Hatena::ブログ(Diary)

Try to Star -星に挑め! このページをアンテナに追加 RSSフィード

・[try to star-星に挑め!-]はてなブログにお引越しですー。

にゃあです。  ゲームに関する分析、感想がメイン。批評じゃなく分析ね。
その他のいろいろ気になることをゲームに絡めて書き綴ります。
コンピュータゲームに限らず、TRPG、カードゲーム、ボードゲームなどについて書きます。

[私のプロフィール]

このブログでの主な記事ジャンル紹介
・[ゲーム分析の一覧] ゲームタイトルをひとつずつ分析しています。
・[RPGって何だろう?] RPGというジャンルに対する分析・考察です。
・[ゲーム考] ゲーム関連の分析・考察その他雑感です。



twitter
pixiv


リンク
TRPGの記事を探したい、調べたいならこちら
TRPG Search
↑TRPG関連ブログの新着、TRPGサークル検索等。TRPG質問コーナーも開始されてます。
テーブルトークRPGマニア
TRPG SNS
Kaleidoscope Fragments
↑『GMさん、教えてください』質問集がありますよ〜☆

PSUオフィシャルサイト
そげキング同盟


[RGN コンピュータ・ゲームのデザインと物語についての研究会]
[第1回の報告・考察] [第2回の感想] [第2回の報告・考察]
[第3回の報告・考察] [第4回の報告・考察]


にほんブログ村 ゲームブログへ

 

2009/03/02

[]アイドルマスターSP

ジャンルとしては、シミュレーションゲーム

 能力値や、環境の数値を意識して、効率化を図りつつ、ゴールをめざす。

 ゴールは、アイドルランクのトップ。そこまでに中間目標存在する。

 達成すべきは、ファンの人数。ファンの人数によって、上位のランクに上がる。

 

 メタ的に見れば、ファンの人数とはスコアのようなもので、そのスコアを一定期間に目標達成するために効率化をはかること。その手探りが楽しい

 また、慣れてくると、その中間目標達成期限までの余裕を知れば、コミュニケーションを見たり、オーディションばかり挑戦したり、多様な楽しみ方ができる。

・しかし、行動自体はシミュレートではなく、役割の抜粋のようなもの。

 能力アップに関わるミニゲーム。切り札的に使う「思い出」のポイントを稼ぐためのコミュニケーション

 ミニゲームは比較的単純なルール。しかし、難易度としてはマニア向け。

 救済的に、「ミスをすると少し難易度が落ちる」というシューティングゲームのような配慮がある。

 コミュニケーションは、覚えておけば正解できる、3択。アイドルに対して、大人の判断、気遣いが必要と読める。

 3択で良いものを選ぶと、「思い出」が多くもらえる。

 

 戦略に正解はない。わりと「必要になったもの、足りない部分を補うように行動する」というだけでも進める。

オーディションという名の戦闘

 RPGボス戦闘にも似た、オーディションゲーム

 「ダンス」「ビジュアル」「ボーカル」の3つから選択し、アピールポイントを得る。これを10回3セット。

 それぞれのセットでは、1セット終わるごとにアピールポイントの1位〜3位までに入っていれば評価ポイントが得られる。曲のテンポに合わせて、タイミング良くボタンを選択すると、より多くの得点が入る。

 3つのアピールのどれもが3位まで入賞していれば評価ポイントが高く得られるので、どのアピールが狙い目で、どのアピールに多く配分すべきかを判断する必要がある。ボードゲームの競りにも似た駆け引き

 

 「思い出」を使用すると、ルーレット表示。ルーレットで「god」を押せると、ボーナス的に得点できる。

 

 思い出自体には、何も詳細がないが、プレイヤーはその思い出の内容について想像し、妄想し、想いをはせることができる。人は、アイドルは、思い出からパワーをもらえる、ということか。

オーディション合格するとファン増加

 他の行動でも微量にファン増加するが、オーディションにかなわない。

 オーディションの難易度によって、増加数が違う。

 

 ともかくオーディションに勝てるようにする。難易度も自分で選べるので、無茶過ぎることはない。

SPストーリー

 前作までは、各アイドルプロデューサーとの1対1の関係を表現したストーリーだったが、今回はアイドル同士の確執、友情、などが表現されている。

 

 ストーリーを楽しみたいと思っていた人にとっては朗報。

 しかし、プロデューサーであるプレイヤーが置いてきぼりで、アイドルたちだけで話が進行しているかのようで、残念でもある。

 また、以前は語られていないそのストーリー想像して二次創作していた人にとっては、扱いが難しい問題となるだろう。「SPの話と違う」「SPよりこっちの方が好き」などなど指摘や支持があるだろう。

 このあたりは、「コンピュータゲームにおける物語と、主人公」の問題が出てきていること。押し付け気味なストーリーをあるがまま受け止めるしかないということと、プレイヤー主人公という設定の矛盾が起きてしまう。

 「なぜそこで、怒る。なぜ話し合うことをしない?」

 「おい、いくらショックだからって、ぼーっとしないで追いかけろよ。彼女を引き止めないと危ないだろうが」

 「こんなウソにあっさりだまされるの?ご都合主義にもほどがある」

 などという気持ちが生じてしまうと、その物語プレイヤーから離れてしまう。それならば、最初からムービーだけのアニメなどにすればよい。ゲームとは、選択するという権利があるもの。

 とはいえ、この問題が起きるかどうかはプレイヤー次第なのだ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nyaa1/20090302/p1