいくらくらいかかるかはいえない。8億円もかかることはない。ゴミが埋まっていることによって資産価値が下がるはずだ。」

「安倍晋三先生に学校を作るから名前をお願いしたが返答がしばらくなかったので、その期間の間にですね、そういう名前にしようとしたことはあるが、それは衆議院議員だったときで、総裁になったときにそれはなくなった。辞退された。その名前を使って寄付を募ったのは当初だけで、その後は用紙を回収したし、その振込用紙が本物かどうかは疑わしい。」

「安倍晋三先生の名前を無断使用していたと認識していない、あちら側が逡巡していたタイムラグがある。安倍晋三先生は偉人ですから。回答が返ってくる前に名前を使って勇み足だった。」

「ヘイトスピーチというのは非常に広い定義がある。4年ほど前に中国出身の人が入ってきた。本来賛同した人たちが入ってくる。そうでない人、入園式にも来ない、授業参観にも来ない、遠足にマクドナルドを持ってくるなど、方針に合わない。やめて行かれました。ひとつの団体、民族の団体に対して渡した文書ではなく個人に渡したものが普通だったらネットに出るわけがない、ためにするために攪乱を起こして出て行く、その時に退園させられたとネットで拡散するという論法のやり方で、孫子の兵法を中国がやっているようなものだ。」

「保護者と係争中というのは訴えられたら、その訴えに抗弁しなくてはならない。係争ごとにするために中国の人も韓国の人も意図的にやってきた。その人のブログを見たらどのように攻撃しているかがわかる。」

「日教組批判団体なんて所属していません、日本会議は私の考え方と似通っていると認識している。」

「記者会見はマスコミに説明したので、全く必要ない。国会に呼ばれるような悪いことをしているわけではありません。独裁国家ではなくて、自由民主主義の国なので、日本の伝統を教えようとするのであって、そんなそれを貶めようとするような人たちがいるところへ行く気はありません」

2017年02月20日のツイート 2017年02月20日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20170221

2017-02-20

起き上がれない 起き上がれないを含むブックマーク

 あれはもう2年以上前のことだと思うけれど、ある人とその人の行きつけの飲み屋で呑んでいて、外の空気を吸いに出た拍子に、靴紐を結び直そうとかがんだら、そのままごろんと仰向けになってしまった。あれ!っと思ったんだけれど、まるで亀をひっくり返したようになってしまって、これがなかなか姿勢を取り戻せなかった。横に、まるで布団から起き上がるように、ゴロロンとなってからようやく立ち上がった。一瞬、今のはなんなんだと合点がいかなかった。あれはいったい、なんだったんだろう?布団で寝ていると、だんだん起き上がるのが辛くなってきます。

愛国小学校 愛国小学校を含むブックマーク

 テレビ東京だけがテレビで正々堂々と取り上げています。

 → こちら

やれるものならやってみろ やれるものならやってみろを含むブックマーク

 国防ってのが必ず武器、防衛装備品と言い換えるのが流行り、を用いて、攻撃してきた敵国を撃退することを意味しているみたいでございますねぇ。それもアメリカ産の飛行機やミサイルを用いて相手国の軍隊や国民をぶっ殺すことを意味しております。

 今、日本に対して攻撃を加える可能性がある敵国というのは、北朝鮮、韓国、中国が想定されているんでしょうね。他に日本に対して侵略、あるいは攻撃を加えようとする国というのはほとんど想定できないですよね。ということは現在語られている国防というのはこの三国との戦いと云うことを想定して語っているわけですね。

 ところで自衛隊というのは専守防衛ということになっておりますな。なにしろわが国は紛争の解決手段として軍隊を持つことをやめ、戦争をやらないということに決まっております。なんで自衛隊があるのかというと専守防衛、つまり守りの一点張り、ってことで折り合っているわけですが、今度ロッキード・マーティンからレーダーに引っかからないという戦闘機を買います。自国を守るためにレーダーに引っかからない戦闘機が何で必要なのかがわからない。

 で、その三国はわが国に侵攻してきますかね?どうやってきますかね?空から爆撃してきますか?じゃ、原発をコンクリで埋めちゃわないと危ないですよね?壊されたら放射能汚染が広がります。地震くらいでだめになっちゃうんですから、核爆撃されたら、もう取り返しがつきませんぜ。福井、若狭湾に上陸してきますかね?

 今時そんな事態になってしまったら、世界は黙っていますかね?

・・・・ ・・・・を含むブックマーク

 さすがに今日はネタがないん。。朝からNHKのノー天気モーニングショーが寒天のことをやっていたです。「寒天の観点」なんつって。昔は台所に角寒天が2-3本転がってました。乾物屋で買いました。これ、なんの料理でも入れて良いってことに気がついた。味噌汁、サラダ、ごはん、スープ、野菜炒め、餃子・・・とにかくなんにでも。

 豪州に暮らしていたとき、豪州産の「SUN WHITE」という単粒米を食べていたんだけれど、粘りが少ないからと云って寒天を混ぜていたんだと連れ合いが云う。へぇ〜!そうだったのか?当時は全く台所に立つことがなかったから知らなかった。単身赴任を余儀なくされていたときは自炊をしていたけれど、そんなことをしなかったから多分一人飯の寂しさだけじゃなくて、ごはんがぱさぱさしていて味気なかったのかもしれないなぁ。

 よし、今度から寒天を入れよう!

2017年02月19日のツイート 2017年02月19日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20170220

2017-02-19

あぁ あぁを含むブックマーク

 また呑んじまった・・・辛い。昨日は友人の誕生日ライブで、遊びに行った。最初は自重して持参の炭酸水を呑んでいたのだけれど、アドミッションについてきたフリーの一杯をバーボンソーダにしたら、そこから歯止めがきかなくなった。酔っ払ってステージに向かって叫んでいたら、知らない参加者からひんしゅくを買った。

 その後は気がついたらいつものルートだった。天気予報通りに雨が降り、折りたたみかさを取り出していたのだけれど、気がついたら傘が見当たらない。荷物はちゃんと持って帰ってきていたから、そのあたりは大丈夫だったのだけれど、やっぱり日頃さほど手にすることのない傘は忘れやすい。多分あの店だ。

 そんなわけで土曜日のいつも期待に応えてくれるTBSテレビの「報道特集」は録画しておいた。残念ながら豊中の土地問題には全く触れていなくて、金正男事件ばっかりだったので、がっかりだった。

 久しぶりにテレビ朝日の「報道ステーションサンデー」をつけたらまたあの安倍晋三シンパの男が出てきたので消した。どうも彼は高校の後輩らしいのだ。

2017年02月18日のツイート 2017年02月18日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20170219

2017-02-18

先制攻撃 先制攻撃を含むブックマーク

 アメリカが北朝鮮に攻め込む!?それが正しい判断だといっているバカがいるんだってさ。どこかの回路がまちがっちゃってんだろうなぁ。

我田引水 自画自賛 我田引水 自画自賛を含むブックマーク

 いやぁ、もうドナルドと晋三はそっくりでございますな!と喜んでおりましたら、乱暴者が権力者になると自画自賛は人の常のようでございますが、そんな乱暴者に権力を渡した国民がバカだった、ということのようでございます。何しろエラい目に遭ってしまってからではどんなに過去を悔いてももう遅いからでございますね。

 安倍狼藉者晋三が国会でいうには、保育待機児童数というのは、いくら保育士の待遇を改善し、保育施設の充実を図っての、自分の経済政策が成功したので、次から次に子どもを保育園に預けたい女性が増えて(何で男性じゃいけないのか、という論議はこの際置いておく)いるので、相変わらず足りないというわけで、子どもを増やし、社会に出る女性を増やした結果なんだといっておるわけです。

 なにをバカなことを言っているんだ、政治家たるものが政策を打ち出すのであれば、将来を見込んで打ち出すべきであって、それができていないということを白状しているだけじゃないか、という突っ込みもありますが、何しろ安倍狼藉者晋三がいっている話が全部自慢話の大嘘だから許せないものがあります。

 女性活躍担当大臣まで置いたってぇのに、それで女性の社会進出が加速化されたのかといったら大間違いで、旦那一人の稼ぎではやっていけない労働環境を安倍狼藉者晋三が加速化させたからに決まっている。非正規労働者ばかり増やしてきたからだ。

 挙げ句に保育士の労働環境を改善したといっているけれど、何ら目に見えて収入は増えていない。現場の声がそういっている。

 保育にしろ、介護関連にしろ、あぁだ、こうだと屁理屈を転がして時間ばかり稼いでいるけれど、いっかな彼らの待遇は改善されていないことは現場の声を聞けばすぐわかる。安倍狼藉者晋三がやっているのは、大企業が儲かるためのことだけ、それのためにドナルド・大馬鹿野郎・トランプにもこびを売る。

 とんでもない時代に遭遇してしまったけれど、これを選んでいるのも国民自身なんだからしょうがない。ひょっとして選挙にからくり??

国立演芸場 国立演芸場を含むブックマーク

f:id:nsw2072:20170218014315j:image:w360:right 国立演芸場でシニア割引の切符を買うのは至難の業なんだって話をしたことがありますな。一人分を買うなら、その場で年齢を証明できるものを持っていれば良いので、すぐに買えますが、二人分を一人でやってきて買おうとすると、二人分の年齢証明ができるものを持ってこないと買えないというのでございます。ま、あ、そうだろうな、当然だろうなと思うのですが、しかし、その時提示した二人分の年齢証明ですが、その証明書、ま、普通は運転免許証だったりしますが、の持ち主が当日来るかどうかわからないですよね。確かに切符には右角に「シルバー」と印字されております。だから20代30代の若者だったらばれちゃいますけれど。

 ところが電話での申し込みなら、その場で年齢証明をすることができませんからそのまま買えちゃいます。で、当日の切符の引き取りの時点で年齢証明を提示してくださいということになっておるそうです。だったら、わざわざ現場に買いに来た人にも、当日の提示で良いけれど、買い置きだ、ということにしてくれて良いんじゃないか、というのが大いなる疑問です。

 で、その当日でございます。なんと私は迂闊にも電話で教えられた7桁の番号なるものを全く失念しておりました。映画のネット上での購入には4桁の番号が必要だというのは熟知しておりますので、いつもメモをするのですが、なぜか、この7桁をメモした形跡がないのです。

 受付のお嬢さんは「ではお名前のわかる年齢証明と、電話番号を仰ってください!」と。「済みませんねぇ、訳のわからん爺さんで」と申し上げたら、つれ合いにはたかれました。

 後から聞くと、後ろの方でやっぱりお姉さんが、並んだ爺さんに「番号をお持ちですか?」と尋ねたそうです。するとその爺さんもやっぱり忘れてきちゃった。で、なんだかんだお姉さんがご説明になり「やっぱり番号は?」と再度聞いたんだそうです。するとその爺さん「知らないっていってんだろ!?」と怒鳴ったそうです。

 何で爺さんって怒鳴るんだろう、というつれ合いの質問です。私はその時わかったんです。作られた決まりを理解できなかった自分、一度恥を忍んで、「忘れた」といったのにもかかわらず、公衆の面前で、もう一度それを繰り返させられたことで前後不覚に陥っちゃったんですねぇ、その爺さん。なにも怒鳴らんでも良いじゃないかといいたいところですが、私にはわかっちゃったんです。「餅は餅屋に」ということをいってありますが「爺さんのことは爺さんに」ってんでございます。

f:id:nsw2072:20170218013853j:image:w360:left さて、鹿芝居は「らくだ」でございます。大昔に東宝が芸術座なんかの芝居でこれをかけたことがございます。このときのらくだ役は古今亭志ん五でございました。多分師匠の志ん朝が出ていたんじゃないかと思います。今回のらくだ役は金原亭馬久でございます。今回の芝居で当たり役はこの馬久のらくだと兄弟子の馬玉の大家の婆さん役でしょうか。

 ちなみに菊春と世之介のコンビは今年は中国マジックってことになっておりますが、もちろんそのマジックの相方が菊春のチャイナ娘(これがすごいんだ、ほんとに)でございます。

 落語の方は馬久の「あんちゃぁ〜ん!あんちゃぁ〜ん!」の与太郎ものがよろしうございます。それにしても馬楽さんが寄合酒をおやりになって、懐かしく聞きました。高校生の時に、何かというとこれをあげました。「馬楽さん、おばさんも馬楽さんなんですか?」「そうそう、オバモ・バラク!」ってのはどうですかね?

2017年02月17日のツイート 2017年02月17日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20170218

2017-02-17

友情 滴る 友情 滴るを含むブックマーク

 また「アメリカから武器を購入してアメリカ経済に貢献!」だってさ。あ、いけね!「防衛装備品」っていうんだった!

 これって、昔もあったね。確か、ヘリコプターを買う人はいませんかぁとかやっていたような気がするな。

 こっちの経済がどうにもならないから、あっちからしたたり落ちるのを待つって訳だね!そりゃまさに名案だ。しかし、したたり落ちるまで時間がかかるだろうなぁ。私が生きている間には滴ってこないような気がするね。

 自己を犠牲にしてもお友達のためにお金を遣う!まるで走れ!メロス!じゃないか・・・ちょっと意味が違うが。

 さぞかし、自分が困ったときにはお友達が何から何まで助けてくれるんだろうなぁ。情けは人のためならず、ってね。

 

豊中 国有地不正払い下げ 豊中 国有地不正払い下げを含むブックマーク

  • 豊中市議、木村真→こちら
  • 豊中市議、山本いっとく、日本共産党 →こちら

 なぜテレビはこの問題を取り上げないのか。

 本日の国会・衆議院・予算委員会でとうとう福島伸享(民進)がこれを取り上げた。→こちら

  • 役所からヒヤリングをしたがみんな苦渋の表情を浮かべる。
  • 8億1900万円の土地改良工事の内容は何か?という質問に具体的な答弁ができない。
  • 校地校舎が自己のものであるということが大阪府の小学校の認可基準のはず。
  • 安倍昭恵が名誉校長になっていることは安倍晋三は「知っている」。
  • 安倍晋三は「私は全く関わっていない、関わっていたら総理大臣を辞める」と発言。
  • 木造校舎の建設には補助金が出ている。
  • 安倍晋三「寄付の振込用紙に安倍晋三記念小学校と書かれていることは今日初めて知った」「私も妻も、国有地の取得には関係がない。大阪府に聞いてくれ、私になんの関係もない。関係あれば、総理大臣も国会議員も辞める。この小学校に通う子どもたちもいるんだから慎重にやってもらいたい!」

 多分この問題も全く無視したまま予算案は強行採決されるに違いない。しかし、TBSラジオのセッション22は来週月曜日にこれを取り上げるという。TBSテレビ土曜日の「報道特集」はこれを取り上げるだろうか。

大丈夫罪 大丈夫罪を含むブックマーク

 日本は大丈夫(という時点でもうすでに大丈夫じゃないかもなぁという不安に充ち満ちているわけだけれど)とか、日本はすごい(といっている時点でかなり無理があるってことだけれど)といっている人たちがたくさんいるみたいに見えているんだけれど、日本の現実を見ないで浮かれるというのは、古来いつの時代だってあって、天からお札が降ってくるとか、踊る宗教とかってのがあったわけだから、今始まったわけじゃないのね。それにそうして時間が通り過ぎる方が気が楽じゃんね。ま、アヘンとか、博打とか、のめり込んで他(という現実)を見ないでいれば気が楽ってことだからね。

 私はこれで日本へいきたぁ〜い!といわせて、どれほど日本びいきが世界に蔓延しているのか、というのを見せるテレビなんてのがあるとは思わなかった。私だって、ただでドイツへ行かしてくれるというのであれば、手を上げないこともない。いや、スイスだったら、ということにしようかなぁ。それとも、一番旅費に金がかかりそうなパタゴニアへイキタァ〜イ!にするかな。

2017年02月16日のツイート 2017年02月16日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20170217

2017-02-16

29年 29年を含むブックマーク

 あれから29年。それは平成元年2月16日のことでした。

 午後の昼下がりもかなり時間が経って、そろそろ小腹が空きそうだよなぁと思いながら、8階建ての一階のだだっ広い事務所の端っこにある休憩スペースのようなところで、旨くもないインスタント・コーヒーでも入れようといった。そこに展示会用に買ったモニター代わりのテレビが置いてあって、無声のまま、ひどく映りの悪いどこかのチャンネルが見えている。なにしろアンテナをちゃんと立てているわけじゃないんだから、もう映っているとはいえない、何だかぼう〜っと判別がつけそう、って位だ。

 そのモニターに映し出されているのはヘリコプターで、今度は地上が映ると、工場街の屋根越しに煙が立ち上っている。なんだ、工場火災なのか、今時乾燥してんからなぁと思っていたのだけれど、そのうち、どうもどっかで見たような気がする工場街だ。

 気になったので、二階の総務部のちゃんと映るテレビを見に行った。仕事の関係でよく知っていた室長がいたので、ちょっと見せて、といったら、「あぁ、良いところへ来た!修繕の工場で火事なんだよ!誰も仕切る人がいないで、混乱しているんだ、車を出すから行けたら行ってくれないか!」ともはや大騒ぎだ。エラいことだ。

 その三年前まで私はこの工場を含めた部門全部の広報担当をやっていたから、担当者にその場から電話を入れると、消防、警察だけじゃなくて、マスコミがどっと入ってきていて、今それを仕切れる人間が現場にいないので、工場の事務所の中にマスコミがてんで勝手に入り込んでいて、ぐちゃぐちゃになっているという。一瞬嫌な胸騒ぎがよぎったけれど、自分の「ぬくぬく」を守ろうかなぁという思いと、訳知りの自分なら役に立てるかもしれないという思いが頭をもたげてきて、それじゃというので取るものも取りあえず、その場にあったヘルメットだけを借りて、自分の事務所にも帰らず、そのまま車に乗って修繕工場へ直行した。

 高速に乗ると目線が高くなって視界が開けると、修繕工場の方にヘリが数機低く飛んでいて、その中心から黒い煙が立ち上っている。少なくともまだ収拾はついていない。

 工場に到着すると、日頃は敷地の中に歩いている人影なんてそれほど見ないけれど、あちこちで鉄板をひっくり返す音や、叩く音、なんだ知らないけれど、「シュー」という何かの音くらいなのに、事務所の扉という扉が始終パタンパタンと開け閉めされて、見慣れぬ風体の人たちが、テレビカメラを方にしたり、カメラを方からぶら下げたりして出入りをし、見慣れないほどの数の車を警備員が置き場を指示している。

 そのまま事務所に入っていくと、顔見知りの先輩たちが焦燥した顔つきで私を見る。かなり困っている顔つきだ。そこへ庶務というセクションの先輩が三階の大会議室を開けることができるから、いったんマスコミをそこへ誘導してほしい、そうしないと幹部の打ち合わせ指揮命令伝達ができないと困惑している。

 そこで私が大きな声を出して「クラブの幹事さんはどこの社ですかぁ〜!」と怒鳴る。こんな時はばらばらに対応しても統制がとれない。そういう点だけでは日本の記者クラブというのは便利なのだ。多分管轄の警察の記者クラブだったのだろうけれど、幹事社を捕まえることができて、双方にとってやりにくいから三階の会議室に一度動いてほしいと伝える。その時点では現場はそう簡単な事故ではないことが明確だった。ドックに入った船の一番底のデッキ、そしてその下のビルジと呼ばれる、長年溜まる廃油やゴミの始末に何人か入っていて、工事準備のための作業が始まったところで、突然爆発したということで、人はあがってきていないし、機関場の中は炎上しているということだった。

 そこから私が家に帰ることができたのは55時間後くらいのことだった。慌てて出てきたので、ヘリンボーンのスーツだけ。マフラーもコートもなく、こんな季節にもかかわらず、なぜが降りつづける霧雨の中、黙々と駅に向かって暗闇の中を帰る心は真っ暗で、全く寝ていないんだから帰りの電車の中で眠りこけても良いはずだったのに、まんじりともせず、疲れ切って帰ってきたことだけを覚えている。あれから29年経った。来年にはもう30年になると思うと、ずいぶん生きてきたんだなぁという思いと、あっという間だなぁという思いが錯綜する。

 11名もの犠牲者が出てしまった事故は、そう簡単には忘れられない。

不合格記 不合格記を含むブックマーク

  • 中学受験:国立S大学学芸学部附属中学校失敗。私立T大学第一中学校合格。
  • 中学二年転校受験:私立K学院中学合格。
  • 高校受験:私立S高校失敗。私立C大学S高校合格。都立D高校失敗。都立Y高校合格。
  • 大学受験:私立K大経失敗、私立W大政経失敗、私立C大法失敗、私立R大合格。
  • 二度目大学受験:私立T大臨床心理学部失敗、私立B大臨床心理失敗、私立K大心理合格。

つうわけで6勝8敗で負け越しでございます。あれあれ!ぼろぼろじゃないか。

ランチ定番 ランチ定番を含むブックマーク

 ほとんど昼飯は自分で二人分作ったり自分の分だけを作るのだけれど、だから、バリエーションがない。ほんの数種類をぐるぐる回すだけだ。

  • 野菜餡かけ焼きそば。とにかく野菜をたくさん食べたいとき、餡かけを食べたいとき。タマネギ、にんじん、エノキダケ、キャベツ、もやし。豚のバラ肉。
  • 野菜餡かけラーメン。載っける具は焼きそばと全く同じ。ただ、麺がマルちゃん正麺の醤油味だったり塩味湯麺だったりする。
  • トマトソースのスパゲティ。挽肉で作ったり、冷凍魚介だったりする。おおむねタマネギ、にんじん、椎茸。
  • 卵とじ饂飩。饂飩は半田麺の乾麺。薩摩揚げ、ほうれん草。時としてスーパーからかき揚げを買ってきて、天とじ饂飩になる。
  • ケチャップ・ライス:ショウガ、鶏肉もしくはウィンナソーセージ、タマネギ、ピーマン、卵
  • チャーハン:味付けが中華になるだけの相違。

 ほぼこれだけ。

 で、たまに夕食おかずもやりますがそれとて、限定的。

  • カレーライス:ただ煮込んで市販カレールーを入れるだけ。
  • 餃子:ひたすら刻む。
  • シウマイ:おおむね市販の皮を余らせる。
  • ハンバーグステーキ:挽肉が好き。
  • ミートソース。やっぱり挽肉とみじん切り。

 たぶん、こんなもの。

小涌園 小涌園を含むブックマーク

f:id:nsw2072:20170216050446j:image:w360:left 藤田観光の小涌園がいよいよ閉園するんだそうです。建物が60年経っていて老朽化していると云うことのようですが、今後の展開は超高級路線だそうなので、こりゃまた星野の後追いかい、ということでしょうか。

 私の思いの中では、高級な船橋ヘルスセンターという位置づけだったのですが、船橋ヘルスセンターへは行ったことがありません。

 ただし、小涌園には泊まったことがあります。たった一度です。それは多分、1983年頃のことで、それは会社の職場の慰安旅行だったのですが、慰安旅行と云うよりも、宴会大騒ぎ旅行といった方が良いでしょう。それぞれの車に分乗していったのですが、私は翌朝思いっきり酒が残っていて、同期の優秀な社員に運転してもらった記憶があります。だから、温泉にまともに入った記憶がありません。ただただ、宴会とその後の各部屋でののみの記憶しきゃないのです。

 だから、ほとんど小涌園の思い入れもありません。それよりも近所にある古い温泉旅館・三河屋の方が記憶にあります。真珠の店の安い日帰りバスの旅に乗せてもらってここでお昼をいただいて、温泉に入れてもらいました。確か真冬のことで、温泉にお客がほとんどいない季節だったと思います。普通だったら二食付きでひとり3万円はくだらないという温泉宿ですが、ガラガラです。大きな樽状の掛け流しにざぁざぁとお湯をこぼしながら「ウゥ〜!」と唸りながら浸かった記憶があります。あれ?ひょっとするとあれ以来箱根へ行っていないかもしれませんねぇ。それにしても、二食付きではありますが、温泉宿は安くないから、なかなか行くチャンスがありませぬ。

地に足 地に足を含むブックマーク

f:id:nsw2072:20170216024724j:image:w360:left 派手なキャンペーン、国会本会議でのスタンディングオベーション、よいしょ首脳会議報道、なんてものは全く要らないから、メルケルさんのように、地に足がついた、派手ではないし、地味でなにやってんのかよくわからないようでいながらも、国民の安全と生活を保障しようとしてくれているのがわかるような政治をしてほしい。

 どこか北欧の人が「税金は自分たちの将来に対する投資なんだ」といっていたというんだけれど、この話が誰かが作ったネタであったとしても、これは良い言葉だと思った。この国では誰の懐に入るのかわからないけれど取られてしまう金という意味しか見いだせなかった。それでも今になってみると、つまり生活を成り立たせるのに助けが要るようになってみると、あぁ、あのとき、あれだけ払っていた税金はこうなって出てくるのか!?と納得ができそうな気がしてくる。しかし、企業のために外国に金を出しまくっているのに、社会保障にかける費用が削られたりしてくると、それは納得できなくなる。

 それでいながら、政府は何でこうするのか、どうしてこうすることが必要なのかをきちんと説明をしようとしないで逃げる。それでは納得できるわけがない。

 9割引で自分が関係している学校法人に国有地が払い下げられたら、それは何でそんなことになって問題にならないのかと聞くのは当たり前じゃないのか。何で逃げるんだ。

2017年02月15日のツイート 2017年02月15日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20170216

2017-02-15

45年目 45年目を含むブックマーク

f:id:nsw2072:20170215150747j:image:w360:left つくづく考えてみたら(それほど時間がかかるわけじゃないが)現在わが家は創立以来45年目に入っている。創立して50周年となると「金婚式」というわけだけれど、45年目ではさしたることをする場合じゃない。しかし、このくらいの年数になると、当然年齢も結構いっているわけで、一年一年が非常に重要になってくる。もはやいつ死んでもおかしくないしねぇ。

(眠くなったので、いったんお休みします)

 先日、豪州の老夫婦が次から次に出てくる場面を見ていたら結婚してから41年、44年、なんていう夫婦で、それぞれの現在の写真を見ると実に老け込んでいて、ずいぶんと老けてるなぁと思うんだけれど、じゃ、自分はどうなのかと思って振り返ると、お〜、なるほど、十分なまでに老け込んでいるじゃないか!と納得したのだ。自分だけはそんなに老け込んでいないと思っているものだから「昔はこの年齢を聞いたらずいぶんな爺さんだと思っていたけれどねぇ」なんていっちゃって、実は自分はそうでもないと思い込んでいたりしたものだけれど、実に立派に、文句なしに老け込んでいる。困ったもんだ。

出ない名前 出ない名前を含むブックマーク

f:id:nsw2072:20170215150902j:image:w360:right 今や、社会的隠居なので、世事に疎く、二人して「幸福の科学」と「統一教会」の区別が曖昧になり、幸福の科学でテレビ業界ではショップチャンネルでしか見たことがない女性の元歌手の名前も出てこなかった。「ん〜ん〜!」と呻吟の果て、私が「小川・・・小川・・」といったら、つれ合いが「と、知子だ!」と叫ぶ。「良くまぁ、小川が出たわねぇ〜!」という賞賛の声に、「どうだ、すごいだろ!」・・・ってそれすごくないっすから。

 しかし、不審死してしまった、「タモリ倶楽部」なんかにも出ていた構成作家の、あの目のぎょろっとした奴!の私の表現に、相方は思わず「高田文夫!」といってしまって私が「病気だけれど、まだ生きてるぞ!というと、「あれ?そうなの?」って勝手に人を死に追いやるなっての。正解は景山民夫だけれど、これが出てこなかった。奴が死んでからもうそろそろ20年近くになるんだろうなぁ。

 それにしてもこの宗教もよくわからないだけじゃなくて、あちこちに一見立派そうに見える建物をやたら建てたがるのも含めて、某学会にかなり似ている。かなり参考にしているんだろうなと思うけれど、その某学会もそうだけれど、ユタ州のSalt Lake Cityを本拠地にしているモルモン教(Church of Jesus Christ of Latter-day Saints; LDS.日本名:末日聖徒イエス・キリスト教会)を手本にしているんだろうなぁと思われる展開に気がつくんだなぁ。真偽のほどはともかく、若い頃の某学会の総統はSalt Lake Cityから南へ70kmほど離れたProvoという街にあるモルモン教徒のための大学、BYUに留学していたんだという噂を聞いたことがある。断っておくけれど、真偽のほどはわからない。

 ロバート・レッドフォードとか、お古いところではTHE OSMONDS (The Osmond Brothers)というジャクソン・ファイブの対抗馬的だったグループもモルモンで有名で、スポーツ業界だって、かつて大活躍したゴルフのジョニー・ミラーや、なんたってモルモンのブリガム・ヤングの来孫にあたるSteve YoungというSan Francisco 49ersのQBだっていた。この辺は某学会だって芸能人やスポーツ選手を多数輩出しているところもあるし、そっくりですよ。あ、そうそう、なぜか日本であたかも日本会議を代弁するような戦前復古主義を主張されているケント・ギルバーなる人ももちろんモルモン教徒でございますね。あ、そのたぐいではケント・デリカットというモルモンの人もいましたね。

 学ぶところがたくさんあるのが、モルモン教でございます。なにしろそれまで信徒に加えなかったアフリカ系米国人や、先住民を、ある日キーパーソンにお告げがあったのだとして、教義を変更するところなんて、実に便利でございます。社会的な認識が変わるにつれて、それ一発で教義を替えちゃって良いんですからね。それでも私は白人の信徒にしか出逢ったことがないのですが、最近はほとんど近づかないので、それも変わったのだろうと思いますが、どうでしょうね。

 話はどこまでも広がるのでございますな。統一教会だって、このシステムにかなり似ていますよねぇ。昔は路上で「ガンは切らずに直る」とスピーカーを鳴らしていた連中だって、世界基督教統一神霊協会とか国際勝供連合とか、原理運動とか、世界日報ってのはみんな同じグループだってのがよくわからなくなりつつあるわけで、こんなのもどんどん名前を変えていけば、一時期は警戒されていたグループが、訳わからなくなってまた一から始まって引っかかる人たちが出てきちゃう。オウム真理教だって、今や全く違う名前になっているから、洗脳されちゃう人が新たに出てきているという話を聞いても、今更驚かない。

 こちらのThe Osmondsのお別れ公演にもモルモン・タバナクル・クワイアが出てくる。これは超有名な合唱団で、こういうところは某佼成会のブラスバンドや某学会のグロリア吹奏楽団も似ているといって良いんだろうと思いますね。

D

D

2017年02月14日のツイート 2017年02月14日のツイートを含むブックマーク

nikkokisugenikkokisuge 2017/02/15 16:49 そうなんですよね。老女を見て、へぇ〜同い年!? 私こんなには婆さんではないわと仲間にしないけれど、実はしっかり、やはりどうみえて他人からは同じ老け具合らしいです。
がっくりです!

nsw2072nsw2072 2017/02/16 05:08  町中を歩いていて、ひょいとショー・ウィンドウのガラスに映る自分を見つけて、あまりの変化にがっくりとして思わず歩みがのろくなります。トホホ・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20170215

2017-02-14

「あたらない」 「あたらない」を含むブックマーク

 2月9日付で「不適切な交際」を理由に減給処分を受けた。監察官室は「重婚や詐欺などの犯罪には当たらない」としている。事案を公表していなかった理由については「不倫はいちいち発表することではない」と説明

 「当たらない」ネタとしては結構当たっている。不倫相手と結婚披露宴を敢行したけれど、もちろん自分の側の親族なんて一人も出席するわけない、連絡できるわけない、もんだから披露宴の会場で大騒ぎ。それを自分の親族に連絡したら、その親族がエラい事件に巻き込まれていると思って警察に電話されちゃった警察官の話。

 もちろん「重婚だ!」と騒がれるわけだけれど、福岡県警は「当たらない」と説明したわけです。流行るね「当たらない」は!菅義偉の馬鹿のひとつ覚えもここまで来た。彼も嬉しいだろうな、役人のフォロワーができて。

 「あなたがいつも国民を馬鹿にしているからそれを見てこういう見解を平気でするようになっちゃったわけで、責任があるでしょう!?」と記者から指摘されちゃって、菅義偉が「それには当たらない」っていう。

「2度目の」シリーズ 「2度目の」シリーズを含むブックマーク

 NHKの世界街歩きの「2度目の」シリーズってのがあるんです。有名なところは外しておいて、ちょっと気が利いた地元民に人気の店とか、「歩き方」に出ていないような店を巡るんだけれど、さすがにこりゃちょっといってみたいなぁと思わせます。

 しかしながら、なかなか観光客が足を伸ばすには、ちょっと公共交通機関だと不便なところだったり、余程の人じゃないと行かないぞ、てなところで、行きたいけれど、踏ん切れないようなところが多いのだよね。

自衛隊 自衛隊を含むブックマーク

f:id:nsw2072:20170213144522j:image:w360:left 今日の衆議院予算委員会の、辻元清美対稲田朋美の稲田某の答弁は聞いていて腹立たしい。

 まずは自衛隊の内部では昨年7月の日報を捨てちゃうことが規則にあっているから問題じゃない、という判断には驚く。こんな規則をまともだと思っている政府機関があって良いわけがない。

 挙げ句の果てに、年末に統合幕僚でその日報が見つかっているにもかかわらず、今年の1月24日に安倍晋三の代表答弁の中でも「破棄した」といい、大臣は見つかったことを1月27日まで知らされてなかったと言い張っている。政府が国会の代表質疑の答弁で公式に否定したということは大臣が干されているということになる。それをこれから内部調査するといっている。自衛隊というのはそんなに情報が滞る機関だということは、戦闘行為に携わる軍としてはなはだ不適当だということになる。(あ、いけね!戦闘には出ないんだった、武力衝突だった!)

 稲田朋美は理屈にならないペーパーを読むだけだ。行き詰まると、安倍晋三が出てきてかばう。

 辻元が「ISILとシリアとの戦いは戦闘なのか、武力衝突なのか?」と聞いたら、稲田も安倍も「検討していない」と答えた。逃げの一手。

2017年02月13日のツイート 2017年02月13日のツイートを含むブックマーク

donitidoniti 2017/02/14 09:21 前日記事、上野千鶴子論に賛成であります。

nsw2072nsw2072 2017/02/14 12:03  ご賛同、ありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20170214

2017-02-13

物議を醸す 物議を醸すを含むブックマーク

「この国のかたち 3人の論者に聞く 中日新聞2017/2/11」

◆平等に貧しくなろう 社会学者・東京大名誉教授 上野千鶴子さん

 日本は今、転機だと思います。最大の要因は人口構造の変化です。安倍(晋三)さんは人口一億人規模の維持、希望出生率1.8の実現を言いますが、社会学的にみるとあらゆるエビデンス(証拠)がそれは不可能と告げています。

 人口を維持する方法は二つあります。一つは自然増で、もう一つは社会増。自然増はもう見込めません。泣いてもわめいても子どもは増えません。人口を維持するには社会増しかない、つまり移民の受け入れです。

 日本はこの先どうするのか。移民を入れて活力ある社会をつくる一方、社会的不公正と抑圧と治安悪化に苦しむ国にするのか、難民を含めて外国人に門戸を閉ざし、このままゆっくり衰退していくのか。どちらかを選ぶ分岐点に立たされています。

 移民政策について言うと、私は客観的に無理、主観的にはやめた方がいいと思っています。

客観的には、日本は労働開国にかじを切ろうとしたさなかに世界的な排外主義の波にぶつかってしまった。大量の移民の受け入れなど不可能です。

 主観的な観測としては、移民は日本にとってツケが大き過ぎる。トランプ米大統領は「アメリカ・ファースト」と言いましたが、日本は「ニッポン・オンリー」の国。単一民族神話が信じられてきた。日本人は多文化共生に耐えられないでしょう。

 だとしたら、日本は人口減少と衰退を引き受けるべきです。平和に衰退していく社会のモデルになればいい。一億人維持とか、国内総生産(GDP)六百兆円とかの妄想は捨てて、現実に向き合う。ただ、上り坂より下り坂は難しい。どう犠牲者を出さずに軟着陸するか。日本の場合、みんな平等に、緩やかに貧しくなっていけばいい。国民負担率を増やし、再分配機能を強化する。つまり社会民主主義的な方向です。ところが、日本には本当の社会民主政党がない。

 日本の希望はNPOなどの「協」セクターにあると思っています。NPOはさまざまな分野で問題解決の事業モデルをつくってきました。私は「制度を動かすのは人」が持論ですが、人材が育ってきています。

 「国のかたち」を問う憲法改正論議についても、私はあまり心配していない。国会前のデモを通じて立憲主義の理解が広がりました。日本の市民社会はそれだけの厚みを持ってきています。(聞き手・大森雅弥)

 この上野千鶴子の発言が今大きな論議を呼んでいます。上野千鶴子といえばまさに女性解放運動の旗手でございます。それが排外主義を主張していると捉えられているということなのですが、どうも私にはそうは思えないのです。寧ろ、皮肉を交えて日頃私が主張しているところに近いのではないかと思っております。これは長い話になるので、ゆっくり語りたいと思います。

 出かける間際でこの記事をアップしたので、書きたいことを書く時間がありませんでした。

 実は、私のこれまでの意見は上野千鶴子とまさにぴったりなのです。本来的に私は世界的な人々の移動に対して、グローバルにその流動性は支援されなくてはならないという思想を持っていました。20年ほど前からこの観点を持っていましたので、その種の各界の方々の意見を書籍やネットで聞いてきました。

 だから、日本政府の外国人の受け入れに関しては「労働者としての外国人の受け入れ」には大きく反対していました。そりゃおかしいじゃないか、という反応があってもおかしくはありませんが、「労働者」として、というところに反対してきたのです。移動してくる「人間」として受け入れるべきだという考えです。どこが違うのかといったら、「労働者」として受け入れるというのは、労働するもののみを受け入れるということです。それがなにを意味するのかといったら、労働することができなくなったら「用なし」だということなのです。人が動いてくるということは人の生活をすべて受け入れるということです。つまり、外国人としてではなく、同じ日本人という、ここで生まれ、ここで育った人間と同じように取り扱い、つきあい、助け合うということです。

 それが今のこの日本という風土の中で本当に実現をすることができるのかといったら、私にはそれを保証することができないということなのです。なぜなら、終戦までの間の宗主国と植民地との関係がある、あるいは侵略した、されたという関係があるにせよ、韓国、台湾、中国の人たちとであっても、これだけ上手く共生することができずにここまで来てしまっていることがあります。

 今、日本には、それらの国出身の人たち以外に、数多くの国々からやってきて暮らしている人たちが思いもよらないところにで働いていて、暮らしています。確かにあのバブル期間を過ぎてから驚くほど外国人の人たちがいます。しかし、それは欧州の各国と比べたら、てんで話にならない程度でしかないわけです。例えばベルギーという国は、コンゴという植民地があったこともありますが、国民の半分以上が外国生まれ、およびその子孫たちです。もし日本がそんな状況に突然なったら、上手くやっていけるという自信をお持ちの方がおられるとはとても思えない。より収入の少ない職種に外国人の人たちが張り付くという状況は今からでも十分想像がつきます。

 国内の市場を保たせるために、彼らの移民としての流入を受け入れるんだとしたら、必ず問題が起きて後悔するときが来るのは第二次世界大戦後に様々な手段を弄した先進各国の事例を見聞するとおおよそ見当がつきます。

 それを上野千鶴子は言葉少なに表現したと推測しているのです。

旦那さんと奥さん 旦那さんと奥さんを含むブックマーク

 近頃の風潮では自らのつれ合いのことを男は「うちの奥さん」といい、女は「うちの旦那様」と人前で平気でいいますね。それは老若を問いませんな。いい歳をした爺さんが「うちの奥さんが言うにはねぇ・・」なんぞといったりしましてね。これは聞き苦しくていけません。他人が「お宅の奥様はお元気であらせられますか?」と使うにはなんの抵抗もございませんけれど、「うちの奥さんはこだわりがあって・・」なんぞといわれると、おまえは家来なのか?といいたくなったりなんぞいたします。

 それは男尊女卑なんかじゃないんですよね、人前で謙遜して自分の合方を呼ぶということなんでございますよ。そんなのはおかしいよ、ということなのかもしれないですね、現代は。

 まさか、今時「うちの愚妻は・・」といえとはいいませんが、「妻が」で良いんじゃないでしょうか。いや、別にそれぞれの方のご勝手でございますがね。

2017年02月12日のツイート 2017年02月12日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20170213

2017-02-12

2月11日 2月11日を含むブックマーク

 昨日のことを今頃いうのは遅いじゃないか、手遅れだぞという声が聞こえております。しかしながら、ほんの先ほど、トイレにぶら下げてあるカレンダーを見て気がついたのですが、昨日の旗日は「建国記念の日」と書いてあって、「建国記念日」ではないのですよ。あれっ!っと思って、こりゃどういうことだよ、と思って、いつものようにネット検索に頼ってみたんです。どうすりゃ良いのかなぁと逡巡しながら、ただ「建国記念日と建国記念の日」と打ったら、自動的にGoogleくんが「〜の違い」としてくれて、なおかつまさにそのままにお書きになっておられる方がおられて、一発で氷塊です。

 つまり、「建国記念日」ならその日が建国された、まさにその日だけれど、この日に選定した「紀元節」だったわけです。だけれど、その紀元節てのは、ま、はっきりいって神話ですよね。だいたい天皇制の万世一系ってのがもはや神話ですし、昭和の初めに天皇制を神格化して戦争に国と国民を引きずり込んでしまった過去を抱えていますから、戦後の一億総反省の流れがこの日をそのまま「建国記念日」としてしまうのには大きな抵抗となっていたわけで、この日を旗日にはして、残しはしたかったけれど、その抵抗を交わすために「建国記念の日」としたわけですね。だから、この日に明治神宮で神輿を出すだなんて行事は全くの話おかしな話でございますよ。なんせ天皇制、そしてその礎、万世一系が神話ですからね。神話ってのももはや意味不明になりつつありますね。神の話ってなんだよ?って訳で。

 ま、この旗日は他の日にしても良いわけで、本来的にはこの国の「建国記念日」はサンフランシスコ講和条約に署名した9月8日にしたら良かったですねぇ。

贅沢 贅沢を含むブックマーク

 マンザナ巡礼に参加してみたいのだけれど、ちょうどGWにあたるし、20万円もかかることを考えると、やっぱり無理だろうなぁ。

解決 解決を含むブックマーク

 原子力発電システムの問題点は何一つとして解決していない。いったん壊れてしまったら、どうやって溶け墜ちた燃料を回収して、周辺を汚染せずに始末をつけるのかという根本的な問題解決策が全く、手つかずになっている。つまりレギュラーな形で収まらないときはどうするのかということについては技術的になにもわかっちゃいないという状態のまま、動かしてきたし、今でも動かしている。

 それでなくても、レギュラーな、いわゆる想定してきた形で終焉を迎えたとしても、その「使用済み燃料」をどうするのか、どこに集約してどうやって無害化するのか、という点について解決策を見いだせずにいるままだ、ということが恐ろしい。

 その上、このシステムが常に持ち続けている地球上の動植物に致命的な影響を与えるというすさまじいまでの大欠点を抱えたままなのだ。

 それをそのままにして、動かし、動かそうとしていることがなぜ極平然と行われているのか。

 リスクを全く回避するつもりなんぞなくて、もし何かが起きたら税金で賠償できるようにしておいた電力企業側の周辺住民に対する不遜さというものは、いくら責められても、許されるものではない。

蝶々夫人 蝶々夫人を含むブックマーク

 どうしてオペラ「蝶々夫人」に出てくる日本人役の人たちはどこの公演でもみんなしてあんな変な着物を着ているのでしょうねぇ。いや、あれは西欧人による古い時代での解釈なんだから、彼らがそう解釈していたんだからそれで良いんだ、といううちの連れ合いの意見もありますが、じゃ、そこへ登場する西欧人もおかしな格好をしているのか、といったら、そうでもないですよねぇ。結構時代考証がチャンとされている格好で出てきますよ。それがかれらも宝塚の衣装のような、真っ青なサテン地で作られた中世の服だったりすれば、ま、しょうがないかとあきらめもつきますが、彼らの衣装はまじめな時代考証をされたものだったりするものだから、「蝶々夫人」を初め、日本人役は全員が全員、全然変だもの。

 ま、そういう意味では宝塚に文句をつけられてもしょうがないってか・・・。

 とりあえずサテンのちゃらちゃらした生地で、だらだらしていて、帯を思いっきり胸高に締めているってのだけでもやめさせてくれませんかねぇ。なんだか気味が悪い。

北星学園余市高 北星学園余市高を含むブックマーク

 存続が危ぶまれている北星余市は年間の赤字が一億円出てしまっているらしい。ことし、これまでの60人を超える入学者が果たしているのだろうか。

風潮 風潮を含むブックマーク

 間違いをしでかしても、平気で居直る風潮が蔓延している。

長谷川幸洋、甘利明、長谷川豊、稲田知美、金田勝年、橋下徹、野田佳彦、ま、一番の元凶は安倍晋三だな。

2017年02月11日のツイート 2017年02月11日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20170212