Hatena::ブログ(Diary)

Try to Star -星に挑め! このページをアンテナに追加 RSSフィード

にゃあです。  ゲームに関する分析、感想がメイン。批評じゃなく分析ね。
その他のいろいろ気になることをゲームに絡めて書き綴ります。
コンピュータゲームに限らず、TRPG、カードゲーム、ボードゲームなどについて書きます。

[私のプロフィール]

このブログでの主な記事ジャンル紹介
・[ゲーム分析の一覧] ゲームタイトルをひとつずつ分析しています。
・[RPGって何だろう?] RPGというジャンルに対する分析・考察です。
・[ゲーム考] ゲーム関連の分析・考察その他雑感です。

私のサイト
・[try to star-星に挑め!-]総合ページです。このブログに書いたことのまとめや、その他の書いたもの・描いたものを置きます。

twitter
pixiv


リンク
TRPGの記事を探したい、調べたいならこちら
TRPG Search
↑TRPG関連ブログの新着、TRPGサークル検索等。TRPG質問コーナーも開始されてます。
テーブルトークRPGマニア
TRPG SNS
Kaleidoscope Fragments
↑『GMさん、教えてください』質問集がありますよ〜☆

PSUオフィシャルサイト
そげキング同盟


[RGN コンピュータ・ゲームのデザインと物語についての研究会]
[第1回の報告・考察] [第2回の感想] [第2回の報告・考察]
[第3回の報告・考察] [第4回の報告・考察]


にほんブログ村 ゲームブログへ

 

2017/05/09

[]名探偵コナン から紅の恋歌

序盤の「今回の舞台の説明、主人公たちの来場の経緯」という部分がとても退屈。

説明のための説明になってしまっている。

中盤以降の盛り上がりはうまいっている。理由付け自体も無理がないように複数の設定があり、そこから巻き込まれる人たちの状況もわかりやすい。

・犯人を推理する楽しみ

序盤で怪しい人物は検討が付く。そこからまず最初の確定、犯人と見せかけて別にいるなとわかるが、さらに別に人物が動いているとも推理できる。多重構造ではなく、一つの真実にまとまっていくような推理で楽しめると思う。とはいえ、見てるだけで考えない人にはノーヒントにも感じられるくらいにうっすらとしているだろう。事件の理由となる鍵も最初のところに堂々と出ているが、私は全く気づかなかった。

・真犯人の意図

最後にその意図はわかるが、同情の余地を超えてしまっている。計画殺人の構造にするために無関係な人物を巻き込むという点。過去作品でも「14番めの標的」のように数合わせのために巻き込んだり、「11人目のストライカー」のように、事件を大げさにするだけのために巻き込んでもいる。

・コナンと平次のミス

推理自体はうまくやっているが、事件に対しての対処が少なすぎた。まあ、最後の事件の舞台につなぐための都合なのだが、そこはもう対処する余地がないぐらいに忙しくしてしまえばよかったのでは。

・アクションの使い回し?ネタ切れ?

過去作品にあったなあと思い出すものが多数。条件がより難しくなっているようだが、難易度を変えても視聴者に予想できてしまうことのデメリットがあると思う。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nyaa1/20170509/p1