白のカピバラの逆極限 S.144-3

長文コメントはこれを歓迎します。
とりあえず、quizでも解いていきませんか、古いものほど面白いです

2010-07-16

言語雑感

Perl:とりあえず、怪しいことをしたくなると唱える。一行しか書けない。読めない。

Bash:気がついたら出来ている。これを使って管理。

Ruby:10行から100行くらいまではこれでいくようになった。

Python:好感がもてる。

C++:標準語。お互いに意思疎通するときに使う。たまにネイティブがいると流暢すぎてよく分からない。template は邪悪。

asm:祭祀用。吟ずるもの。

Java:System.out.println な言語。アプレットのため展示のために書いてた。

Haskell:電卓として最強。エラーメッセージが分からん。計算量見積もり間違う。

PHP:これは言語じゃない。

OCaml:300行超えるときはこれで書くらしい。まだ、そんなに長いものを"計画的に"書いたことはない。

C:システムとしゃべる用。あとは数値計算に。

Fortran:知らないけれども、数値計算にいいらしい。嫌われているらしいね。

Scheme:Scheme で min-scheme を作ったときには感動した。

BASIC:すこーぷすこーぷすこーぷ。

Javascript:手元に notepad と IE しかない緊急事態にも使える。あとは、Greesemonkey でごにょごにょ。

wd0wd0 2010/07/18 13:59 幸か不幸か、問題の吉永本は版元品切れで、現在は「手に入りやすい本」ではなくなっています。

nucnuc 2010/07/19 02:43 ああ、良くも悪くも私の小さい頃とはだいぶ変わったのですね。

Connection: close