Hatena::ブログ(Diary)

n v s : : d i a r y

2006-06-24 不快が止まらない。

finalventの日記 : 大人はこうした問題に軽々しく言及しないものだがを見た。

レイプされて出来た子供は堕胎して良いかもたどってみた。

記事の日が多少ずれても不快が止まらないので不愉快を書こうと決めた。

(何度も同じような繰り返しを発してると思うけど、それだけあまり冷静に考えられないような不快さがあったということです。)

レイプによる堕胎の話しをする時、胎児の命を叫ぶ内容って「命」の前にレイプされた被害者の苦痛をまったく語ってないのってどういうことなんだろうか。

この手の問題というのは、自分との関わりのなかでしか発言できない。

うん、同意。


だけどよく分からないのは当事者性のないマザー・テレサの精神を語ってるところ。

レイプがその場限りの事故だったとして、PTSDで悩む人はいつレイプの恐怖から解放されるんだろうか。ましてや妊娠までして、「産め」と言うからには、何カ月もそのレイプ加害者の子供が自分の胎内にいるのをノイローゼになってでも「産め」と強要してることを解っていってるんだろうか。

マザー・テレサの言葉を借りてこられても全く納得できない。

「大切じゃないと思う奴は、まずその子を産め。オレが立派な人間に育てて証明してみせてやる」と自分の言葉(finalventさんがululunさんの意見を正した言葉?)に言い換えたところで私にとって説得力はない。立派な人間に育つ事は結果であって、レイプされた被害者の被害の経過については無視?子供の命の話だから?

産むまでのプロセスと出産行為(最大の生理現象だと思う)がすかーーーんと抜けてるように思うんですが。

ホルモンバランスが変わって情緒不安になってる妊娠時に自分のお腹にいるその子供は自分をレイプした子供なんだと思いながら出産しなければいけない事やレイプで恐い目にあった上PTSDで精神的につらい状態を耐えてでも「殺さないで産んで下さい」とマザー・テレサレイプ被害者に言うかな。

「私が愛を注げる限り注いで愛します」と子供を愛してくれてもレイプ被害者の未来まで癒せるかな。

私が被害者だった場合、私はマザーの1/∞にも及ばない人間で、足もとにも寄れない上、レイプ犯の子供を子宮内に何カ月も置いておけるような寛容さも愛ももちあわせていないし、マザーの自己犠牲や無私の愛を私にまで置換えされるのは器がなさすぎて苦痛なんですよ。もしも私がレイプされ妊娠した被害者で狂いそうなほど中絶したいと思い、だけど中絶を選択する事に罪悪感や恐怖をおぼえている時「堕胎しないでください」とか、「子供を助けて下さい」と言われると、小さくて度量のない私は「圧倒的な愛」と「善」いう名において子供の代わりに精神が殺されそうです。

と言っておきます。


子供をひきとります、何人でも受け入れますと、被害者の苦痛をひとつ減らしたように思えて、産んで母親にした苦痛もそのままお返しできればいいけどそれは無理なんですよ。


産んだ後、目の前から(ひきとってもらう機関があったとして)子供がいなくなってハイおしまいなんて簡単なものでもないんですよ。だって現実に子供は胎内に居て何カ月もかけて母親になってしまってる。

出産するからには、母親側(レイプ被害者)の精神的痛み、身体の痛み、子供を愛せない場合の苦痛は妊娠期間(それ以上)付いてまわるわけで、どこで解放されるんですかね。

当事者によって遠い未来に解放されるんですかね。

当事者が加害者しかいない場合、誰が被害者を癒すんですかね。

母性が芽生えてしまって産んだ子供を手放せない状態でしかし愛せてるか愛せてないか迷いがあったりする母親はどうなるんですかね。迷いながら苦しみながら育てられる子供はどう育つんでしょうね。子供は自分を責めないですかね、愛しきれない母親を責めないですかね。

子供殺すくらいならその程度の痛みは話にならないということなんでしょうか。精神的な痛みが癒えなかった場合、10年とか20年それ以上?じわじわと絞め殺されような精神的苦痛よりも「死」は圧倒的だからということなんでしょうか。

現代の聖母・マザーテレサ(追記されていたこと。リンク先の内容の一部)

 中絶賛成派の人のなかでも、「子どもを殺す」ことを是としている人はあまりいません。ただ「胎児の人権」よりも、「育てられない母親の人権」を望んでいるだけなのです。

「育てられない母親」は経済観念だけでも物言ってるわけじゃないと思う。子供みるたびにレイプのこと思い出すような辛さは無視?まあ、この引用文はレイプによる堕胎のことのみ触れているのでなく、「堕胎」そのものについて大風呂敷なところもある。

と、その上で「育てられない母親の人権」をどうして望んじゃいけないのか?


レイプ被害で堕胎するな、と言う連中はレイプされてみれば良いと思う。自由を奪われて力づくで這いつくばせられ犯され恐怖を味わってみれば良いと思う。数年〜10年はトラウマになる程度の精神的苦痛を味わってみれば良いと思うよ。

レイプ被害で堕胎するな、と言う連中が男だった場合もレイプされてみれば良いと思う。押さえ込まれて死ぬ程掘られてみればいいと思う。そしてやっぱり何年もトラウマになる程度の精神的苦痛を知ってみれば良いと思う。


もう一つ、レイプ被害で堕胎するな、と言う連中が男だった場合、自分の姉妹がレイプされて何カ月も泣き暮らす、もしくはノイローゼになり何年もトラウマをひきずることを想像してみればいい。

姉妹がいないなら彼女が、彼女がいないなら自分の母親が、妻がいる者なら妻が、娘をもつ親なら娘が上記の通りレイプ被害にあって出産するのが恐怖だと怖れおののいて何カ月も泣き暮らしてる状態を想像してみればいい。

その上で、「産め」というなら仕方ないな。



マザー・テレサの「殺さないで」も「出産の強要のお願い」なんだと思えるんだけどどうだろうか。

出産て普通に出産するのでも大変なことなんだけど、たとえお願いだったとしても出産は他人に強要されることではないよ。(もちろん堕胎も強要などされるものじゃない。)

子供に罪はないとはいえ、母親にとって子供はまちがいなく自分をレイプした人間と自分の子供だという現実を全ての母親がそれを克服できると思わない。そういった克服に至らない被害者の事は当事者でないから他人事なのよね、こういう話って。もちろん被害者の苦痛は被害者のものであって迂闊に触れられるモノでもないわけで。


レイプによる堕胎について私の結論。

当事者が結論をだすべき。

マザー・テレサやその意志を継ぐ者であっても口出しするべきでない。私が当事者であったなら口出しされたくもない。というかするなって気持ち。(やっぱり口出ししないで下さいというお願いにとどまるなんて出来ないです。)

子供を救うこと+レイプ被害者の苦痛を未来にわたって救えると有言実行断言できる人間以外「産め」と言うべきでないと思う。

ブログでそういう「出産の強要のような」意見を見る事は、すなわち当事者でない人間の意見や思想を目の当たりしたように思え、この件の当事者性に関しては不快が止まらなくって困りました。


皆、当事者以外がどうこういう問題でないと言いながら、件について意見を書く自由はあるとは思いますし、解ってるつもりでもあったんですが不快が止まらなくって困りました。

また、私も自分の整理しきれない考えをここに書いたからと言って不快が止まるとも思えませんがグダグダだろうと書かずにいられませんでした。

mina32mina32 2006/06/26 02:50 人を殺すことは犯罪であり、堕胎は人殺しにほぼ等しい行為ではある。
が、強姦による妊娠ではちょいと勝手が違ってくるんじゃないか。まぁ、難しい問題ではあるんだろうけれども(実は凄く簡単なことなのかもしれないけどね。俺は男なのでわからないだけで)

少なくとも本人が望まず、本人に責任がない事柄に対して責任を求めるのはお門違いじゃないかなってのが俺の認識かな。
被害者はいつまでも被害者のままで、その人を救うために堕胎という手段を選ばなければならないのならそれは仕方ないことなんじゃないかなと。

まぁ、最終的にはぬださんの言うとおり本人が決めればいいことで周りがとやかく言うことじゃない。まして制なんて。

nvsnvs 2006/06/26 07:46 殺人の結果しか出てこないと気持ち悪いでしょ。何かあったら必ず動機だとか原因だとそこにいたる経緯があってどんな性質に殺人だか決まるもんだと思います。
>少なくとも本人が望まず、本人に責任がない事柄に対して責任を求めるのはお門違い
今回はまた極論な件なので緑論書いてますが、mina32さんの言う通りだと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nvs/20060624