Hatena::ブログ(Diary)

ほぼ足りて、まだ欲 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-07-29

ラグビーのワールドカップを? ラグビーのワールドカップを?を含むブックマーク

 2019年にラグビー・ユニオンのワールドカップを日本で開催することになったのだそうだ。なんでまた日本で?ラグビー・ユニオンの世界的な水準からいったらこんな低レベルな国で頂上決戦?こんなことをいったらラグビー大好きな人たちから大顰蹙を浴びるんだろうと思うな。何しろラグビーの好きな人というのはサッカーファン以上にこの国の場合熱狂的で、大学の早明戦なんて満員になるというものね。

 しかし、日本のラグビーの実力は見るに耐えない程度のレベルであることは否定のしようがない。確か1995年に日本代表チームはオール・ブラックスに145対17で負けた。翌朝、シドニーでは散々ないわれ方をした。

 なんたってこの競技は体力が大きく勝敗の要素を決める。いかに日本のプレイヤーが俊敏な運動能力を持っているとしても、ドッカァ〜ンとやられてしまったらもうどうにもならない。

 国際ラグビー機構(IRB)にとってはラグビー・ユニオンという競技の地盤沈下している北米やアジア地域、アフリカを開拓していかないとサッカーフットボールのW杯に肩を並べるところにいつまでたっても到達できないというジレンマの中にある。それはわかるけれど、ひょっとしたら何かが起きるかもしれないというレベルにある競技と、どう考えたってどうにもならないだろうという競技では話が違いすぎる。

 バスケットボール協会はかつて世界選手権を日本で開催してその経費のごたごたが引き金になって協会そのものががたがたになってしまった。お家騒動で会長空席期間が続き、体協からも注意勧告が出て、ようやく会長が決まったと思ったらその会長が総理大臣にいっちゃった。そもそも日本国民のほとんどが日本でバスケットボールのワールドカップとでもいうべき世界選手権が2006年に日本で開催されたことを知らなかっただろう。いやいや、日本ラグビーフットボール協会の会長はそんなことがある訳はない。なにしろ学生時代のプレイヤー、森喜朗だものと聴いたとたんに、あぁ、こりゃヤバいやと思ってしまった。

 それにしても「IRBへの上納金(約153億円の開催保証金)と必要経費を合わせて300億円(毎日新聞 2009年7月29日 19時11分 最終更新 7月29日 19時27分)」なんて大丈夫なの?

 ついでにネットボールやクリケットのワールドカップなんてものもこの国に招致してみたらどう?森の旦那?

18歳が成人? 18歳が成人?を含むブックマーク

 「法制審議会の「民法成年年齢部会」が29日、「成年年齢を18歳に引き下げるのが適当」とする最終報告書をまとめた(msn産経ニュース2009.7.29 18:40)」と報じられている。 

 え?今の若者の未成熟さについて随分前から嘆く声があるんじゃなかったっけ?となんで今頃成人年齢を引き下げなくてはならないのか、と大いに疑問だったんだけれど、確かに他国の例をきくと20歳よりも若い年齢で大人扱いをする例が一般的かもしれないなぁとは思う。

 米国なんかに至っては運転免許証の取得は16歳からだったりする。しかし、そうはいってもそれは各国の事情があるからなのだし、英国系の文化圏だと実際に大人として皆が認識するのは昔から21歳の誕生日だという習慣だって存在する。

 成人年齢が世界の傾向がそうだからといって引き下げようとするとのははなはだ根拠のない、新自由主義のグローバリズム肯定論に簡単に汚染されてしまった時代遅れの考え方ではないだろうか。

 何しろ日本の教育現場の実態からいったら、成人になるために役立つ教育というのは殆どなされていない訳で、挙げ句の果てに家族制度も大きく崩壊されてしまった状況にあって日本人の成人年齢は実質的には大きく後退しているのが現実ではないのか。それを世界標準だからといって闇雲に引き下げようと言う考え方ははなはだ危険だ。

 わが家の娘が二十歳になるや否や様々な明らかに詐欺と思われる勧誘商法のアクセスがまさに殺到したことを考えると、この社会で成人年齢を引き下げるのはあたかも悪徳勧誘商法にわが家の春を迎えさせるようなもので、それを経済の活発化と捉えるのであればやったら良いけれど、そんなのは自民党の宮崎県連を混乱に陥れている森喜朗と中山成彬のように何が正しくて何が正しくないのかがわからなくなっている老害政治屋がやりそうなことだ。

 それとも自民党は今の有権者票を獲得するのが難しくなってきたから何もわかっていない年齢層をも有権者としてだまして得票しようというのだろうか。そうだとしたらそのうちこの国の成人年齢を15歳くらいにしてしまいかねない。もう義務教育は終わっているからといって。

で、責任者は? で、責任者は?を含むブックマーク

 今朝、新聞各紙が報じているんだけれど、厚生労働省は介護保険の要介護認定の審査方法を変更することにして10月から新しい方法を採用していくと発表したんだそうだ。

 要介護認定については今年の4月に新しい方式を採用していて、これまでの認定が覆って軽い方に出てしまう場合があることが指摘されていて実施前から問題点が指摘されていた。それを半年後に改訂する、つまり実質的に元に戻すことになった訳で明確に厚労省の大失敗である。

 ある意味ではよく訂正することができたもんだと霞ヶ関らしくない柔軟な対応だと解することもできるのかもしれないけれど、今回の大失策についての責任者は一体誰なんだろうか。そりゃもちろん大臣たる舛添要一に責任がないことはないけれど、そんなのは単なるスポークス・パーソンでしかない訳で実際に厚生労働省における責任者は誰なのか、明確にしてほしいものであるし、本来こんな記者クラブベースの発表ではなくて、人前に出てきての謝罪をしてもらいたいものだ。

どうも気に入らない どうも気に入らないを含むブックマーク

 アメリカと中国が経済対話と称して、見え見えのスポンサーヨイショ会談を行っていたことが報じられていた。いつの間にか日本を追い越してアメリカの国債を一番買ってくれているスポンサーになっていたことを知っていささかというか、望外の展開に私はびっくりしてしまった。わが家はそれでも中国についで二番目にたくさんアメリカ国債を買っている国なんだというのが情けない。

 それでもお前んところはこれまで良いようにやらしてきたじゃねぇか、黙って言うこと聴いていたら良いんだ、というような扱いを受けているような気がするじゃねぇか。やっかみなのか、ひがみなのかという感じが率直にいってするけれど、何となく納得できない状態に置かれているような。

 ここから少しずつ独立独歩に動くべきなのかもしれないなぁ。それでもそんなことをすると保護貿易の鎧を着て、挙げ句の果てに中国市場からはじき出されちゃうんだろうか。

今の私に必要なこと 今の私に必要なことを含むブックマーク

 「炭水化物が1%以下のえさをマウスに与えたところ、二週間与え続けたマウスでは、臓器が最もよく働く時間帯が臓器によって4~8時間早まった。ダイエット食を与えた直後から、体内時計の一日の周期が短くなることが推測される(東京新聞2009年7月29日 夕刊)」

お陽様にあたる お陽様にあたるを含むブックマーク

 どうも生活がいい加減になっていて、お陽様にちゃんとあたっていないのかもしれない。昼間に眠くなってくるとすぐに寝てしまってお陽様にあたっていないのかもしれないなぁ。それはだめですよといわれてしまう。朝の9時にはとにかく机に座るということにした方が良いらしい。論文に取り組んでいる友人はそうしているらしい。

世界水泳 世界水泳を含むブックマーク

 男子百背泳決勝で古賀淳也が金メダル。入江は4位。解説の元バタフライの山本の方があがっていたんじゃないかというくらい。

 松田丈志がフェルプスを押さえてトップの成績で男子200メートルバタフライ決勝に進出。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nsw2072/20090729