Hatena::ブログ(Diary)

ny23の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-09-05 やっと体が温まって来たのだが

2017北海道サイクリング八日目

|  2017北海道サイクリング八日目を含むブックマーク  2017北海道サイクリング八日目のブックマークコメント

いよいよ東京に戻る日がやって来た。朝起きて見ると、風邪の症状はほぼ止まっていて、回復しつつあると言って良さそうだ。天気は快晴。やはりこれぐらいの時期からサイクリングすれば良かったか。帰りたくないなぁ。。

コース概観 (google map)

天気がすごく良いので、開陽台に寄ってから中標津空港に行くことにする。が、開陽台を経由しても空港まで50km程度しかなく、14:35 の飛行機なので10時ぐらいまで宿でのんびり。

出発にあたって、お昼がわりにオーナーさんの奥さんからおにぎりを一つ、もらった。これまで泊まったときはいつももらっている気がするが、これが本当にありがたく、嬉しいのだ。また、遠音別岳の見返りキツネ(残雪が振り返ったキツネのように見える)の写真ももらった。いつも9月に来ているけど、違う季節にも来てみたいなぁ。。

というわけでのんびり宿を出発して開陽台へ。途中、キツネかあるいはテンのような小動物が、道路の先を跳ねるようにとっとこ歩いて行くのに遭遇。しばらく歩くと止まり、近づくと逃げるという感じであまり近くで写真は取れなかったが、最後にキツネを見れて良かった。見返りキツネの写真が呼んでくれたのかな?

f:id:ny23:20170905103113j:image:w300

素晴らしい天気なのでビートルズを聴きながら気分良く快走。快調に飛ばして開陽台に繋がる北19号線に。アップダウンが一直線に連なる快走路で、開陽台に行くサイクリストやライダーを盛り上げてくれる。行き違うライダーさんも大半が右手を上げて挨拶してくれる。こちらも返す。最後にややきつめの坂を一番下から二つ目のギアで苦しく登っていると、後から来たサイクリストのグループに抜かれてしまった。そのあと、開陽台への入り口で折れて、このギアでは明らかに自分には登れない勾配の坂を登っている途中でなんとか一人をパス。そして開陽台に着いた。

f:id:ny23:20170905122115j:image:h300

こんな天気の良い開陽台は何年ぶりだろうか。標高を考えると素晴らしい見晴らしで、かつて北海道のライダーさんの聖地だったというのが分かるというもの。もう三年前になるが、北海道に再び自転車で来た理由の一つがこの開陽台だった。いまは自分にとってもっと大切にしたい居場所もあるけれど、三年前と同じ最終チェックポイントに来たのだなという気がして実に感慨深かった。風に吹かれながら、持たせてもらったおにぎりをパクパク。帰り、アップダウンの続く北19号を撮っているライダーさんを撮ってみた。

f:id:ny23:20170905131015j:image:h300

その後は中標津空港まで一気に下って余裕を持って空港に到着。輪行バッグに自転車を詰めてチェックインしたら飛行機が遅れていたのでしばしのんびり。

f:id:ny23:20170905141233j:image:w300

そして羽田から職場に戻って、学生との共著論文を仕上げたのち、9/6-18 まで学会出張x2(コペンハーゲン、オックスフォード)と怒涛の日々を過ごして 9/18 日本に帰国。あー疲れた。

後ろの日程に余裕が無いサイクリングは辛いので来年は余裕を持って来たいが。。

その後、家まで自走で戻ったところトータルの距離は 829.7km だった。単純に割って100km/日超え、飛行機の到着・出発時間を考えると実質、7日だと思うと120km/日というところで、風邪引いたり自転車が壊れたことを考えると、まあ頑張ったと言えるかな。

今日の進捗

2h43m20s / 54.37km / 19.9km/h

職場に戻るまでは 20km/h だったと思うけど、その後学会に行って戻ってきて適当に走らせて家に帰ってきてしまったため、平均が20km/h切ってしまった。

ちなみに、garmin edge 25 による記録では、

2h13m24s / 47.69km / 21.4km/h

となっている(いいわけ)。

Connection: close