「スローライフ阿寒」

2017-10-10

[] マインドフルネス”! 06:30

※Newsweek10月10日号の特集は、〜日本人が知らない〜『マインドフルネス』だった。副題には、“企業の研修や医療現場で導入が進んでいる仏教由来の瞑想法は本当に心と体を救うのか?”とある。聞きなれない言葉、『マインドフルネス』とは、一体何なんだろう?

※同誌は解説する。『マインドフルネス仏教でいう「念(サティ)」の英訳で、「今ここ」に集中している心の在り方。例えば一杯の紅茶を飲むことに心を向け、香りや温度、味をじっくり感じている状態。呼吸を意識し、呼吸を通して今の状態への意識が高まる』。

f:id:numapy:20171009113305j:image:right:w560

※これを「ストレス低減法」として欧米に広げたのがベトナムの禅僧ティク・ナット・ハンと79年にクリニック開設した弟子のジョン・カバットジン教授(マサチューセッツ大学)。

※その実践効果は、いくつもの脳科学で解明され、今では米大手メディアバイアコム社」や「ソニー」「ナイキ」「ディズニー」などの大手企業でも導入されてるという。

※最近“健康経営”が注目されている企業だが、導入企業は集中力向上、不安の解消などの大きな効果が科学的に証明されてるという。また、他の各分野でも効果は報告されてる。

※例えば子供の肥満低減、うつ病患者の再発リスク低減、教育現場…分野は限りなく広がる。マインドフルネス脳科学であり、生き物は「脳」を中心として生きてるからだ。

f:id:numapy:20171009113538j:image:right:w560

(昨年、入院中に姪が差し入れてくれた本。「マインドフルネス」の実践本だ)

※実は「マインドフルネス」の素とも言える「TM(Transendental Meditation)」(超越瞑想)という瞑想手法があった。提唱者はインド人マハリシ・マヘーシュ・ヨーギ。

※彼はTMを、宗教じゃなくココロや脳をコントロールするテクニックとして提唱した。コチラも各種の実験で効果が証明され、“ビートルズ”は何年間か彼の所に滞在してから♪ヘイジュード♪の発表など、音楽性が激変したとされてる。

f:id:numapy:20171009113934j:image:left:w300

(お前も、ここんところ随分変わったね!)

※もうひとつ例を挙げれば、マハリシは30年ほど前のある1日、世界各地で数万人規模の実践者を同時間に一斉瞑想を実施させ、その日の凶悪事件の発生を世界全メディアから拾い上げるという壮大な実験をした。

※翌日の新聞記事や各種ニュースをチェックした結果、世界中の犯罪が著しく減少したことが有意差をもって報告された。

その絶大なる効果が、社会学者たちの分析で科学的に証明されたことで、社会学関係者の間では大いなる話題となった。この不思議な現象は、TMの“1%効果”として各分野で驚異的現象として受け入れられたそうだ。

※さて、総選挙だ。日本人は何を選択するのか。最終的に憲法9条の廃棄を画策し、原発再稼働を推進、加計問題、森友問題をチャラにしたい一派か、それともその反対派か?

f:id:numapy:20171009114141j:image:right:w560

(いやぁ、驚きだ!レンゲツツジはもう冬芽を出して次の時代の準備をしてる)

※TMの1%効果は、ビジネスや町おこしでも証明されてるという。人口1000人の町で10人の人が、真剣に動けば町は変わる!この1%効果を信じて、総選挙を迎えたいっ!

yonnbabayonnbaba 2017/10/10 07:39 >この1%効果を信じて、総選挙を迎えたいっ!
私も信じようと思います!

inuwan33inuwan33 2017/10/10 08:44 「念ずれば通ずる」ことはありますね。
私も日常生活の中で体験していますから、1%の国民が念ずれば大きなパワーになるでしょう。

numapynumapy 2017/10/10 08:45 >yonnbabaさん
経済もそうですが、殆どのものが目に見えない思惑で動いてますね。
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」は「目に見えないものを見る」のがメッセージでした。
TM実践者としては、確かにそうした神秘体験を何度かしたことがあります。
個人的には実に至福に満ちた体験です。こうした想い、と言うエネルギーが
社会を動かす原動力になって欲しいと切に願う次第です。

numapynumapy 2017/10/10 08:56 >inuwan33さん
やはり日常生活の中で体験しておられますか。そうですね。貴兄の写真と
貴ブログには、それが色濃く出てますね。
1%効果には、よく出会います。今じゃ全国区になった故郷、信州「小布施」も
素はと言えば、たった2人で始まったことでした。そこに「葛飾北斎」と「小林一茶」
が絡んでたのはフシギなことでした。
いま、企業がマインドフルネスに取り組み始めたことで、企業と経済活動は
変わるに違いありません。それが社会を変えるのだと思います。
その意味では、もはや戦前に戻ることはできません。

iireiiirei 2017/10/10 17:06 ダジャレですが、エリック・サティを聴くと、マインドフルネスになるでしょうか?この人の音楽、そうとう行っちゃてますから。

クルル君のムラサキのバンダナ、似合っていますね。

miyotyamiyotya 2017/10/10 20:56 こんばんは。
今回の選挙は日本の岐路になるのでは・・・そう思っています。
庶民の暮らしの安定と恒久平和の実現に頑張ってくれる候補者に
大勢で一票を投じたいですね。

azusarazusar 2017/10/11 00:09 ゆっくり季節を感じ、ある日目の前のコーヒーカップに香りのよいコーヒーを注いで楽しむ時間はきっと脳の中は落ち着きとあたらしいエネルギーがわいてくるような気がします。
生活の中でそんな時間を持つことはなんでもない時間の過ごし方ですがよいことですね。

numapynumapy 2017/10/11 10:03 >iireiさん
音楽は、いずれにせよストレスの解消になるんじゃないでしょうか。
最近、マインドフルネスが欧米で注目され始めたたのは、企業が生産性向上の
ために導入し始めたのが基にあるようです。このストレス社会を何とかして
社員の生産性を上げる。このことが、脳の配線を変えることにつながったようです。
瞑想、と言えば日本は元祖につながる国でもありますよね。
なんと世界最先端です!

numapynumapy 2017/10/11 10:11 >miyotyaさん
おっしゃる通りだと思います。戦争は唾棄すべきものです。が、一方で、
人類の歴史は、戦争の歴史です。ただ、少なくとも今回の選挙は、その戦争を
できるだけ回避したいと願う人々と、「場合によってはやってしまえっ!」という
人々の、銃器を使わない戦争のような気もしてきました。
70年しかたってないのに、なんだか哀しいッ!何で人は、戦争をすぐに
わすれちゃうんでしょうか?

numapynumapy 2017/10/11 10:22 >azusarさん
TM実践中の人の脳と座禅を組んでる高僧の脳の状態は、極めて似ている状態、
と言うことが実験で明らかになってます。恐らく、自然の中に身をゆだね、
まったりしてる時間も同じような状態だと考えられます。
インカ帝国では「戦う文化」よりも「戦わない文化」のほうが発展したと
言われてますね。一人一人が戦いをできるだけ避ける方向に向かえば
戦争は起こらないようになる筈なんですが…。逆に戦い好きの人たちが
1%いると1%効果が出てきてしまいます。やれやれ、厄介だっ!

yukiwarisou_0222yukiwarisou_0222 2017/10/11 15:15 こんにちは〜。
今回の選挙は、これからの国の針路を方向付ける、とっても重い選挙だと思います。政策をよく見極めて、ふさわしい政党や候補者に一票を投じたいですね。

muranamurana 2017/10/11 22:01 息子さんの立ち姿が凛としてこれからの国の将来を憂う青年に見えるのは愚生だけでしょうか?
なので二十歳以下のこれから先の一番長い子たちのみの投票傾向とかを知りたいのは愚生だけでしょうか?
無責任かもしれませんが、どうでしょう、若い票だけで選挙を試みては…。

numapynumapy 2017/10/12 11:37 >yukiwarisou_0222さん
おっしゃる通りです。チョッと重すぎて頭が痛いです。
でも、何時も同様、期日前投票をしようと思ってます。それにしても、
選択肢として少し希望が持てたと思ったのも束の間、混沌としてきました。
今日の共同通信の調査では、自公で300を超す勢いだとか。また、おんなじことが
起きるんですかねぇ。いやはや、うんざりです。

numapynumapy 2017/10/12 12:01 >muranaさん
なるほどね、若い子たちだけの投票ですか。それもありかも。
彼らが、どんな選択をするのか、見てみたい気もします。
それにしても、いよいよ民主主義の消費期限が切れてきたような気がします。
アメリカを見てもドイツを見ても、イギリスを見ても。チャーチルがいみじくも言った
「民主主義は最悪の政治形態らしい。ただし、これまでに試されたすべての形態を
別にすればの話であるが」が、ミョーに思いだされます。
民主主義のほかに、理想の第3の道があるといいんですがねぇ…。

ikazuti-dikazuti-d 2017/10/12 22:20 雑多な日々に忙殺されています(泣)
自分の時間をスローにしてストレスを軽減したい・・・。

GAEIGAEI 2017/10/13 07:42 基本は呼吸なのだと思います。自分の日常が、果たして普通のスピードなのか、周囲に迷惑かけかねない速度なのか、判らなくなることもあるのでしょうね。立ち止まって一呼吸の習慣は個人レベルでも組織レベルでも大切ですね。

numapynumapy 2017/10/13 12:12 >ikazuti-dさん
マインドフルネスは、1日10分ぐらいらしいです。アメリカの大手企業は
昼休みにプログラムを実施してるそうです。これで実践企業の個人個人の
ストレス軽減は、統計的に意味のある「有意差」をもって実証されたそうです。
ポイントは、ひとつ。呼吸を感じることだそうです。入院中は確かにできました。

numapynumapy 2017/10/13 12:24 >GAEIさん
そうですね。人間の意思で自由コントロールできる内蔵は、基本的に
呼吸器ですからね。呼吸が上手くできてないと体のコントロールができない。
心もコントロールできない、ということなんですかね。マインドフルネスは
呼吸を中心としたDMN(デフォルト・モード・コントロール)のテクニックだと
本には書いてありました。どんな時も休んでいない視床下部を含む脳の部分、
つまり「恐竜の脳」の休息法だというワケです。確かに生命現象や自律神経を司る
脳部分は休むわけに行きませんからね。ここを休ませる。時間との関係も
あるんでしょうね。

A0153A0153 2017/10/19 13:07 なるほどねえ、高僧の座禅の瞑想中と同じ状態ですか。ずっと昔、
瞑想中の高僧の脳波を調べた文章を読んだことがあるのですが、いろんな言葉を他から与えても動かなかったそうです。ただし、○○子という女性の名にごく少々反応したのだそうです。その坊さんに聞くと、娘の名前だったそうです。何かうらやましさを感じますね。一方では、安倍政治とか利権とか自由とか平等とか平和とか選挙とかに無反応な人々も多いですよね。こうなってはまずいですよね。いかなることでも、平静に受け止め、冷静に判断し、的確に対応するのがいいのでしょうけどね。

numapynumapy 2017/10/21 08:39 >A0153さん
お帰りなさい。いかがでしたか、旅は。
いわゆる悟りを開いた、と言われる人たちは、自分と宇宙や社会との関係を
自分なりに理解した人たちのことを言うんじゃないかと。最近そんな風に
思ってます。TMでは神秘体験をすることも多く、ひとつ間違うと「オーム真理教」
なんて方向にも行きかねない。何ともそこが難しいんですが、ストレス解消や
脳の覚醒などのテクニックとして理解すれば、なんてことはない。誰でも
戦いを好まない悟りの境地にたどり着けるんでは、などと思ってます。