白のカピバラの逆極限 S.144-3

長文コメントはこれを歓迎します。
とりあえず、quizでも解いていきませんか、古いものほど面白いです

2006-06-11

遺伝子の情報量

http://www.blwisdom.com/blog/shikano/archives/2006/05/post_60.html

遺伝子の情報量は少なすぎる

 人間のゲノムの大きさは30億塩基対。

 DNAは、A(アデニン)T(チミン)G(グアニン)C(シトシン)の4種類の記号が30億文字つらなったものだ。

 つまり、その全情報量は、4の30億乗=2の60億乗=60億ビットだ。

 60億ビットとは、つまりたったの750メガバイトに過ぎない。

 2時間の映画が記録できるDVDの記憶容量は4.7ギガバイトだから、その中に6人分の全遺伝情報を書き込める。

 これは我々が、絶望的なほど、何もわかっていないことの決定的な証拠だ。

に対してつけたコメントが下。

市販のプログラムの容量の大半が画像と音声です。たいていのプログラムはそれを除けば(その他のデータを含めても)1Mもありません。現在のプログラムはフェイルセーフであるため、そのコードがたくさんあるのでその辺を取り除けば 10k もあればちょっとしたプログラムが書けます。例えば http://osask.jp/download2.html(小さいOSを書くことを目標としていて50kで OS が出来ています。10k程度でアプリケーションが作れます。その細菌と大体一緒ですよね。)

と、考えるととっても多くありませんか。750Mって。

ゲノムが分かれば人が分かる、とは思えないとか、人の構造があんまり分かってないことなどに関しては同意します。

改めてこうみると情報量って意外と多いのですねえ。

flappphysflappphys 2006/06/18 07:41 歯科医の息子の俺が来ましたよ.ちなみに私は親に何不自由なく豊かな暮らしをさせてもらっています.

んで
> そうすると、市場から1万円で買えるノートパソコンの期待性能は1万円未満だ。
これが分からない.

nucnuc 2006/06/18 19:37 やっぱりそうか、苦笑。取り消しておきます。

ノートパソコンは彼の使った喩えなのだけれども、たしかにあんまりよくないですよね。ノートパソコンごとに価値にばらつきがあって、その価値が所有者にしか分からないという前提の元だとしましょう。
さらにあるノートパソコンの価値が所有者によって「ばらつかないもの」だと、自分の持ち物が一万円以下の価値しかないと思う人が市場に出しますから、一万円出しても平均的にはそれ未満のものしか買えません。

__ 2006/06/19 20:13 # メチル化とかあるし、情報量はもうちょっと多いかもしれない。

nucnuc 2006/06/20 11:47 まあ、ブートストラップのように生物を組み上げるとしたら細胞小器官の情報もどのように翻訳するかの情報も全部いりますから、そうでしょうね。

でも、言いたかったのは逆で、10k って結構大きいんだぞと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nuc/20060611/p1
Connection: close