家庭科的生活

2018-03-26

nunon2018-03-26

[]生垣の椿は花を食べられてしまい、半分はゴロゴロ状態。

今年、生垣の椿はあまり

順調とは言えません。


蕾はたくさん付いたのですが

なかなか咲かず、中には

蕾のまま枯れてしまったり

咲いた思えば、花びらを食害されて

ボロボロの姿になっていたりで

蕾の半分以上が被害にあっています。。。


こんなに食べられたのは初めてかもしれません。

虫の仕業かな?と思い、探してみましたが昼間は見つからず

夜にも探してみましたが、犯人は分かりませんでした。。。


犯人をネット検索した結果は

スギタニモンキリガの幼虫らしいです。

なんと蕾の付け根に産卵し

孵化すると蕾の中に入り込み、安全な状態で

花を食べ続けて成長するそうです。


これを知って、蕾がそのまま枯れた原因もこれだ!と思いました。

見つけ出そうと、害のある花をいくつか摘んでバラバラにしてみましたが

スギタニモンキリガの幼虫には会えませんでした...。


成虫のうちに退治する方法が、いろいろなサイトで紹介されています。

それって、産卵前に親を“やっつける”ってことですよね。

回避方法は、あまりやりたくない農薬散布しかないのかな?!

2015-04-16

nunon2015-04-16

[]チャドクガの卵を見付けた。


生け垣の椿に毎年

発生するチャドクガには

手を焼いています。


20年近くもの間、戦い続けていますが

今までは、発生してからチャッカマン

等で炙って退治しています。

もちろん手袋は必須アイテムです。


運良く、今まで被れたことはありませんが

それでも恐いので、出来るだけ除去したいです!!



たまたま、親戚の方が貸してくれた本

「二十四節気で楽しむ庭仕事・ひきちガーデンサービス著」に

卵のうちに除去しましょう。みたいなことが書いて有ったので

そっか!!私にとって目から鱗でした。本には、卵の写真はありませんでしたが

“茶色のフエルトのような物にくるまれた卵塊(ランカイ)”と記してあります。


確かに生け垣を探してみたら、ありました!!

残念ながら1コしか見付けられませんでしたが、卵の形だけでも分かったのは収穫です!

度々チェックして、これからは発生前に対策したいと思います(^^

2011-08-14

nunon2011-08-14

[]枝豆に毛虫。


枝豆育てて数年目ですが・・・

こんな虫が付いたのは初めて



蝶のコミスジの幼虫のようです。

自分の食べ残した葉が、茶色になり

その葉が乾燥してチリチリに

なってくると・・・そっくりで

見分けが付きづらく、今までも

気がつかなかったのかもしれません?


見つけたときは、正体が分からなかったので

枝豆の葉っぱごと取って、近所の林にポイしました。

蝶は好きでも、枝豆を食べてしまう幼虫は困ります。


  • コミスジは7/22のブログにミスジチョウ(誤り)として登場しています。

2011-07-06 虫の苦手な方、ごめんなさい。

nunon2011-07-06

[]草花の茎に入り込む、憎っくき幼虫。


毎年毎年、庭に現れる幼虫。

今年は、ナメクジが少なくて

喜んでいたら・・・

こちらは、異常なほど大発生。


被害は・・・菊、ルドベキア、白粉花

メドーセージ、それに、道端の紫陽花

今年は育てていませんが、トマト、食用なす

も決まって被害に遭います。


地面に近いところから茎に入り込み

茎の芯を食べ進み、おが屑のような糞を

進入口から出す。芯を食べてしまうので

入り込まれた茎は、バタバタと倒れ枯れていきます。


菊&メドーセージの被害は酷く、庭が寂しくなってきました・・。2種とも強く雑草のように生えてきているので、最初のうちは、糞の見られる茎を取り除き、幼虫を退治していましたが、もう既に移動した後で、もぬけの殻だったり・・・。地面に残っている根の部分に頭だけ見えて逃がしてしまったり・・・完全に退治できません。針金を入れて刺し殺す手段も試してみましたが・・・草のように柔い茎では、上手く針金が入りませんでした。


写真は、紫陽花でお食事中の虫、おが屑のような糞もあります。虫の名前を調べましたが、主に木の幹に進入するのがカミキリの幼虫(鉄砲虫)。草などの茎に進入するのは、主に蛾の幼虫のようですが、何種類もいるのか?名前は特定できませんでした。


なるべく、防虫剤を使わない主義ですが・・・もうどうしようもないかも??

キンチョールでカミキリ用の殺虫剤があるらしいから、買おうかな〜〜。

2010-09-13

nunon2010-09-13

[]イラガ毛虫、綺麗だが毒を持つ。


朝、ゴミを出しに行くと・・・

家の前で、地面に落ちている“もみじ”に、綺麗な黄緑色の毛虫が、数匹くっついていた。葉っぱごと落ちてしまった様子。


初めて見たので、調べてみました

毒蛾の一種で、刺されると1,2週間は痛むようです。でも、繭は茶と白の二色でちょっとカワイイ。なんか可愛い鳥で出てきそうな感じ(下記参考)。小さすぎますが・・・。ちなみに、成虫は無害だそうです。


綺麗でも、可愛くても、痛みは感じたくないので要注意です。

肝心のもみじは、さほど被害はなく、今のところ見ないふり。


  http://www.ne.jp/asahi/kikko/living/diary-musi37.htmを参照

2010-09-04 写真は去年を参照してください。

[]2010:モンクロシャチホコ大発生


去年に引続き

今年もモンクロシャチホコ(紋黒天社:我)の毛虫が

庭の桜の木に発生!!しかも、大発生。

シャチホコの由来は、毛虫の時代に

頭を上げた姿勢をするからだそうです。


7月に、まだ小さい頃の集団毛虫を見つけて取り除いたので・・・今年は早期発見で無事に済んだ!と思っていたのが大間違い。8月に、庭の糞に気がついた時には、桜全体で“モンクロシャチホコお食事中”状態。


〜〜〜〜今年の発見:お熱いのが苦手〜〜〜〜

猛暑の9〜10時ころ桜に日が当たる頃に、モンクロシャチホコが枝先から降りてくんです。そして、10時を過ぎた頃、幹に日が当たらなくなっると、Uターンして葉に戻ろうとする。


手が届くところまで降りてきた者は、その場で「さよなら」。葉の先にいる者は、長い枝きり鋏で、枝ごと切り落としてはシャベルで「さよなら」していましたが・・・主人の案で、日光で熱くなったブリキ製の一階の廂(ひさし)の上に枝ごと置いてみたら、全身火傷状態で「さよなら」できました。


これなら枝を切って、廂に置くだけ。

精神衛生上よろしい☆

2010年の名案だよ!ダンナさん。


でも、今年も地獄への切符を買ってしまった〜〜〜。そこで、娘にお願いしておいた「母さんが死んだら、地獄に出来るだけ行かなくて済むように、それほど悪い人では無かったと、たくさん手を合わせてね。」娘は困った顔で頷いてくれた。

2010-08-16

nunon2010-08-16

[]ゴキブリ団子(誘引殺虫剤)大活躍


お題の「庭いじり」とは

外れてしまいますが・・・

「害虫」に関してなので・・・


発見!!ゴキブリ団子は、規制の蓋をはずして置けば効果増大!!


実家ではゴキブリ団子を、手作りしていました。

我が家では、子供が生まれて誤飲が心配になり既製品を購入。でも効果は感じられませんでした。実家ではゴキブリ団子を作るようになってから、ピタッと、ゴキブリにお目にかからなくなったのに・・・なぜなぜ???


ある日、ゴキブリ団子を素通りするゴキブリを目撃してから、考えた!大きなゴキブリには、カバーに開いてある口が小さすぎるのでは・・・その後、ダンナも同じようなことを言っていた。そこで、今年はカバーの蓋を外し、数を増やしたら、めっきりゴキブリ退治の時間が少なくなりました。大成功☆☆☆


ペット&赤ちゃんのいるお宅では、危険ですが・・・誤飲の心配が無い環境でしたらお勧めです。そのうち、母に習って手作りしようかな〜〜〜?


  • 写真の左手の上は蓋付き、右は数年前の物、中央は今年の物ですが、年数が経っていても、ゴキブリは食べてくれます

2009-06-11

nunon2009-06-11

[]ペットボトルで、ナメクジ除け


今年の、発見。ナメクジは豆類が大好き!!


今年は、枝豆、落花生、絹さやと豆類を多く植えました。そして、発見したのです!!この3種類全てに、発芽寸前の土がら“ちょっと顔を出した種”に、数匹のナメクジが集まっているのをー!


路地植え枝豆は、気づくのが遅く3分の2はやられてしまった〜。一年越しの種が残っていたので、プランターで再挑戦。やはり「ナメさん」は、他のプランターには行く様子もなく、一直線にやってくるので、銅テープを土の植えに輪に置き、ほとんど来なくなりました。が・・・テープをくぐり抜けられる、小さい「ナメさん」がやってくるので、見張りは必要。


絹さやは、さやの中の種が大きくなると「ナメさん」は見逃さずにきて、種の部分だけ食べていく。こちらは、種が大きくなる前に収穫すれば、OK。


落花生は全て路地植えにしたので・・・対策に悩みました!そして思いついたのがこれ!!家にあるペットボトルをかき集めて、半分に切り、目打ちで穴を開けて、種や芽の場所にかぶせました(写真は6/3)。んぅ〜格好悪い!最初は晴れの日に蒸れてしまうかと心配しましたが、大丈夫でしたし、ナメクジ避け効果はバッチリ!!昨日、カバーが小さくなるほど伸びた苗を見つけて、3分の1くらいはペットボトル外しました。この後「ナメさん」との戦いはいかに?!

2008-09-10

nunon2008-09-10

[]バッタ除け


畑仕事で収入を得ていない、ただ趣味で庭をいじっているだけの私が、可愛いバッタを害虫と言うには、気が引けますが・・・ここでは害虫項目に入れました。


毎年、シソの葉を食害されてしまい、後半時期は食卓にのぼる事は、有りませんでした。そんなことをお正月、親戚の方に話したら良い方法が有ると教えてくれました。それは、タマネギの皮(茶色い部分)をお鍋いっぱいに入れて煎じて(写真)その煎じた水を、スプレーに入れて気になるところに吹き付けるだけ!

なんて簡単で害のない方法なんでしょう!!タマネギなら、加熱せず直接たべるシソでも安心。嬉しくなり、その日からタマネギの皮を集め始めました。


そして、7月の初めに1回目の挑戦。私はタマネギの皮と鷹の爪もちょっと入れました。(以前ご近所さんから、鷹の爪が良いと聞いたことを思いたしたので・・・)食べられている葉もいっぱいありますが、食卓に上ることが去年より、とても多くなっているので、効果は有ると感じて、その後2回ほどスプレーをしています。


シソの外注はバッタだけでは無さそうですが・・・良い結果出てよかった。

2008-04-17

nunon2008-04-17

[]ミミズコンポートのミズアブ残滅


2005,12,31にミミズコンポート(ミミズを飼い、生ゴミを食べてもらう物)から割り箸で、一つ一つがんばって取り除いたミズアブは、もう見かけなくなりました。やったー!全滅したようです。蓋の閉め方が悪いときが、あったのかも知れません。これから油断は禁物かも?!