Hatena::ブログ(Diary)

バラエティ番組感想

2013-04-24

板尾創路

今日の徹子の部屋。ゲストは板尾創路




板尾創路をアマゾンで見る


創路(いつじ)という名前は本名。だけど親からずっといちろうと呼ばれている。いつじと呼んだことは一度もない。
普段は板尾と呼ばれるし、いつじと呼ばれてもたぶん自分のことだと思わないだろうと、本人は言っていた。
そんな不思議な話もあるもんなんだ・・・


ごっつだったかな? お父さんが出てきて「いちろう〜」と呼んでた。、浜ちゃんが「おまえがいつじつけたんちゃうんか?」なんてやり取りがあったっけ。


黒柳徹子が声を担当したサンダーバードのペニロペのファン。


父は、板尾岳人という名前で川柳作家をしている。
本も出していて、その中から、徹子さん、お気に入りの川柳を紹介。
 へそくりの額と記憶と合わぬ残
 ゆきぐにの九官鳥は標準語


小学校の時は成績優秀で学級委員をしたこともある。
徹子:中学でヤンキーになった理由は?
板尾:特に理由はないんですか・・・(困ってたぞw)


芸人を目指すようになったのは、漫才ブームでなんとなく・・・
芸人になりたくて、紳介さんの家に行ったそう。
相手してくれないと思ったが、家にいれてくれて、話を聞いてくれた。
その時、「弟子とかではなく、よしもとの学校に入るのは一番近道」 その頃はそんな学校があった事も知らなかった。


よしもとの養成所で、生徒の発表会の時、今田耕司と組んだコンビ名がホンコンマカオ。


以下は娘さんに関する話。苦手な方もいるかも。


4年前、長女のえみちゃんが1歳11ヶ月で逝き・・・


乳幼児突然死症候群だったそうです。
奥さんと電話して、娘の声で「パパー」なんて声も聞こえていた。1時間もしないうちにまた電話がかかってきて「息していない」
とにかく救急車を呼ぶように言い、家に帰ると救急車が来ていた。
誰が悪いわけでもないのに、奥さんは自分を責めていた。
ハミガキを嫌がる子で押さえつけてまで歯を磨かせなきゃよかったとか、チョコレートを食べさせておけばよかった、とか。


それから3年後、次女が生まれ。
次女のベッドには医療用の呼吸センサーがついてる。
それがないと奥さんは落ち着かないそうです。



徹子:お笑いの皆さんと暮らしてておもしろいですか?
板尾:昔は自分がおもしろければよかったが、今はみんな笑ってくれることがありがたい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nyanko1115/20130424/1366779600