「スローライフ阿寒」

2017-02-14

[]“ハンターの眼” “ホステスの目”! 08:09

※外は相変わらず真冬日。道路の氷が解けない。歩行中、転んで寝たきりになった人を何人も知ってるので、不急不要の時以外は外出などしない。テレビも、観たい番組は無いっ!

※となりゃ、我が唯一の友、ネコと遊ぶしか無いッ!まるで内田百�瑶のようである。ただ、文才がないので、書くことじゃなく新しい遊びを考える方向に思考が向く。

f:id:numapy:20170213093216j:image:right:w580

(最初、正面から狙ってたが急遽方針を変更、横から狙おうと…。トランプ手法っ?)

ネコが暗くて狭い穴の中や、紙袋の中に頭を突っ込む映像を何度も見てきた。写真はその習性を活用したもの。厚い模造紙を丸めて1mほどの紙トンネルをつくった。クルル、興味津々!

※先をクルルに向けて覗く。向こうも頭を突っ込んで覗いてる。レンズと目が合う。すると何が起こったかっ?・・・いきなり穴の中のネズミを狙うように1mを跳びついてきたんである。

※危うくレンズが鋭い爪で疵付くところだった。「アブねぇ、アブねぇ!」とっさにカメラを引いたが、ファインダーで合った目はまさに、ハンターの眼だった。

f:id:numapy:20170213093405j:image:right:w580

(おっと、今度は上から目線。アベノミックス犬を手玉にとり安いと思った・・・?)

※おや、この目、誰かの目ツキに似てないかっ?そうそう、就任直後からやりたいホーダイの大統領令ジョーカーを切りまくるあのショーバイ人の目ツキだ。

※もう一人、ロシアにいるKGB上がりのアムールトラの目ツキにも似てる。いや、まて、最近EUにも、半島にも、やたらこういう目ツキの奴らが増えてきた。

※ミニダックスのようにアチラコチラを落ち着きなく見回し、キャンキャン吠えまくってるのは、日の本の「アベノミックス犬」だけかっ!暴力体質は同じなのになぁ・・・。

f:id:numapy:20170213093600j:image:left:w220

(仲良しロボ子とはホステスの役割を演じてる)

※最近ネコブームと言われる。ホステスのように癒されるのだという。が、一方でネコは、冷徹なハンターでもある。いま、世界のリーダーのハンターが激増中だ!騙されちゃならないっ!

★政治の世界にハンターが激増中なのに、エゾシカのハンターは高齢化などで激減してる。農業 被害、林業被害が激増してる。コチラは若いハンターと産業の育成が急務だが、政治に関して は、ホステスの育成をお願いしたいものだ。でも、そんな政治家は皆無!かぁ・・・

yonnbabayonnbaba 2017/02/14 08:54 「猫の目のように変わる」と言いますが、本当に猫って目だけでなく気分まで激しく変わりますね。特に仔猫、若猫時代は。それが猫の魅力でもあるのですが・・・。

numapynumapy 2017/02/14 09:20 >yonnbabaさん
お嬢様、神に召されたんですね。ちっとも知らずに、失礼しました。
さぞかし喪失感が多いでしょうに、こんな冗長なブログを書いてて
なんだか
申し訳なく思います。
おっしゃる通り、ネコの気分は目ではっきりわかりますね。ただ、普通の目で
グッと見つめられるとココロを見透かされるような気がして…
宝石をキャッツアイとしたことが理解できます。
気まぐれ、ツンデレ、やりたいホーダイ・・・時々ネコになりたくなります。

azusarazusar 2017/02/14 17:10 猫ちゃんって魅力的な顔をしますね。
いっしょに暮らしていたら毎日が楽しいですね。
信州時代は猫といっしょにいましたからいろいろな思い出が
あります。
また、たくさん猫ちゃんの写真お載せください。
今週末は信州へ行ってこようと思います。
まだまだ厳しい寒さだとは思いますが。

iireiiirei 2017/02/14 17:20 猫、とくに仔猫の動きの予測不可能性は、それだけで猫を飼う理由になりますね。

miyotyamiyotya 2017/02/14 21:06 こんばんは。
猫ちゃんの表情一つ一つが愛くるしいですね。
画像を見ていて、可愛くて画面の顔を撫でてしまいました。

気象予報を見ていると、そちらは寒さが厳しいようですね。
どうぞお身体をご自愛くださいませ。

solachisolachi 2017/02/14 21:47 ネコが狭いところに突進する映像は、よく見かけますが、トンネルの中にカメラを構えて撮ると、こんなに表情豊かなショットになるのですね。私には、上から目線のクルル君が、ニャンとも可愛いです。突然この表情で表れると怖かったりもするけど。

GAEIGAEI 2017/02/15 07:05 たしかにこんな目で見つめられたら雄雌関係なく、ググっときますね(笑)写真にすると同じような表情が多い動物かと思いきや、なかなか!

numapynumapy 2017/02/15 09:59 >azusarさん
今朝は、こちらにしてはとてもあたたかくなりそうです。
最高気温が2℃ぐらいまで上がるんでないでしょうか。
どうやら、ネコの恋の季節のようです。
鳴き声がオカシイっ!文句ばっかり言ってます。
落ち着かないし・・・
・恋の猫荒い空気の居間にあり
と言ったところでしょうか。何を言っても言うことを聞かない。
「チュー公、持ってオイデ」も飽きてしまったようです。
やれやれ、こういう時は感情はわかるけど言葉ナシは、不便だなぁ・・。

numapynumapy 2017/02/15 10:06 >iireiさん
もはや、お手上げです。今朝からは別の猫になったみたいに咆哮してます。
家じゅうのゴミ箱は全部ひっくり返しました。時々、外の景色をボーッと
見てますが、人も車も殆どとおらないので飽きちゃうらしい。
もはやこうなると、人と猫の闘争です。

numapynumapy 2017/02/15 10:13 >solachiさん
ネコ本には、「ネコがあなたをジッと見つめていたとしても、あなたを信頼
してるからじゃない!あなたを獲物としてみてるだけだ!」と言うのがありましたが、
確かにそんな気がします。ヤッコサンの主人は同居人!不肖ワタクシは、
遊び相手、もしくは獲物です。今、一番犠牲になってるのはワタクシの手と足。
これはもう、恰好の獲物のようです。傷だらけ、バンドエイドだらけです。

numapynumapy 2017/02/15 10:23 >QAEIさん
どこかの俳壇の秀句に
・大マスク目は口よりもものを言ひ
というのがありましたが、ネコの目はやはり能弁です。好奇心時、満足時、不満時、
甘え時、攻撃時、それに恋の時、など千変万化。ことに、
・目を据えてにじり寄るなり恋の猫
何て時は、困ってしまいます。やはりキャッツアイは、セレブにも
老人にも
同じ効果を持ちますね。

numapynumapy 2017/02/15 10:30 >miyotyaさん
実はクルルは一日2食ですが、最近食欲がすごいっ!
早朝、ベッドの中に飯をねだって起こしに来ます。これが実に上手な起こしかたで、
額や口の周りをゴロゴロ喉を鳴らしながら、グルーミングするんです。
やはり1時間近くやられると申し訳なくて、起きざるを得ない。
というワケで、早起きになりました。
夕食は16:00。ぺろりと食べるともう御就寝です。ただ、テーブルの上に
手を出してこないのは助かります。

yukiwarisou_0222yukiwarisou_0222 2017/02/15 11:02 こんにちは〜。
あらら…クルルちゃんの表情にお手上げです〜♡
ウインクしたくなります(^_^;)
いつまでも見ていて飽きないですね。

A0153A0153 2017/02/15 18:35 うーん、怖い目だなあ。
おっしゃる通り、ハンターの目です。

muranamurana 2017/02/15 22:21 荒天もまんざらではないですね。
人が大好きな男前さんもまだ女子に見えるのは愚生だけでしょうかね。
若猫時代の我が家の子供たちも食に必死で早朝に起こされていました。

numapynumapy 2017/02/16 10:03 >yukiwarisou_0222さん
今の所遊び相手としては最高です。
それにしても、ネコの目は物語りますねぇ。
目が優しくなると、大抵は耳や頬のあたりをグルーミングします。
狐目になると手足を引っ掻きホーダイです。
クルル、そのあたりは「ネコ本」どおりですが、当てはまらない部分も
実は多い!水を恐れてるくせに、風呂に一緒に入ります。湯船に腰をおろして
20分ぐらいはジッとしてます。

numapynumapy 2017/02/16 10:06 >A0153さん
これが相手を狙う時の眼です。ホンとういうと、暴走時の目ツキはもっと怖いっ!
相手が誰であり、ひるむことはありません。本気になると命をかける気配が
感じられます。「張り子の虎」トランプとは違います。

numapynumapy 2017/02/16 10:12 >muranaさん
昨日調べたら、実はワクチン証明書の♀♂の欄に、♀とサインしてありました。
獣医も間違えたんでしょうか?もしかしたら当方の申告を受けて書いたのかもしれない。
ざっくばらんでいい獣医だったけど。「爪も風呂もいりませんよ、ネコには」という
哲学の持ち主でした。共感できたので、ウチではどちらもやってませんが、
爪は鋭すぎる。ことに前🐾!わが手足は傷だらけです。

2017-02-07

[] カミングアウトじゃないカミングアウトっ! 06:41

※一週間ほど前、衝撃的な事実が発覚した。息子からLGBTカミングアウトされた親の衝撃が理解できる。実は・・♀とばっかり信じてた美猫「クルル」が♂と判明。何てこったっ!

※17匹も飼ってたベテランのオイラが猫の♂♀を間違えてたなんて…。恥っ晒しもいいところだ。しかも4か月間も、だ!mimozaaiさんのマロンちゃんと同じことが起こっちゃった。

f:id:numapy:20170204145818j:image:right:w580

(キャットタワークルル。トランプタワーじゃ断じてないッ!)

※ま、すべては保健所の若い女職員の「三匹とも♀の姉妹です」から始まったんだが、それにしても情けないッ!途中「もしかしたら、両性具有かも」なんて同居人との会話もあった。

※何となく股間のあたりがヘンだった。が、♀とばかり信じ込んでたので、疑念を受け入れたくない。それやこれやで50日たった。もはや間違いないッ!♀じゃないっ!明らかに♂だ。

f:id:numapy:20170204150052j:image

(仲良しのロボネコ≪間違いなく♀だ≫と寛ぐクルルはやはり♀なんだがなぁ)

※「オンタだよ」。息子が断言した時点で、孫は言った。「クル太郎」にすればいいじゃないッ」「う〜む、道新4コマ漫画で、犬の主人公が『栗太郎だからなあぁ…』

※「美猫ねぇ、クルルちゃんは!」何て言われて喜んでた同居人はこの事態をどう説明するのか?何しろ近所でも♀で通ってる。女の子(の筈だった)だけに頭が切り替わらない!

f:id:numapy:20170204150435j:image

プログラムの故障でいつ何時鳴き出すかわからないロボネコを気遣う)

※「ま、釧路動物園「ツヨシ」は、3年間♂と誤認されてたんだから…」の言い訳も救いにならない。しかもクルルは突然、自分は♂と気が付いた途端、に行動が粗暴になったっ!

※肩や腕は筋骨隆々。1.5mぐらいなら平気で飛びあがる。muranaさんの「おぜう様」の体重を遥かに超えて3.8kgになった。当方の思い違いだけに、彼はそのまま自然に生きてるだけだ。

f:id:numapy:20170204150707j:image:right:w300

(同居人の車が帰ってくると必ずお出迎え。ま、50日も二人きりだったからね!)

※いずれにせよ3月には手術をしなけりゃならない。これまでの経験では、手術をすると性格と体型が大きく変わるのが分ってる。ま、名前はそのままクルルがいい。

※餌は少なめに。体重を増やさぬように。できるだけ激烈な運動でエネルギー消費をさせよう。ほかに何かあったかなぁ・・。そうだ!物事をジッと考える哲学猫の要素も加えよう。

★などと考えてたら、女性礼賛である筈の自分にも逆性差別人種差別意識が濃厚に潜んでることにふと気が付いた。何たることかっ!自分でさえもこんなに根が深いんだっ!

★これじゃ、トランプ何某が「大統領令」という人種差別、好戦的なジョーカーを切りまくる独裁体質を洗浄するのは容易じゃないッ!もしかしたら、アメリカの分断は民主主義の終わりの始まりかもしれないっ!

★やはり、人はマネーよりも哲学をしなくちゃいけない。毎日30兆円のマネーが空を飛んでるグローバリズムよりも、人が生きてる理由を考える方向で道を思考しなけりゃならぬっ!

クルルは♂でも♀でもいい。水道の蛇口から出る水をジッと見て「諸行無常」を考える猫になって欲しい。かつて空気銃で撃たれ、瀕死の重傷から蘇った『ヴィッキー』のように…。

yonnbabayonnbaba 2017/02/07 07:51 AO153さんのところのコメントで「愛猫に大変なことが」と読んで、慌てて訪問しました。
良かった、この程度のことで!命に別条がある訳じゃない・・・。
50日間女の子と信じ込んでいたご家族の皆さんにはショックでしょうが、男だろうと女だろうと、クルルちゃんはクルルちゃんですよ。

azusarazusar 2017/02/07 08:18 どうなされたのかと心配していました。
お元気になられてよかったです。
ブログも再開されてまた楽しみにしています。
まだまだ寒い北海道、お身体にお気をつけられて
お過ごしください。

numapynumapy 2017/02/07 08:44 >yonnbabaさん
おっしゃる通りです。さしたることじゃない!けど、「ヘンだな」と思いつつ、
モヤモヤにしてきた自分が情けないッ!実は、暫くぶりで女の子を飼いたかったんですが・・
やはり♂は人間の子供同様活発です。以前、野生が強いと感じてたのは、
この性的エネルギーのせいだったのかもしれません。最近では反抗、攻撃する
ようになってきてます。やれやれ、ま、♂でも♀でも可愛さは変わらないんですが、
遊んでストレスを解放してやらなければならない時間が、増えます。
ところでお宅のネコちゃんたちはどうですか?

numapynumapy 2017/02/07 08:51 >azusarさん
約50日を同居人と2人で暮らしたクルルは、同居人の生活習慣がすっかり
移ってしまいました。今や、車の音もちゃんと聞き分けるし、厳寒の戸の開け方も
足取りもちゃんと聞き分けます。スゴイのは新聞配達や郵便配達との聞き分け方。
ま、♀♂の問題はありましたが、今後も「クルル」。目一杯わがままを許そうと思ってます。

A0153A0153 2017/02/07 09:33 私も、愛猫ちゃん、大病か、まだ若いのにそんなはずは?交通事故か?と思いました。
クルルちゃんの場合、性同一性障害で苦しむとか、カミングアウトで苦しむとかってことないんでしょうね。カミングアウトされて、思い込みの激しい親が困っているというところですかね。
私は、昔昔、数匹の雌猫しか飼ったことがないので、雄と雌の性格の違いがいまいち実感できません。私は飼いたい気持ちがあるのですけど、妻が動物嫌い、特に猫は嫌ということで、この30年以上飼ってません。まあ、面倒がなくていいやとも思っています。

inuwan33inuwan33 2017/02/07 10:02 numapyさん、体調のほうはいかがですか?

我が家のわんこも去年9月に、老体ですが病気のため去勢しました。
まず食欲は尋常でなく肥満になってきています。
散歩はあまり歩きませんし、肥満でますます運動不足。
今や寝るのと食うのが唯一の老後の楽しみでしょう。
もうそれしか楽しみがないなら無理にダイエットさせることもないかと、あきらめの日々です。

muranamurana 2017/02/07 10:34 予想外の展開ですが、そんな誤認があるんですねぇ。
…と言われるとキリッとマッチョな男前に見えてきました。はい。
そして3月から哲学猫としての修行が始まるのですね。
親の敷いたレールに乗る孝行息子となるか、はたまたやさぐれ息子となるか…
これからも目が離せません。

numapynumapy 2017/02/07 13:32 >A0153さん
ご心配いただいちゃってすみません!ま、ネコはカミングアウトで苦しむ
なんてことはないでしょうが、突然ヘンな声で泣き始めるようになった。
猫の恋が始まったんでしょうか。暴れ方も凄い!トランプ並みの暴力です。
おとなしい日もあるんですが、夜寝る前は人騒動です。噛んだり、引っ掻いたり、
やはり♂の特徴はありそうですね。
ウチも飼うのはやめようと、移住時に決めたんですが、結局こういうことになっちゃって!
孫が面倒見との約束ですが、果たして15年後どうなるか?
長生きせねばならぬ使命感が出てきたことは事実です。

numapynumapy 2017/02/07 13:40 >inuwan33さん
そうですか、老体になっても去勢はできるんですねぇ。初めて知りました。
実は、以前何匹か虚勢した時、意外な行動を見ました。
「あれっ、なんかスー、スーするなぁ」という顔をするんです。モチロン、
当方の思い過ごしかもしれませんが、「オイラ、♂じゃなくなっちゃったんだ!」
という軽い嘆きみたいなのが、聞こえてきたんです。やれやれ、今回も
また似たような顔を見るんでしょうか。やっぱり人間が手を入れたものは
やはり手を入れ続けなければならないんですね。

numapynumapy 2017/02/07 13:50 >muranaさん
いやぁ、なんかヘンだなぁ・・・と思ってはいたんですが、女子職員の説明以外、
獣医師二人の説明はありませんでした。まさかっ?という具合で驚いた次第です。
最も、自分の弟たちにオッパイを上げてた♂猫もいましたし(小布施へ一緒に移住)
子供を産んですぐに顔が腫れぼったくなり、姿を消した美母猫(これは美しかった)も
いたし、人間と猫グループをつなぐ、弁士もいたので、猫にもいろいろあるなぁ、と
わかってましたが、「ネコキン」を間違えたのは初めてです。
どうも自分でオスと気がついちゃったから、家庭内暴力を振るうネオになりそう。
『ヴィッキー』とは別のマッチョになりそうです。トランプにならねばいいけどっ!

miyotyamiyotya 2017/02/07 16:39 こんにちは。
ブログを拝見していると、お元気なようで安心しました。
でも、まだまだ寒さが厳しいです。くれぐれもご自愛くださいね。
クルルちゃんが男の子?・・・でしたか。
そしたら、ものすごい美男子ですね!

iireiiirei 2017/02/07 16:53 成長するほどワイルドになる♂猫。家猫として去勢手術をするのが良いかもしれません。我が家で飼っていた♂猫、「チョマ」は自由に家の外に行かせましたが、あるとき左前足をねじ切られて帰ってきて、以後は家からそとに出さずに飼わなければなりませんでした。

numapynumapy 2017/02/08 10:24 >miyotyaさん
今日は冬晴れです。ものすごく乾燥してます。気持ちがこの上なくいいというのは、
ラッキーです。クルルは、男子になり始めたようです。第二性徴期とも言うべき特徴が
出てきました。変声期でもあるようです。お気に入りのキャットタワーで
寝てる分にはいいんですが、何か不満があると大暴れ、です。最近アイヌ楽器の
鼻笛が苦手とわかり、暴走するとこの笛を吹いて固まらせます。
それにしても、人間同様、♂子は活動力が違いますね。

numapynumapy 2017/02/08 10:33 >iireiさん
「チョマ」、可哀想でしたね。ウチは在京時代、最大17匹の猫屋敷だったんですが、
出入り自由、他所のネコが混じってたこともありました。交通事故死、出奔、喧嘩・・・
何でもありでしたが、最低なのは、エアガンの標的にされたことです。幸いにも
蘇りましたが、それ以後「哲学するネコ」になりました。臨死体験したんですね、きっと。
やはり「野におけ、猫どもは」だと思います。ネコは気まぐれ、自由、本能のままがいい。
が、釧路では、外に出してはならないという条例があります。やはり家猫に嵌まらない
個性には、ストレㇲがたまるようです。こんなことひとつとっても
人間の存在は
何なのか、考えさせられます。

yukiwarisou_0222yukiwarisou_0222 2017/02/08 16:05 こんにちは〜。
お元気そうで何よりです。
クルルちゃん、男の子でしたか〜!
このようなことってあるのですね。
そう言われて見ますと顔が凛々しいようですね。
でも、男の子でも女の子でもクルルちゃんで良いと思います♪

GAEIGAEI 2017/02/08 22:33 まー、びっくりでしたね。でもすくすく成長され、頼もしい。大きくなってもなかなかの美猫さん。家猫でおさまるか否か、これから益々楽しみです。

numapynumapy 2017/02/10 13:00 >yukiwarisou_0222さん
いまはパソコンを打つワタクシの膝でゴロゴロご満足ですが、
一度、ストレスがたまると大変です。暴走もいいところ。最近では
直線距離で
1.5m〜、跳び越えるようになりました。でも、ご機嫌のいい時は、風呂も一緒に。
また、グルーミングもしてくれます。ここらが救いですかね。
同居人は最近、「Oh!Niceboy」なんて呼んでますが、自分はまだ、頭の切り替えが
できてません。やれやれ、病院で嬰児の取り換え事件があったことがありましたね。
あれと同じ感じです。狭量と言われるかもしれませんが・・・

numapynumapy 2017/02/10 13:10 >GAEIさん
昨日、通院帰りに偶然娘とスーパーで出会い、クルルの日常を話してあげました。
娘は大喜びで「そんなら、クルルを“ドナルド・クルル”と呼べばっ?」と。
う〜む、なかなかいい案だ。で、お返しに「ネコキン」て知ってるかい?知らないっ?
それはね、ネコは通りすぎるまで♂か♀かわからないという容姿のこと」と。
これにも娘は大喜びでした。何でも、子供達を含めた一族郎党、8人がノロで
ダウンしたそうな。阿寒は彼らから20km離れてるので一応、大丈夫でした。
ただ、ステロイドを飲んでるので、インフルが怖いっ!ご自愛のほどを。

alkanetwhitealkanetwhite 2017/02/11 04:44 おはようございます♪
野太く甘い声のクルル「くん」だったとは驚きです(笑

体調の方はいかがですか?
春の陽気をのんびりゆったり待ちながらご自愛くださいませ。
と言ってもわんぱくなクルルちゃんと居るので
適度な運動もできそうですね!

numapynumapy 2017/02/11 08:41 >alkanetwhiteさん
最近、クルルは不思議なことに、パソコンを打ってる間、膝の上でゴロゴロ
喉を鳴らしながら眠るようになりました。寂しいんですかね。
暴力的な猫ですが、ものすごく臆病!といって、人なつきはものすごくいい。
どうもロシアンブルーの血が入ってるような気がします。
それにしても猫の成長は早いですね。できることが増えっぱなしです。いい遊び相手です。
「チュー公」(ネズミのおもりゃ)を「持ってきてっ!」が確実にできるように
なりました。

2017-01-31

[] 恐竜の脳” 08:24

※「顔やスタイルや性格なんてどうでもいいっ!ともかく“体感温度”の違う奴とは一緒になるなっ!」。若かりし頃、酒を飲んではこんなことを後輩に大声でほざいてた。

※「ホラッ、似たもの夫婦と言う言葉があるじゃないかっ!長年一緒に暮らしてると、考え方や仕草、顔のカタチなんかは段々似てくるんだよ!両者の世界が近くなるんだっ」

f:id:numapy:20170130134104j:image:left:w300

※けど、体感温度だけは一緒にならないっ!闘争を生むだけだ。生命をかけての闘争だぜ。チョッとやそこらじゃ、終わらないっ!オレの経験じゃ生きてる限り永遠に続くっ!」

※人間の脳は誤解を恐れずに言えば三層構造である。“恐竜の脳”“哺乳類の脳”“人間の脳”だ。この三層には超複雑なやり取りがあるのだが、体感温度はどこに当て嵌まるのか?

f:id:numapy:20170130134247j:image:right:w300

※ウエスタン・オンタリオ大学の研究者らは、以前遺伝しやすい身体的特徴ほど、その特徴を持つ人同士で結婚する可能性が高いことを突き止めた。(NW1.2017.1.17日号)

f:id:numapy:20170130134406j:image:left:w300

※例えば身長や手首の太さはウエストサイズよりも遺伝しやすい。こうした遺伝性の高い要素で、配偶者は最も似通ってたという。根本的に似た人を求めるせいである。

※米科学誌ネイチャーイミュノロジーに載った最近の研究では、夫婦の免疫システムが非常に似通ってることも判明。夫婦に限らず友人などともこうした関係を築く傾向にあるようだ。

f:id:numapy:20170130134521j:image:right:w580

※科学的にも証明された好ましい人間関係。が、体感温度はその範疇に入らないらしい。なぜなら、この40年の間、ウチでは未だに闘争が続いてるからだ。

あな恐ろしや“恐竜の脳っ!”

★雪雲が早い!写真はわずか40秒ほどの間に千切れ飛んだ雲の数々。“太陽さん”と“北風”の物語だ。

yonnbabayonnbaba 2017/01/31 08:52 「体感温度」、そもそも男性と女性ではかなり違うような気が・・・。
男と女が分かり合えないのは、案外そんなところに原因が?

numapynumapy 2017/01/31 10:17 >yonnbabaさん
なるほど、一理ありますね。というより、結構奥深いのかもしれません。
う〜む、新しい真理がありそうですね。

iireiiirei 2017/01/31 17:04 故・渡辺淳一さんが週刊新潮だかに書いていましたが、男女で雪山で遭難し、女が寒いというので、一枚衣服を貸してあげたのだけど、救出されて女は元気だったけど、渡辺さんは内臓の温度が大変低い状態になり、危険な状態になったことがあると。この辺にも男女差があるみたいですね。

A0153A0153 2017/01/31 19:30 同居しているわが娘夫婦は、旦那の方が極端な暑がりで娘が普通に寒がりで、よく一緒にいられるなと思っています。なんせ旦那の方は、俺が、下着、厚手のシャツ、セーター、ダウンと4枚着ているのに、彼は下着とシャツ、下手するとTシャツだけ、靴下ははかないんですからね。これで一緒に飯食ったり酒飲んだりしているのです。俺は、夕食だけ一緒だからいいけど、娘夫婦は一緒に生活しているからなあ。どうしているのか。

numapynumapy 2017/02/01 08:51 >iireiさん
体験情、基本的には男のほうが寒さには弱いようですね。
女は体脂肪でクリアしてしまうところがある。
在京時代、夜中に帰ると寝室はまるで北極でした。で、エアコンのスイッチを切る。
突然、雪山の夢など見て目が覚めると、エアコンがガンガン焚かれてる。
不肖ワタクシは、窓を開けて寝る派だったので、トンデモナイ苦痛でした。
今は、流石に−20℃の世界に慣れてきましたが、やはり寒がりです。

numapynumapy 2017/02/01 08:56 >A0153さん
わかります、わかります。さすがに自分はあそこまではいきませんが、
病院でも半ズボンに半袖のパジャマで、平気な患者がいますからね。
ヨーガでは足だけは冷やしちゃいかんというので、靴下だけは必需品です。
娘さん、結構苦労してるんだと思います。ご同情申し上げます。

miyotyamiyotya 2017/02/02 09:20 おはようございます。
「体感温度」なるほど・・・と思いました。
体系はもちろん温度差を感じる違い、性格も。
興味深く読ませていただきました。

numapynumapy 2017/02/02 12:22 >miyoyaさん
三層構造の脳で一番強いのは、やはり生命活動を司る“恐竜の脳”ですね。
視床下部や脳下垂体など、生命保持に欠かせない自律神経の殆どを休みなく
行ってますからね。そこへ行くと“哺乳類の脳”は、怒りやよろこびなど感情
を主に司る。“人間の脳”に至っては論理や、思考が中心ですから、いくら
最上位にあるといっても生命活動には負ける。猫を思いだせばなんだか
納得いきますね。

solachisolachi 2017/02/02 22:01 そうですね。一番困るのが職場での冷暖房の設定温度です。いつもいざこざの原因になっていました。大体は女性陣が勝利していました。これが家庭内となると深刻でしょうね。幸いわが家では大きな違いがなかったので助かりました。結婚前に確認するには、相当親密な関係が必要となりますね。
今の皇太子さんが結婚する時に、価値観が合う人を望まれたというのは有名な話し。当時はなるほどと思いましたが、人によって価値観が異なるのはあたりまえ、多少の違いはそれこそ寛容をもって受け入れるべきですが、体感温度の違いを合わせるのは、さらなる忍耐が必要で、なるほどと思いました。

numapynumapy 2017/02/03 09:03 >solachiさん
職場内ではことに困りますね。マンションの一室で何人かで仕事をしてた際、
男と女、女と女の対決があり、結局1人退社するという派目になりました。
あの時の教訓は自分に生きていて、会合などがある時は必ずオーバーズボンに
重ね着をしていくようにしてます。寒けりゃ切ればいいっ!
確かにそれもそうなんですが、開けっ放しの厚さ任せ、という価値観もあるので
なかなか…

2017-01-27

[]四十九日目のクルル再会っ! 15:42

※覚えてくれてるだろうか?何しろ四十九日間は向こうはオイラの顔を見てない!ほら、よく言うじゃないか、「人の噂も49日まで」。ましてや「四十九日法要」だってあるのだ。

※が、杞憂だった。オイラの姿を見るなり、いきなり野太くなった甘〜い声で何回も声をあげ、あろうことか立ち上がって抱っこをせがんできたのである。大急ぎで抱き上げると・・・

f:id:numapy:20170127152758j:image:right:w580

(12月6日の2.7kgから3.5kgに。重くなった。腕も太く、美人にもなった。もう成人だ!)

※頬や耳、髪の毛までも喉を鳴らしながらグルーミングしてくれてる。「忘れてないっ!」酷寒を吹き飛ばす極上の至福感だった。

※夜は、大嫌いな風呂に腕まで一緒に入り、風呂のお湯をたっぷり飲んで、オイラの布団の中で添い寝してくれた。動物に生かされてることをしみじみ実感した!爆睡だった。

※世の中で騒がす矛盾やストレスは完璧に忘れた。そ、脳内が綺麗さっぱり掃除されたのだ。クルルはいま、2Fの窓から烈風渦巻く雪の原をボ〜ッと眺めてる。孤高の存在である。

iireiiirei 2017/01/28 02:37 numapyさん、再び療養中だったのですか?だとしたらお大事に。クルルさん、立派に成長していますね。

yonnbabayonnbaba 2017/01/28 08:37 毎日覗きに来ては更新がないのを確認し、また具合を悪くなさったのかしらと案じておりました。
入院していらしたのですね。復帰を心からお喜び申し上げます。
クルルちゃんの大きくなったこと!
雰囲気の落ち着いたこと!

umryuyanagi104umryuyanagi104 2017/01/28 10:21 余り無理をなさいませんように〜♪

cangaelcangael 2017/01/28 10:26 numapyさん、お★さま、ありがとう!
すわ、再開!と、飛んでまいりました。
そして、一回りも二回りも大きくなったクルル!
忘れてないとのこと、よかったですね。ゆっくり、楽しく!

solachisolachi 2017/01/28 10:54 今しがた、テレビを見ていたら北海道各地の名産・名勝を紹介していました。湖の紹介があって、妻と「ヌマピーさん、どうしているのかなあ?
」とうわさしていたところでした。本当に良かったです。クルルの気持ちは、どんなに嬉しかったことでしょう。

A0153A0153 2017/01/28 12:09 お帰りなさい。年末年始、病院で過ごされたのですね。
御地は、まだまだ極寒が続くのだろうと思います。無理せず、どうぞご自愛ください。

yukiwarisou_0222yukiwarisou_0222 2017/01/28 13:08 こんにちは〜。
“お帰りなさい”良かったですね〜☆彡
クルルちゃんと過ごせる日々が始まりましたね。
どうぞお体、お大事になさってください。

numapynumapy 2017/01/28 14:07 >iireiさん
去年から今年にかけて3回目。3分の1は病院で過ごしました。
健康平均寿命の意味を改めて認識してるところです。
それにしても寒いッ!ネコが癒しの相手となりました。

numapynumapy 2017/01/28 14:11 >yonnbabaさん
何しろ、諸行無常です。カラダの中に突然反乱分子ができるので
備えようがないということが分りました。
カラダはいろいろ教えてくれすね。
クルルに忘れられないで、本当によかった!
これからもゆるゆるやることにしました。
ご訪問、感謝!です。

numapynumapy 2017/01/28 14:18 >umryuyanagi104さん
ムリはしてないんですが…。今年は雪かきをすべて
業者と近所のオヂサン、そして同居人がやってくれてます。
コチラでは、都民ファーストじゃなくて、雪かきファーストッ!
同居人は、雪かきが如何に大変かを身を持って体験してるようです。
分るまでに10年かかりましたね。今は春よ来い!早やく来い!
ソチラモ大変ですねえ…。

numapynumapy 2017/01/28 14:25 >cangaeleさん
入院中はコマギレ睡眠ばかりで、雑念の海を漂ったり、難破したり…。
いろいろ勉強になりました。瀬戸内寂聴が「神様、逝くのは何時でもいいけど、
この痛みだけは勘弁してくださいっ!」と祈ったそうですが、その通りでした。
でも、フシギに雑念の海に漕ぎだすと、痛みを忘れることもありました。
改めて、人間の脳の凄まじさを感じた次第です。そう、脳は最後の神秘です。
幾らAIが進化しようともっ!そ考えると力が出てきました。

numapynumapy 2017/01/28 14:32 >solachiさん
ソチラは雪が大変なことになってますね。釧路は、昨年12月に大雪」があった後、
平年並みの雪のようです。が、寒いッ!そんな中覚えててくれたクルルに感謝!です。
入院時、同居人の車に乗せてもらって後ろを振り返ったところ、クルルが
「どっかへ行っちゃうの?」と言う感じで、窓から見送ってました。
一生忘れないシーンです。

numapynumapy 2017/01/28 14:40 >A0153さん
ご心配ありがとうございます。
この際、自らの“新開拓民”とのキャッチフレーズを
大した成果もなく使用してきたことをチョッと恥じてます。
そろそろ返上することにしました。
もう少し、何かできたんじゃ、とも反省しますが、いずれも中途半端になって
しまいました。冬の烈風が心に沁みます。春よ来い!早く来い!
ともかく、通院が仕事になってしまいました。やれやれ・・・。

numapynumapy 2017/01/28 14:45 >yukiwarisou0222さん
クルルがいつオトナになっちゃうのか、親馬鹿ですが、何となくそんな風に
思います。
今日はコチラは暴風警報。風が強いと体感温度は7〜8℃違うんですよね。
ともかく体を温めることに専念します。ソチラも大変ですねぇ。
故郷の小布施は、北信五岳のおかげで、雪が盆地を飛び越えてしまい、
あまり降ってはいないようですが…。

ikazuti-dikazuti-d 2017/01/28 14:46 何やら大変な年末年始を過ごされたようですが、ご無事で何よりです。
無理なさらずにぼちぼちやっていきましょう!!

numapynumapy 2017/01/28 15:55 >ikazuti_dさん
励まし、ありがとうございます。
幸い、退院2日目ですが、調子がグッと上向いてきました。
爆睡もできるようになりました。
後は春よ来い!早〜やく来い!です。冬ごもりしながらひたすら待ちます。
それにしてもソチラも、雪大変でしたね。大丈夫、ですか?

SPYBOYSPYBOY 2017/01/28 18:00 入院されてたんですか。大変でしたね。
不自由な生活だったかもしれませんが、世俗を忘れて、さぞ鋭気を養われたと思います。
爆睡できるということは、体力があるということですので、良いお休みになったということではないでしょうか。
今後ともよろしくお願い致します。
それにしても猫ちゃんも犬みたいなところがあるんですね。ホント、良かったですね。

muranamurana 2017/01/28 20:11 美人お嬢様、大きくなりましたねぇ〜。
3.5キロはうちの娘より成長しましたね。
まだまだ寒い日が続きますのでのんびりと一番の妙薬お嬢様に癒されてくれぐれもご自愛下さい。

miyotyamiyotya 2017/01/28 20:19 こんばんは。
お久しぶりです。
もしかしたら体調がお悪いのでは・・・そんな気がしていました。
良かったです、お元気になられて。
クルルちゃん、眼がぱっちりしてとってもきれいですね。
元気をもらえたと思います。
今年は特に寒いようです。どうぞくれぐれもお体をご自愛くださいね。

HoneyPeachHoneyPeach 2017/01/28 22:12 ご退院おめでとうございます。病院でのお暮らしは、さぞお辛かったことでしょう。しばらくはごゆっくりとご静養ください。

GAEIGAEI 2017/01/29 00:11 おかえりなさい!無事退院され、何よりです。
これから暫くはゆっくりお過ごしくださいね。

o-uirio-uiri 2017/01/29 07:29 numapyさん、お帰りなさい♪
クルルちゃんの喜びようが嬉しいですね。numapyさんの日常にクルルちゃんがなくてはならない存在になったことがうかがえます。
ゆっくり静養して下さい。

numapynumapy 2017/01/29 16:13 >SPYBOYさん
何と去年から今にかけて、3か月は病院で過ごしました。
正月を病院で送ったのも初体験でした。
消灯後のコマギレ睡眠が雑念の海に連れて行ってくれて、
結構な楽しみでもありました。
今は、爆睡を望んでますが、猫に邪魔されてもいます。
ご心配ありがとうございました。

numapynumapy 2017/01/29 16:19 >muranaさん
ウチのお嬢様、ひとつだけいい点があります。
食卓で我々が食べてるものに興味を示さないこと。食事中はず〜っと寝てます。
なのにこんなに重くなるというのは、過食ですかね。間食も何もしてないんですが・・・
どうやら、風呂へ一緒に入って泳ぎそうなんですが、これは贔屓目ですね。
ただ、腕を肘上まで入れてお湯、舐めてます。縁から落ちなきゃいいんですが…。

numapynumapy 2017/01/29 16:23 >miyotyaさん
動物が家族の一員、だというのを実感してます。
チョッと長生きしないと申し訳ないかなあ・・・
来し方も行く先も考えるようになりましたが、
今は兎にも角にも、春よ来い!早く来い!です。
あ〜あ、あと2か月かぁ・・・。千葉と違って春は遅いです。

numapynumapy 2017/01/29 16:28 >PeachHoneyさん
途中から、部屋の最長老になってしまいました。
いまの病院は回転が速いですね。
胃腸系の手術などは、一週間で退院です。
それにしても、いろんな病気があって、医師も看護師も、
病院の経営自体も大変なしごとだなあ、と実感しました。
直接命にかかわる仕事につかなくてよかったなぁ・・・とも。

numapynumapy 2017/01/29 16:32 >GAEIさん
こいつが厄介なのは、いつまた再発、再々発するか、誰にも分らない、という点です。
極めて注意深く過ごしてはいるんですが…。雑念の大海はいろんなことを
サジェスチョンしてくれます。まさに、瞑想。今でいうマインドフルネス、ですかねぇ。
いろいろなコツがわかってくるのと、もしかしたら再発時がわかるんじゃないかと
興味津々です。

numapynumapy 2017/01/29 16:37 >0-uiriさん
励まし、ありがとうございます。
クルルは、どうも対人関係を使い分けてるフシがあります。
寝る前には大騒ぎしますが、寝入りは同居人のベッドで!
夜中になるとオイラの布団に潜りこんでくる。
でも、朝は同居人にベッタリです。やれやれ親馬鹿が、こき使われてる・・。
ま、彼女に生かされてやってみましょう・・・。

shaw1yoshidashaw1yoshida 2017/01/30 13:16 お帰りなさい。

numapynumapy 2017/01/30 14:04 >shaw1yoshidaさん
いやはや、です。去年から今年にかけて3分の1は病院暮らしでした。
でもおかげさまでゆっくりですが歩けるようにはなってきました。
小布施へも行きたいんだけど、暫くは無理なんでしょうね。
春よ来い!早〜やく来い!の気分です。
そう言えば、スチールもウクレレも弾けなくなりましたっ!
やれやれ・・・

しゅうしゅう 2017/02/02 18:15 ご無事で何よりでした。昔、沼さんのところに初めてお邪魔した時、猫どもがずらずらと出てきて、まぁ、驚いたことがありましたが、今も愛猫がいらっしゃるご様子、なんだか「変わらないなぁ」と嬉しく思いました。
うちにも今、猫が三匹、みんなもと近所の迷い猫や捨て猫ですが、小競り合いしながらも、適当に仲良くやっている様子です。
先月、横浜に行った折、山下公園が目の前という宿にて、窓外の「氷川丸」をしばらく眺めては写真に撮りました。フェイスブックの通信機能である「メッセンジャー」にて、沼さんに撮ったばかりの写真を横浜港からお送りしたのですが、届いていなかったか…。
横浜は港前の銀杏並木が完全に落葉し、五輪真弓の歌に出てきそうな冬夜景が瞬いていました。
お身体、お気をつけて。ぜひ静養にこちらにお越しくださいまし…といっても、猫がいると、なかなか。わかります。
どうかお元気で。
港のヨーコ横浜横須賀さんにも「あいつは日本の逆側の、端っこににいるよ」とよろしくお伝えくださいまし。
追伸 今日は電話でエーキさんと世間話しました。風邪ひいてたけど、それ以外は元気、とのこと。

numapynumapy 2017/02/03 16:34 >しゅう君
申酉騒ぐ、というのは何も株の世界だけじゃなさそうです。
ことに、友人たちがそれなりの年齢になった今、健康問題や、経済問題など、
いろいろな問題が周辺で発生してます。オイラに至っては、昨年、今年の
3分の1を病院で過ごしました。これからこういう事態が増えていくことを想像すると、
アメリカの分断とあいまって、将来に悲観的になります。
かつて、オイラが「ジフンの地図にはオレンジ色に染まった地域がある」
と言ってたのを覚えてますか?沖縄はその一つでしたね。まだ、行ったことがないっ!
日本の歴史も含めて1度は言ってみたいんですが・・・。
そうそう、あの頃飼ってたネコが0匹になるまで10年かかりました。
今回は、養女の娘(つまり孫)の弟が猫アレルギーなので、自宅で飼えないことの
要望に応じたものです。我々がいなくなっても引き継ぐことが条件で飼いました。
あの頃同様、いろいろエピソードがありますが、先日衝撃的なことがありました。
それはまた紹介します。
エイキ君からも頑張ってる賀状貰いましたが、1人身名のはチョッとシンパイですね。
モリシュー氏もチョッとシンパイです。アッ、人のことを心配してるバイじゃないかっ?
ともかくも、時々連絡を。列島南北端の情報をかわしましょう。
コチラは今朝−20℃。
明朝はそれ以下になりそうです。伊豆の海で真黒になりながら泳いでた
君を思いだします。ご自愛を。

しゅうしゅう 2017/02/04 15:35 地図の話は、すんません…覚えていませんでした。が、そちらとの寒暖差、恐らく30度近くはありそうな土地柄、ぜひ静養も兼ねて一度お越しください。お待ちしてますよ。本当に。
そうでしたか、ランチやディナーたちが居なくなるまで10年も。うちのもそうですが、不思議なもので猫たちは、それまで飼っていた何匹かの猫たちの面影と何処かで繋がっているように思うこと度々です。みんな遠い遠い親戚なのでしょうね、きっと。
当方も還暦を迎えましたが、在京の我が同年代の仲間たちも、定年やら早期退社、リストラだとか不況のアオリを受け、さらには、たまに集まれば、年金と薬と嫁姑の仁義なき戦いの話…いやはや(笑)。
しかも、決して笑っていられない状況に鞭打つように、語るに落ちた政治のくらーい影が通奏低音のごとく忍び寄り、その辺りの気分、は一緒であります。
だからかなぁ、なおさら、犬や猫たちが可愛い、です。(そういえばエーキさんも犬と同居してますよ)。
先月上京の折、銀座の三越 紳士雑貨売り場にて「ラジカセ展」なるミニ展示に遭遇しました。なんでも新宿伊勢丹ではもっと大規模にやっているとかで、なにやら70年代前後のラジカセがまた静かなブームなんだそうです。そう、あの日立の「パディスコ」やらパイオニアの「ランナウェイ」が再び脚光を集め、三越では販売まで。名付け親としては、たまらない気分になりませんか。もちろん当時の代物ですが、ピカピカにレストアされたその価格ときたらン十万!!なんてのもあって、ロートル家電がスーパーマンのように蘇っているのでありました。こいつは予想すらできなかった「未来」でした。しかも、それが今見ると、かっこいいの。みんな。
思わず一つ欲しくなりましたが、いやはや、桁が一つ違います。でもね、実はウチにはその頃のラジオやラジカセ、何台かあるんです。
十年近く前、ヤフーのオークションなどで、ガキの頃に買ってもらえなかったのを数台「大人買い」して、ようやく恨み(笑)を晴らしたんです。で、その中に、あの名作「見聞録」もあるんですよ。これも沼さんの息子のようなものでしょう!!大切にしまっていましたが、そろそろ取り出して、沼さんの代理として、居間に置こうかと思っています。
デジタル全盛の時代に、アナログが再び陽の目を見る昨今。当方もロートル家電に負けずに
いきたいものだと思います。ラーンナウェーイ!!ってね。

yummy21yummy21 2017/02/05 20:52 なかなか訪問出来ずにおりました。
ご入院されていたのですね。大変驚きました。
でもブログにも復帰され、ほんとうに良かったです!!
クルルちゃんの愛らしい姿、こちらも癒されます!

numapynumapy 2017/02/06 12:07 >しゅう君
いやはやいろいろ覚えてもらってて冷や汗三斗、です。
それにしても流行、廃れは大体30年ぐらいで巡ってくるんでしょうかね。
ところで、最近湯沢のリゾマンが大人気らしい。何と1LDKで5万円の物件もあるとか。
バブル時代の夢が今になって蘇ってくるのは、なんだか痛々しい気もしますが、
温泉大好きの身としては、ちょびっと心動かされます。
ところで、この1年、病気がちになってからはいろんなことから手を引き始めました。
“新開拓民”の旗印もだいぶ降ろし、今ではNPO法人の広報誌の企画制作だけに
絞りました。これもどこまで責任を果たせるか?移住以来、結構沢山の友人が
できたのですが、やはり最長老なので皆殆ど現役!リタイアードも新聞配達や
山仕事など皆働いてます。北の果ては働かないと食えないっ!
それにしてもこの寒さの中、生き抜いてきた先人たちはスゴイと思います。
最近、猫の歴史ものが多いですね。「猫は何時からペットになったか?」
いろいろ読むと、まだペット化の途中らしい。犬のようになるには後何千年かかるか?
先日、エレキギター(エピフォン)と12弦ギターを売りました。
JBLのスピーカーや
DENONのプレーヤー、それに何百枚ものLPレコードはまだ手もとにあります。
そろそろ手を入れてみてもいいかなぁ、などと思い始めました。
どんな音するだろう?
お宅のネコ君たちによろしくっ!ウチのクルルは、ヨーコと毎日戦闘状態ですが、
基本的にはベッタリです。やれやれ、猫ってやつは・・・

numapynumapy 2017/02/06 12:14 >yummy21さん
ヒョウ〜、懐かしい。お元気ですか?子育ては?
一昨日、久しぶりに訪問したら、まだ更新されて無かったので、忙しいんだろうなぁ、と
想像してたところです。ところで、クルルにはトンデモナイことが起こりました。
明日、ブログでアップロードします。覗いてみてください。
あ、同居人が雪の中、釧路から帰ってきた。クルルは、車を知っていて、
もうニャー、ニャー、大騒ぎ。ドアでお出迎えしてます。こういうところは
可愛くて仕方ないんですが…。

2016-12-05

[] AIのある暮らし』 18:27

※今年の新語・流行語大賞が決定した。広島カープの緒方監督が連発した「神ってる」だそうだ。去年の「ダメよ、ダメダメ〜」から推し量れば、ま、そんなもんだろう。

※ただ、黎明期の「オシンドローム」や「新人類」などに比べると言葉が軽いというか、「う〜んまさに時代を切取ってる」という重みがない。世相が劣化したんだろうか?

f:id:numapy:20161205140054j:image:right:w580

(今年は申年。こんなダルマ申を手づくりしてくれた人がいた)

※ノミネートされた言葉の中には「AI」(人工知能)があった。ビッグバン理論のホーキング博士が、危惧を抱いたAIである。「人工知能の発明は人類史上最大の出来事だった」。

※だが同時に『最後』の出来事になってしまう可能性もある」。囲碁韓国有数のプロ棋士が負けたことで一躍その実態が知られたが、趙治勲名誉名人は2勝1敗で何とか勝利した。

※が、人間は自ら生みだしたAIには勝てなくなるとの危惧が強い。テスラモーターなど先端ビジネスを展開するイーロン・マスクは「AIは悪魔を呼び出すようなもの」だと主張。

ビル・ゲイツも「これは確かに不安を招く問題だ。コントロールできれば、ロボットは人間に幸福をもたらせる。しかし、数年後、ロボットの知能は必ず人間の心配事になる」

SF作家アーサー・C・クラークはまだAIと言う言葉がない頃「2001年宇宙のオデュッセイ」の中で、スーパーコンピュータの「ハル」が感情を持ち人間に反乱を起こす姿を描いた。

※自動操縦による無人爆撃機銃火器を操る人型ロボットなどAI搭載型兵器は、火薬、核兵器に続く第3の革命ととらえられ、うち一部は数年以内に実用可能となると予測されてる。

f:id:numapy:20161205140727j:image:right:w580

(来年は酉年。こんな酉を手づくりしてくれた人がいた。AIにこの味が出せるかなぁ?)

※実は「AI」はドローンや自動掃除機、冷蔵庫、自動操縦車などすでに我々の暮らしに深く入り込んでる。今後「AIのある暮らし」が「愛のある暮らし」になればいいんだが…。

※かつてのSF少年にとってはウレシイ一方、怖くもある。さて、「ゲス不倫」なんてお軽〜い話題だけで暮らしてていいのか、考えなきゃならんのだろうなぁ・・・。

iireiiirei 2016/12/05 21:20 たしかに、「神ってる」なんて流行語は軽いですね。私はプロ野球は観ないので、この言葉も流行語大賞でグランプリを取って初めてしりました。私的には「保育園落ちた、日本死ね」のほうがインパクトがありましたね。

GAEIGAEI 2016/12/06 06:26 畏れという感覚のないものが作る判断基準は非常に危ういと思いますが、果てさて・・・。

numapynumapy 2016/12/07 14:05 >iireiさん
おっしゃる通りです。
自分も今年最もインパクトのあった言葉は「保育園落ちた日本死ね」
だったと思います。何しろワンフレーズで、政権を真っ青にさせ、右往左往
させましたからね。

numapynumapy 2016/12/07 14:10 >GAEIさん
流石に鋭いですね。一時、東京コピーライターズクラブの会長も、せめて
審査員の一人として名を連ねるべきだ、と思ったこともありましたが、
はてさて・・・。だったかもしれません。

azusarazusar 2016/12/14 23:27 信州に行ってきました。
かなり寒かったです。
人工知能の開発は心配な面もありますね。
人間が管理されてしまうようなことはないでしょうか。
木の猿やフクロウとってもよい表情ですね。

solachisolachi 2016/12/16 17:50 こんばんは、
 最低気温を更新していますが、大丈夫でいらっしゃいますか? 今年は雪も気温も厳しそうです。私は寒冷には体が相当に慣れてきたようで、大阪に居た時より風邪を引くことが少なくなった気がします。空気が綺麗事も幸いしているのでしょうね。

mursakisikibumursakisikibu 2017/01/10 14:28 今年もよろしくお願いいたします。

それにしても、あっと言う間ですね。
月日の経つのって。
年齢を重ねるはずです。

numapynumapy 2017/01/27 16:17 >azuarさん、solachiさん、mursakisikibuさん

コメントありがとうございました。
正月は病院で過ごしました。
恐る恐る、ブログ再開しました。
また、ご愛読のほど、よろしくお願いいたします。