「スローライフ阿寒」

2018-05-22

[] 『大花延齢草』! 06:01

※写真の群落をなす白い花の名をご存知だろうか。漢字で書くと『大花延齢草』。が、一般的には、カタカナで『オオバナノエンレイソウ』と表記される場合が多い。

f:id:numapy:20180521100718j:image:right:w560

(裏庭のオオバナノエンレイソウ群落、手前はニリンソウ。コラボは贅沢だ)

ユリ科一種北海道では新緑を際立たせてくれるウレシイ花だ。が、その一生は人の一生同様、結構不思議だ。というのも、この花は開花までに10〜15年もかかるのだという。

※さらに、その後最低でも10年間は毎年花を咲かせ続けるので、1個の種子が芽吹いてから枯死するまで寿命は20年〜50年と考えられてるらしい。ほら、人生50年時代と似てるでしょ?

f:id:numapy:20180521100943j:image:left:w280

(清楚。あと半月ほどは山の中まで「白と緑のお花畑)

※だから『延齢草』、つまり「寿命を伸ばす草」というわけ。ところが不肖ワタクシは、この花を『大花の艶麗草』とカン違いしてた。どう見ても『艶麗』よりも『清楚』なのに…。

※あぁ、無知モーマイ。浅学菲才を恥じるばかりだが、新しい表記を知ると花の見方が急変した。「こんなに清楚なのに、結構したたかなんだなぁ」「見た目はなよなよしてるけど、芯は強い―――そういう人間もいるよね」

f:id:numapy:20180521101213j:image:right:w560

(タラノメもミツバヨモギもホンのチョッと早かったが…)

※写真の群落の中には、タラノメやミツバヨモギニリンソウ、そして地元でカイグサと呼ぶ怪しげな草(ひょっとしたらハマボウフウ?)などが有り余るほど隠されていた。

※この山の恵み、天の恵みを少しだけお裾分けしてもらうことにした。幸い、最近いろいろなものが食可能になってきたので、山菜の天婦羅三昧を味わうことにしたのである。

f:id:numapy:20180521101504j:image:right:w280

(山菜の天婦羅うどんもいいなぁ。次はそうしようっ!)

※やはり、野の香りがした。都会や都市にはない贅沢がある。指定難病での入院以来、3年ぶりの山菜だ。あまり命が伸びても困るけど、『大花延齢草』には、チョッと感謝!

★それにしても日本人はタフだ。モリ・カケ、日報、セクハラ改ざん…この3年ほど黒い霧だらけの空模様でも、ビョーキを発症しないんだから…。ただ「不定愁訴」は明らかに増してる。JNN世論調査でも内閣府不支持率が57.7%になった。生産性は落ちてる筈だ。

★いい加減に「ウミの素」が何なのかをはっきりさせよ、シンゾー君!野党の諸君も、もっと鋭いメスでウミの素を切開せよっ!・・・と強く思ってたら、愛媛県から新たな文書が出て来たね。

★さて、ウミの素に一歩近づけるかっ?政権支持者は、ウミの素が判明しても優しく支持し続けるのか。支持者の若者たちよ、自分のことだけじゃなく、よく考えなさいっ!

SPYBOYSPYBOY 2018/05/22 08:16 改めて云うまでもありませんが、自然が豊かなところにお住まいですね(笑)。タラノ芽のような山菜、大好きですけど、東京では高くて買えません(笑)。でもnumapyさんも3年ぶりなんですか。どうぞお大事になさってください。

numapynumapy 2018/05/22 09:16 >SPYBOYさん
励ましのお言葉、感謝です。
実は、自然が豊かというか、呑みこまれてるというか・・・。一枚目の写真は
裏庭続きの裏山の山裾あたりです。もはやジャングル状態です。こうなると
うっかり中へ入っていけません。マダニがアブナイ。もし入ったら、すぐに
風呂に入るようにしてます。
山菜の天婦羅はやはりこわごわでしたが、2日ほど体の変調はないので、
自信を持ちました。これなら、コゴミも山ウドもワラビも大丈夫そうです。
映画の御紹介、いつも感謝してます。お蔭様でとてつもなく観たい映画が
増えてきたんですが、映画館まで35kmほどあって、これが結構億劫です。
田舎もいいけど、やはり毎日の生活となると東京の便利さが思いだされます。

A0153A0153 2018/05/22 09:21 いいねえ、新鮮な野草の天ぷら。こちらはタラの芽は出荷停止(原発事故の放射能のせい)なのですが、みなさんもう自分でとって食べてます。それは構わないのです。自己責任というところですかね。私ももらって食べました。
この花、やはり「艶麗」よりは「清楚」ですね。現内閣は、清楚の真逆で、勿論艶麗でもなく、なんと言ったらいいんでしょうか。

yonnbabayonnbaba 2018/05/22 09:51 したたる緑の中の白い花。お互いがひきたて合って素敵ですね。
山菜の恵みも、自然豊かな中で暮らしていればこその喜びでしょう。
スーパーで買う山菜は、味気ないばかりです。
不定愁訴、私もだいぶ深刻になっています。かなり心臓には毛が生えている方だと思っていたのですが・・・。

numapynumapy 2018/05/22 10:04 >A0153さん
そうかぁ、出荷停止ですかぁ。言葉を失いますね。オイラも自己責任、
少しも怖くないけど、それにしても人類は怪物を造りだしましたねぇ。
ゼカリアシッチンによると、かつて地球は原爆(〜のようなもの)で滅びたのだとか。
その怪物が火を噴くことが分ってても、「使いたい」などと脅す翁―チンやら
トランプやらがいて、やはり人間は悪魔でもありますね。
現政権もその一つ。「汚濁」とか「腐食」などではないでしょうか。
植物にはあまり見られないけど、「腐臭」を発して虫をおびき寄せる食虫植物、
「ラフレシア」かもしれませんね。そう言えば菅も麻生もそんな顔に見えてきました。

numapynumapy 2018/05/22 10:14 >yonnbabaさん
自分では今の季節がイチバン好きです。新緑が眩しい。猫でいえば生後3か月の
仔猫でしょうか。ピカピカ光ってます。穢れがないっ!1日毎の成長が目に見えます。
「薄汚い政権」のスモッグが原因で社会に蔓延する「不定愁訴」は日増しに
高まってますが、我々世代の「不定愁訴」は、自分の体にそのスモッグが
直接降りかかってくることも多いんじゃないでしょうか。「政権暴走ストレス」が
大きな原因になってると思わざるを得ません。PM2.5を大量に含むこのスモッグが
綺麗さっぱり晴れればyonnbabaさんの「不定愁訴」も雲散霧消するようにも
思えるんですが・・・。

iireiiirei 2018/05/22 16:40 エンレイソウの粉末を私が「使用目的も決めない」まま購入していたら、父が勝手に呑みました。その後すぐ父はアルツハイマー症を発病しました。全然関係ないとは思いますが、嫌な相関関係でした。

miyotyamiyotya 2018/05/22 20:53 こんばんは。
春全開の風景・・・それにしても清楚な花ですね。
タラの芽・ミツバ・ヨモギ・・・春の山菜は香りも良く本当に美味しいですね。
自然の力は、元気を与えてくれます。
これから山菜の美味しさを存分に味わえますね。

GAEIGAEI 2018/05/22 23:26 山菜、春の味、滋養になりますね。北海道はこれから暫くよい季節だと思います。楽しんでください。

muranamurana 2018/05/23 10:06 そうなんですね、タラの芽やよもぎがそちらではまだ早いとは…
北の大地の方々からのお便りで日本の広さを毎年実感いたします。
内閣府のみなさんには堂々と正直に世間に自らの過ちをさらして謝罪したハタチの若者の姿がどう映っているのでしょうか。なんとも思っていないのかもしれません。

numapynumapy 2018/05/23 12:37 >iireiさん
そうですかぁ。因みに「エンレイソウ」をウィキペディアで調べてみたら、

『胃腸薬や催吐剤などの薬草とされるが、サポニンなどの有毒成分を含む
有毒植物であり、過量に服用すれば、嘔吐、下痢などの中毒症状を起こす』…

やはり、そういうことがあるのかもしれませんね。

numapynumapy 2018/05/23 12:43 >miyotyaさん
皆は、9月の北海道が一番いい、といいますが、自分は今頃がイチバンと、
思ってます。山菜が豊富ですし、白樺やハシドイなどの若葉がキラキラ
輝いてます。まさに命の輝き!脳にスバラシイ滋養を与えてくれます。
極寒の冬のトンネルを通り抜けた先に見える眩しい光。語法簿だと思ってます。
あと半月、せいぜいこの光景に抱かれていたいと思います。

numapynumapy 2018/05/23 12:51 >GAEIさん
おっしゃる通りです。これから暫くはお金じゃ買えない豊潤な時間が一村を
包んでくれます。先日、2年ぶりにここから約10kmの大正部落あたりを
ドライブしてきました。広々とした大地にデントコーンが作付けされ、
まさに「食の王国」を髣髴とさせてくれました。皆さんに見せてあげたい
光景でした。

numapynumapy 2018/05/23 13:00 >muranaさん
柳や白樺の若芽が風に揺すられ、煌く中で、20歳の若者の記者会見を観てました。
顔と実名を見せて謝罪する彼の勇気と今後の人生を思うと、胸が痛みました。
多分、あの記者会見を観た者は殆ど同じ気も地だったんじゃないでしょうか?
薄汚れた会見や答弁を散々見刺された挙句のことですから、一層清冽に思えました。
さらに、新緑に囲まれた地で観たので、謝罪の気持ちが一層間っ直ぐ伝わって
来たのかもしれません。少しだけ、心の中に薫風が吹きました。

yukiwarisou_0222yukiwarisou_0222 2018/05/23 13:44 こんにちは〜。
オオバナノエンレイソウはとっても清楚なお花ですね。
裏庭でニリンソウとのコラボが見られるなんて…素敵です。
色んな物が食べられるようになられたのですね(^^♪
自然の恵みの春の山菜を美味しく楽しんでください。

numapynumapy 2018/05/23 16:00 >yukiwarisou_0222さん
移住時にこんなお花畑はありませんでした。フシギなことに、世の中の動きとは
反対に、どんどん野生領域が広がっているようです。どうも、ヤマブドウの
幼弦も庭の中に芽を出したようです。緑と白のコントラストが強すぎて
目が痛くなるほどです。勿論、タンポポの群落も今が盛り。そろそろ
綿毛が一村を覆い尽くすでしょう。季節の歓びは極寒を凌いだご褒美でもあります。

solachisolachi 2018/05/23 21:59 今年の我が山では、タラの芽がすべて毛虫にやられています。もう数え切れない毛虫が、タラの芽とフキの葉っぱをかじってしまいました。フキは食べられるより生えてくるほうが断然多いのですが、タラの芽はほとんど全滅でした。毎年、植生や虫たちの生態系が少しずつ変わっていくのが分ります。

o-uirio-uiri 2018/05/24 06:40 オオバナノエンレイソウ、初めて見ました。ドレスアップした女性がスクッと立っているように見えます。清楚です。ユリ科とはちょっとビックリ。そう言えばムスカリもユリ科??
三つ葉のお浸しが大好きです。この春は友達にもらってタップリ食べる事が出来ました。タラの芽の天ぷらもGWに友達から頂き、帰省中の息子たちと山菜を堪能…♪
自宅に居ながら、山菜が届く幸せ^^
少しずつ食べられる物が増えていく〜〜numapyさんにとって大きな喜びですね。山菜の天ぷら!おめでとうございます!

numapynumapy 2018/05/24 07:47 >solachiさん
ビックリしました。何の毛虫なんでしょう。そう言えば移住した年の秋、
テントウ虫が大発生して、どこからか家の中に大量に入りこみ、掃除機で
吸い取ってた日が数日続いてたことを思いだしました。エライい所へ来たもんだ!
でも翌年は、殆どゼロでした。何か条件があるんでしょうね。タラノメ残念です。
可哀想です。でも、タラの木は強いから、来年は大丈夫だと思います。
自然環境は本当に毎年変化しますね。それを肌で感じながら生活してくのが
田舎生活かもしれませんね。忙しい季節、健康に気を付けてどうぞ。

2018-05-15

[] 日本のミッシングリンク05:06

※進化の過程が分からない期間をミッシング リンクと言うらしい。繋がりが黒い霧に包まれてる情況のことを言うようだ。9万年前頃滅亡したとされるネアンデルタール人と、3万年前頃に出現した我々ホモ・サピエンスの間もこれまではミッシングリンクとされてきた。

f:id:numapy:20180514104631j:image:right:w560

白樺の枝を伐ったら夥しい樹液が溢れだした。アイヌはこの樹液を愛飲したと言う)

※最近までは、ホモ・サピエンスネアンデルタール人の間には、熾烈なサバイバル戦争が起こり、現生人類の祖先であるホモ・サピエンス勝利して生き残ったのだと言われてた。

※が、最近のDNA鑑定の結果、ネアンデルタール紛争で絶滅の道を選んだのではなく、交雑で共生の道を選んだ、という研究が注目されてる。つまり、類人猿間ハーフの誕生である。

f:id:numapy:20180514104850j:image:right:w560

(雪が消えた春1か月だけの生命横溢現象。ありがたくいただくことにした)

※因みにアフリカ人にはネアンデルタール人DNAは0%。が、ヨーロッパや日本人には2%程度のネアンデルタール人DNAが含まれるという研究結果が出た。つまり我々の祖先クロマニヨン人でもありネアンデルタール人でもあるのだ。このことは融和・融合の凄さを物語る。

f:id:numapy:20180514105048j:image:right:w560

(タラノメも随分膨らんできた。天婦羅で頂きながら、日本の将来を案じでもするか)

米朝首脳会談が6月2日、シンガポールでの開催が決まった。歴史的会談である。トランプは「ノーベル賞」などと持ちあげられて浮かれ気味だが、果たして融和はなるか?

※ところで、トランプ頼みの拉致問題、歴史的融和の可能性にも帳の外の安倍政権だが、国内じゃ『妻はモリ、夫はカケ』でボロボロ腐食自衛隊日報問題、ヒョットコ副総理の醜いセクハラ答弁など、良識ある民とは『完全なるミッシングリンク情態』に陥ってる。

※にも拘らず共同通信世論調査支持率は微増だいう。唖然っ!政権支持者は少しでも何か餌をぶる下げられると、他に目が行かなくなるのかっ?2歳児程度の脳を持つ猫以下だ。

※いずれにせよ、この『ミッシングリンク情態』は後世の歴史家たちが事実を日の下に晒すことだろう。それを何とか一刻も早く知りたいものだ。

yonnbabayonnbaba 2018/05/15 08:04 全く同感で、さしもの楽天家な私も、鬱になりそうな気分です。
支持率微増には、ちまた以上のなが〜いゴールデンウイークになってしまった、野党の責任もあるでしょうね。
だらしない野党、根性の見えないマスコミ。そしてそれを支える圧倒的多数の国民!

numapynumapy 2018/05/15 09:14 >yonnbabaさん
昨日の集中審議では、これで幕引きという肚が透けて見えました。謝罪したのも
「ハイ、これでお終いっ!」というワケでしょう。それにしても野党の追及は甘い。
「ウミはまだ出し切れてない」という答弁に、何故「ウミには炎症の素がある筈だが、
その素は何だと思いますか?」ぐらいの追及をやるべきだった。
このままノサバらせておくと、心が折れそうです。

mazenndamazennda 2018/05/15 15:46 こんにちは。
 タラの芽が、今なのですね。
こちらよりは二か月ほど差があるようです。
 こちらでは、トマトやきゅうりの花が咲いています。

numapynumapy 2018/05/15 15:56 >mazenndaさん
タラノメ、まだホンのチョッと早いようです。もう5日後ほどが天婦羅には
最適かと。いろいろな場所に狙い目がありますがもう何人か入ってるかもしれません。
ウチにあるのは、今年は収穫を止めてもう少し大きく育つまで待とうと思います。
あと何日か後、天婦羅が楽しみです。そうそう、昨夜はヨモギを天婦羅で
いただきました。天の恵みです。トマトやキュウリはズンと先です。

iireiiirei 2018/05/15 16:53 ネアンデルタール人のDNAは今でも生きている・・・NHKが放送していましたね。これは現代生物学の目覚ましい成果と言っても、過言ではありますまい。殺し合うより、DNAの融合を実現した彼らは、核融合で水爆を作って殺し合うホモ・サピエンスよりよほど透徹したヴイジョンを持っていたのでしょう。

GAEIGAEI 2018/05/15 18:52 野党がだらしないと言われてますが、情けないくらい力がない集団(辟易)。タラの芽天ぷらでも頂きながら気分変えないと(笑) 進化の話は面白いですね!又、色々ご紹介下さい。楽しみにしています。

A0153A0153 2018/05/15 20:21 なんとなんと、安倍政権支持が微増だと?自己中の嘘つきってわからないんでしょうか。アベノミクスって今さえよければという政策だって思わないんでしょうか。蚊帳の外の外交になっていると思わないんでしょうか。俺にはわからないな。分からない。支持率が微増なんてわからない。

numapynumapy 2018/05/16 06:41 >iireiさん
ピュリッツァー賞を受賞ンの「ジョン・ダーントン」が著わした「ネアンデルタール」
を20年ほど前に読みました。この小説は1856年に発見されたネアンデルタール
の化石とホモサピエンスのミッシングリンクを題材にしたものですが、
それまでの交戦滅亡説じゃなく、交雑説をイメージして描かれたものでした。
非常に面白かったのをおぼえてます。奇しくもNHKの番組を見て、交雑説が
証明されたと思いました。オイラのDNAにネアンデルタールが入ってるなんて、
チョッとした現代のロマンです。

numapynumapy 2018/05/16 06:49 >GAEIさん
今朝は10℃です。そろそろタラの芽いいんじゃないか、と。チョッと見に行ってみます。
道端にあるので山に入る必要はありません。足が痛くても大丈夫です。
野党のダメなところは、スクープ意識が全くないところですね。メディアに
頼りきってる。そのメディアが及び腰じゃどうにもなりません。今月釧路で
安保法制訴訟が始まります。原告団の一人なので傍聴席につきます。
司法がどんな忖度をするのか?それにしてもチームアベは、マーケティングと
社会心理学をフル活用してますね。これを壊すことは容易じゃありません。
ともかく、何年も続くこのモヤモヤ感を何とかしてほしいですね。

numapynumapy 2018/05/16 07:05 >A0153さん
「トランプ現象」ですかね。「どんなことがあっても私は貴方を信じます」。
この勢力を分析してみれば、宗教運動や極右や経営層、それに安定志向層など
いろんな輩が見られますね。不安なのは彼らに歴史観がないことです。
生きる上でのヴィジョンを必要以上に欠いてる。これを現政権はよく知っていて
彼らにアメだけを提供する。次代のことは考えない。完璧な「ミーイズム」ですね。
靖国の英霊にお参りするなら、憲法9条には手を付けちゃいけない。
300万人の命と引き換えに手に入れた平和憲法を廃棄するのは「天に唾する」
ようなものです。その自己矛盾さえ理解してない。本当に猫にも劣ると思います。
猫がジャレる時、ネコジャラシの先だけじゃなく、それを誰かの手が動かしてる
ことを知ってるからです。それを理解したうえでハンターの本能に
身を預ける。
さて、シンゾーは「ヤクザトランプが何をやってるか」をわかってるでしょうかね。

miyotyamiyotya 2018/05/16 10:10 おはようございます。
白樺の樹液はどんなお味でしたか?・・・興味があります。
タラの芽も生えてきましたね。天ぷら最高!

「トランプ頼みの拉致問題」これは、ちょっと対岸の火事のようで真剣に考えていない安倍政権・・・そういう風に思ってしまいます。
しっかりと腰を据えて、平和外交交渉をしなければ。
強く思います。

yukiwarisou_0222yukiwarisou_0222 2018/05/16 15:12 こんにちは〜。
アイヌが愛飲した白樺の樹液は、どんな味ですか?(^^♪

「拉致問題」、安倍総理は独自で北朝鮮と交渉してほしいです。

jun_111230jun_111230 2018/05/17 09:23 こんにちは!

ネアンデルタール人の話いいですね!
今、世の中荒廃してる気がします。
このネアンデルタール人のDNAが活躍するのを祈るしかないですね!

numapynumapy 2018/05/17 09:26 >miyotyaさん
さっぱりした甘い水の感じでした。ほのかに植物の甘みと生木の皮をはがした時の
甘い香りがします。コーヒーなどをたてると旨いそうですがやってみませんでした。
(ほんの少量でしたからね)
大量を煮詰めるとどうなるかなぁ。メープルシロップみたいになるかも。
それにしても北朝鮮の独裁者は、若いにも関わらずかなりシタタカですね。
自分と国民の命がかかってるからですかね。トランプなど追いつかない
政治家の資質を持ってそうですね。ましてやシンゾーなんぞをや、です。

numapynumapy 2018/05/17 09:35 >yukiwarisou_0222さん
miyotyaさんにもお話しましたが、さっぱりとしてて甘い水の感じです。
ミネラルウォーターとも違い、甘い木の香りがします。雪解けの4月から
1か月ほどが採取の時ですが、ウチには9本ほどしかないので、採取はしてません。
今年は枝払いしたおかげで、こんなシーンが見れました。
「拉致問題」、トランプはただ議題に書くだけでしょう。アメリカ人が戻れば、
日本なんてどうなってもいい。そんなキャラクターのような気がします。

numapynumapy 2018/05/17 09:47 >jun_111230さん
ネアンデルタール人とホモサピエンスのミッシングリンク問題は、実は、
ネアンデルタール人の化石があまり見つからなかったことが原因のようです。
ところが、最近、いろいろなところで見つかり始めた。頭蓋骨はホモサピエンスの
1.2倍ほどあるそうです。また、ストーンヘンジの原型みたいなものも
見つかったそうです。目は碧眼らしいことも分ってきた。いずれにせよ、
我々日本人は、(目は碧くないですが)彼らとの交雑種であることは
間違いないようです。誤解を恐れずにいうと、“生まれ変わり”はあるんだなぁ、
などと思ってしまいます。

2018-05-08

[] 「オンナの一生」 06:22

※1944年9月、女系家族8人の疎開先で一人の男児が生まれた。男児はその後幼児期5年間を、女家族8人と母親が始めた洋裁教室の中で、たった一人の「オトコ」として育った。

※おかげで男児は「女」の偉大さと「女」の感性を肌で感じることになる。その偉大さを25年ほど前、「日経マスターズ」という雑誌に「オンナの一生」というタイトルで書いたことがある。

f:id:numapy:20180507095324j:image:right:w560

(早くも花開いたエゾツツジ。楚々として確かに「エゾ」の名が似合う」

※『日本語ブームの中、試しに「オンナの一生」を女編の漢字で追ってみよう――「妙」なことに女は男より少ない数しか生まれない。「始め」から男より強いのだ。生来強者の女が「妹」として生まれたとしよう。

f:id:numapy:20180507095713j:image:right:w300

彼女は2〜3年のうちに愛苦しい「娘」へと成長。下の子が生まれれば優しい「姉」となる。三人寄れば「姦しい」時期を過ぎ年ごろになると「好き」な男ができるのが相場だ。彼女は「妖しい」魅力を振りまいて「婚姻」の議を結ぶ。

f:id:numapy:20180507095848j:image:right:w560

(やはり花は「男」のイメージじゃない。どうしても「女」のものとしか思えない)

※「嫁」いで「妻」に納まるのである。かつてそれは「嬉」しい人生体験だった。そして「妊娠」。一人の「姫」を産み、母親となる。問題はそこからである。

夫のきょうだいには「姪」も生まれ、子供も「結婚」。あっという間に「姑」となりすぐに「婆ちゃん」に。こうなれば「主婦」の場を手放すしかない。「媚」を売っても無駄、「嫌味」を言っても無視。すでに家は「嫁」の世代代替わりしたのである。救いは孫の「媒介」。

f:id:numapy:20180507100128j:image:right:w300

(春の到来を鮮やかに演出してくれるレンギョウ

だが「努力」しても段々「姥」の立場に追い込まれ・・・』と記事は続くのだが、少子化についても語ってる。『憂国の士たる亭主に向かってかつて「お嬢」だったウチの「女帝」は言う。「いい男が少なくなったから、女が子供を産まないのよ、ウチの姪は別だけど・・」

f:id:numapy:20180507115035j:image:right:w560

(開花予想は11日だがウチじゃ5日早く開花。ソメイヨシノより遥かに短い命・・)

※今から見れば状況設定が古く、次代錯誤が多いかもしれない。が、言いたかったのは「男にはこんなにドラマチックな一生はない。漢字にもこれほどの多様性はない。やはり太古の昔、卑弥呼の時代から”女は偉大!”だったのだ。動物でも♂を選ぶのは圧倒的に♀だ。

f:id:numapy:20180507100406j:image:right:w560

※もしかしたら、セクハラ問題で暴言、失言を続けるヒョットコ副総理も福田元事務次官も、男社会しか知らないらしい。知識はあるけど、生物の論理を知らない、というわけだっ!それは、ある意味で人間として、「バカ」と言うことになる。生物学の勉強を一からやり直したほうがいいっ!

k10no3k10no3 2018/05/08 06:40 おはようございます。
さくらの開花、おめでとうございます。

能登や金沢は葉桜状態で、秋の桜までお預けです(笑)

yonnbabayonnbaba 2018/05/08 08:16 「オンナの一生」、大変面白く拝読しました。
男の赤ちゃんは弱いので、自然の摂理で男の子のほうが多く産まれると、学校で習いました。今は医療の進歩でそうした男の子が救われ、配偶者獲得競争が厳しくなりました。それ以前に、女性が結婚したがりません。
生物として強い女は、優秀な精子を保存しさえすれば、男抜きで生存していけます。現在の日本の権力を持つ男たちのアホさを見ると、男をいなくして、女だけの国になった方がましかもしれないとさえ思います。
でも、やっぱり素敵な男性がいた方がより人生は楽しいはずだから、そんなことになる前に、世の男性がたよ、目覚めて!と思います。

numapynumapy 2018/05/08 08:22 >k10no3さん
おはようございます。実は日本で一番遅い桜の開花は根室なんですが、
釧路は2番目に遅くて、今年は11日予報です。ただ、ウチじゃ昨日が開花宣言。
と同時に、もうすぐ満開です。開花宣言の日に満開、と言う年もありました。
エゾヤマザクラは開花と同時に葉が出てきます。それもいいンですが、
なんだか寂しい気もします。やはり本州育ちの身には花→葉へのプロセスが欲しい。
花の命は短くて・・せいぜい3日ほど。
・梅桜タンポポ同時に北の里
ですかね。

inuwan33inuwan33 2018/05/08 09:00 元始女性は太陽であったのですからオンナは強いはずですが、近年なりをひそめているのでしょうかね。
エゾツツジ図鑑をひいてみると、背は低く草のようだと書いてありますが、写真ではかなり背丈がありそうですね。
一度見てみたい!

numapynumapy 2018/05/08 09:49 >yonnbabaさん
この一文は600字程度の「コトバの研究室」というコラムだったんですが、
愛知の一宮市の読者の方が豆本化して贈ってくださいました。それなりに
楽しんでいただけたようで、嬉しかったです。それにしても男は弱い!
旧約聖書はローマ皇帝アウグスチヌスが、男の優位性を何とかするために
地域民話を集めて編纂させた、という説があるぐらいですもんね。
アダムの肋骨から
イヴがつくられた、と強弁してみても誰も信じないでしょう。
ただ、やはり「メス化する世界」を読むと、恐竜の雌化滅亡説も分ります。
今こそ、そしてこれからこそ、男女の役割を踏まえながら社会的な平等や
基本的人権論を活発化させていく必要がありますね。「バカ」な政治家は
落選させるしか方法がありませんね。

numapynumapy 2018/05/08 10:00 >inuwan33さん
やはり生物学的には女が強い!男は、それを知ってたからこそ、社会的な力をもって
筋肉の弱い女を自らの僕にしようとしたんでしょうね。ただ、いままで3000年も
そのことに一生懸命になってきた風は一気に壊れない。あの福田が自分の子に
どういう教育をしてるのか、興味があります。
エゾツツジですが、ウチに移植したものは白い花でしたが、彼させてしまい、
これは隣の空き地の花。体高約80cm程です。うちのも大体それぐらいでした。
なんだか、楚々としていて、春なのに感傷を誘います。

A0153A0153 2018/05/08 10:12 そういえば、女の入った漢字はいっぱいありますが、男の入った漢字はあまり見かけませんね。何か意味があるのでしょうかね。田んぼで力を出すのが男だなんて昔学校で聞、当時男は稼ぐだけか、と思いました。
高校の時(男子校)「生物」の先生が言いました。女はもともと強いので「おしとやかに」と教育され、男は弱いので「男だろ、頑張れ」と言われるのだと。当時はそうは思いませんでした。今はその通りと思っています。

mm3493mm3493 2018/05/08 10:54 モーパッサンに「女の一生」という本がありましたね。なんかそれを思い出しました。

jun_111230jun_111230 2018/05/08 12:01 こんにちは!
北の国の花、小粒で清楚な花が多いのでしょうね!
一度訪れたいです。
やはり冬より今の季節に

numapynumapy 2018/05/08 14:58 >A0153さん
女編の漢字はものすごくありますが、男編は殆どないですね。気が付いたのは、
「マタノチカラ」つまり「勇気」の「勇」でした。これが男らしさの象徴ですかね。
「とかく男は群れたがる」。つまり狩猟時代、食糧調達を担当する♂は、
群れないと獲物を倒せない!配分係の♀は、食料がいきわたってるか目を配る…。
どうやら元々社会性は♀にあったようです。生物学的には女の方が男より視野が広い、
と言うことが証明されてます。そろそろ、筋力だけの時代に終止符を打っても
いいんじゃないかと思うんですが、ヒョットコ副総理はもうそうは思えないんですね。

numapynumapy 2018/05/08 15:04 >mm3493さん
一応、モーパッサンの著作を意識してタイトルを「オンナの一生」としてみました。
それにしても、神様は何故雌雄をつくったのか?基本的にはサバイバルと
いうことなんでしょうけど、フシギですね。

numapynumapy 2018/05/08 15:12 >jin_111230さん
北海道は今の季節、ものすごいスピードで動いてます。

・開花日が満開の日やヤマザクラ

住人でも驚くほどの速さです。まだ雪の残る山も沢山あり、地中30cmは
凍結してますが、春です。そして初夏もすぐです。これから、いろいろな野生が
再生してきますが、ウチはオオバナノエンレイソウで囲まれます。北海道は9月、と
いう人もいますが、自分は5月が好きです。瑞々しい自然のエネルギーを感じます。
どうぞご来訪を。ディープな道東をご案内しますよ。

iireiiirei 2018/05/08 16:36 「花」の字は「草+化ける」、「化」は「化学:ばけがく」に通じますね。この「化」という字の右側は「比」と同じ意味で、これは動物の♀が、思わせぶりにお尻を隠しながら歩行して♂の気を引く、という状況を現します。たしかに「花」は女性です。

GAEIGAEI 2018/05/09 05:03 なかなか面白いライフコース、なるほどね〜と思いながら学生時代に『女の一生』の日本語訳を読み、とっても疲れた記憶が蘇りました。少子化・長寿化の今や、“あっという間に「姑」となりすぐに「婆ちゃん」になる”こともなく、台所マネジャーの権限をすぐには明け渡すことも少なくなり・・。男性も女性も農業に従事していた共同体の時代から、貨幣価値で人が判断される時代になり、女性の扱われ方はすっかり変わってしまったようです。

o-uirio-uiri 2018/05/09 06:53 そう言えば、女偏の漢字はたくさんあって、すぐに思い浮かびますが、男偏の漢字ってあるのかな??って悩んでしまいました。
「オンナの一生」興味津々です(^^ゞ
教材でモーパッサンの「女の一生」習ったのに、全く覚えてません。

numapynumapy 2018/05/09 06:59 >iireiさん
象形文字である漢字はとても面白いですよね。なるほど、「花」はそういう
読み方がありましたか。「縄文のビーナス」を思いださせてくれますね。
女偏でいえば、「好き」という文字は「女」と「子」に分解できますね。
「姑」は「女」の「古」いだし、「嫁」は「女」の「家」です。示唆に富んでますが、
商売屋の甥っ子の「妻」は、『私は、この家に「嫁に」来たんじゃないっ!
「結婚」したんだっ!」と言って家を出ていってしまいました。
女偏も時代に沿ってなんですかね。

numapynumapy 2018/05/09 07:18 >GAEIさん
おっしゃる通り、女偏を辿って行くと随分古い女子ライフスタイルが
浮かび上がってきますね。そういう意味じゃ、女偏の漢字を分析するのは
今やあまり意味がないのかもしれませんね。疲れさせてスミマセンでした。
ただ、女偏が多い漢字の歴史があるというのは、すごいことで、実は社会的存在は
男よりも女の方があったんじゃないかと。それがいつの間にか筋力(軍隊)が
再び重要視されるようになった。そんな歴史をヒョットコ麻生の脳内に見たので
昔を思いだして書いてみました。不肖ワタクシは、R.ドーキンスの「利己的な遺伝子」に
大変な影響を受けました。

numapynumapy 2018/05/09 07:34 >o-uiriさん
男偏と言うのがあるのかどうか、探してみたけど見つかりませんでした。
そこに、実は太古からの男女の役割があるんじゃないかと。そう思うと
結構ロマンが湧き上がってきます。
その役割論や生物学的違いをちゃんと理解したうえで、では協働社会で
何を、どうしたらいいのか?それを政治家にも知識として理解しておいて
欲しいです。ともかく、ヤッコサンらは面子と男性ホルモンばかりで
知識がなさすぎます。

miyotyamiyotya 2018/05/09 10:08 こんにちは。
エゾツツジ・・・清楚な美しさ見とれてしまいました。
春を待っていた花たちが開花しましたね。
やっぱり、植物は偉大だと思います。

なるほど・・・と、うなずきながら拝読しました。
野生動物の世界でも、♀の方が強い子孫を残すために戦っている。
人間社会では、男尊女卑の時代が続きましたが、やっぱり母は太陽だったと思います。

numapynumapy 2018/05/09 11:37 >miyotyaさん
華やかなレンゲツツジもいいですが、エゾツツジの清楚さは別格です。
実は折角白色の珍しいエゾツツジを貰ったんですが、残念ながら枯らしちゃいました。
モッタイナカッタっ!植物の体内時計を狂わせてしまったのかもしれません。
R.ドーキンスは「利己的な遺伝子」の中で、♂は♀の突然変異で発生したと
言ってます。染色体Xが一個足りないわけですね。その代わり自分の遺伝子を
残す機会は天文学的数字になる。それに比べると♀は生涯でわずか500回程。
子孫にかけるエネルギーは、♂は比較になりません。おっしゃる通り、母は偉大です。

GAEIGAEI 2018/05/09 22:54 いえいえ、実は草食系男子のママ友たちの間では「私たち、“姑”になる機会がないんじゃないか?」と、そんな話をしていたところです。『利己的な遺伝子』は読んでいませんが、翻訳された日高敏隆先生の門下生には、なかなか面白い方がいらっしゃったので、これまたナルホドと思った次第です。他の方も仰ってますが、日本語は女偏の漢字が多いのに、男偏は見当たりませんよね。女性は男性に従うもの(男性中心社会)だったからという説もありますが。
レンギョウの花、改めて春を感じさせる黄色だなぁと惚れ惚れ。

numapynumapy 2018/05/10 09:55 >GAEIさん
なるほどねぇ、昨今、子供をつくらないどころか結婚しない男子が多いですからね。
R.ドーキンスは「超」のつく進化論者だと言われてます。自分は腰巻コピー通り
「我々の肉体は遺伝子を繋ぐための乗り物」と理解しました。だから、
♂は自分の遺伝子を繋げるためにできるだけ若い♀を選び、♀は屈強の♂を選ぶ。
ただ、最近の医療技術の発達は、弱い遺伝子の子も生きるようになった。
生殖能力や生殖意欲を持たない♂も、社会生活を営むようになった。
誤解を恐れずに言えば、少子化は社会経済的理由だけじゃなく、こうした
いくつもの情況が重なってるんだと思います。こうしたことは分ってるんだろうけど、
未だに法律論だけで自己弁護や組織防衛を図るヒョットコ副総理は
やはり
「みぞゆう」だと思います。誰から生まれたと思ってるんだっ!

2018-05-01

[] 「円ブリオ」 06:27

※これほど「生命」が大切にされてる時代はかってなかった。一方、これほど「生命」が粗末にされる時代もなかったと言っていいだろう。哀しきかな、これが今の人類の現実だ。

※目が覚めると否応なしに、戦争、内紛、殺人のニュースが飛び込んでくる。一方、医療や健康長寿、介護や命を守る教育や子育て、安全のための地道な努力のニュースも溢れてる。

f:id:numapy:20180430110357j:image:right:w560

(円ブリオ一円玉募金箱。買物のお釣りの一円玉をいれるとすぐに一杯に)

※そんな中「円ブリオ」という活動を知る機会があった。「円ブリオ」とはエンブリオ(妊娠8週までの胎児)のもじり。元NHKアナウンサー鈴木健二が名付け、NPO法人となった。

f:id:numapy:20180430110616j:image:right:w560

(「生命」が大切なのは、植物だって同じだ)

※活動の趣旨は『お腹の赤ちゃんを産むか産まないかで悩む妊婦さんに安心して産んでもらうために、皆様からの一口1円の善意募金で産みたい女性を支援します』とある。

f:id:numapy:20180430110812j:image:right:w560

(遅咲きのアイヌネギ。独立系を保ってる。生命力は強い)

※活動の中心となる「NPO法人円ブリオ基金センター」は全国組織で、東北大震災時や、最近激増してるDVなどの相談でも大活躍、また話題の「赤ちゃんポスト」運動にも参加してる。

独裁者をめざす、好戦的遺伝子を持つトラシン(トランプ・アベ)漂流コンビ、陰謀プーチン虐殺者アサドなどに是非聞かせたい話であるが、ヤッコサンらは聞く耳もたずだろうなぁ…。

f:id:numapy:20180430111044j:image:left:w300

膀胱炎便秘PTSDに悩むクルルの香箱座り。少し回復したかナァ…)

※ヤッコサンらは自分の「生命」だけは死ぬほど大切にするが、他人の「生命」はゴミみたいに扱う。ヤッコサンらの“パーソナリティ障害”をどうしたらいいのか、手は少ないっ!

A0153A0153 2018/05/01 07:54 円ブリオのHPを見ました。実に多くの生まれてるはずの命が堕胎ということで、誕生してないのですねえ。
政府・自治体の援助の手は、生まれるときとか生まれてからにしか差し伸べられてないと言ってました。そういう意味で、NPO活動ですね。ご紹介ありがとうございます。

numapynumapy 2018/05/01 08:45 >A0153さん
いやぁ、改めて「生」というものの奥深さを再確認することになりました。
旧優生保護法の濫用もここに絡んでいるんですね。恐らくセクハラを認めない
元財務次官は、セクハラがDVにもあたり、基本的人権を犯す、なんてことまで
考えていないんでしょうね。改めて「アホッ!」と言うしかありません。
それにしてもヒョットコ副総理も「いい加減にせいよ」ですね。
もっとも「未曽有」を「みぞゆう」と読む御仁。脳は小学生以下ですからね。

yonnbabayonnbaba 2018/05/01 08:47 円ブリオ基金のご紹介、ありがとうございます。
戦後60年で、現在の人口の半分ほど、実際には人口と同じくらいの妊娠中絶があったなんて本当に驚きです。その中には、それこそ今問題になっているセクハラの結果というものも少なくないことでしょう。
私は、赤ちゃんを授かろうという時点から、おなかの中の間、そして産まれて3歳くらいまでの、4年間がとても大事と考えているので、全ての妊娠が、望まれる環境で始まり、穏やかな気持で妊娠中を過ごせること、そして出産後は安心して子育てできる社会を心から願っています。
こうした活動に携わる方々に感謝すると同時に、政治の至らなさやそうれを放置している国民の無関心を思わずにいられません。

yonnbabayonnbaba 2018/05/01 08:48 つい赤ちゃんのことに夢中になりすぎました。
クルルちゃんのPTSDからの回復も心から願っています。

o-uirio-uiri 2018/05/01 11:46 「円ブリオ」初めて聞きました。
1口1円で募金できると言うのがとてもいいと思います。多くの方の善意で助かる命がれば、こんなに素敵なことはないです。私も是非!
ヒョットコ副総理の「未曽有」を「みぞゆう」!これに反応してしまいました。以前読んだ池井戸作品の「民王」凄くコミカルでいつもの池井戸作品とは違うなーという作品でした。その作品に総理大臣とその息子が、何かの拍子に入れ替わってしまうと言う内容です。特に面白かったというわけではないのですが、内容が今までの作品とは変わっていて、よく覚えています(^^ゞ

numapynumapy 2018/05/01 15:09 >yonnbabaさん
恥ずかしながら、この言葉に接したのは初めてでした。活動してる方に
説明を受けてこんな活動があることを初めて知りました。きっと世の中にも
あまり知られて無いんじゃないか?広報されて無いんじゃないかと思って、
拙ブログで取り上げさせていただいた次第です。
国民もそうですが、政治は戦闘機や戦車をアメリカから買わされる以前に
もっとやることがあるんじゃないかと思います。妊婦の保護、そしておっしゃる通り
4歳ぐらいまでの子供と母親の保護。ソチラに目を向けて行かない限り、
暮らしやすい国にはならないでしょう。
クルルのご心配ありがとうございます。少しづつ回復してきたようで、
今日はトイレの中で小用を二回。別のトイレで大量のBIG BENをしました。
このまま、それが続いてくれるといいんですが…。

numapynumapy 2018/05/01 15:21 >o-uiriさん
自分も初めてでした。この1円玉の貯金箱も手づくりで、とても暖かい想いが
籠もってます。コンビニでの1円玉寄付はやめて、コチラの貯金箱に
入れることにしました。
池井戸にそういう作品があるとは知りませんでした。それにしても、
自分の「生命」(たかだか政治生命)には、死に物狂いになる癖に、
他人の「生命」はまるで「クズ扱い」。「福田に『人権』はないのか?」という
ヒョットコ発言には耳を疑いました。では、被害者の「人権」はどうなるんだっ!
民の僕である公務員(政治家も含む)の立場をわきまえてないんじゃないかっ!
腹立たしい限りです。

iireiiirei 2018/05/01 16:41 私も初耳でした。ネーミングと実際の活動が綺麗にリンクされているのが良いですね。鈴木健二アナの発案、だての気配りではないのですね。

miyotyamiyotya 2018/05/01 20:45 こんばんは。
「円ブリオ」のこと、初耳です。
詳しい説明、ありがとうございます。
少子高齢化社会がどんどん進んで、日本の人口が減りつつある現在、赤ちゃんの誕生は尊いものですね。
生れるための支援も大事ですが、生れた後の経済面・精神面の支援も必要だと思います。
「子どもは国の宝」と言いつつ、実際は子どもの貧困が6人に1人という現状です。
国策として子供を守る必要があると思います。

GAEIGAEI 2018/05/01 20:53 香箱座りのクルルちゃんの姿にホっ。
私も「円ブリオ」を初めて知りました。たかが・されど一円玉。小さな募金もたくさん集まれば大きな波になりますね。

numapynumapy 2018/05/02 08:41 >iireiさん
世の中には知られて無い活動がいっぱいあって、メディアが取り上げさえすれば
すぐに拡散するんでしょうけど、こういう活動はなかなかメディアでは
取り上げないのが現状ですね。活動する人たちは、コツコツとできるところから
粘り強く続けていく覚悟だと言ってます。世論を変えるのは難しいですね。

numapynumapy 2018/05/02 08:55 >miyotyaさん
20年ほど前、少子化がはっきりしてきたころから、道行く妊婦を見かけると
心の中で感謝を込めて手を合わせるようになりました。
「女はエライっ」。本気でそう思ってます。何しろ子供を産むことができるんだから。
これは多分、幼児時代、大女系家族8人中、男が一人だけで育てられたったので、
そんな環境が「女の偉大さ」を信奉するようになったようです。
ともかく、安心して子供を産める環境が必要だと思います。そのために政治は
どうあるべきか。自己責任ばかり喚いてないで、政治の社会的責任を
考えるべきだと思います。

numapynumapy 2018/05/02 09:09 >GAEIさん
クルル、野性味が強いのに繊細。好奇心が強くて過剰接待する癖に、
自由を妨げられるのは嫌。何とも難しい猫です。少しは落ち着いてきたようですが、
まだ排泄行為を怖がってるようにも思えます。回復までに時間はかかるんでしょうね。
もしくは、回復困難になるのかも。でも異常に元気なのが救いです。
おっしゃる通り、たかが・されど1円玉です。実は、学生時代アルバイトをしてて
もし、日本人ひとりひとりから1円を寄付してもらえば、1億円になるなんて
妄想したことがあります。ひもじさが妄想させたことです。ただ似たような発想を
マザーテレサが来日時、発言したとも聞きます。シンゾーにはそんな発想が
ないでしょうけど・・・。

yukiwarisou_0222yukiwarisou_0222 2018/05/02 14:54 こんにちは〜。
「円ブリオ」初めて知りました。
詳しく教えて頂き、ありがとうございます。
小さな善意が大きな輪になるといいですね。
鈴木健二さんと言いますと、十数年前「気くばりのすすめ」を買って読んだ記憶があります(内容すっかり忘れてしまいました(^-^;))

numapynumapy 2018/05/03 10:55 >yukiwarisou_0222さん
ソチラ、雨はどうですか?コチラは今朝4℃。一昨日から比べるとまた、
冬に戻ったような感覚です。
鈴木健二氏は、取材の中でこの問題にぶつかり、考えさせられたそうです。
やはり、言葉を扱う商売の人ですね。「円ブリオ」のネーミングは、善意の一円玉
募金のコンセプトワードにもなっていて、上手だと思います。
そう言えば、最近のNHK、籾井が辞めてから、少しづつ本来の姿に戻って来てると
思いません?

umryuyanagi104umryuyanagi104 2018/05/04 08:57 こんにちは〜♪
寒さがぶり返していますね。今日も金沢は冷たい雨です。
沼ぴぃさん、お身体の具合はいかがでしょうか。
クルルちゃんが家族になってから、生活も日々の意識もリフレッシュされているように見受けられ何よりです。

numapynumapy 2018/05/04 15:07 >umryuyanagi104さん
今日はコチラも寒いです。昼になっても温度が上がりません。当然ストーブは
まだまだ活躍中です。ご心配ありがとうございます。ま、カラダのほうは
こんなもんじゃないかと。クルルのPTSDは一朝一夕で解決するというわけには
行かないようです。障害を負った子の子育ての難しさを実感してます。
明日、もう少し気温が上がってくれればいいんですが…天気はいいようですが、
気温は平年より低そうです。

2018-04-24

[] 政治家官僚PTSDにならないっ! 05:37

※愛猫が突然、何か怖いことにでも出会ったように猫部屋から跳びだしてきた。ここ、2週間ほど日に2〜3回程起こる。観察の結果、原因はトイレにあることに気がついた。

※実は、クルル浣腸治療後、こらえきれずにキャリーケースの中で粗相した。これが彼の尊厳を痛く傷つけた。それまで、キチンとしてたお尻の始末ができなくなったのである。

f:id:numapy:20180423094612j:image:right:w560

(猫の後ろ姿は大好きだ。孤独。孤高。哀愁。毅然・・・愛しい)

※折も折、ニューズウイークで「思考力は人間並み(?)の動物に権利を認めるべきか」という記事を見付けた。記事は書く。「人間に固有だと考えられてきた思考力だが、20世紀半ばになると、様々な研究によって動物達の知能が驚くほど高いことが分り始めた」(中略)

※「もし動物に思考力があったら、彼らは何を考えるだろう」その思考力に注目が集まり始めると「人権」ならぬ「動物権」という概念が生まれた。動物を人道的に扱え、というわけだ。

f:id:numapy:20180423094849j:image:right:w560

(早くもエゾアカガエルの卵が水路に生みつけられた)

※さて、クルルはいま何を考えてるんだろう。もしかしたら、PTSDなんじゃないか?トイレ以外での排便がトラウマになってるんじゃないだろうか。それはこんな状況からも窺い知れる。

・春愁ひネコ溜息を二度三度

f:id:numapy:20180423095948j:image:left:w280

f:id:numapy:20180423095803j:image:right:w280

(フキノトウもアイヌネギも順調に成長してる)

※一昨日、PKO派遣中の自衛隊全員に2016年7月、武器携行命令が出されたことが分った。派遣隊員は「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言しているという。

※これまで海外派遣隊員の帰国自殺者は56名に及ぶ。PTSDが大きな原因になったという。なのに、派遣した側のコイツラに全くPTSDは見られない。安倍・麻生AA非道コンビ」と「高級官僚忖度軍団」である。猫でさえ自らの尊厳が失われるとPTSDに陥るのに、ヤッコサンらには人をペテンにかけても外傷ストレスには無関係だ。すべては「民が悪いッ、バカだから」。

f:id:numapy:20180423100303j:image:right:w560

水仙も雪が解けると同時に芽を出した)

※百億人を敵に回しても、ヤッコサンらは自分が正しいっ!そりゃそうだ、何といっても「わずか25%の投票率民意を得て政権を獲った!」んだし、「日本の頭脳、東大」出である。

※が、ヤッコサンらがどんなに威張ろうと、頭が良かろうと、身分は公僕だ。民の僕である。思考力を持った民が逆襲を始めた際には、厚顔無恥を止めて、PTSDを恐れたほうがいいっ!

★残念ながらクルルPTSD治療法は、粗相をした場所に正露丸を蒔くぐらいしか見つからない。ハラハラしながら見守って行くしかない。障害を持つ子の親の辛さを味わってる。

solachisolachi 2018/04/24 07:37 クルルちゃん、元に早く戻るといいですね。ポロンもたまに粗相をする事がありますが、「あっ〜」って言うと顔を背けて近づいて来ません。動物にも叱られる雰囲気、善悪、羞恥心などの感情がるのが、よくわかります。
人間もあるのですが、正当化するために、感情を隠す能力にも長けている。その頂点に立てる人たちが賢いと呼ばれているようですね。
明日楽しみにしています。

yonnbabayonnbaba 2018/04/24 08:12 クルルちゃん、お気の毒です。
でも、子供の気になるちょっとした疾患や癖が、親が気にしている間はあまり良くならないのに、何かに気をとられて忘れているうちに治ってしまったということがよくあるように、あまり気にせずおおらかに構えられてはどうでしょう。さいわい、猫のそれはとても硬くて(健康であれば)、オシッコよりはるかに対処も簡単だと思いますので。

umryuyanagi104umryuyanagi104 2018/04/24 09:17 おはようございます〜♪

確かに動物の後姿って、
何処か哀切とした雰囲気を醸し出していますよね。

A0153A0153 2018/04/24 09:26 猫にもPTSDがあるのですねえ。
AAのお二人は、言葉の使いまわしは違っても、傲岸不遜、厚顔無恥
・唯我独尊・我利我利亡者の嘘つき・ペテン師という感じです。
自分に恥じるということがないんだから、PTSDにならないんではないかな。ぼくちゃん悪くない、○○悪い、だもの。

numapynumapy 2018/04/24 14:21 >solachiさん
クルルはものすごく人懐こく、好奇心旺盛な反面、野生的で神経質だと
この頃痛感してます。「ポロン」ちゃんの感情表現がよく分ります。
それにしても政治家には、鉄面皮、厚顔無恥が多いですね。ヒョットコなんか
「未曽有」を「みぞゆう」と読んで、いい間違えただけだと開き直りますからね。
やれやれ、それでも辞任すべきじゃない、という輩が半分近くいますからね。
この国はどうなるんだろう?これからクルルの病院です。明日お待ちしてます。

numapynumapy 2018/04/24 14:27 >yonnbabaさん
貴重なサジェスチョン、ありがとうございます。今朝も同居人の仕事机の上で
粗相してましたが、そこにトイレを置いたら、警戒しながら排尿し、その後、
脇で香箱座りしてました。PTSDが少しづつ快方に向かってるのかなぁ。
今日は、これから釧路の病院です。車内で前回同様大人しくしててくれれば
いいんですが・・・。少し散歩をしたので、ストレスは減ってると思うんですが…。

numapynumapy 2018/04/24 14:34 >umryuyanagi104さん
犬もそうですが、猫はことに後ろ姿で心情を語ってるような気がして仕方ありません。
この後ろ姿に惹かれるのは、和服を着た女性にも似たところがあります。
いや、バックシャン、と言う意味じゃなく、後ろ姿が好きなのかも。
そう言えば、男は背中で語る、とか父親の背中を見て育った。などの
言葉がありますね。人は喋りよりもセンサーで感じることが多いのかも
しれませんね。

numapynumapy 2018/04/24 14:44 >A0153さん
ペテン師Aは、第一次の時はストレス(多分)で難病の潰瘍性大腸炎を発症し、
政権を投げ出したわけですが、特別医療チームと特効薬の進化で復活しました。
いずれにせよ、PTSDなんてものになるほど感性があったわけじゃない。
今じゃ、1億2000万人を騙す大物詐欺師です。ヒョットコAもヤクザまがいの
恫喝が多いですね。いずれにせよ、政権チーム、政治家、高級官僚で
PTSDになるようなまともな神経を持ってる輩はいませんね。
それに比べると、動物の思考力と感情は遥かに繊細です。
今日はこれから動物病院です。待合室には震えてる犬をよく見かけます。
怖いことは怖いと体が表現してます。

muranamurana 2018/04/24 20:00 息子さんにとってはつらい体験だったんでしょうね。
ただ我が家の娘も生まれ育った厳しい環境の為に引き取った時には今のような「ヒト慣れ」など想像も付きませんでしたので健康さえ回復すれば大丈夫なのではないでしょうか。
世情はまただみ声のじいさんが「はめられた説」を力説していましたが、どうしてそうなるんでしょう。

GAEIGAEI 2018/04/24 22:32 小動物も人間並みに、ときに人間以上に繊細なのですね。私が習った比較心理学では、動物と人間の行動比較が主でしたが、動物の心的過程あるいは行動を研究対象とする分野では、クルルちゃんの窮地を救うなにかが提案できるかもしれません。私の周りには犬以上に賢く忠義な猫を飼っていた人が何人かいます。早く元気になってのしいなぁ。

numapynumapy 2018/04/25 06:13 >muranaさん
ご心配、ありがとうございます。昨日、病院へ行ってきましたが、PYSDだと言うと
獣医は笑ってました。好奇心旺盛なのに、繊細、野生が強く、攻撃的・・・
こんな相矛盾する特性を抱えて生きてるんだとつくづく思いました。
ただ、出かける前には気配を察してる。妙にベタベタくっついてくる。
こんなスピリチュアルな一面も感じました。「暫く様子を見ましょう」というワケで、
便を柔らかくする薬を継続して、様子を見ることになりました。
お蔭様で、今朝餌を食べてからすぐにトイレへ。60g。硬度7の立派な排便を
してくれました。おっしゃる通り、もう少し時間が経てば大丈夫なのかもしれません。
それにしても、ヒョットコも詐欺師も面の皮厚いですね。彼らには「天の罰」を
感じるセンサーがありませんね。町がいなく、欠陥者です。

numapynumapy 2018/04/25 06:32 >GAEIさん
比較心理学をやってらしたんですか。興味をそそられる学問ですね。
自分は実験心理で、臨床をやってないもんですから今回も、いや、いつも・・
こういうことがあると、おたつきます。それにしても動物心理は繊細ですねぇ。
ともかく尻尾だけ見てても、感情表現は山ほどある。でも、今までできてたことが
ある時突然できなくなる。いや、しなくなるというのは、対応が難しい。
粗相をした部分に「正露丸」を蒔いて、トイレを3か所。砂の素材も変えて
セット。
獣医も原因は分からず、曖昧に笑うばかりでしたが、ウレシイことに今朝、
その一箇所のトイレの中で60ℊ。Solid7を成功しました。ただ、以前してた
砂掛けはしない。脳の中じゃ何を選択してるんでしょう。
何かがトラウマになってるんでしょうが、それがワカラナイ!
時々相談に乗ってください。お気遣い、深く感謝します。

miyotyamiyotya 2018/04/25 10:45 こんにちは。
愛猫や愛犬のブログを良く拝見しますが、人間同様すごく繊細な
神経の持ち主であることが良く分かります。
表情一つ見ても豊かで、人間が癒されますものね。
人間が一番頂点にあるという意識は改めなければ・・・
みんな共存しているんですから。
クルルちゃんが早く平常に戻れますように。

numapynumapy 2018/04/25 15:26 >miyotyaさん
おっしゃる通り、彼らはものすごく繊細ですね。コチラをちゃんと観察してる。
出かける気配があれば、察知します。それからの行動は、あの脳の奥では
何を考えてるんだろう…。人間の脳も大ざっぱに言えば、“恐竜の脳”
“哺乳類の脳”“人間の脳”の三層に分かれてるそうです。彼らと同じ
“哺乳類の脳”は感情を司ってるらしい。人間が一番、と言うのは思い上がりです。
そうそう、お蔭様でクルルは少しづつPTSDから回復しつつあるようです。
それにしても、人間以外の動物から教えられることは多いです。激励、感謝です。

yukiwarisou_0222yukiwarisou_0222 2018/04/26 10:35 こんにちは〜。
猫ちゃんにも「PTSD」があるんですね、ビックリしました。
皆さんでクルルちゃんを温かく見守ることで少しづづ快復してくるのでしょうね。
アイヌネギ、だいぶ大きくなりましたね。強さを感じます(^^♪

numapynumapy 2018/04/26 14:55 >yukiwarisou_0222さん
動物は人間よりはるかに繊細だと思います。動物に鉄面皮や厚顔無恥はいないっ!
嘘もつかないし、忖度もしない!ただ、おべっかを使うことはありそうですね。
アイヌネギ順調に生育してますが、この太さになるまで11年です。乱獲は
許されませんね。もう少しすると天婦羅が美味い。それからペペロンチーノは
絶品です。ただ、たまり漬けにする人は、葉が出ない早期のものがいいようです。
翌日、人に会う時は、少し控えめにした方がいいといいますが、最近のものは
あまり匂わないような気がします。

o-uirio-uiri 2018/04/28 06:36 先日新聞の生活欄?でギョウジャニンニクが写真入りで載ってました。
直ぐにnumapyさんのことを思い浮かべました(^_^;)
ずいぶん大きくなりましたね〜。もうそろそろ食べれれるのですか?
猫ちゃんの後ろ姿を、マジマジ見たのは初めてかも…
そばのブラシでブラッシングしてみたいです(笑)

numapynumapy 2018/04/28 09:51 >o-uiriさん
これからは天婦羅が絶品です。匂いが油で消えるので、翌日も平気です。
ペペロンチーノもいいですね。ところで庭で栽培してるギョウジャニンニクは
危険なようです。先日、イヌサフランと間違えて食した人が中毒死しました。
野生だと混成してることはありませんが、庭では危険です。
この猫、獣医も呆れるほど特殊な性向を持ってる猫ですが、面白いのは
背中の真ん中に時々トサカが現れます。怒らなくても出ます。まるで恐竜みたい。
ブラッシングは嫌いじゃありません、毛質は実に細くて、ネコ毛です。