家庭科的生活

2018-08-08

nunon2018-08-08

[]台風の前、アシナガバチの行動に変化。


台風13号が接近中

明日にも関東上陸か?


そんな天候の中

アシナガバチが、おかしな行動を・・・

巣から離れるときは、何かを探しに行くとき

そんな感じだったのに

今は、巣から離れた枝で集団で止まっている。


これは、台風に備えた避難なのだろうか?

巣を守るよりも、自身の身を守るのか先決

ということなのでしょうか?不思議!!


あ〜、この行動の意味が知りたーい!

2018-08-06

nunon2018-08-06

[][]桜にオニヤンマがぶら下がっていた。


桜にオニヤンマ


見つけて、いなくならないうちに

撮影しようと慌てましたが

全く動かず、煮る気配もなく

撮影成功!!


大きくて、カラーリングも凄く

かっこいい!




派手なこの色は、自然の中では

保護色なんだと、この写真で感じました(^^

2018-07-20

nunon2018-07-20

[]庭の桜にアシナガバチの巣。


庭の桜の木

二階のベランダで

目線の高さに、アシナガバチ

巣が建設中な事に気づきました。


去年ガレージに巣を作っていたことがあり

アシナガバチは、めったに刺すことがない

大人しい性格らしいのですが

その時は手の届く高さでしたし、

車の乗り降りで、頻繁に巣の下を通らなければ

いけないので、可愛そうですが業者さんに

頼んで撤去してもらいました。


今回は、ベランダからも遠く人が届く高さではないので

撤去せず、このまま見守ることにしました(^^

虫の幼虫を餌にしますので、その恩恵を期待しちゃいます!


それにしても、なんでこんなに細い枝を選んだのかな???

2018-06-29

[]ヒグラシの涼やかな声が聞こえ始めた。


今年も大好きなヒグラシの声が

聞こえ始めました。ツクツクホウシ

もいい声ですよね。


あ〜ゼミがみんな

こんな鳴き声なら良いのにな・・・。



ニイニイゼミも鳴き始めている

体が小さい分、声もさほど大きくないけれど、

濁音の多い声でイマイチ。これからは、

晩夏のヒグラシシーズンまで、騒がしい声に

厚さを、あおられる日々がやって着ちゃいます。。。

2018-06-21

nunon2018-06-21

[]走行中の車のガラスにカメムシが落ちてきた。


主人を駅まで送り、帰路

車運転中に、フロントガラスに

コトンと何かが落ちてきた。


それは、カメムシ。


家まで、もう少しという所だったので

家までお持ち帰り、いなくならないうちに

最近やっと手に入れたスマホで撮影。

Googleが白黒写真に加工してくれました。勝手に(^^



この子の名前は、オオトビサシガメでした。

20〜27ミリで、カメムシにしては大きいい。

そして肉食。獲物の体液を吸うらしい。まるでSF!!

また、無理やり捕まえると刺れて、とても痛いらしい。

普通に撮影したけれど、今後は気を付けて接近します。

2018-05-28 27日のつづき。

nunon2018-05-28

[]ヒオドシチョウの表裏は全く別の色でした。


図鑑を見ると

羽根の表は、開いた状態で見える方

つまり、この写真で見えている側のようです。


網戸にとまった、ヒオドシチョウ。

じっとしていないので、ブレてしまいました。。。

チョウ目タテハチョウ科

27日に記載の羽裏側は茶色でしたが

表は赤というかオレンジ系で

とても派手。


単純に考えると

休憩中羽根を閉じると保護色に

逃げる時には、威嚇や警告を表すように

派手な色が見えるようにできているのかな?


そしてもう一つ興味深いことが、成虫で冬を越すらしい。

タテハチョウ科の他の蝶でも見られる事のようですが

初夏に成虫になり冬を越して次の春に産卵する。

なんかすごい生命力です。面白いですね〜。


撮影後はちゃんと外に出してあげましたょ(^^

2018-05-27

nunon2018-05-27

[]初めまして!ヒオドシチョウ。我が家に舞い込んできた。


家の中に虫が舞い込んでくるのは

隣が林で自然豊かな環境の我が家では

これからの季節、日常の出来事。


1週間前のことですが

初お目見えのヒオドシチョウにご対面。

網戸に止まったところ。


これが、樹木の木肌のような模様で

地味ですが日本的な“わびさび”感

を感じる。


しかし羽根の内側は

全く違う色なのです。


つづく。。。

2017-07-28 昨日の撮影

nunon2017-07-28

[]コミスジ?が桜の葉に。


ベランダからの撮影です。

桜の木に蝶が止まっています。


名前は多分

コミスジだと思います。


気に入った写真です。

2017-07-08

nunon2017-07-08

[]ナナフシが引っ越していった跡。


6/27に記載したナナフシ

お宿として使っていたゼニアオイですが

すっかり満喫して、去って行きました。


ナナフシがいなくなった

ゼニアオイは悲惨な物です

棒だけになりました。


とは言っても、小さな植木鉢に

30センチほどのゼニアオイが2本

そこでナナフシが10日以上も暮らせるなんて

やはり、あまり動かず低カロリーでも

生活できる様になっているのでしょう!

青虫などでは、1日で丸坊主になっちゃいます。


順番が前後しますが

先月25日には、脱皮の皮があるのを初めて見ました。

本当に脱皮してるんだ!なんて思いましたが

写真ではわかりにくかったので、報告だけですm(_ _)m


今は何を食料にしているのかな?

ゼニアオイには悪いことをしましたが

また、来年も芽を出してくれると思います。

2017-06-28 6/24の撮影

nunon2017-06-28

[]ナナフシが住み着いた、ゼニアオイ。


毎年、家の周りで

ナナフシを見かけますが、

今年は多い様に思います。

1度に確認できたのは4匹。

まだ、他にもいるんじゃないかな?!


そして今年は、窓から見える所に置いたゼニアオイ

ナナフシが住み着きました。(写真中央)

日によって1匹だったり2匹だったりしますが

常にくっついて、じっとしています。

お陰で、毎日観察できるようになりました。


そうすると・・・ほぼ動きが無い。餌にしている

セニアオイの葉があまり減らない。など

毎日あまり変化が見られないのです。

これでは、まるで昆虫界のナマケモノだな!!と思っていたら

同じ事を書いている方がいらっしゃいました。↓

キュリナス沖縄ブログ


こんな姿を見たら、やっぱりそう思いますよね(^^

簡単に足が取れちゃうし、危険を感じるとカラダを揺らしたりして

「風で揺れている枝だよ!」とでも言いたいのか?

なんか、出来損ない感があって笑える虫です。