Hatena::ブログ(Diary)

ほぼ足りて、まだ欲 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-05-21

2018年05月20日のツイート 2018年05月20日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20180521

2018-05-20

祭の陰で 祭の陰でを含むブックマーク

f:id:nsw2072:20180520210311j:image:w360:left この週末は祭だったわけですが、今のように神輿に群がる人たちがこんなにたくさんいなかった時代というのがありました。なにしろ、地元町内から神輿を担ぎ出して、神社へ行き、御霊を入れて戴いて、それを町内に持って帰るのに、担ぎ手が足りなくて、みんなひぃひぃ云いながらの道中だった、なんてことがありました。それも人がたくさんいるところはみんな肩を入れるのに、ほとんど見物人がいないあたりでは、それはそれは疲弊感が漂い、「オイ、替わってくれ!」と云っても誰も肩を入れてこないなんて状態だったりしたんです。

 その頃、某町会ではとうとうしょうがないから、臑に傷を持つ連中に声をかけちゃったんですね。そんな状況で彼らの力を借りたもんだから、今のように普通の担ぎ手が増えても彼らを排除できなくなってしまいました。むしろ彼らは、担ぎたいという連中に、自分の組の袢纏を貸し出して、それで金儲けをするようになっちゃいました。つまり、祭が彼らの金儲けの場になってしまったわけです。そんなわけも知らない連中はその組の袢纏を金を出してきているんだから、なんの文句があるのかもわからないで祭に参加した気になっています。

 そこへ集まってくる連中は総入れ墨が何人もいて、彼らにとってはこれ見よがしに誇らしげに裸になるチャンスになっています。またそれを通りかかりの阿呆な素人が「うわっ!凄いね!」なんて云うものだからますます連中はつけあがる。集団ですごんで写真を撮らせたりします。バカがバカを呼ぶんです。知らん顔して下さい。お願いだから。

 一度悪魔に魂を売り渡すと、いつまでもたたられるというわけです。日本の政治と全くうり二つです。悪い連中に国を売り渡しちゃったんです。

天気予報 天気予報を含むブックマーク

 前の予報では祭の間、雨かもってことだったのですが、昨日も今日も、涼しい風が吹く中、とても良い天気です。

目が覚める 目が覚めるを含むブックマーク

 なにやらごそごそという音に目が覚めると、猫が私の部屋の扉をぶら下がって自分で開けて入ってきて、高いところから見下ろしていました。なにやら超然とした雰囲気を感じました。

2018年05月19日のツイート 2018年05月19日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20180520

2018-05-19

祭を含むブックマーク

 昨日から祭です。天気良くてようございました。

例会 例会を含むブックマーク

 昨日は第三金曜日だったから、唄の会がありました。第一金曜日がGWだったから開かれなかったので、随分久しぶりでした。昨日の練習はとっても面白く、半信半疑ながらついていくと、なかなか面白い結果が出てくる。

2018年05月18日のツイート 2018年05月18日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20180519

2018-05-18

口聞かない 口聞かないを含むブックマーク

f:id:nsw2072:20180518162458j:image:w360:left 今の若い人たちは知らない人たちと口をきくなと教育されてんですかね?小学校時代の教育が功を奏して、大人になっても知らない人と口をきいたら危ないとでも思ってんですかね。

 というのはバスに乗っていたときに、奥に座っている兄ちゃんや隣に座っていた姉ちゃんは自分が降りる停留場にやってきたら、口も開かずに、なにも声をかけずに、強引に出ていこうとするんです。これって、なんかそういうルールかなんかが、私の知らないうちにできたとか、ってそういう奴なのか?と思わず自分が悪いのかと思いましたよ。

 「あ、すみません!」とか「失礼!」とか「あのぉ」とか、何かいえよ!あ、いやいや、多分彼らはしゃべれない人なんだと思いたいね。それとも日本語を知らないのか、日本の文化を継承していない?

 それに引き替え、席を譲って差し上げたお婆さんは降りるときにわざわざ私に向かって「ありがとうございました!」とご挨拶なさったんですよ。「とんでもありません!」

睡眠 睡眠を含むブックマーク

 ここのところ2-3時間の睡眠を一日に何度かとるという状況でした。ま、歳取っちゃったんだからしょうがないんだよな、昔から婆さんは縁側で猫を膝の上に置いて寝ているってのが普通だったじゃないか、と思った。しかし、そういわれてみると、そういう時はこっくりこっくりしている爺さんというのは思い浮かばないんだよなぁ。つまりその歳になるまでは爺さんはみんな死んじゃった、ということかもなぁ。

 で、昨日、おとといと二日連続で9千歩歩いてきたら、昨夜は午後6時から8時まで2時間寝て、次は午前0時に寝てしまい、3時にふと目が覚めただけで、午前6時まで寝ていた。

 つまり、しっかり身体を動かせばちゃんと寝られるって云うことらしい。

居丈高 居丈高を含むブックマーク

 「新日鐵住金」が日新製鋼を完全子会社とするのを軌を一にして社名を変更するんだという。「新日鐵住金日新」にでもするのかと思ったらそうじゃないと。で、どんな社名にするのかと思ったら、よりによって「日本製鉄」っていう。要するに住友金属臭を払拭、元々の官営製鉄だったってことを誇りに思っていること見え見えで、イヤな匂いがする。

 この業界に全く関係ない人たちにとってはどうでも良いことなんだけれど、戦前、この会社は「日本製鐵」と称していて、1934-5年頃に八幡官営製鉄所にいくつかの民間企業が合同してできた。戦後分割されて八幡製鉄と富士製鉄に分かれた。これが1970年に元の鞘に収まって新をつけて「新日本製鐵」と称したんだけれど、この社名の「鉄」が「鐵」なのが味噌。昔の「日本製鐵」の尻尾がくっついていた。

 ところが今度は「日本製鉄」で戦前のものとは違うんだ!と強調すればするだけ、きな臭い。そもそもここまで来て、あたかも日本を代表する企業なんだぞ!と威張っているその姿勢そのものが傲慢企業の面目躍如でございます。

 この会社の姿勢は従業員にものの見事に反映されていて、地方の支社長とか、海外の現法社長なんかが実に偉そうにしていて、面白い。今度の社名変更にその姿が良く現れている。新日鐵はかつての日本製鐵とは全く異なる企業であって、戦前の日本製鐵の過去について責任は持っていないというスタンスに立っているところも、この会社らしい。それでいて、過去があるからと中国の製鉄業になんであんなに入れ込んだのか。自分で自分の首を絞めブーメラン、ブーメランと西城秀樹の唄のようだったことは忘れちゃいない。

 そういえば三菱東京UFJ銀行も、ここに来て東京銀行の尻尾を切り捨てた。

2018年05月17日のツイート 2018年05月17日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20180518

2018-05-17

昼飯 昼飯を含むブックマーク

f:id:nsw2072:20180517230620j:image:w360:left 横浜まで行ったので、西口の地下街で飯を喰うかなぁと思ったんだけれど、なかなか帯に短し、タスキに長しで、大龍という中華屋に入ってしまいました。昼飯時で結構お客さんがいたんですが、ひとりなので、大テーブルに案内されました。周りは全部おばさまのひとり客ばかりです。

 ふと気がつくと、隣のおばさんが半ちゃん炒飯付きのラーメン、片一方のおばさんがニラレバ炒めライスです。これ、昔だったらがっつり系のにいちゃん達の定番メニューですよ。女性の活動範囲がどんどん広がってきてるってことかなぁ、なんちゃってね。

 私の選択はワンタン麺。アメリカのチャイナタウンだったら「wangtang noodle」って奴です。日本のワンタン麺は本当に旨いよなぁ!と感動した次第。

連日 連日を含むブックマーク

 ここのところ、毎日銀座に足を運んでおりました。それもシルバーパスで行くんですから、必ず東銀座から歩いて行くわけで、その分歩く歩数が増えます。昨日も今日も、9,000歩歩くことができました。医者に威張りに行きたいくらいです。なんで毎日銀座に行くのかといったら、某書店に配本になる季刊誌が、毎号10日配本なのに、なかなか到着しないからです。ようやく今日来ました。だから明日は銀座には行きません。

比較実験 比較実験を含むブックマーク

 シルバーパスを使って最も安く横浜へ行くのにはどのような手立てがあるのかという実験をしてみました。

f:id:nsw2072:20180517162804j:image:w360:left 東京駅八重洲口までいくバスがあるのですが、なんと一時間に二本しきゃ走っていないのです。なんとトホホ。ところがここから接続するバスはなんと丸の内南口でございます。東京駅丸の内側はすっかり工事が終わりましたから、バス乗り場も、まぁ20年ぶりくらいで綺麗になりました。東急バスがここから等々力操車場まで行っています。これ、昔都電の路線があったんですね。これもシルバーパスで乗れます。そういえば随分昔にこの路線に乗ったことがありますが、沿線の景色が、いやものすごく変わっています。変わっていないのは東京タワーぐらいじゃないかというほどでございますよ。慶應義塾大だって西校舎のあたりは全く知らない校舎です。桜田通りから目黒通りに清正公前あたりから入ると、都営三田線の駅なんてなかったし、当時「シロガネーゼ」なんて馬鹿馬鹿しい名称なんてなかったからすっかり様変わりしちゃってまさぁねぇ。で、バスはどんどんまっすぐ走っていって、都立大の前を通り、八雲3丁目でおります。八雲3丁目には渋谷から来る田園調布駅行きの東急バスが来ます。ここから狭い通りに入っていって、環八を横切って田園調布駅へ行くんですが、目黒通りを曲がってからは、あの狭い狭い通りを走るんですから、運転手さんも大変ですが、この運転手さん、急ブレーキを意図的に使うので不愉快極まります。

 田園調布の駅は今や地下になってしまっていて、あの駅舎はただ単に記念碑的に建っているだけなんだというのがわかりました。もっと驚いたのはかつての急行停車駅だったんですが、各駅しきゃ停まりません。菊名で特急に乗り換えたら途中は一つも停まらずそのまま横浜に到着。ほぼ250円だそうです。

バス バスを含むブックマーク

昔10円玉三つで旅に出る、という詩を書いたことがある。バスのことだ。

それが今や年間に千円札一枚でバスに乗り放題というところまで来た。嬉しい。

2018年05月16日のツイート 2018年05月16日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20180517

2018-05-16

Horseradish Sauce Horseradish Sauceを含むブックマーク

f:id:nsw2072:20180516203046j:image:w360:left 1月の旅行で偶然何の気なしに手に入れた一瓶を探し続けているわけですが、昨夜ネット検索したら、スーパーのイーオンがプライベイトブランドで出しているという情報にぶつかる。わが家の周りにイーオンなんてねぇよ。で、思いだしたのが先日傘の忘れ物を取りに行った都バスの深川車庫の傍にあったイーオン。

 バスに乗ってまた行きました。でスパイスやソースを置いてある棚の傍で在庫を調べていたおばさまに「ホースラディッシュ・ソースありませんか?」と伺いました。SBのホースラディッシュのチューブはありました。「いや、topvalueブランドで出ているらしいんですが」と申し上げたんですが、ご存じないようでした。今度はタブレットでその頁を出して男性を捕まえて聞きました。知らないというんです。

 というところに先ほどのおばさまがわざわざ戻ってこられて、輸入品を集めたコーナーがあるんですがと教えて下さった。それでも男性の調べが終わるのを待っていました。するとかのおばさまがとうとう実物を持ってこられました。「これですか!?」って。凄いぞおばさん!なんと肉売り場の手前にワゴンが出ていて、そこに様々な焼き肉のタレなんかと一緒に1ダースばかりが置いてあります!おばさまの粘り勝ちって奴です!

 が、自社ブランドなんですよね、これ。是非、店員の皆様もお見知りおき下さい。

 味もほぼ同じ!分量が少なすぎるきらいはありますが、凄いなイーオンの商品開発室!大絶賛!

岡田実 岡田実を含むブックマーク

 岡崎武志氏が自身のブログに元NHKのスポーツ・アナウンサーのことを書いておられて、そこにかの岡田実の名前を挙げておられた。ウィッキペディアで見ると岡田実氏は1919年の生まれで亡くなったのが1989年と書いてあるから、わずか70歳で逝去されたことになる。

 実は、私の記憶が間違っていなければ、岡田実氏の息子が多分岡田徹といって元ムーンライダーズの鍵盤奏者だと思う。彼は1949年の生まれだから父上が30歳の時の生まれ。なんでそんなことを知っているのかといったら彼は大学時代に同じサークルに所属していたからなんだけれど、私が卒業してからは一度もお逢いしていない。しかし、その後の活躍ぶりは噂に聞いている。先日、白井良明というギタリストのアニバーサリー公演を見に行ったら彼が出てきて演奏しているのを見た。

 私が大学を卒業してからもう47年経った。

2割 2割を含むブックマーク

 出してきたデーターの2割が間違っていました。とはいえ、全体のデーターに影響があるとは思えませんので、この法案の審議はそのまま成立してきたということにして、採決に入りたいと思います。って、馬鹿にしてんのか!

 それでなくたって政府がいっている「働き方改革」ってのは大嘘っぱちで、実際は限りなく残業割り増し支払制度をないがしろにしてしまい、企業経営者が儲かるようにしようという「経営者のやりたい放題に従業員を働かすことができるようにしちゃう法案」なのだ。

 それでなくても労働者派遣法をどんどん解釈を拡げ、かつては該当分野に制限を造っていたものを、今やほとんど無制限にしちゃって、労働者の半分以上を派遣労働者に落とし込み、人件費を限りなく削減できるようにしてきた。その結果何が起きたのか。企業が提供する商品市場をどんどん狭くして、日本経済を圧迫してきた。

 これが何を意味するのかといったら、頭の悪い蛸が腹が減ったから自分の足を喰っているのである。蛸の足は回復してくるけれど、日本経済は回復してこない。その結果若者はなにも買うことができず、市場は回復しない。

 こんな簡単なことを有権者は気がつかないと思っているのが自公維政権である。維新は正式な与党じゃないけれど、与党の本当の言いなりなので、同じようなものだ。

 「働かせ方法案」はこれに拍車をかけようというもので、バカが屋上バカを重ねようとしているということなのだ。

 ものすごく腹が立っている。私はあと数年でおさらばだから、良いけれど、若い人たちはまだまだ苦しみ続けなくてはならない。20代にこの政府の言いなりになっている人たちの割合が多いと聞くのはどうしてなんだろう。

2018年05月15日のツイート 2018年05月15日のツイートを含むブックマーク

892089892089 2018/05/16 23:18 都市部にイーオン(笑)ブランドの店舗は少ないですけど、わが家の近くは「まいばすけっと」「アコレ」などイオングループだらけです。もっとも、そういう小さな店ではホースラディッシュソースはないかもしれませんね。タワマンだらけの東雲まで、お疲れさまでした。

nsw2072nsw2072 2018/05/18 09:08 アコレっていうのは知らないなぁ、見たことないかも知れません。
東雲あたりって、高齢者にはなかなか辛そうな環境です。

892089892089 2018/05/18 09:49 約40年前、東雲は倉庫街に時々マンション、辰巳は都営団地、豊洲は大工場、枝川は木造アパートに町工場という印象でした。東雲の何となくドライで無機質な感じは変わらないなと思っています。

nsw2072nsw2072 2018/05/18 16:16 あの辺は行くチャンスが全くなかったから全然知らなかったなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20180516

2018-05-15

祭を含むブックマーク

f:id:nsw2072:20180515235506j:image:w360:left この週末はこの界隈が一斉にお祭りになります。一番有名な神社の祭りはかなりの人に知られていて、必ずテレビのニュースで取り上げられますから、言わずもがななんですが、それに隣接する氏子を抱えている各神社も一斉にお祭りになっちゃいます。だからあっちもこっちもこの有名な神社の氏子なんだと思ってしまいますが、実はそうではない。

 近所にある八幡様なんかとても小さな地域が氏子なんだけれど、ちゃんと山車と神輿があります。多分戦後になって造ったんじゃないのかなぁ。そして地域が狭いだけに、どんどんする人が少なくなっているんじゃないかと。反対側にはそこそこの規模の氏子がいる学問の神様を祀っています。JRの駅の傍にはやっぱり周辺を氏子に持つ神社があって、そこも一緒に祭になる。うちの近所だけでもそれだけあるんだけれど、他の周辺氏子町会にはそれなりの神社がやっぱりお祭りをやる。

病院 病院を含むブックマーク

 コレステロールの薬が切れちゃったから、病院に行かなきゃ、とちょっと覗いたら、待合室にごっちゃりひとがいたので怯えて出てきちゃったわけです。雨でも降れば空くのになぁ。ところが今日はむちゃくちゃ天気良くってなんと29℃にならんと、天気予報が無責任にも言い放っております。

f:id:nsw2072:20180515135707j:image:medium:left しょうがないから、北千住にチョロチョロッとしたものを買いにいったんだけれど、紀伊國屋にも、成城石井にも置いてない。とにかくこの商品自体が日本では浸透していないんだからしょうがない。どこかが扱い始めないかなぁ。それは「Horseradish sauce」ってやつなんですが、ステーキに辛子のように添えたりするんだけれど、それだけじゃなくてソースになっているところが味噌。

 MJBのItalian dark roastを買った。ついでにPAULでプレミエールを一枚。余計なものばかり買う。

鮨を含むブックマーク

f:id:nsw2072:20180515095714j:image:w360:left もう昔ながらの「ちょいとつまむ」鮨っていうのはなくなっちゃいましたねぇ。ちょっとまともな鮨を食べようと思うと、すぐ一万円札がパタパタと仲間を連れて、音を立てて飛び立っていきます。そうじゃない鮨にすると、「あれまぁ、良くこんなに薄っぺらく切ることができたじゃないか!」なんて切り身が、「おぉ、痛々しいほど小さな握りだねぇ」という出来方でございますよねぇ。もう諦めろってことなんでしょうか。

 いやいや、これは鮨に限った話じゃなくて、おでんだって、近頃は一流のお店、つまり出来合いのタネではなくて、材料から吟味して、自家製造したタネを時間をかけて煮込んだ、そんなおでん屋だったら軒並み「時価」なんて書いてあってね、子どもが小腹が空いたときに「ホレ!」といって与えるようなものじゃなくなっちまっておりますよ。

 段々、本物から遠ざかる、そんな人生になってきておりますが、じゃ、今時そんな「本物」を享受する人たちっていうのは一体、どんな人たちなんですかねぇ。

格差 格差を含むブックマーク

 かつて日本は米国をも凌ごうかという勢いにあった。だから外国の人たちが日本に行って働きたい、といっていた。現実に「どうやったら日本で働くことができるのか」と良く外国人に聞かれたものだ。いや、日本のワーク・パーミットはほとんど降りないから、アンスキルドな労働者は入ってこられないんだよ、と説明していた。

 日本の農村に暮らす、結婚相手がなかなか見つからない男性に、東アジアからのお嫁さんが目立つようになったのは20-30年前のことだっただろうか。地方の自治体にとってはそうしたお嫁さん達のコミュニティーをどうやって支えていくか、というのは大きな課題になっていたりしたものだ。それはテレビでも取り上げられたことが何度もあるけれど、今じゃその辺の問題点をあまり聞くこともなくなってきた。

 外国人の研修・実習生のトラブルは依然として継続していると思っても良いのかも知れないけれど、これだって、早晩担い手が少なくなってくるだろう。そうなると派遣元をもっともっとアフリカ方面に求めるしかなくなってくる可能性が高まってくるだろう。

 それはどういうことかというと、派遣元と日本の経済格差がどんどん縮まってくるということではないか。そうでなくても、日本では安い賃金で自由を奪われた状態で働くことが多く、挙げ句の果てにどんなに馴染んだところで、特別在留許可が出るわけではないのだ。この法的な立ち位置を考えたら、あまりにも人道的でない制度だといわざるを得ないではないか。

 介護の世界にも東南アジアからの人材を導入することが進みつつあるけれど、それだけ日本の介護労働に馴化したとしても、法的にその立場を自由に選択する道が開かれていないのであれば、やっぱりそれは一種の奴隷労働条件としか認識できない。

 日本人社会は他民族と共存するだけの文化的成熟度があまりにも低すぎる。国際的に非常に劣る環境しか構築できない。この先変化するにしても、期待はなかなかできそうにない。それは今の内閣閣僚をひとりひとり見たらよぉ〜くわかる。

大臣 大臣を含むブックマーク

 麻生太郎という国会議員がいますよねぇ。吉田茂の三女の息子。品がないねぇ。自制心もない。人格的に破綻している。どうしてこんな人がこんな立場にいるのか、理解ができない。他にいくらでもまともな人がいるんじゃないのか。それともこれが「まとも」な方なのか?ひょっとするとそうかも知れないなぁ。そう思うと絶望的な境地にゴロゴロと落ちていってしまうんだけれど、20代だった頃に比べたら、ここから先がほんの数年くらいしかない身としてはもう、絶望することもさほどない。だって、自分の身にはなんの影響も起きてこないだろうと思うから。つまり、昭和10年代のようにいつ突然人生を絶たれるかわからないという要素は少ないからだ。

2018年05月14日のツイート 2018年05月14日のツイートを含むブックマーク

nikkokisugenikkokisuge 2018/05/15 11:39 鮨はともかく、おでんでなんでそこまでこだわらなくちゃいけないのとは思います。それがそのお店一度だけいわゆるおでんの名店で食べたことがありますが、旨いと思わなかったです。関西から来たばかりで薄濃い醤油に馴染みがなかったからかもですが。
おでんは家でがモットーです。出汁をしっかりとって関西風の薄味で。練り物はおでん用専門店で。その専門店がこの冬で店じまいしたのがショックでした。後継ぐ人いないんでしょうね。練り物は冬だけで夏は他のものを商いしていました。今やそれでは暮らしていけないんでしょうね。

nsw2072nsw2072 2018/05/15 13:48 がんもどきまで自家製ですからねぇ!
この手のものは関東と関西では随分違うんでしょうねぇ。
東京では良い商店街には良い練り物の店ってのが当たり前だったんですがねぇ。
練り物大好きなんです。
確かにあれだけでやっていくのは大変だろうなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20180515

2018-05-14

鍋? 鍋?を含むブックマーク

 通りを歩いていたら昔からのしゃぶしゃぶ屋の看板があって「お、まだやっているんだね、この店!そうだ、久しくしないからしゃぶしゃぶも食べたいな!」といったら「じゃ、お正月にね」というんだが、それって半年も先の話じゃないか。なんでだよといったら、あれは鍋だから冬が良いからね、というのだ。え〜っ!?

カルメン カルメンを含むブックマーク

 NHKのBSでとってもユニークな「カルメン」をやっていた。ところがdボタンを押して解説を読んでも、いつどこで収録したものかがわからない。ネットでHPを見てようやく「Grand Theatre de Provence」だとわかった。

 NHKともあろうものがその辺の民放のついで穴埋め放送じゃないんだから一発でわかるようにするべきではないのかと、大きな疑問。その上、HPをみてもいつの収録なのかがわからない。5W1Hってのを知らねぇのかなぁ。

 それにしてもとても変わった演出。ソプラノのステファニー・ドゥストラックがすばらしい!

歩き始め 歩き始めを含むブックマーク

 つれあいと二人で1時間半近くをかけてバス二本を乗り継いでようやく目的地に着き、歩き始めたら、ペースが上がらない。どうしたの?と聞いたら、歩き始めはあちこち痛みが出たりしてペースが出ないんだという。この歳になってみないとこういうことは理解ができない。若い人に慮ってねといったって無理なんだなぁ。

2018年05月13日のツイート 2018年05月13日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20180514

2018-05-13

母の日 母の日を含むブックマーク

 ということで私の母のことでございます。中国地方の、といってももうわかっているから岡山の、農家に長女として大正7年だったかに生まれる。母の父親、つまり私の爺さんがいうには(良くあるけど)平家だったんだって。その証拠に見た前、ここに古い槍があるじゃろうが、といって鴨居に賭けてある槍を見せるのだけれど、これは本当に昔からあったんだったら戦争の時になんで供出しなかったんだよ、といわれるだろうし、戦後GHQ咎められるといってみんな埋めたり捨てたりしたと聞いているのに、話が合わないもんだと思っていた。「今度鎌倉へ行って、確かめてくれ」といっていたことがなんだったか忘れたが、この爺さんが小学生の私に巻物を取り出して見せ、スルスルとほどくとそれが系図だった。幼心にも、その系図がなんとか天皇にさかのぼるとつながっているのが不思議だった記憶がある。良くあるように誰かに作って貰ったんだろう。桓武天皇につながるってのは良くあるパターンだからだ。

 おふくろは当時の農村の女性としては破格の教育歴を持っていたんだそうだ。1876年(明治9年)に設置された「岡山師範学校附属女子師範学校」から発展した「岡山縣女子師範」に通ったのだそうだ。当時のアルバムが残っていたから、それを見ながらおふくろが説明してくれたのを覚えていて、在学中に演芸会のようなものがあって「海彦山彦」を演じたという写真があった。今ではもう「海彦山彦(あるいは「山幸彦と海幸彦」)」といっても誰も知らないけれど、昔は日本神話だから誰でも知っていた話だ。いや、しかし、私はなんで知っていたのだろうか。そうした神話を読んだ記憶がないけれど、子ども向けのそんな本があったのかも知れない。

 おふくろには妹がいた。何歳離れていたのか、もう忘れてしまったけれど、それほど離れちゃいない。女ふたり姉妹だから、普通だったら長女が養子を迎えたんだろう。ところがおふくろは遠い親戚、おばさんが嫁いだ農家の次男だか三男だった又従兄弟にあたるうちの親父と結婚してしまう。それで妹、つまり私のおばさんが養子を迎えた。そのおじさんは婿養子になってきて、一体何をやっていたのか、私は知らない。農業をしていたようにも見えないし。つまりおふくろの実家はおふくろの妹家族の家になった。そこには私より4歳上に息子ができた。一人っ子で、それはそれは大事に育てられた。彼は東京の大学を卒業してから郷里の役所に勤めた。ところが1995年の正月に急死してしまう。嫁さんと長女と長男を残したまま。50歳そこそこだった。

 おふくろの話だった。私が小学校一年の一月におふくろの祖母が亡くなった。つまり私の曾祖母である。当時88歳だった。とんでもなく長寿のような気がしたものだったけれど、今になったらそれほど珍しくない。両親と、なぜか私の三人でその葬式に行った。寝台列車だったが、おふくろと私が一緒に寝た。私も寝にくかったが、おふくろも寝にくかっただろう。岡山の駅からタクシーに乗った。行き先を告げると運転手がしばらく経ってから、あそこのどこの家に行くんだと聞いた。いくら、プライバシーなんてことをいわなかった当時でも、普通はそんなことは聞かない。あの角の家だけれどどうして?とおふくろが聞いた。返ってきた答は「先生、教えて貰いました!」といった。

 おふくろは女子師範は出たけれど、学校に奉職はしなかったらしい。しかし、オヤジが北支に徴兵で行っていたときに、実家に帰ってきていて、男性教員が足りないときに、資格があるんだから手伝って貰いたいといわれ、1-2年、実家近くの国民学校の教員になったことがあり、その時の児童だったというわけだった。それくらいタクシーも少なかったのかも知れない。

あれ? あれ?を含むブックマーク

 今日はなぜかMLBの中継がございません。NHKはどうしたんだろう。J-Sportsは4チャンネルで中継しているけれど、これは契約していないので見られないんだなぁ。

 あ、今日はハナから大谷が出ないんだ!?それでも良いから中継しろよ!

2018年05月12日のツイート 2018年05月12日のツイートを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20180513

2018-05-12

忘れ物 忘れ物を含むブックマーク

f:id:nsw2072:20180509212339j:image:w360:left 昨日は水曜日にバスの中に忘れた折りたたみ傘を回収にいった。深川車庫で預かっているといわれたので、さて、深川車庫ってのは一体どこにあって、どうやっていくことができるのか、から探す。バスの車庫なんだから当然バスで行かれるはず。だから頭からバスで行くことしか考えない。バスナビという、無料版ではなかなか使いにくいアプリがあって、これで探すと、うちからならバス二本で行くことができることが判明。都バスなら乗り放題だからこれを採用。一本目の錦糸町駅までは乗り慣れている。そこから先、なんとばっちり深川車庫行きってのを発見。これが日頃こんな方に来たことがないという私たちには、まるではとバスに乗っているのかと思うほどで、左右をきょろきょろ。はぁ、辰巳の水泳場ってのはこんなところなのか!やや、あそこの巨大工事現場は、オリンピックの水泳会場建設なんだ!と見るものばかり。これじゃ、オリンピックが金がかからずにできるなんてことが大嘘だったのが良くわかる。儲かるのは大手建設会社ばかりなり。本当に日本の社会は彼らの為にあるんだと良くわかる。

 家を出発してから約1時間半かかって、ようやくその終点の「深川車庫」に着いてみると、おいおい、ここは深川なんかじゃねぇじゃねぇか!大体、東京都交通局東雲庁舎と書いてあるのに「深川営業所」となっている。なんで東雲車庫じゃなくて、これが深川車庫なのか、とうてい理解できない。

f:id:nsw2072:20180512053342j:image:w360:right 私の傘はすぐわかった。多分一定期間内に営業所に取りに来られる人は限られている。ほとんどの人は諦めちゃうか、最終保管場所に来ることになるのではないだろうか。

 さて、今度はここからどうやって出ていくのか。ここまで来たんだから「深川」繋がりで、富岡八幡にいってみよう、というけれど、あれは門前仲町。ふたつブロックほどタワーマンションをきょろきょろ見ながら歩いたら、東雲一丁目というバス停。この辺の道路は三車線くらいもあって、その上歩道の幅が驚くほど広い。日頃からごみごみしたところに住んでいると、これほど広々としたところにくるとなんだか殺風景な気がしないでもない。真夏は多分暑くて外を歩く気にならないんじゃないか、真冬は風が通って寒くて行く気にならないんじゃないだろうかなぁと余計な心配。

 バスは豊洲の駅前から枝川一丁目を経由して、都立三商の前を通って、昔の商船大学の越中島で清澄通りに入って、門前仲町に着いたらちょうど正午くらい。昼飯時のサラリーマンがぞろぞろと歩く。こりゃ飯食うのも容易じゃねぇなぁと、じゃ、とりあえず行ったことがないから富岡八幡宮を見に行ってみようじゃないか、ということに。あの殺人事件から、人の足は遠のいているといわれているけれど。

f:id:nsw2072:20180512082013j:image:w360:left で、横からどうだいと行くと、そこは神社じゃなくて、仏旗ヶ張り巡らしてあって、梵字がずらずらと描かれてあって、あれ?これってテレビで見たことがあるぞ!と思ったら、なんだ、これは富岡不動尊じゃないの。そうなのか、八幡様だけじゃなくてお不動さんもここにあるのか!ってんですな。知らねぇってことは怖ろしい。お不動さんは門前通りが構築されていて、なんだかお高そうなお店が並んでいる。

f:id:nsw2072:20180512081956j:image:w360:right そのまた東側に、くだんの八幡様がございますな。例の真夏の神輿に水をかけちゃうって奴、ガラァ〜ンとしてございます。お参りの方はほんの数名。おみくじもぱらぱらで、絵馬だってカラン、カランと風になる程度。裏に横綱の碑なんてのがあるがこれは力強くて良い時でございます。ダイヤモンドをはめ込んだという成金趣味の大神輿は、それはそれは大きな神輿でございます。こんな大きな神輿は見たことがない。驚いた。

 腹が減った。しかし、ここまで来てチェーン店で飯を喰うのも芸がない。えぇ〜い面倒だ!ってんで大江戸線に乗って築地市場でおり、なじみのお店に昼飯を食べに行く。そこから今度は銀座四丁目まで歩けども教文館で目当ての本がまだ来ていないと。二階で鶴見俊輔を見つけてしまう。

 

浅香光代 浅香光代を含むブックマーク

 昨日卒寿の祝いが近所のホテルであったんだそうで、誠にめでたい。時として見かけることがあったけれど、ここのところはもう痛々しい姿しか見ていなかったから、こんなに人前でお祝いしてもらえるくらいになったんだと、驚いたくらい。報道を見ていると参加している人たちもみんな長生きな人たちで、だからこそおられるわけで、誠に慶寿の至りでございます。

 山東昭子、深谷隆司、亀井静香、こまどり姉妹、萩本欽一、毒蝮三太夫・・・・。芸能人は大変だなぁ、こうやって人を集めて新聞記事やテレビに映ってなんぼの世界、つきあい続けなくてはやっていけない、そのためには日銭がどんどん動いていく。儲かるのは一体誰なんだ?そういう世界が大好きだという人たちも一定数おられますねぇ。それがこうした人たちを支えてくれる。

昔良くいた人種 昔良くいた人種を含むブックマーク

 自民党の国会議員で「結婚するからには三人以上の子どもをもうけ、結婚しないという人には他人の子どもの負担で老人ホームに入るつもりかと申し上げる」といっていた男がいた。なんだか田舎の爺さんでしたり顔でこんなことを平気で喋る奴が昔からいたでしょ?もう周りが何をいっても聞く耳持たず、自分がたたき上げでここまで来た、そんな俺のいうことをなんで聴けねぇんだ、な、そうだろ?婆さん!?的な奴。

 地方の県会議員を何期もやってきたらしいけれど、そういう奴は平気でこんなことを言う。自分が住んでいる世の中狭いからなにも怖くない。これまた想像力の欠如がなせる技で、どんな社会を造っていったら、そういう社会が自然に構築されるのか、なんて考えてもいない。

 またこんな言説を「そうだ!」といって支えようとする奴が普通にいるはずだ。そういうのの塊が町会を制圧し、地域を制圧して、自民党になっていく。

2018年05月11日のツイート 2018年05月11日のツイートを含むブックマーク

くそっ! くそっ!を含むブックマーク

 大量に書いたものがあっという間に消えた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20180512